橋下知事「朝日新聞のような大人増えれば日本はだめになる」



[橋下知事]「朝日は人の悪口ばかり」 陸自の祝辞で批判
橋下知事がまたも過激発言
(lovedoorニュース)

橋下知事「朝日新聞のような大人増えれば日本はだめになる」
橋下知事「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」
(yahooニュース)

大阪府の橋下徹知事が、19日、

「人の悪口ばかり言う朝日新聞のような大人が増えれば、日本は駄目になる」
「(朝日の報道は)一線を越えたからかい半分の批判であり、たいへんな怒りを感じている」

と述べたのだそうです。

橋下知事のこの発言は、

朝日が、「山口県光市母子殺害事件の弁護団への懲戒請求事件」で、橋下知事が敗訴したことに関して、同紙の社説で

「判決を真剣に受け止めるならば、控訴をしないだけでなく、弁護士の資格を返上してはどうか」と主張していたものへの反論。

報道陣からは「大人げないのでは」との指摘も出たが、橋下知事は「朝日も言いたいことを言っているわけだし、お互い様だ」と話したとのことです。

光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)は、1999年4月14日に山口県光市で発生した凶悪犯罪。当時18歳の少年により主婦(当時23歳)が殺害後暴行され、その娘(生後11カ月)の乳児も殺害されたという事件。

いまさらですが、事件を振り返ってみると・・・・

当時18歳の少年が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。
排水検査を装って居間に侵入した少年は、女性を引き倒し馬乗りになって強姦しようとしたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。頸部を圧迫して窒息死させた。

その後少年は女性を“屍姦”し、傍らで泣きやまない娘を殺意をもって床にたたきつけるなどした上、首にひもを巻きつけて窒息死させた。

そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走した。

少年は盗んだ金品を使ってゲームセンターで遊んだり友達の家に寄るなどしていたが、事件から4日後の4月18日に逮捕された・・・・・


これにたいする弁護側の主張は以下の通り。

■ 強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた。
 (それならどうして死体となった女性を犯したの?)
■(乳児を殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ
 (それって、冗談でもありえない!!)
■(検察は)被告を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている
 (そういう問題じゃないでしょっ!!)

裁判所の判断は、

一審 山口地方裁判所 無期懲役
二審 広島高等裁判所 無期懲役(検察の死刑の求刑を棄却)
三審 最高裁判所   検察の死刑の求刑を支持。1審差戻判決。

差戻一審 山口地方裁判所 死刑(確定)


裁判は、判決が出ても、2週間以内なら「控訴」といって、上級の裁判所にもういちど裁判をやりなおしてくれと請求することができます。
山口地裁の無期懲役の判決に対して、「こんなん絶対に死刑だっ!!」と怒った検察が、広島高裁へ控訴。
広島高裁が、やっぱり少年だし、無期懲役でいいでしょ、と控訴を棄却。
検察はあきらめずに、最高裁に上告。最高裁は、もういちど裁判を最初からやり直しなさいと判決。

それでやりなおし裁判となった山口地裁で、死刑が確定。。。
事件の発生から、判決の確定まで、約9年。。。

橋下徹氏が、この事件について、『たかじんのそこまで言って委員会』で、

「あの弁護団に対してもし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたいんですよ」と懲戒請求を行うよう視聴者に呼びかけたのは、ちょうど、最高裁での審議がはじまろうとするころのことでした。(まだ判決は出ていない)

橋下知事(当時は知事ににはなってない)がいうのは、誰がどうみてもあきらかに少年の犯行は、悪意があってのことなのに、それを「優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」とか言い出して、いたずらに裁判をながびかせているのは怪しからん!!そういうヤカラは、もう弁護士とはいえない!、懲戒すべきだっ!というもの。

この懲戒請求裁判では、橋下弁護士は敗訴しましたが、これは当然。

なぜなら、弁護士は、ありとあらゆる手を尽くして犯人を守るための主張を展開するのが役割で、それが正しいかどうかを判断するのは裁判所のしごとなのです。わけのわからない主張であっても、弁護士としては、そうせざるをえないわけで、それを「懲戒」にしたら、裁判制度が維持できない。

橋下弁護士もそんなことは十分すぎるくらいわかっているわけで、それでもテレビで呼びかけたのは、そうはいっても、これだけふざけた事件で、判決に手間取るのは、社会的に見ていき過ぎではないか・・・という社会制度そのものへの批判からのもので、弁護士としての職務というより、政治的判断。

これに対して、朝日新聞が、懲戒請求敗訴のニュースから、わざわざ社説をたてて、

「(橋下弁護士が)判決を真剣に受け止めるならば、控訴をしないだけでなく、弁護士の資格を返上してはどうか」と主張したのは、これは、まったくもっての政治的いいがかり。

光市の母子殺人事件の非道さを考えれば、橋下氏の懲戒請求は十分に気概として理解できることではないのか??

てか、その社説を書いた人自身が、もし、妻を乱暴され、屍姦され、抵抗できない乳児を殺されたら、それでも、「優しくしてもらいたいという甘えの気持ち」なんて、あまったれた主張で9年もかかる裁判に、「ああそうですか、甘えたかったのですか」とニコニコしていれるのか、不思議に思う。

朝日新聞という会社には、愛はないのか!、あんたらどうかしてるんじゃないの?? と怒りすら覚えてしまう・・・

またこの事件に関する報道や動画を調べてみると、どちらかというと犯行を犯した少年の親の悲惨な状況に関する報道が非常に多いです。

でも、犯罪を犯した者を放置したら、世の中の平穏を保てなくなるのでは??

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

長かった9年(´・ω・`)光市母子殺害3/3


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

人妻

人妻
リッチな女性といわれる方達の登録が多数おこなわれており、厳選させれた人妻達との出会いを実現しております

http://www.eo4.info/

ねずきち

pipiさん、コメントありがとうございます。
受け取る側の見極め、それって絶対必要ですね~~^^

うわばみふかおさん、コメントありがとうございます。
『天声人語が受験によく出ます』がウリってところも、いまにしてみたらあやしいですよね~~
それって受験生の洗脳??
なんだかなぁ~~

mentanpinさん、コメントありがとうございます。
ニュースがネットの普及により自然淘汰ってのは、ありかもですね。
アメリカ風の度量も必要だと思います。

葉月 莉凛さん、コメントありがとうございます。
残虐な事件の弁護人をされる方も、気の毒・・・そのとおりと思います。
その意味では橋下さんの発言も、かなり政治的なもの。
それを批判する朝日も政治的なもの。
弁護士個人や政治家が政治的発言をするのは、それはそれでおおいに結構だと思いますが、報道する側が、報道の中立性を忘れ、偏向報道のみを行うようになったら、それはもう政治誌であってマスコミではないような気がして・・・

parkinglineさん、コメントありがとうございます。
マスコミが影響力を失いつつある。
ネットの普及によって、その傾向はかなり顕著になっていますね~~

Beauty素敵ステキ*店長さんコメントありがとうございます。
弁護士の主張、まじで、おどろきでした。
被害者の夫がテレビに出る姿が、すごくあわれで><;;

yamamotoさん、コメントありがとうございます。
ほんと、日本人はめをさまさなければなりませんっ!!

神倉宙さん、コメントありがとうございます。
ボクからも、ポチッ、いきますね~~^^

神倉宙

その通りだと思います
ねずきちさんに2票投じます

ポチ、ポチ

*Beauty素敵ステキ*店長

この裁判は本当に長引きましたよね。
弁護士の主張には私も驚いたものです。
弁護士は裁判に勝つ為には何でもいいように主張するんだなと怖くなりました。
橋下知事、頑張っているように見えるのに周りがなんか足を引っ張っているような感じがしますね。

ねずきちさんのブログは読み応えがあります。いろいろと考えさせられました。

parkingline

橋下氏の怒りはわかるが、今や各新聞社に思想的発信メディアとしての役割など事実上なくなっていることを考えれば、どっぷり管理職の書く小さな社説ごときにイチイチ反応するのは得策ではない。マスとしての影響力を失いつつあることに危機感を感じ始めているからこそ、幼稚ではあっても橋下氏へ仕掛けているわけで、思うツボにハマらないほうがいい。一方で、ここぞとばかりに外野席に陣取りヤジを飛ばして悦に入る他社や、“アサヒる”などという知恵を感じさせないコトバ遊びでお茶を濁すのも、それはそれでどうかと思うが・・・。例の“死に神”騒動で、日本中に新聞社の程度が知れたと思ったのはワタシだけか?

葉月 莉凛

マスコミは、グレイな情報でも黒か白かで報道しすぎだと思いますよ。。
報道するに辺り、確固たるモノがないとと思う気持ちもありますが、
取材した人のさじ加減1つで、一般大衆に影響を与える場合もある。。
それが誤報でも、あぁ間違えました程度で、「新しい情報によると」で塗り替え。。

残虐な事件の弁護人をされる方も、気の毒とは思います。。
殺人の事実、過程が明らかになってる中で、職務を全うしなければならない。。
それが他者から、ありえないと全否定されても我慢しないといけない立場だと
きっと自覚があると知った上での橋下さんの行動。。
それをただ面白半分につっつく人間を、社の代表として発言させるのは、どーなんだ?と。。
世の中、綺麗事だけじゃ生きていけないのかも知れませんが、
チラシの裏じゃないんだから、もう少し道徳感を身につけてほしいと思いました。。

mentanpin

新聞社は勿論テレビなどのマスコミ業界は、特にニュースに関してはネットの普及により自然淘汰されてくると考えられます。
 地元のローカル新聞やローカルテレビ局も同じです。社会的存続意義が殆ど無くなってきています。言論や報道の自由は大事ですが、暴走しないようにする必要があります。その点においてアメリカのように外部の第三者がニュートラルな立場でその新聞を批評するコラムを設け、自由に書かせるようにすれば良いと思います。そこまでの度量が日本のマスコミにあるかは疑問ですが。

pipi

橋下知事のバッシング
どうやったら 失脚させられるかという
マスコミ側の悪意を感じられます。
最近 情報操作で思い込ませようとするマスコミ
受け取る側がきちんと見極めなくちゃいけませんね
この問題はよくわかりませんでしたが
ねずきちさんが書いてくれたことで 理解できたような気がします。
また遊びに来ます
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク