パンプキン爆弾



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

パンプキン爆弾


大阪に原爆が落とされたのをご存知でしょうか。

昭和20(1945)年7月26日午前9時26分のことです。

投下された爆弾は、同年8月9日に長崎に投下された原爆(ファットマン)と同形の模擬爆弾です。
高度9千メートルから原爆を投下するための訓練と、爆発後の放射線から逃げるための急旋回(急転、退避)の訓練を目的として、米軍第509混成群団が投下しました。

上にあるのがその爆弾(パンプキン爆弾)で、下の写真が投下の瞬間を写した米軍の空中写真です。

投下の瞬間を撮影した米軍の空中写真


爆弾は、大阪府大阪市東住吉区の田辺地区に投下され、村田繁太郎(当時五十五才)他6名が死亡、多くの方が罹災しています。

パンプキン爆弾は、もちろん原爆ではありませんが、爆弾の中には、なんと4.5トンものTNT火薬が仕込まれていました。

そして、昭和20(1945)年7月20日から8月14日にかけて、このパンプキン爆弾は、東京、富山、長岡(新潟県)、敦賀(福井県)、福島、島田(静岡県)、焼津(静岡県)、浜松(静岡県)、名古屋、春日井(愛知県)、豊田(愛知県)、大垣(岐阜県)、四日市(三重県)、大阪、和歌山、宇部(山口県)、新居浜(愛媛県)など1都2府15県29市町の44目標に、計49発投下されています。

もし、8月15日の昭和天皇のご聖断がなく、そのまま戦争が長引いていれば、いずれ、それら標的の全てに原爆は投下されていた。

最初の一発は、7月20日午前8時13分ごろ、B―29から新潟県長岡市の信濃川近くの畑に投下されたものです。
畑にいた20歳と15歳の兄弟を含む4人が死亡、5人が負傷、31戸に被害が発生しました。
グランドゼロ(ground zero)と呼ばれる爆撃地点・爆発地・爆心地)には直径15~20メートル、深さ5メートルものくぼみができています。(↓写真)
グランドゼロ


また、同日午前8時34分、福島市の福島駅近くの渡利地区に投下されたパンプキン爆弾では、当時14歳だった1人の少年が命を落としています。
少年は、自宅近くの田んぼで草とりをしていたところ、約30メートル離れた地点に爆弾が落ち、爆風に襲われて死亡しました。
亡くなった少年の父親が、この爆弾の破片(長さ約50センチ、幅約20センチ。15キロの重さがある)を拾い、「息子のかたき」と寺に預けたものが現存しています。

さらに同日午前9時前、現在の静岡県焼津市中港5丁目に同形の爆弾を投下。
6戸が全壊、6人が負傷した。

同日午前9時すぎには、日立市にも模擬原爆が落ち、1人が死亡、10人近くが負傷しています。

7月24日には、3機のB-29が、新居浜市の住友化学工業と住友アルミニウムに模擬爆弾を投下し、2発が工場などに命中し、両工場の4千平方メートルが損壊した。

パンプキン爆弾が4発も投下された富山市では、一発目が7月26日に投下されているけれど、これを投下したのは、8月9日に長崎市に原爆を落としたB-29「ボックスカー」です。

さらに言えば、名古屋でパンプキンを投下したのは広島市に原爆を投下した「エノラゲイ」です。

7月26日午前9時26分には、大阪市・田辺地区にこの爆弾が投下され、死者7人、重軽傷者73人、倒壊など485戸の被害が出た。グランドゼロは現在の東住吉区田辺1丁目6-7市立田辺小学校のすぐ北側で、直径数10メートルの巨大な穴ができた。

7月29日、山口県宇部市に3発の模擬原爆が投下され、20数人が死亡するなどの被害がでた。

8月8日午前9時には、福井県敦賀市にあった東洋紡敦賀工場にパンプキン爆弾が落とされました。
ここではキノコ形の煙が上がり、工場はがれきの山となり、死者は33人にのぼています。
その中には、学徒動員で働いていた敦賀中学校と敦賀高等女学校(いずれも現・敦賀高校)の生徒や教員の犠牲もありました。

8月14日には、愛知県挙母(ころも)町(現豊田市)の豊田自動車挙母工場(現・トヨタ自動車本社工場)に3発のパンプキン爆弾が投下されています。

原爆を世界で初めて実用化したのはまぎれもない米国です。
そして米国は、世界で初めてその原爆を人間に向かって投下した。
それが広島と長崎です。

けれどこの時代、先進諸国は競って原爆の開発を行っていました。
日本でもその開発をしていた。
そして昭和19年の春、日本はウランを入手し、新型爆弾(当時日本国内では原爆はそう呼ばれていた)の開発がまさに現実のものとなったとき、東条英機氏は、困難な戦局の起死回生の決定打として、昭和天皇に、新型爆弾についてを上奏したのだそうです。

この時点では、日本は米国よりも一歩先に原爆を作れる状況となっていたのです。
東条英機氏は、もちろん、当然陛下にお喜びいただけるものと思った。

ところが案に相違して、陛下は反対します。
その理由として、
「数カ国が新型爆弾の開発を競っているとのことだが、日本が最初に完成し使用すれば、他国も全力を傾注し完成させ、使ってくるようになるであろうから、全人類を滅亡させることになる。それでは人類絶滅の悪の宗家に日本がなるではないか。
また、ハワイに投下する計画とのことだが、ハワイには日本の同胞が多数居住し、原住民とともに今日を築き上げたところである。
そのような場所に新兵器を使用することは賛成しかねる」とおっしゃられた。

東条英機氏は、反論したそうです。
陛下の御意思に反することはできないが、日本が敗戦すれば日本が滅びてしまい、元も子もなくなる。なんとか製造だけでも促進できないか」

陛下はこれを受け、理化学研究所の仁科博士を、御自ら尋ねられ、新型爆弾についての説明を受けられます。
そして陛下は、あの敗戦濃厚となった大東亜戦争の末期において、原爆の開発の中止をご聖断された。

この結果、日本は原爆の投下を受けます。
そして陛下は、終戦を急がれた。

陛下は広島と長崎に落とされた爆弾が、原爆であることを早くからご存知だったのです。
ですから終戦の詔勅には、「敵ハ新ニ 残虐ナル爆弾ヲ使用シテ 無辜ヲ殺傷シ 惨害ノ及フ所 真ニ測ルヘカラサルニ至ル 而モ尚 交戦ヲ継続セムカ終ニ 我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス 延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ」と述べられている。

「人類ノ文明ヲモ破却スヘシ」です。
陛下は、これ以上の戦闘の継続が、結果として原爆による人類文明の破壊までをももたらすことを憂いておられた。

どうしても勝たなければならない、まさに日本民族の存亡を賭けた戦いの最中に、陛下は人類文明の破壊を心配されたのです。

戦争に勝つということと、戦闘に勝つということは意味が違います。
日本は8月15日に戦闘行為は停戦しましたが、戦争が終結した昭和27年頃には、もうすでに経済復興も国土復興も開始され、わずか20年で世界に追いつき、40年後には世界の経済大国にまでなっています。

日本民族は滅亡せず、大東亜戦争で掲げた東亜の解放、悠久の大義は、ことごとく実現した。
戦争というのは、クラウヴィッツによれば、政治目的の最終的な解決手段なのだそうです。

であれば、日本が掲げた戦争目的が人種差別撤廃や、植民地支配からの解放という悠久の大義と、日本の工業力の保持にあるのなら、まさに日本はその全てを実現している。
つまり日本は、パンプキン爆弾も、原爆も使うことなく、戦争に勝ったのです。

※参考文献
春日井の戦争を記録する会編「5トン爆弾を投下せよ!」
高田純著「核と刀」


よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

パンプキン爆弾


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

【ご寄付のこと】
ねずブロでは、日本の心をつたえる良い話や歴史上忘れてはならない話、偉大な先人達の物語をみなさまにご紹介しています。ねずブロをカンパで応援いただける方は、以下の口座にお願いします。

【ゆうちょ銀行】

記号 10520

番号 57755631

【他金融機関から】

銀行名 ゆうちょ銀行

支店名 〇五八(店番058)

種目  普通預金

口座番号 5775563

【問い合わせ先】

nezu@nippon-kokoro.com


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

私の父も

戦が始まれば勝たねばならないが
昭和天皇が何故原爆開発を中止させたのか、
昭和19年なら戦争終結が延びてしまう事により
何らかの不具合が生じて困るからか、真珠湾奇
襲攻撃に続き核兵器を最初に使用したと後世に
天皇が名前を残す事がイヤで在ったのか?

ハワイでなく米国本土に使っていたら戦況は
どうなっていたでしょうか?
それも10発くらい・・・。

いつかきっと

No title
こういう真実がやっと気づかれるようになって何よりです。

実際、アメ公の脳ミソだけでは原爆はとても実用化できなかったでしょう。そこへ加担したのが、金目的で原子爆弾の重要機密を流した仁科の(裏切りのユダ)弟子、湯川秀樹です。彼はその功績によってユダヤ賞(ノーベル賞)を授与されました。さすがの彼も罪悪感からか晩年は心ばかりの平和活動をしていたが。

山本五十六はアメリカのスパイ。米内光政、犬塚惟重、稲垣守克らもユダヤからの金目当てで軍の極秘情報を売り、自軍に滅亡をもたらした。こういう事も、たとい鈍い日本人であっても、少しずつ浸透していく事でしょう。戦争で雌雄を決するのは、武器の強大さのみにあらず。兵の脇の甘さです。

日本は勝ったのでしょうか?

No title
いつも拝読しています。
読後にはいつも日本人としての正しい生き方を考えさせられます。

日本はたしかに植民地や人種差別の開放を、いまだ残るとはいえ実現させました。
しかし、現在の韓国や中国の日本に対する歴史捏造を基にする謝罪要求を見ると、とても勝ったとは思えません。

私としては、敗戦国の日本にかさになってかかってくる特亜三国の捏造歴史を公の場で論破し、政治的にも経済的にも締め上げ、マスゴミにぐうの音も上げさせない状態にしてこそ本当の勝利だと思います。
もう時期は逸してしまったかもしれませんが・・・。

愛信

野田首相訪韓、韓国で抗議集会
野田首相訪韓、韓国で抗議集会
http://www.mbs.jp/news/jnn_4854638_zen.shtml
(動画付き)
 韓国大統領李明博氏には土地不正購入の疑いで国民の不満が爆発。 首脳会談では従軍慰安婦
問題や竹島問題を取り上げても既に解決済みの問題であり何の成果も得られずに韓国民の怒りが
韓米FTAの不平等条約の内容に向けられるだろう。
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
Yahoo!知恵袋解決済み
http://chiebukuro.spn.yahoo.co.jp/detail/q1371271728

右翼のお子ちゃまたちへ

No title
日本に原爆が落とされたことについては非難する右翼が
日本が核を持つことに大賛成する根拠が
どうしても分からない。

ちよ

No title
天皇陛下は実にご立派な決断をされました。正に世界の盟主でした。貴重な当時を、ねずきちさんのブログで詳しく聞かせて下さり、心より感謝申し上げます。
戦争の目的からすれば「日本は戦勝国だった」安濃豊氏著書に同感で、中世白人による植民地とされた黄色人種の国々が戦後次々と独立解放され誠に感謝いたします。

国を想う天皇陛下の深き慰め、巡幸し励ましとお祈り。私たちは日本に生まれて幸せです。

今、この日本の危機。日本人が、この日本の現状と歴史の真実に一日も早く目覚められることを信じて、共にお祈り申し上げます。

愛信

日本負担の数十億円無駄に 英MOX燃料工場の閉鎖で
日本負担の数十億円無駄に 英MOX燃料工場の閉鎖で
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101801000149.html

 人類を滅亡させる核テロ攻撃の恐怖と同居していたことさえ知らされて居なかった日本国民及び
福島原発周辺の住民は地元の原発で爆発事故が発生するまでは、ロシアやアメリカで原発が
爆発した事故を外国の出来事と捕らえていた。 しかしこの恐怖が軍事攻撃目標として原子炉が
狙われた時に、いとも簡単に大災害は再び起こる事を留意しよう。

【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版はこちらをカッチとね

-

No title
中国人は人間なのか?こんな奴らとは絶対付き合えない。中国人同士でもこれだ。
反日仇日教育を徹底的に施された現代中国人こそ日本民族にとって最大の脅威だ。
良く見て、ただし、注意!!【閲覧注意!!】注意!!
http://blogs.yahoo.co.jp/aki_setura2003/28717481.html

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク