南の島に雪が降る



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

加東大介さん


上の写真は、映画俳優の加東大介さんです。

加東大介さんといえば、まさに60年代の邦画を代表する名俳優で、なかでも黒澤明監督の名作「七人の侍」での七郎次役では、侍たちの中で唯一、槍(やり)を振るって村の西の入り口をひとりで守り抜いた。

その加東大介さんは、明治44(1911)年のお生まれですから、言うまでもなく戦中派の方です。
兄は沢村国太郎、姉は沢村貞子で、ともに大俳優、大女優。
甥にあたるのが先日亡くなられた長門裕之さんと、保守で有名な津川雅彦さんです。

加東大介さんの出演した映画は、数限りないほどあるのですが、その中で唯一、加東大介さんご自身の自叙伝を映画化した作品があります。
それが昭和36(1961)年に公開された「南の島に雪が降る」です。

監督は久松静児さんで、出演者は加東大介、伴淳三郎、有島一郎、西村晃、渥美清、桂小金治、志村喬、三橋達也、森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、フランキー堺など。
まさに豪華そのものの顔ぶれです。

実はこの映画、リメイク版も作られています。
それが平成7(1995)年の「南の島に雪が降る」で、こちらは監督が水島総氏です。
そうです。チャンネル桜のアノ水島さんです。

こちらの方は、出演者は、高橋和也、根津甚八、菅原文太、西村和彦、烏丸せつこ、風間杜夫、佐野史郎などとなっていて、コチラも豪華な顔ぶれです。

で、その昭和36年に公開された方の「南の島に雪が降る」ですが、役者陣には、なぜか当時の人気喜劇俳優が勢揃いしているのです。

「南の島に雪が降る」の物語自体は、漫画家の小林よしのりさんも「戦争論」の中で紹介していますので、ご存知の方も多いかと思います。

かいつまんであらすじだけ申し上げると、以下のようなものです。

~~~~~~~~~
加東大介さん(本名、加藤徳之助さん)は、昭和18年10月8日、大阪道頓堀中座の楽屋で、軍隊に招集されます。
向かった先が、西部ニューギニアのマノクワリというところです。

ニューギニア戦線は、東部で激戦が展開されたところです。
けれど加東さんたちが赴任した西部側は、それほどひどい被害は受けず、加東さんたちが到着した頃には、すでに戦域はフィリピンに移っていました。
なので西部ニューギニアでは、大規模な戦闘はほとんどない、という状況だったのだそうです。

けれど、取り残された前線とはいえ、いつ敵が襲ってくるかわからない。
補給もほとんどなく、飢えとマラリアに苦しめられながら、敵と戦う日を待つという日々です。
そこは戦地であり、兵隊さんたちは、常に戦闘による死、マラリアによる死の両方と向かい合っている。

そんな状況の中で、西部ニューギニアの司令部は、すこしでも兵隊さんたちを勇気づけようと、俳優である加東さんに「劇団」作りを命じた。
加東さんは、島中から劇団員を募集し、こうして誕生した劇団が、マノクワリ演劇分隊だったわけです。

マノクワリ演劇分隊は、熱帯のジャングルのド真ん中に日本式の舞台を作り、三味線弾き、ムーラン・ルージュの脚本家、スペイン舞踊の教師、舞台美術・衣装担当の友禅職人など、個性的なメンバーと一緒に公演をします。

衣装は、ありあわせの布に絵を描いたもの。
カツラは、ロープ(縄)で作った。
女形は「おしろい」を塗るけれど、男ばかりの軍隊に、そんなものはありません。
そこで傷口用の軟膏を顔に塗りたくって白粉の代わりにした。

こうして加東さん率いるマノクワリ演劇分隊は、日本への帰還の日まで、兵隊さんたちの慰安のために、ほぼ連日、休演なしで演劇を続けます。

厳しい軍隊生活、いつ死ぬともわからない運命、マラリアに苦しめられ、飢えに苦しめられる毎日の中で、兵隊さんたちは「公演を見たい」という生きがいを得ます。

公演には、島のはるかな地から演劇場までやってくる兵隊さんたちもいたそうです。
そして見終わると、次の演目を楽しみにし、
「次はこのなかで誰が来れるだろうね」
「まあ、お前はモタんだろうな」
「いやあ、お前が先さ」
などとニコニコと言いあいながら帰って行った。

途中、加東さんは内地送還のチャンスを得ます。
けれど加東さんは、「これだけの観客を見捨てていけるか」と自分から、日本に帰れるチャンスを捨て、演劇を続けている。

そんな中で、長谷川伸原作の名作「瞼の母」の舞台のときには、紙を使って雪を降らせた。
南の島の熱帯のジャングルの中で、雪を降らせたわけです。
この雪は、観客に大好評で、紙でできた雪が舞う都度、客席から毎回、どよめきと歓喜の声があがった。

加東さんたちは、サービスのため、観客たちに雪景色を充分堪能してもらってから舞台に登場するようにしていたのだそうです。

ところがある日、同じ演目の公演で、いつもと同じように雪を降らせたのだけれど、いくら待っても客席がシーンとしている。
不審に思って加東さんたちが舞台の袖から客席をのぞいてみると、数百名いた兵隊が皆、涙を流していたのです。

聞いてみた。
すると彼らは、東北の部隊の兵隊さんたちだった。
~~~~~~~~~~~

この物語は、加東さんご自身が体験された実話です。

たまたま「週刊朝日」の夢声対談コーナーで、この話を加東さんが語ったところ、徳川夢声から、これは是非執筆するようと、強く勧められ、昭和36(1961)年に文藝春秋で「南海の芝居に雪が降る」という題で出稿したのが始まりで、これはその年の第20回文藝春秋読者賞を受賞し、さらに出版されてベストセラー小説となっています。

そして同年には、「南の島に雪が降る」という題でNHKがドラマ化し、さらに東宝が同名で映画化した。
このときは、加東さんご自身が主演を務めています。

この映画で、ボクがとても感動したのは、物語そのものももちろんなのですが、とても重くて、苦しくて、せつなくて涙を誘う物語でありながら、加東さんも監督も、俳優陣に「喜劇俳優をそろえた」という点です。

舞台を見に来てくれた兵隊さんたちは、ジャングルの中を、遠く、道さえないところを歩いて来てくれていた。
次の舞台を楽しみにしてくれていた兵隊さんたちの多くは、翌月の演目には来ることはなかった。
みんな死んでしまったからです。

客席で二度と見れないであろう雪景色を見て、声を殺して泣いていた300人の東北の国武部隊の人達の姿を見たとき、加東さんたち役者さんは、もらい泣きして涙をいっぱい流しながら、なかばやけくそ気味に舞台に躍り出て、泣きながら立ち回りを演じています。

シリアスに描こうとすれば、どこまでもシリアスになったであろうその史実を、加東大介さんは、むしろ明るく楽しくほがらかに、これを映画に仕立てた。
そこに日本人らしさというか、日本人の心を見るような気がします。

どんなにつらくても、どんなに苦しくても、泣きたくなるようなことでも、明るく笑ってそれに耐え、明日を信じて前を向いて歩く。
それこそが日本人としての生き方、なのかもしれません。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング



南の島に雪が降る 岡晴夫


【メルマガ購読予約募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html
※発行開始は2011年10月3日からです。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

あかね

タイトルの意味を広く知らせたい
子供の頃に見た記憶忘れがたく、長年再会望んでいたのにNHKでのオンエアも知らず無念な日々でしたが、つい最近VHSでのレンタル可能なところありと知り、ついに、しかも家族揃って鑑賞することができました。よかったです・・・ ある意味ライフワークのような再鑑賞願いでしたから。

通して観たのは結局はじめてでした。
感服、感無量です、すべて。そして、面白かった!!
そう、あの頃の名人・達者が勢揃いのすごさ、小気味いいテンポ、過酷な中なのに ほのぼのさ、等々。
しかし、何より雄弁なのは、これが事実だったということ! その証である加東大介氏自身によるものだということ! また、ここにこうしていた、一介の民間人から成った雄雄しき男性たちは、今はもう みな消え去ってしまっているということ・・・でした。
昔のせいなのか、時間その他の制約のためか、大人だった人々の感覚か、今の我々からは とても意外に、(生死に係わる重要な事柄が次々)淡々と描かれ・進行していくのも、心に かえって痛烈でした。

物語としてだけでも、これは本当に優れているし、多くの、国境超えて関心持たれる題材と確信します。
もっともっと、 そして、もしかして今改めて絶対? 日本中で これを観なければいけないのでは? 世界中で、ですね。

外してはならぬ、名作・傑作です・・・
 どなたかのお父上が、そこにいらした・きっとその演劇を見たであろうとのことも胸打ちました。
往時のその人々と当映画制作の人々へ、心からの最敬意・哀悼を表し、合掌いたします。

(こちらでの よいご紹介にも深く感謝申し上げます。)

-

No title
父はここにいました
おそらくこの演劇を見て戦場に向かったと思います

イーデンイーデン

芸能芸術
この映画NHKBSでやってましたね。見ました。すごく印象的で、実に楽しかったです。芸能、芸術の大切さを教えてくれました。経緯を知って、納得しました。父は戦時中にポナペ島にいました。そのときのことを時々話してくれて、見ていてそれがダブルました。昭和19,20年頃はポナペ島にはほとんど戦闘がなくて、芋を作ったり、現地人と交流したりで、かなりのんびりしていたらしいのです。父の話の中にはなかったですが、きっとこれに近いこともあったのかもしれません。もっと、いろいろ聞いておけばよかったなあと、亡くなってから後悔しました。

実は島根の田舎で芸能芸術を呼び込もうと動き始めました。それが、またこの話とダブりました。老人たちが作るお米の力で、全国の芸達者をプロアマ問わず、呼び込もうという企画です。芸能芸術の大切さ、戦場、日常生活を問わず我々にとって欠かせないことを、みんなで分かち合えればと思います。この場を借りて申し訳ないですが、超一芸一俵日本一大会 ” イーデンイーデン ”のブログにおいでください。 http://idai-den.seesaa.net/

たのきん

No title
恐るべき内容なので拡散させて頂いております。

風林火山ブログ↓
中国 十年以内に日本を核攻撃
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_1.html

衝撃的な内容です。
【・・・「中国は後手に回つて討たれるよりは、主導的に討つて出る方がいい。核戦争は人口問題解決に最も有効だ。中国は全力で核戦争を行ふ準備を整へるべき」と決めつけ、「大切なのは、我が中国がこの競争において機先を制し、他国・他民族の人口をできるだけ減少させるやう努めるとともに、自国の人間が数多く生き延びるやうにする」と述べた。「愚かな計画出産政策を放棄して、できるだけ多くの子供を産み、計画的に周辺諸国に浸透させる。周辺諸国への密入国を人民に奨励する」と中国人の人口膨張を推進する。
  さらに、攻撃対象として日本などの国々を挙げてゐる。その方法として、「機が熟したら、果敢に猛烈な勢ひで、全面的な核攻撃を発動し、相手が反撃に出る前に、その人口の大部分を消滅させるよう努める」と言ひ、最後に、「中華民族が手に入れるのは世界全体である」・・・】

愛信

今なお続く大手メディアの“不誠実”な報道に対する不信
今なお続く大手メディアの“不誠実”な報道に対する不信
http://diamond.jp/articles/-/14114?page=5

 福島原発爆発事件は日本民族殲滅の核テロ犯罪であるので、けして曖昧にされる事は許されない。 
この犯罪に加担してきた反日売国テレビ局・マスコミは視聴者の信用を失い、日本国民の怒りの炎は
これらの反日売国テレビ局・マスコミを壊滅させるまでは収まらない。
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

愛信

可決された2法案はその日に撤回されています。
可決された2法案はその日に撤回されています。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41313&media_type=wb&lang=j&spkid=19532&time=00:09:34.6

開会日 : 2011年9月29日(木)
会議名 : 本会議
収録時間 : 12分
案件(議題順):各種委員等の選挙
国会法改正法案(177国会衆25)
平成23年9月29日 撤回申出    9月29日 撤  回(委員会許可)
東京電力福島原子力発電所事故調査委員会法案(177国会衆24)
平成23年9月29日 撤回申出    9月29日 撤  回(委員会許可)
横路孝弘(衆議院議長)  12時 42分  04分
小平忠正(議院運営委員長)  12時 46分  05分

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

間宮竜胆

汚染マップ:柏周辺6万~10万ベクレル 千葉・埼玉公表
文部科学省は29日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性セシウムの土壌への沈着量を、東日本全域などで航空機から
測って作製を進めている汚染マップのうち、千葉県と埼玉県分を公表した。千葉県では柏、流山、我孫子、松戸市にまたがる
10平方キロほどの一帯で、セシウム134と137を合わせると、福島県内の比較的汚染が少ない地域に匹敵する1平方メ
ートルあたり6万~10万ベクレルが測定された。
柏市は、周辺よりも放射線量が高い「ホットスポット」と指摘されており、土壌のセシウム沈着量でも確認された。また埼玉県
秩父市南部の山中の一部でも、沈着量の多い場所があった。これらの地域では、事故後に放射性物質を含む雲が風で運ばれ、雨
が降った際に地表に沈着したとみられる。
http://mainichi.jp/select/science/news/20110930k0000m040093000c.html

鈴虫

あの頃の日本は貧しかったが、いい時代だった
子供の頃、家の近くには4軒の映画館がありました。夕飯を食べた後よく、親子で映画を見に行きましたが席が無くいつも立ち見でした。

みんな知っている俳優ばかりで懐かしいです。
にほんじんの俳優には心がある、韓流との違いです。

戦争映画では子供ながらに正義感と言うのでしょうかムンムンとした憤りを感じたことが何度も、、、、記憶にあります。

あの頃は映画が唯一の娯楽でした。現在は一館だけ細々と営業しています。

愛信

【電脳News】政治は面白
【電脳News】政治は面白
興味深い動画を沢山集めています。是非ご覧下さい。
http://www.youtube.com/user/zerosen52c#p/a/f/2/CBLwxO3QZeU
【まさか、右翼と呼ばないで!】民団 民音 芸能界 NHKと東京新聞より転載
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1326.html
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
日本の大地震をお祝い(し)ます』 韓国でのサッカーの試合に横断幕 中国の反応
http://mantou.at.webry.info/201109/article_4.html
世界に拡散お願いします

愛信

マスコミが有権者に隠蔽している民主党政権の実体
マスコミが有権者に隠蔽している民主党政権の実体
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

 反日売国テレビ局・マスコミが今まで捏造報道で日本国民を騙した印象操作で多くの日本国民
有権者が知らない野田新内閣の売国的な姿勢を野党議員が国会予算委員会で懸命に訴えている。
以下の動画を是非多くの人に広めてください。
稲田朋美(自由民主党・無所属の会)  16時 27分  33分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41310&media_type=wb&lang=j&spkid=19575&time=07:39:13.6
衛藤晟一(自由民主党・無所属の会)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=6337&mode=LIBRARY&pars=0.42394739741836257
礒崎陽輔(自由民主党・無所属の会)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=6342&mode=LIBRARY&pars=0.17938964778765132
森まさこ(自由民主党・無所属の会)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=6341&mode=LIBRARY&pars=0.8822455469246742
片山虎之助(たちあがれ日本・新党改革)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=6355&mode=LIBRARY&pars=0.6984209955074538

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版

八目山人

あの時代いろいろ有りました
昭和18年、私の義父はインドネシアに駐屯していました。ニューギニア戦線への配属が決まっていたそうですが、理由は分かりませんが、上官が外してくれたそうで帰った来ました。
ニューギニアへ行った人は、ほぼ全員戦死されたそうです。

テレビを棄てたので映画を見ているのですが、先日小津安二郎の「東京の宿」を観ました。
岡田嘉子はこの2年後にソ連に越境して行方不明。
突貫小僧は昭和17年に招集され、ペリリュー島に送られますが、奇跡的に昭和21年に復員しています。
戦後は青木富夫として映画俳優を続けますが、脇役でしたね。

人の運不運あるいは世の無常を感じます。

ねこ

No title
 何度も、メールマガジンの配信停止依頼を出しても、いまだに配信されてきます。こんなメルマガは初めてです。

yamatotake

ご協力お願いします
長崎の中国ノービザ特区構想に反対してください。

長崎県知事 https://www.pref.nagasaki.jp/koho/goiken/goiken_form.php?nshu=2

長崎県公立高校の中国への修学旅行に反対してください。

長崎県教委 https://www.pref.nagasaki.jp/edu/form/index3.html

中国への修学旅行を考える http://amotoyamatotake.blog.fc2.com/

TEXAS

No title
私は、この書籍を読んだだけでボロボロと涙が出て来ました。
うまく表現出来ませんが、こういった兵士が「日本」を護ってくれたのです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク