檀君神話という韓国のデタラメ

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

朝鮮国の始祖とされる檀君の銅像
檀君の銅像


韓国で10月3日というと、「開天節」という名の国民の祝祭日となっています。
この日はどういう日かというと、Koreanの始祖とされる壇君(タンクン)が、朝鮮王朝を建国したとされる日(日本でいうこところの建国記念日のようなもの)です。

この檀君という人物は、親が桓因(ファンイン)という万物の支配者の子にあたる「桓雄(ファンウン)」です。
この桓雄が、天帝から使わされて、Chinaと満州との国境にある白頭山に降り立った。

で、その白頭山には、虎と熊の夫婦がいた。
桓雄は、夫の虎を追い払い、祭壇の上で熊女(ウンニョ)を犯して子を儲けた。
その子が檀君で、祭壇の上で授かった子だから「檀君」と呼ばれるようになった。

檀君は、神の血と熊の血がまじったとても強くて立派な大人に育ち、Chinaの堯帝が即位して50年目のときに、白頭山を後にして平壤にやってきて、そこを都と定め、その国を朝鮮と呼んだ。
これが朝鮮のはじまり、とされています。

この平壌を都に定めた年が、紀元前2333年(いまから4344年前)の10月3日で、だから朝鮮半島では、この日を起点とする檀君紀元(西暦+2333年)が、昭和36(1961)年まで使用されていました。

そしてこの檀君は、周の武王が即位した年に、箕子(キジャ)が朝鮮の統治者として周からやってきたときに、Chineseから隠れて山の神となった。
このとき、檀君の年齢は1908歳であったとされています。

北朝鮮では、平成5(1993)年に、平壌でこの檀君の骨が見つかったと発表し、また韓国では、国定教科書で檀君の存在を「史実」として子供達に教えているのだそうです。

なぜ「史実」なのかというと、韓国の歴史が非常に長いことを示すためなのだそうで、それが教育指導要領になっている。

そして日本では一部の学者が、古事記、日本書紀に出てくる天孫降臨の瓊々杵尊(ニニギノミコト)とは、この檀君の父親である桓雄のことであり、檀君というのが神武天皇である、などと馬鹿げた主張をしている者がいるのだそうです。

ところがこの檀君、史記や三国史記などのChinaの史書には、まったく登場せず、初めて朝鮮の歴史書に登場するのが、なんと寿命が1908歳というのも、誰がどう考えても異常です。

加えて韓国では、この檀君が、1287年に朝鮮半島で編纂された「帝王韻紀」という書物に記録があるというのだけれど、その書は残念ながら現存していません。

現存する書籍で、檀君の名が初出するのは「桓檀古記(かんだんこき, 朝: 환단고기)という書物で、この本は、超古代からの朝鮮半島の歴史を詳細に書き綴ったものです。

けれどこの本は、書いたのが桂延壽という人で、最初に出版されたのが明治44(1911)年です。
現行版の「桓檀古記」は、昭和24(1949)年に書かれたもので、出版が昭和54(1979)年です。

そして内容をみると、清の嘉慶5年(1800年)に命名された「長春」という地名の表記があったり、男女平等、父権など、近代になってから登場した社会用語がそのまま使用されている等、笑っちゃうくらい、明らかに20世紀に入ってから作られた偽書であることが確実視されている。

要するに、明治にはいり、日本が韓国を併合(日韓併合、明治43年)した後、コリアンの桂延壽がたぶん愛国心からだとは思うのだけれど、日本の記紀を真似て、「ウリたちの国の方が日本の倍くらい古い歴史があるんだぞ」とばかり書きなぐってできあがったのが、檀君神話である、ということです。

そうそう、ちなみに北朝鮮が平成5(1993)年に見つけたと発表した檀君の骨ですが、「電子スピン共鳴法」による年代測定で、5011年前のものとだと分かったために、檀君は実在の人物と発表されたのだそうです。

ところが、5011年前では、檀君神話に基づく檀君朝鮮の建国年と667年もの違いがある。
加えて、年代測定に電子スピン法を用いたというけれど、その詳細な解析方法については、まるで詳細が公表されていない。つまりこれもでっちあげのねつ造話である、ということです。

それにしても、民族の誇りを思う気持ちはわからないではないけれど、他人の女房を寝取って子を孕ましただの、その女性が熊だったの、1908年も生きただの、それを韓国の正史として子供達に教科書で教えているだの、なんだかなーと思うのは私だけでしょうか。

ついでに申し上げると、日本の建国は、神武天皇が即位した紀元前660年です。
この年から起算して、今年(2011年)は、皇紀2671年となる。

そして日本では、いまから1万6500年前の土器が青森県大平山元1遺跡から発見され、また出雲氏の砂原遺跡からは、いまから12万年前のものとみられる石器が出土しています。

そして古代文明の発見されている土地は、世界中どこの古代遺跡でも、すべていまでは砂漠化している。
これは人類が火を使うために木を伐採したためだけれど、日本では、古くから植林文化があって、森林は現代においても、日本の国土の70%を覆っています。

木を植えるという文化は、日本独自のもので、古くはスサノオのミコトと一緒に天下ったイタケルのミコトが、九州から東北まで植林してまわったとされています(なぜか朝鮮半島には行かなかった)。

そして現代でも、陛下がお手ずから植樹祭を執り行なう。
そして日本にある山々の木々は、そのほぼ全て、その一本一本の全てが、私たちの父祖によって植樹された木々なのです。

日本は、何のねつ造も必要がないほど、古い歴史と伝統をもった国です。
その日本に、私たちは産まれた。

そして私たちは、未来を生きる子供達に、この豊葦原の瑞穂の国をちゃんと残し、伝える義務をもっている。
絶対に、この日本を、檀君神話の国などに渡してはいけない。
そう思います。


よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

昔の日本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

リム

No title
いつも拝見しております。
檀君1908歳ですか・・・
おそらく檀君神話が書かれたのが、西暦1908年だったのでしょうね。
日清戦争の後大韓帝国として独立したが、主権国家など運営できるはずもなく、日本の保護国になってしまった。
格下であるはずの日本は、日清・日露戦争で大国に勝利している。
ウリナラも神話を創れば、日本のように強くなれるに違いない!
そう思って1908年に檀君神話が書かれたのでは?
単純だから檀君の設定年齢はその時の西暦で。

聞こえ大君

No title
>神話そのものを笑いものにするのは個人的に嫌ですね。
私も同意します。日本には出雲風土記、古事記、日本書紀など数多くの神話が書物となってまとめられており、非常に素晴らしい事です。ただしこれらはすべて400年から800年の間に国家事業として各地に残っている口述されて残っていた話をまとめたものです。
神話は日本だけではなく他の国にも残されいます。どれも素晴らしく、子孫に残すべき価値があります。檀君神話は神話ではありません。歴史書でもありません。ただの物語です。かと言って、『源氏物語』のような小説として世界に誇れるまた、世界的にも有名な物語ではありません。檀君神話は価値がほとんどないものです。もちろんその原本が残っていたら、古いものとしての価値はあります。
源氏物語はその話そのものが価値あるものとして残されているのです。
檀君は近年になって当然、神話として登場し、いつの間にか歴史として妄想されつつあります。ただ、韓国人の多くも檀君神話は歴史ではない事を知っていますが、神話だと思っている人が70%近いと聞いた事があります。でも神話でもありません、ただし20年ほどしたら、歴史書という事を多くの韓国人は信じるようになるでしょう。
これは非常にやっかいな事になります。日本書記は檀君神話に基づいて書かれたものだと、韓国の歴史家が言いだしています。非常にやっかいな事になるでしょう!韓国のこの手の話は疲れる!くだらない事に時間を費やしたくないので、相手をしたくないが、韓国は国を挙げて、この手の話を世界中に宣伝します。一般の人は信じてしまうでしょう。

聞こえ大君

No title
どこの国にも神話があります。ですから檀君神話自体はねつ造ではなく、単なる神話ですから読み物程度の認識で聞けばいいではないかといわれる方がおられます。
しかし檀君神話は神話ではありません。神話というのは、文字ができる以前の各地に口述で残されていた話を文字が出現してから、纏めたものです。普通は文字が普及して数百年以内に作成されます。檀君神話が確か1200年代に初めて出現した物語です。神話ではありません。
それ以前に檀君などという名は一度も出ていません。そうこれは神話ではなくただの妄想の物語だと思います。
当時はおそらく物語として読まれたのでしょうが、近年になって突然、神話、歴史という事で妄想し始めたのです。
世界の神話には必ず真実が隠されていますから、考古学資料になります。檀君神話は神話ではありませんので、考古学的資料としては無価値です。

ゆいにゃん

お邪魔します^^ねずきちさんの日記はいつも勉強になっています。

神話はどの国にもありますが事実ではないと思いますですかやはり繋がる部分もあると思います。私は聖書の十戒は信じていません!もっと悪く言いますと、イエスキリストも実在してはいないと思っています。

しかし物語を作った人は存在しますよね。日本神話も日本人が書いたので何処となく日本の性格が書かれています。ですから韓国神話の(犯す)には爆笑いたしました。韓国神話を馬鹿にしてはいませんよ!

ただやはり似るんだなぁ~と感じました。


個人的には(竹内文書)も気になります。

共通一次世代

No title
>神話そのものを笑いものにするのは個人的に嫌ですね。

何か観点が違っているような気がします。
自国の神話を史実にすることで、自国民に民族的、文化的に意義を見出させるまでは自由としても、それよりもその神話を利用して日本の文化、あるいは領土までも勝手に否定し、反日民族国家形成とそれによる日本への「脅し」「たかり」に利用することに最重点を置いている以上、この「捏造史」をほかの国の神話のように、ただ楽しむわけには行かないと思います。日本にかかわるものである以上、このような神話をも史実として伝えるのが朝鮮であることを国民に知らせなくてはいけないと思います。

史実としていなければ、笑いものにはしないでしょう、というか、ほっとくでしょうね。あまりの馬鹿馬鹿しさに。だって面白くもないし、役に立つものでもなんでもないのですから。しかし、史実としているのですから「何をふざけたことを」と世界のさらし者にするくらいのダメージを与えなければならないのです。

たきすけ

No title
神話はその国の民族の集合知みたいなところがあって、
民族の一体感を出す共通の記憶という役割があるように思います。

だから国の神話が史実かどうかはあまり追求しても、
意味がない気がしますけどね。
逆に言えば、神話が必ず史実である必要もないのかな、と。

「神話=史実」という願望にあくまでこだわって、
捏造とかしてしまうのは朝鮮の滑稽なところであるとは思いますが、
ただ、日本神話はじめ各国の神話が大好きな人間としては、
神話そのものを笑いものにするのは個人的に嫌ですね。

ひとだま

韓流洗脳ドラマ
2ちゃんねるの「既女板」のキム・デヒの月9ドラマ出演

の板661に韓国側からの日本への洗脳の危険性を

とりあげています。

同じやり方でかつて、中国から台湾への洗脳に成功

したそうです、ねずきちブログでもこの反日女優の出演

するフジTVの韓流ドラマの危険性をとりあげて下さい。

大国民の気概

日本人は胸を張れ
【調査】日本人は韓国人より日韓関係を肯定的にとらえている…2010年韓日歴史認識調査報告書

【朝鮮総督府政策一覧】 併合時(1910) 終戦時(1945)

・教育の普及 無いに等しい → 小学校5,213校、生徒数2,389,135人、就学率61%(1944)
・耕地面積  246万町歩 →449万町歩
・水田面積  84万町歩 →162万町歩(1928)
・石高(米の生産量) 約1千万石 →2千万石(1930)
・鉄道  無かった→ 3,827km
・人口  1,313万人 → 2,512万人(1944)
・植林  禿山 → 30年間で数十億本を植えて緑化
・反当たり収量 0.49石 → 1.49(3倍)

総督府の文教政策により、ハングル識字率も大幅に向上し、
無知蒙昧だった朝鮮民族の民度も改善された。

総督府支配下の朝鮮は、 急激に人口が増加した(以前は、飢餓・病が蔓延)。
白丁も、総督府により奴隷解放された。野蛮な刑罰も廃止された。

(^。^) 日本国民は真実を知りましょう

イシコウ

No title
残念ながら、日本人のコメですよ。

熊を犯すって、凄すぎる!そんな奴の子孫な・・判るなぁ・・アイツラの嗜好や思考が。

ああ、真っ当な神様の子孫で良かった。

イッケ

神話の頃から現代まで
神話の頃から韓国国技をやってのけたのか…しかも獣姦。
その子孫も神話伝承と同様の行為を繰り返す。

モッシー

やはり…ですね。
やはり、こうでもして捏造しないと、自我が保てないのでしょうね、あの国の人は…。この国は先日、日本との会談で「未来思考」とか言ったそうですが、まず過去を正しく見つめ、反省して、新たに取り組みを始める…これが日本人が考える未来思考であり、認めたくない過去を捏造してまで事を進めようとしている民族とは永久に相入れる事は無いと思います。

-

No title
>2011/09/23(金) 22:13 | URL | 愛信

これは愛信さんにナリスマシたコメントなのでは?

愛信

台風15号で散々な目に遭われた皆さんへ
台風15号で散々な目に遭われた皆さんへ

猛威を振るう台風15号は作られた台風
 猛威を振るう台風15号は九州南側で2011年9月20
日の深夜に急速に勢力を増大する。
 本来、台風は南洋の強い日差しで熱せられた上昇気流の発
生でエネルギーを蓄えて発達する。 しかし、日差しの無い
深夜に発達するのは不自然。
 ここでは突然発生した台風16号が台風15号に急接近し
て台風15号にエネルギーを注入して離れて行った。
 この様子は気象衛星画像(太陽照明)
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/animation/wnp/color/WMV/201115-u.wmv
でご覧になれます。 中心に確りとした目が出来きて台風が
発達したのが判ります。

台風まで気象操作して日本各地に災害を発生させている
反日勢力の存在をご自身の実感で確認してください。
 日本国民に斯くも過酷な災害をもたらせている反日勢力、
気象庁、国土交通省と結託している反日売国テレビ局・マス
コミとの情報戦に気付いて下さい。
詳細は
【天気・地震の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi
【天気・地震の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

ps:
我々愛国系日本人が判っている事を反日売国勢力に気取られないようにしましょう。

ありがとう

勉強になりました
そうなんですか。元々、朝鮮半島は七世紀頃まで高句麗、新羅、百済の三つの国に分かれていて、三国それぞれに別々の建国神話があり、それ以外にも朝鮮半島全部を含めた建国神話があるなんて、随分、不思議な国だと思っていましたが。檀君神話の方は近代以降につくりあげられたものだったんですね。

愛信

Yahoo!知恵袋
Yahoo!知恵袋
解決済みの問題
http://chiebukuro.spn.yahoo.co.jp/detail/q1371271728

ありがとう

韓国は真実を学べ
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ┃ ▼よく分かる朝鮮の歴史
   ┃
   ┃有史以前 : 原始人が生息。
   ┃2世紀 : 中国軍(漢)の駐屯地になる。
   ┃4世紀 : 日本(倭)の属国になる。
   ┃7世紀 : 中国(唐)の属国になる。
   ┃13世紀 : モンゴルの属国になる。
   ┃14世紀 : 再度中国(明)の属国になる。
   ┃17世紀 : 明が滅亡し、清の属国になる。
   ┃20世紀 前半 : 日本の属国になる。
   ┃20世紀 後半 : 北半分がソ連の、南半分がアメリカの属国になる。
       ∧_∧   。
      (  ´∀`) / <これで中韓テストはバッチリね     E[]ヨ
      (つ  つ      ━━━━━━━━━━━━━━━━
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
(^_^;)逆恨みしても間違っちゃいないな

基準点

No title
朝鮮半島の現状を見れば、朝鮮と言う国がどうであったかは檀君神話が無くとも十分に想像できますね。
檀君神話はその荒唐無稽さで、さもありなんと納得させてくれる力(脱力感)がありますね。

ねずきち

画像差し替えました。
ねずきちです。
画像差し替えました。
ご指摘、ありがとうございます。

マッチ

こういうのは世界中の歴史研究者がこぞってやる対象として研究していけばとても面白いと思います。

通りすがり

No title
> 画像間違えてませんか?

いえ、間違ってませんよ。
↓銅像に刻まれている文字
통일기원국조단군상(統一祈願國祖檀君像)

-

画像間違えてませんか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク