祝日には国旗を掲揚しよう



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

日の丸の旗


11月3日の今日は「文化の日」です。

この文化の日について、日心会のMLでSさんが丁寧にまとめてくださいましたので、転載します。

~~~~~~~~~~
11月3日は「文化の日」です。
この日にあたり、「文化の日」の歴史や行事について簡単にまとめてみました。

1873年(明治6年)に公布された年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治6年太政官布告第344号)以降1911年(明治44年)までは天長節となっており、

1927年(昭和2年)に改正された休日ニ關スル件(昭和2年3月4日勅令第25号)以降1947年(昭和22年)までは明治節として、明治天皇の誕生日による休日となっていました。

現在では、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条により、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」とされています。

また、この日は去る1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、
日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められました。
ちなみに、日本国憲法は公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に施行されたため、5月3日も憲法記念日として国民の祝日となっています。

さて、その日本国憲法についてですが、この「日本」という国を真の独立国として尊重していこうとする私たち日本人は、どのように認識すべきなのか?

それについては過去の「ねずきちのひとりごと」ブログをご覧いただくと
良いと思います。

■日本国憲法という欺瞞
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-955.html
■日本国憲法を否定せよ
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-755.html
■Made in Occupied Japan
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-867.html

さて、毎年「文化の日」には何があるのか?ということで申しますと、文化の日には皇居宮殿松の間におきまして文化勲章の授与式が行われ、天皇陛下から直接、文化勲章が授与(親授)されます。

文化勲章の受章者は、まず文化庁文化審議会に置かれる文化功労者選考分科会の意見を聞いて文部科学大臣が推薦し、内閣府賞勲局で審査したうえ閣議で決定します。

文化勲章受章候補者推薦要綱(内閣総理大臣決定、閣議報告)によると、
文部科学大臣は、“文化の発達に関し勲績卓絶な者”を文化功労者のうちから選考し、毎年度おおむね5名を内閣総理大臣に推薦する、とあります。
また、文化功労者以外の者でも必要と認められる場合には選ばれることもあります。

さらには、この日を中心に文化庁主催による芸術祭も開催され、
主に東京・大阪などの開催地で様々な演劇・音楽・舞踊・大衆芸能の公演が催され、文字通り文化を促進させる日となっています。

次に日本の歴史上、11月3日に起こった主な出来事を紹介します。

711年(和銅4年9月18日)
元明天皇の詔勅により太安万侶が『古事記』の編纂に着手。

1880年
天長節祝賀の宮中で『君が代』が初めて披露される。

1916年
迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)の立太子の礼。正式に皇太子となる。

1931年
宮沢賢治が手帳に「雨ニモマケズ」を書き留める。

1944年
第二次世界大戦: 日本陸軍が風船爆弾によるアメリカ本土攻撃を開始。

1949年
湯川秀樹氏にノーベル物理学賞が贈られることが決定、日本人初のノーベル賞受賞

近年だけでなく、昔から日本の文学や科学さらには御皇室にいたるまで日本の歴史上キーポイントとなる日が多いですね。

最後に、11月3日は晴天の特異日となっています。
つまり、晴れの日が多いのです。

日本の歴史を語る上で、外すことのできない日付が必ずと言っていいほど晴天とはなんだか縁起が良い気がします。

澄みわたる紺碧の秋空の下、威風堂々と翻る日章旗を見ると、心が洗われるような清々しい気分を心から感じます。
「これが我が国の国旗よ、これが我々大和民族の旗印よ。」
と思わずには居られません。

来る11月3日文化の日、皆さん国旗「日の丸」を掲揚して、お祝いしてはいかがでしょうか。
~~~~~~~~~~~~

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

なっく

剣道日本一
ねずきちさん、11月3日は剣道日本一を決める日でもあります。
毎年日本武道館で行われ、テレビで生中継します。
警察官の高鍋さんが優勝しました。
とってもかっこ良く、まさに現代の侍した。
うちは子供に剣道を習わせています。 剣道良いですよ!

エイリアンの巣は半島

No title
津川雅彦氏のお嬢さんが車に日の丸のシールを貼ったら、
検問でうるさく調べられた、と津川さんが御自身のブログで嘆いておられました。
左翼警官の事をですよ。

わたしはそれを聞き、無印の車のアンテナに小さな国旗を
つけはじめました。
対策は検問に引っ掛からないように山菜堀と山歩きの大型
剣スコップなどは車内から取り去っています。

次は玄関前に旗竿付けた国旗を設置、掲揚。
へんぽんと翻るでしょう。

ねず吉さんまけるな!見守っています。

ミータン

綺麗です♪
ベランダから飾っています。
今回で二回目です。
最初は、何だか恥ずかしかったのですが、<祭日>という気分になったのが驚きでした。
ねずきちさん、
日本人が失った行事を、これからも教えて下さい。
まずは、国旗掲揚からスタートです!!
とっても爽快な気持ちになりました。
ありがとうございます♪

アラフォー男子

昨日、日系人部隊に最高の勲章授与のニュースがありました。取り上げて頂ければ嬉しいです。

愛信

【日本終了】日韓新時代共同研究プロジェクト
【日本終了】日韓新時代共同研究プロジェクト
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2337
【関連情報】
日本の先端技術情報が韓国を経てデンマークへ筒抜け
韓国ベンチャー、日本政府機関のプロジェクト受注
韓国とデンマーク、「グリーン成長同盟」を締結

野田内閣は反日売国民主党が着々と進めている日本人社会の破壊活動を進めてています。
この事を反日売国テレビ局・マスコミは報道を隠蔽しているので貴方に知らされていないのです。
 あの虚言妄言の鳩山や日本乗っ取りを「諦めない」で首相辞めないでガンバルねの韓直人と同様に
野田は偽装保守で日本人はまだ騙せると考えています。
この国日本を守るためには, 今すぐに衆議院を解散させて総選挙を行い反日売国民主党議員を淘汰
して殲滅させなければ成りません。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ぐりぐりももんが

No title
タイでは、一年中タイの国旗を掲揚している家が多いです。
それに比べると日本は、さみしくなりました。
日本に帰国できたら、ミニ旗でもいいから掲揚しようと考えています。
(こっちは、洪水のせいで仕事もできなくて、たまりませんわ。)

鈴木にゃん子

掲揚します!
ねずきちさま
いつもためになる記事ありがとうございます。
今日、東京は曇り空ですが、少しづつ日もさしてきました。
日の丸、掲揚いたしました。
拙ブログ【ひのまるにゃんこ】にてわたしも記事にしました。よろしかったらご訪問ください。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク