昔の日本



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

東海道岩淵からの富士山


上にある写真は、東海道岩淵からの富士山の写真です。

画面向かって左側には茶屋があり、そこに立っているのは女将と女中さんでしょうか。
奥の方には富士山が見える。
真ん中あたりに見えるのは、天秤棒を担いだ行商人さんでしょう。

この写真を撮ったのは、小川一真という方で、明治初期の写真家をしておられた方です。
上の写真は、おそらく明治20年代のものでしょう。

こうした幕末から明治にかけての日本の風景写真は、かなりの数が残されているのですが、どの写真をみても驚くのは、道路にチリひとつ落ちていない、ということです。

上の写真も、路肩にはうっすらと雑草が茂っているけれど、どれもみんな背が低い。
背が高く生い茂った雑草がない。
踏みしめられたから、ということもあるかもしれません。
けれど、誰かが、ちゃんと手入れして刈り取ったのかもしれない。

最近の道路では、路肩にぼうぼうと草が生えています。
なんだか段違いな気がします。

道もきれいです。
地面がむき出しなのだけれど、小さな石ころはあってもゴミがない。

考えてみると、ボクなどが子供の頃、朝、学校にいく道すがら、毎日近所のおじいさんが、道路を竹ぼうきで掃いている姿をみかけたものです。
毎日です。
どこでもそうだった。
一定以上の年齢の方なら、小さい頃、そんな姿を見たご記憶があるのではないかと思います。

家の前の道は、公共の道路です。
私有地ではない。
けれど、そこが公共の道だからこそ、みんなで大切にしようとした。

以前、数学者の岡潔博士のことを書いたけれど、博士はいみじくもこう語られた。
~~~~~~~~~~
日本はいま、子供や青年たちに「自分」ということを早く教えようとしすぎている。
こんなものはなるべくあとで気がつけばよいことで、幼少期は自我の抑止こそが一番に大切なのである。
~~~~~~~~~~

最近は、日本人でも「自分が自分が」「私が」「オレが」と自分だけを主張する傾向が強まっているような気がします。
自分中心ではなく「みんなが」良くなるために、自分にできること。
そういう発想が欠けてきています。

近所の道路を、毎朝竹ぼうきで掃いてくれていたおじいさんは、同時に、道路際のゴミもきれいにしていたし、道ばたの草取りもしてくれていた。
秋には、落ち葉を集めて、燃やしてくれた。

誰のためでもない。
みんなが気持ちよく生活できるように。

誰に言われなくても、率先して自分にできることをする。
率先して働く。
報酬のためではありません。
無償だろうが何だろうが、それがみんなのために役立つことと思えば、それを実行した。

日本は、それが「あたりまえ」の国だったのではないでしょうか。

「自分を大切に生きる」、それはとても大切なことだろうと思います。
けれど、自分にできる精一杯の行動を、みんなのためにする。
誰に褒められなくても、みんなのために役立つことが普通のことと思う。

日本人は民度が下がったと言われます。
なるほど後付けで教育されていないような部分については、たしかにそうなのかもしれません。

けれど私たち日本人は、冒頭の写真にあるように、とても美しい国を、みんなで築いてきたのです。
東日本大震災という大きな厄難を背負っても、暴動ひとつ起こさず、未来を信じ、子供達に恥じることがないよう、身を律していまも生きているのです。

それが日本人だと、ボクは思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

昔の日本


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

【ご寄付のお願い】
ねずブロでは、日本の心をつたえる良い話や歴史上忘れてはならない話、偉大な先人達の物語をみなさまにご紹介しています。ねずブロをカンパで応援いただける方は、以下の口座にお願いします。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

さわちゃん

No title
ねずきち様、いつも良い話をありがとうございます。

地域役員の代表として防犯講習を毎週受講しているのですが、田舎暮らしで一昔前の防犯意識しか無い私には大変な世の中になった物だと教えられました。
一流大学の教授が講習の冒頭に、日本人の民度が低くなったから地域防犯が大切だと述べられました。
優秀な若者を直接指導して来た大学教授の口からそんな言葉は聞きたくありませんでした。
とてもむかつきました。お前のせいだと言いたい気持ちでした。
あちこちで泥棒に入られたとの話も事実ですから、鍵を2重にしたり、警報装置を付けたりの対策が必要な事は確かです。
しかし、その前に悪事を働けないような国家的な仕組みが大切だと思っています。

愛信

【電脳News】人権侵害救済法案阻止!
【電脳News】人権侵害救済法案阻止!
http://www.youtube.com/watch?v=23UifZOyf3s&nofeather=True
(動画)
【関連情報】
【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
 反日売国民主党が日本人社会を破壊します。 
野田内閣は各種反日売国法案の一括処理と同じ効果をもたらすTPP参加を企んでいます。 
公明党が賛成すれば条約は批准されてしまいます民主党政権の打倒を急がなければ成りません。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
【緊急】人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)反対33
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1317960457/

江ノ島
you tubeの江ノ島が懐かしい。
幼児の頃、母親と小船で渡った時の事の風景を、還暦過ぎた今でも鮮明に憶えている。
当時は、江ノ島をぐるりと回る遊歩道沿いに葦簾張りの茶店お土産やが連なっていて、歩道には客は祭りのように賑やかだった。お土産屋の華やかな赤い海ホウズキの色は強烈に記憶してる。
大人になり自分も子供を連れて行ったが、寂れてすっかり様変わりでガッカリした。

この幼児期に記憶したディズニー的映像は、大人になって訪れると必ずガッカリする(笑)
もう一つのガッカリが神奈川県央にあり明治天皇が戦の演習をなさった鳶尾山。
幼児期に登った記憶では頂上までの山道は山ツツジが咲き乱れて植物公園のようだったが、大人になって登ると荒れ放題の山砂利採取場になってしまった。

 

No title
丁度、アスファルトの道路と土の道路の違いと、町の景観などの事を考えていたので勉強になりました。

みるる

茨城に住んでおります
田舎なんですが
震災で停電して普段は交通の激しい場所でも震災4日間は事故が起きませんでした
途中から疲れが出たのか軽い接触事故が起こるようになりましたが
停電で信号も止まったのに交通整理の警官も足りない時に交通事故が少なかったのに驚きました

ただ残念な人もいて
お店で「こんな時に商売する奴は戦後のやみ市だぼったくりだ高い安くしろ」と言っているお年寄りに何度かであった事です
値段は通常価格より安かったのです
でもそんな人がいることに残念でした
大工さんたちは震災翌日からずっと残業していて
帰宅も遅かったと聞いています
一番頑張ったのは若い人たちでした
それが救いです

-

No title
農村部に生まれ育った日本人ならこの写真の綺麗さはあまり違和感ないと思います。自分の自宅、田畑への道や河川その周辺の草を定期的に刈りさっぱりとした印象を保つのは暗黙の掟なのです。骨折り仕事ですが決して嫌々な作業としてではなく全うな住民としての義務を果たすという感覚ですね。そのような地域に育った人は都市部へ移り住んでも同じことをしますし、昔の商店街の主たちもやはり店の周辺を自主的に毎日清掃するのはあたりまえのことでした。

役所まかせにしはじめた地域からおかしくなっていったように思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク