古事記とmanadara画伯



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

因幡の白ウサギ(絵:manadara画伯)
因幡の白ウサギ


神奈川に、manadara(マナダラ)という画家の先生がおいでになります。
東京芸術大学を卒業後、日本画を中心に幅広く制作活動をしておいでの方です。

絵は、日本画という伝統的な手法、懐古的な題材を守りながら、今までの概念を超え、画面の天地左右を自由自在に扱い、退屈のないドラマチックな展開を表現するのが特徴のです。

この先生が、実は、古事記の普及促進にと、古事記をテーマとした創作活動をされています。

古事記は来年、太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ、太安万侶(おおのやすまろ))によって献上されてから、ちょうど1300年の節目となります。

よく「記紀」といいますが、これは「古事記」と「日本書紀」を合わせた言葉です。
成立は古事記の方が古く、古事記が和銅5(712)年、日本書紀が養老4(720)年です。

平安時代には、日本書紀の方が「正史」とされ、当時の貴族たちの歴史教科書となった。
つまり、紫式部なども、日本書紀を勉強したわけです。

不思議なのは、なぜ「日本書紀」が「正史」となったか、です。
今日は、manadara先生のご紹介なのですが、このお話を書くのにちょっと脱線することをお許しください。

「古事記」と「日本書紀」では、物語の表現に微妙な違いがあるのです。
しかも、「日本書紀」は記述に数々の矛盾があるのに、「古事記」にはそれがない。自然なのです。

もともと、何百年もの間、口伝で人から人へ、口から口へと伝承されてきたものを、書にまとめたわけです。
人から人へと経由する間に、矛盾点はなくなり、前後の物語が一体化し、言葉に隙がなくなる。
とくに日本人の場合、言霊というくらい、言葉を大切にする国民ですから、ほんの一行、一行、単語のひとつひとつにまで気配りがなされ、後世の人がそこから多くを学べるように工夫がされる。

たとえば「古事記」では、イザナキ、イザナミの出会いは、互いに「我、成り成りて成り余るところあり」、「我、成り成りて成り足らざるところあり」と言いあうシーンがあります。
実はこの
「成り成りて、成り余る(足らざる)」というのは、非常に矛盾をはらんだ言葉です。

「成り成りて」は、「完璧に成長して大人になった」という意味です。
完璧に成長したということですから、単に肉体だけでなく、頭の方もちゃんと勉強して成長を遂げた。
つまり心身も学問もちゃんと修養し、鍛え上げ、完璧な大人になった。

ところが、男性のイザナキには、完璧に成長したはずなのに、余っているところがある。
完璧に成長した女性のイザナミには、足らないところがある。

そこでこの「余っているもの」と「足らないところ」を合体させて、大切な子孫を産んだ、となっています。

このくだりひとつをとっても、とても大切なことが書かれています。
つまり、男女とも完璧に成長してはじめてセックスの対象となり、同時にセックスは大切な子を産むための神聖な行為である、というメッセージがそこにある。

逆にいえば、成長途上の子、つまり学生や未成年の子供は、まだ「成り成りていない」のだから、性はオアズケです。
「エッチしたいなら、もっとちゃんと勉強して、オトナになってからにしなさい!」というわけです。

これは神話が単に史書というだけでなく、口伝によって多くの人に広がり、子孫たちにとってのとても大切な人生教科書にもなっていた、ということでもあろうと思う。

ところがこのイザナキ、イザナミの記述が、「日本書紀」になると、陰陽の概念に変換されていて、男性に陽物、女性には陰部があるから、その二つを合体させようという物語になっている。
「成り成りて」という実に日本的な物語が、「陰陽道」というChinaからの渡来概念に置き換えられているのです。
なにか、クサイ(笑)。

古事記の成立が西暦712年、日本書紀が西暦720年です。
この少し前に、日本史上とんでもない大事件が勃発しています。

それが、天武天皇元(672)年の「壬申の乱」です。
「壬申の乱」というのは、教科書では簡単にサラッと流されてしまうけれど、実は、武力でご皇室が制圧されたという、日本史上唯一のとんでもない大事件です。

その少し前の天智2(663)年には、白村江の戦いが行われた。
日本と百済の連合軍が負けたということは、百済の難民が大挙して日本に逃げてきた可能性がある。

そして仏教を信仰する蘇我氏が、我が国古来の国士である物部氏を討ったのが用明天皇2(587)年です。

こうした歴史を振り返ってみると、なにやら大東亜戦争とその後の日本とボクにはどうしてもオーバーラップして見えてしまうのです。

どういうことかというと、まず蘇我と物部の対決があった。これがいわば明治維新です。

その76年後、アジア最大とも称される白村江の戦いがあった。
新羅、Chinaの連合軍と、日本、百済連合軍の戦いです。
これが大東亜戦争。

その9年後、壬申の乱が起こる。
GHQによる日本占領です。

けれど、日本を大事にしようとする保守勢力は、まだまだ国内に温存されており、彼らは壬申の乱の40年後、在日渡来人による日本占領を嘆き、日本の正史を「古事記」として書き顕わした。

これは実にインパクトのある出来事です。
日本人が日本人としての誇りに目覚める。

そこで在日渡来勢力が、これはたいへんと、微妙に国史を書き換えて作ったのが「日本書紀」なのではないか。

平安時代を通じ、「日本書紀」は我が国の正史とされました。
そして「古事記」は封印された。

その「古事記」が、再び世に出たのが、なんと「日本書紀」が顕わされてからなんと一千年を経過した江戸時代中期、本居宣長が現れてからのことです。

本居宣長は、万葉集の研究に生涯を捧げた賀茂真淵の子弟にあたります。
本居宣長は、明和元(1764)年から寛政10(1798)年まで、なんと35年もかけて古事記の注釈を書き表した。
本居宣長の顕わした「古事記伝」は、古事記全巻の注釈本としては、古今東西において、唯一のものです。
いまでも古事記を研究する学者は多いけれど、本居宣長以後、古事記全巻の注釈本を書いた人は誰もいない。

万葉集の研究の賀茂真淵からはじまり、古事記研究の本居宣長、そして宣長の弟子の平田篤胤の「復古神道」に至り、我が国の「国学」の道が拓けました。

国学は、「四書五経」をはじめとする儒教の古典や仏典の研究を中心とする学問傾向を批判し、日本独自の文化・思想、精神世界を日本の古典や古代史のなかに見出していこうとする学問です。

江戸時代に、この「国学」が生まれ、一方において山鹿素行の「中朝事実」など民族派の思想が広がり、大塩平八郎の檄文、明治維新へと日本の大改革が始まっています。

一般に明治維新は、尊王攘夷の旗印と言われるけれど、その心にあるのは知行合一を説く陽明学であり、平田篤胤の復古神道、そしてその根にあるのが、本居宣長の古事記伝です。

人は、物語の中に生きると言われます。
戦前、死んで靖国神社で会えると信じたのも、我が国は天壌無窮の神勅を受けた豊葦原の瑞穂の國として米を農業の主に据えたのも、世界はみな兄弟と信じたのも、すべてその根にあるのは、日本神話であり、古事記の物語が持つ世界観です。

ちなみに宮崎アニメの天空の城ラピュタの世界も、もののけ姫のシシガミ様も、森の精も、日本神話が土台になっています。
そしてそのアニメは、海を渡りジェームズ・キャメロン監督によって映画「アバター」の世界観となって世界に広がりました。

いま、ハリウッドでは日本映画やアニメのリメイクもの、あるいは二次創作ものを作れば大ヒットする、というのが流行になっているのだそうです。

日本神話は、つまり、いま、まさに世界のトレンドの源流をなそうとしているとさえいえる。
その日本神話の根っこにあるのが、まさに「古事記」の世界なのです。

「古事記」の世界を学ぶと、実におもしろいことがわかります。
日本では、アマテラスが最高神ですが、アマテラスは、女性神です。
女性神を最高神としているのは、世界で唯一、日本だけなのだそうです。

そして古事記に登場する神々は、どの神々も、最初に登場したときにはろくでもない(笑)。
あのスサノオだって、最初はママが恋しいと、ヒゲ面のいいオトナになっているのに、仕事もほっぽりだして毎日大声で泣いてばかりいた。
いまで言ったら、いい歳した若者が、仕事もしないでひきこもりになり、家でパソコンゲームばかりしているようなものです。

そのスサノオが、ワガママからたまたま世に出ることになり、そこでありとあらゆる試練を与えられ、立派な大人として成長する。

大国主のミコトも、最初に登場したときは、兄弟たちみんなの荷物を担がされる、ただのパシリです。
けれどパシリのオオクニヌシには優しい心があって、因幡の白ウサギを助ける。
そのことから、オオクニヌシは、ありとあらゆる迫害に耐えながら、最後には「大いなる国の主」つまり「大国主」に成長する。

古事記の物語は、神々の成長の物語でもあるのです。
そしてその物語は、私たち後世の人に、勇気を与えてくれる。

冒頭にご紹介した画家のmanadaraさんは、そうした古事記の世界を、いままさに世界に向けて絵画を通じて世界に情報発信されています。

日心会では、9月17日午後2時から、文京アカデミー湯島で、高森明勅先生をお招きして、日本神話の勉強会を開催します。

そのとき、manadaraさんから、古事記の絵画の絵はがセットを9名の方に進呈します。
(10セットmanadaraさんからお預かりしましたが、ひとつは高森先生に進呈)

どうぞふるってご参加ください。

【「日本の神話」勉強会】
日時:9月17日(土)14時から
場所:文京アカデミー湯島「学習室」
  東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目駅」下車 徒歩10分
  都営地下鉄千代田線「湯島駅」下車 徒歩7分
  バス「湯島4丁目」下車 徒歩4分
講師:高森明勅氏(日本文化総合研究所代表)
参加費:1500円(初めての方)、
    1000円(以前も参加された方)
主催:日本の心をつたえる会
   愛国女性のつどい花時計
申し込み方法:
info@nippon-kokoro.com

 ↑クリックするとメーラーが立ち上がります。

manadaraさんのHP
http://www.muse-product.ecnet.jp/popkojiki1.html

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

連続講座「日本の神話」 大国主命~国譲り
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

須賀大刀

No title
 いずれにしても労組関係の関与も強そうなので、日立金属の企業本体には関係ないと思われます。

賀茂糺

今年は島根観光が人気化?
 最近、根之堅洲国の議論が活発化しているといった日本の歴史上、画期的な自体に至っていますが、これはジブリ作品の揺さぶりがかなり効いたと思います。

名無しさん@ニュース2ちゃん

祝、古事記祭
 そうですよね、今私は出雲にはまっていますが、来年は古事記奏上1300年を記念して大体的なイベントを島根県が計画しているらしいです。安来あたりに旅行してみようかな。

しろ

古代史
おひさしぶりです。(コメントは)
いつも良い記事で感心するばかりですが、今回は特によかったなと思っています。

日本人って熱しやすくさめやすいといわれますが、古代からの伝承ってたくさんあります。
要は、人生の家訓となるようなお話は代々伝わってきているのです。つい最近までは。

ある方の解釈によれば、ただ単に古事記や日本書紀と言わず、言語学、歴史学(発掘された現実)、人類学、伝承(祭礼等)その他もろもろの学問を総合して実際に何があって記紀になったのかを考えないと、邪馬台国は九州だの畿内だのとした発想からしか物事を考えられない偏屈な集団を生みかねない。←個人的感想含む。

あまりに、ご都合主義な考え方には、大きな憤りを感じずにはいられません。

ねずきちさまのご健康のすぐれるうちは、このような記事を掲載していただけますが、人に頼らぬ行動についてかなり厳しい状況です。ごめんなさい。

舞桜

沖縄教科書
育鵬社不採択は文科省「無効」と判断。沖縄県教委の勇み足。

転載

http://www.hr-party.jp/new/2011/10797.html


産経新聞「育鵬社不採択「無効」文科省 3教委で合意なし」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110913/edc11091301300000-n1.htm)の記事によると、

沖縄県石垣市、与那国町、竹富町からなる
「教科用図書八重山採択地区協議会」が選定した
育鵬社の公民教科書が一転不採択とされたこと

(参考:文部科学省は八重山地区「育鵬社(いくほうしゃ)
教科書」逆転不採択を無効とせよ!
http://www.hr-party.jp/new/2011/10686.html

について、文部科学省が「法的に無効」と判断して
いることが、12日に分かりました。(以下要約)

●文科省は同日、県教委に不採択の経過の説明を
求めたが「新たな協議の場」が効力を持つ前提となる
3教委の合意ができていない問題があった。

●県教委は文科省への説明で「その場で協議することに
(3教委で)合意した」と有効性を主張したが、石垣市と
与那国町の両教委側から8日の協議の無効を訴える
文書が10日に文科省に届いており、文科省は矛盾を指摘。

●文科省は(1)県教委の権限は各教委への指導、助言に
とどまる、(2)あくまで「協議の場」を設置する主体は
県教委ではなく3教委、(3)その当事者2教委から無効を
訴える文書がある以上、県教委の説明で
「3教委に合意がある」とするのは無理があると判断。

●文科省は「逆転不採択」を有効とは判断しない方針とした。

●育鵬社の教科書を選定した八重山採択地区協議会での
採択経緯に法的な問題はなく、「現時点では同協議会での
決定事項のみが有効」となる見通しだ。

●これによって時計の針は育鵬社を石垣市と与那国町の
両教委が採択し、竹富町が不採択とした初期の状態まで
逆戻りした格好となった。

●今後は県教委や育鵬社の教科書採択に難色を示す
竹富町教委が、文科省の考えを受け入れるかどうかが
焦点となるだろう。

●採択に関する文科省への最終報告期限は16日。
3教委の足並みがそろうか予断を許さない状況だが、
県教委の指導は“勇み足”の連続で文科省の判断は当然。

以上、沖縄県教委が主導した、八重山地区の
育鵬社公民教科書「逆転不採択」は、文科省の判断により、
「無効」と判定されました。

当然といえば当然ではあります。

その当然の権利も、権利を主張しなければ
手のひらから逃げていってしまいます。

9日から文科省への抗議。(育鵬社による記者会見、
石垣市と與那国町から協議の無効を訴える文書の提出など)

さらに、9月12日(月)通勤時には、文科省前で
幸福実現党有志による
街宣・チラシ配布(http://www.hr-party.jp/new/2011/10751.html)を
行いました。

9日以降の、「おかしいものはおかしい」と
正論を貫く姿勢と行動が全国に波紋を呼び、
文科省の判断につながりました。

(文責:小島一郎)



愛信

本会議審議中継を見ています。 野田新総理所信表明演説
第177回国会審議中継
9月13日10:00~
本会議審議中継を見ています。 野田新総理所信表明演説
URL 未定
9月13日13:00~開会式審議中継を見ています
URL 未定

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい


愛信

東電OL殺害で「新証拠」提出 「別人の唾液」鑑定書
東電OL殺害で「新証拠」提出 「別人の唾液」鑑定書
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110912/trl11091214400008-n1.htm

【関連情報】
【営業せきやんの憂鬱ブログ】マスコミの王・電通に守られた東電 1~2
http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=30

原発推進派による殺人事件で冤罪殺人犯にされて長い間隠蔽された事実が福島第一原発
爆破事件に繋がり暴露されていく。
 殺害された東電OLの怨念が呼び起す東北地方太平洋沖地震と福島原発爆破事件で被災
されて亡くなられた多くの犠牲者の霊魂

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

PS:
必読!ユーチューブが韓国を遮断 K-POP宣伝ツールに使った報い
http://ameblo.jp/dol-souraku/entry-11015584203.html

北方領土に中韓北露共同の核兵器の貯蔵施設を作ろう

9月19日に東京・明治公園で開かれる「さよなら原発5万人集会」に共産党の志位
和夫委員長と社民党の福島瑞穂党首がそろい踏みすることになった。長く“近親憎悪”
の関係が指摘されてきた両党が「脱原発」で共闘する形だ。しかし、緊急避難的に連携
を取り繕う側面は否めず、「ガラスの結束」といえそうだ。

 集会は作家の大江健三郎、音楽家の坂本龍一両氏らが呼びかけ人となり、原水爆禁止
日本国民会議(原水禁)と社民党が中心となって計画してきた。そこに、原水禁と対立
してきた原水爆禁止日本協議会(原水協)、そのバックにいる共産党が合流する。
 同党は8月20日付の機関誌「しんぶん赤旗」1面で全党的な参加を呼びかけてお
り、関係者によれば、全国労働組合総連合(全労連)など系列団体が多数顔をそろえる
見通しだ。

 共産、社民両党は平成18年のトップ会談を経て「憲法改正阻止」で共闘を模索して
きたが、「脱原発」で接近を強めることになる。 ただ、「核エネルギーの平和利用」
を是とする共産党と、「いかなる核も認めない」という立場をとる社民党の溝はなお
埋まっていない。「脱原発限定とはいえ、主導権を握りたがっている両党が本気で手を
取り合うことはない」(民主党関係者)との見方もある。 共産党ウオッチャーはこう
冷ややかにみている。

 「両党は衆院解散が遠いとみて、一時的に互いに利用しようとしているだけ。支持層
が重なるため総選挙が近づけば、おのずと仲良くできなるはずだ」

■ソース(産経新聞)9.12 16:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110912/stt11091216510004-n1.htm

Z

No title
古代の神道と、幕末に創作され明治以降に採用されたキリスト教をモデルにした排他的「宗教」としての国家神道を同一視していいものか疑問に思います。一部の政治への関心が強い方は国家神道的なモデルを念頭において、それが日本古来の宗教であり、他宗教への対立思想であるかの如く議論される傾向があるように思いますが、現在でも庶民の心情は古代の融和的でおおらかな神道に近いと実感しています。

Pentsuke

古事記と日本書記の元になった歴史書
はじめまして、ねずきち様
いつも興味深く読ませて頂いています。

今回は、古事記と日本書記のお話をされていたのでコメントしてみました。古事記と日本書記は、国内用と海外用に分かれているという説もあります。また、その内容についても考古学的に信憑性が疑われているそうです。

そしてこの古事記と日本書記のオリジナルになっているものがホツマツタエ、ミカサフミ、フトマニとよばれるヲシテ文献と呼ばれるものだそうです。この文献を読むと、日本の天皇家がなぜ、他の国の統治者と違うのかや、神社の意味、日本人の思想の原点や、民度がなぜ高いのか、そして教育勅語にある皇祖皇宗の遺訓の意味や、大震災の際の今上陛下の御勅令の意味も深く理解出来ると思います。以前にねずきちさんが紹介していらしたように、縄文時代の日本の歴史書がヲシテ文献であり、この文献を守っていたのが物部氏一族です。そして、蘇我氏は物部守屋を排斥したあと、蘇我氏の一族である聖徳太子がその文献を片っ端から燃やしています。これは、今の日本の図書館を片っ端から燃やすようなものでもあると思います。このとんでもない事件を起こしたのが、聖徳太子であり、その後憲法17条により、日本国の価値観であった神道から仏教かえた点も留意する必要があると思います。最近は聖徳太子の良い点ばかりあげられていますが、他人の過去を消して自分の都合のいい歴史を作るのは、何処かの国の常とう手段だということも御存じだと思います。

また、その後天皇家由来の神道からインド、中国、朝鮮半島影響を色濃くうけた仏教や漢字が広がるのは御存じだと思います。

この国難のときですから、初心にかえり、日本を建国した初代天皇クニトコタチの理念、恵民立国であり立憲君主制を学ぶ時だと思います。

ジャギ様

歴史書をつくった動機も今となっては
 お早うございます。久しぶりに書き込みます。

 某国は建国して100年も経っていないため、世界に「建国神話」を絶賛ゴリ押し中ですが、1000年以上の文字記録と最古の皇室を戴くわが国は、今さら何が出てきても泰然としてられます。
 日本の神話には元ネタがギリシャ、エジプト神話と思われる記述もありますが、そこはご愛嬌。
 中国学の泰斗岡田英弘氏によると、古事記の方が日本書紀より後に編纂されたことになっていますが、それすらも現代人にとっては「どうでもいい話」で、当時も色々やんごとなき事情があったんだろうなと思う程度です。

 政争の具となっていた古記録も、現代においては著者の意図を超えて、いにしえ人の営みと生き様を偲ばせる歴史遺産となる皮肉。
 時々夕日を見ると、縄文人や大和王朝時代の男が、その日の糧を誇りに満ちた表情で抱えて家路に向かう状況を思い浮かべて、熱いものが込み上げてきますが、歳をとったせいだと自分を納得させています。

 最後にお奨めyoutube動画を、かぐやふるさと でググると、JAXA公式の動画が見れます。
 月から見る地球の美しさは、嫌なニュースをしばらく忘れさせてくれます。(是非お気に入りへ)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク