ブータンとダショー西岡

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ブータン王国
ブータン王国


ブータン国王が来日されました。
あいにく陛下が入院中のため、皇后陛下がご対応されました。

ブータンといえば、たいへんな親日国としても知られています。
なぜブータンが親日国となったのか。
そこには、ひとりの日本人の貢献がありました。

昭和33(1958)年のことです。
大阪府立大学農学部に、ある依頼がありました。
「ブータンに、日本の農業専門家を派遣してほしい」というのです。

ブータンは、インドと中国にはさまれた世界唯一のチベット仏教国家です。

国民総生産にかわる国民総幸福量(GNH)という概念や、さまざまな環境政策、伝統文化保持のための民族衣装着用など、非常に特色のある国でもあります。

国旗のデザインが、これまた難しい。

ブータンの国旗
ブータン国旗


要するにブータンという国は、ある意味、非常に閉鎖的に伝統を重視する国家なのであって、そういうところで民衆に溶け込んで、農業指導をする。

これはたいへんな仕事です。

ブータン王国で農業指導をするためには、ブータンの人々の生活の中に溶けこみ、「あの人のいうことなら間違いない」という人としての信頼を勝ち得ないといけないのです。
ただ頭ごなしに技術を「教えてやる」方式では、絶対にうまくいかない。

ブータンの首相から直接依頼を受けた同大学の中尾佐助助教授は、たいへんな依頼を請けたと思うとともに、「あの男なら!」と、すぐにピンとくる者がいました。
それが、同学部の学生であった「西岡京治」(当時25歳)です。

性格が、穏やか。しかも謙虚。友誼に篤く誠実で努力家。
根気と忍耐が予想されるブータンでの生活に最適な男は、西岡京治しかいない!

中尾助教授は、すぐに西岡京治に相談をもちかけます。
もちかけられた西岡京治は、同じ年にネパール学術探検隊に参加しています。

彼には、ヒマラヤの自然の美しさと、そこに住む人々の貧しさを見て、自分が彼らの生活をよくすることに少しでも貢献できたら・・・という思いがあった。
彼は二つ返事でブータン行きを承諾します。

昭和39(1964)年2月、海外技術協力事業団(現・国際協力事業団)から、西岡に、正式な派遣決定の通知が届きます。
西岡は、新妻の里子を伴って、その年の4月に、ブータンに飛びます。

昔からそうなのですが、こうした海外協力隊では、たいていの場合、妻は日本に残して、単身で旅立つ者が多いです。
最初から西岡が、妻を伴ったということは、彼自身に、妻を愛する心と、ブータンに骨をうずめる覚悟があった、ということです。

ブータンに到着した西岡は、さっそく開発庁農業局の事務所に出向きます。
農業局は、局長も職員もすべてインド政府から派遣されたインド人です。

彼らは、自分たちこそがブータンの農業事情を一番知っている、ブータンの農民は遅れていて因習深く、何を言っても始まらないと、ハナから西岡をとりあいません。
実際にブータンの農民と接して農業指導を行うにも、その許可さえくれない。

西岡は、めげそうになる心を振り絞って、政府に働きかけ、ようやく農業試験場内で、60坪ほどの土地を提供してもらいます。

そこは、ひどく水はけの悪い土地でした。
これでは野菜の栽培すら難しい。
要するに「やれるものなら、やってみろ」というわけです。

西岡が派遣された目的は、農業指導です。
荒れ地で、ひとりで栽培をしても、それでは意味がない。

それでも西岡は、そこでなんとか頑張ろうと、農業局にブータン人の実習生を要求します。
ようやく許可が出て、西岡に実習生がつけられた。
その実習生は、なんと12~3歳の子供が3人!

ここまでされたら、ふつう、怒るかあきらめるかします。
事実、いろいろな国から派遣された指導員は、それで怒って帰国している。

ところが西岡は、笑顔で少年たちと土を耕し、樹木を抜き、水利を図って、日本から持ち込んだ大根の栽培を開始します。
畑の耕し方、種の蒔き方、土のかけ方、ひとつひとつを西岡は少年たちに実演し、一緒になって大根を育てた。

大根というのは、昼夜の寒暖差が大きいほど、おいしく、よく育ちます。
3ヶ月後、それまでみたこともないような、おおきな大根が育ちます。

実った大根を抱えて見せた子供たちの笑顔が、たまらなく美しかった。
野菜の栽培は、到底無理、と思われる荒れ地で、西岡は見事に野菜の栽培に成功してみせたのです。

西岡の成功を喜んだブータン政府は、翌年、試験農場を水はけのよい高台に移してくれます。
農業局ではなく、もっと上が動いてくれたのです。耕作地面積も、3倍です。

水利がよければ、野菜はますます育ちます。
西岡の農場は、狭いけれど、青々とした野菜が見事に育った。

噂が噂を呼びます。
ブータンの知事や議員たちも、西岡の試験農場に視察に来ます。

感動したある議員の提案で、西岡は、ブータン国会議事堂前で、試験場で栽培した野菜を展示します。
これが、大評判となります。
みたこともないほど肥えた野菜です。しかもおいしい。みずみずしい。
噂が噂を呼び、ついには国王陛下から、もっと広い農場用地を提供するという申し出をいただきます。

後に西岡は、このときの模様を「ブータンに来て、これほど嬉しいことはなかった」と語っています。

国王から提供された農場は「バロ農場」と名付けられます。
「バロ」というのは地名で、ここには、ブータンに仏教を伝えたパドマサンババが空飛ぶ虎の背から降りてきたという伝説が残っているところです。

いまでもこの地では、毎年三月に、一年の豊作を願って、人々が様々な民族衣装や動物や鬼などの仮面をつけて、太鼓や管楽器による民族音楽に乗って歌ったり踊ったりします。

国王は、そういう由緒ある地を、西岡のために提供してくれたのです。
ただし、ここは標高2200メートルの高地です。

そして西岡のバロ農場は、その後のブータンの農業近代化を一気に加速することになる。
まさに、空飛ぶ虎の背(飛行機)から降りてきたバドマサンババ(西岡)が、ブータンの人々の生活を一変させる事業が行われることになります。


昭和46(1971)年、西岡は、この高地で、米作りに挑戦します。

日本では田植えというと、縦と横を一定間隔で植える並木植えがあたりまえの習慣ですが、当時のブータンでは、勝手気ままな植え方をしていました。

これだと手押しの除草機が使えない。
苗の苗との間の風通しも悪い。
当然生育も悪い。

西岡は、村人たちと再三、並木植えについて相談を持ちかけるのだけれど、
「ワシら、昔からこうやってきた」と、とりあってくれません。

ようやく「やってみよう!」といってくれる農家が現れたのだけれど、もし、並木植えで収穫量が上がらなければ、西岡の信頼は一気に失われます。

西岡は祈るような気持ちで、稲の生育を見守りました。


結果・・・・・


並木植えの田は、従来型の雑多な植え方の田と比べて、なんと40%もの増産!!

村人達は、驚き、喜び、バロ盆地では、数年のうちに約半数が、西岡が持ち込んだ並木植え栽培をはじめます。
この農法はいまではブータンに広く普及し、ブータン王国の8割の田が、並木植えになっている。


1970年、西岡は、国王の命によって、シェムガン県の開発に従事します。

この地は、貧しいブータンの中でも最貧地区・・・というより極貧地区です。
焼畑農業が営まれ、収穫量が下がると人々は別な土地に移動します。
西岡は、ここに10人のスタッフとともに乗り込んだ。

しかし、いきなり「よそ」からやってきた西岡の言うことなど、誰も聴きません。
成功する保証などないのです。

ただでさえ貧しい。ようやっと食べている。
先祖伝来の農法を変えることで、万一、収穫が落ちたら、村人たちは飢え死にしてしまうのです。

西岡の村人たちとの話し合いは、なんと800回に及びます。
西岡は根気強く村人たちを説得した。

西岡はこのとき、無理に近代化を行うのではなく、あくまで彼らの「身の丈にあった開発」を進めます。

いたずらに巨額の開発費用をかけて、たとえば水田に水を引くのにも、重機を用いて水を汲み上げるのではなく、竹などの自然のものを利用して水路を確保した。

また、木でできたアブナイ吊り橋を、いきなりコンクリート製の近代的橋に掛け替えたりはせず、耐久性のすぐれたワイヤーロープを使って、吊り橋を直した。

こうして西岡は、360本もの水路を完成させ、17本の壊れかけて危険だった吊り橋を掛け替えます。
村人たちと一緒に作った道路は、なんと300kmにも達した。

そして村人たちと共同で、60ヘクタールもの広大な水田を作った。
西岡が来る前までの水田は1~2ヘクタールです。50倍の規模です。

同じ人数、同じ労働力、同じ土地で、焼畑農業で農地を転々とさせるのではなく、水路を引き、道を作り、橋を架け、広大な定置農地を確保したのです。

その広大な農地に、満面の稲が稔ります。
ものすごい収穫高です。

極貧地区は、またたく間に生活が安定します。
子どもたちが喜ぶ学校もできます。
診療所もできた。
村人たちは、定住することができるようになり、生活も安定します。

西岡たちが村を去る日、集まった全員の村人たちは、
「はじめに西岡さんが言ってくれた通りになった」と、涙を流しながら西岡たち一行を見送ったといいます。

ダショー・西岡
ダショー西岡


昭和55(1980)年、西岡は長年のブータン農業への貢献を評価され、国王から「ダショー」の称号を受けました。

「ダショー」というのは、ブータン語で「最高に優れた人」という意味です。
この位は、最高裁の判事クラスしかもらえない称号です。
ブータンでは最も栄誉ある顕彰です。

このとき西岡、47歳。
ブータンに来てから16年の歳月が経ってのことでした。
そしてその後も12年、西岡はブータンにとどまります。


平成4(1992)年3月21日、子供の教育のために日本に帰国していた妻・里子のもとに、電話がはいりました。
電話はブータンからの国際電話でした。

「ダショー・ニシオカが亡くなりました・・・」
突然の訃報に動転しながらも、
「葬式はどうなさいますか」との質問に、里子はとっさに
「バロでお願いします。ブータン式の葬式でお願いします」と答えました。

ブータンで28年間、ブータン人になりきってブータンのために生き、ブータンのために死んだ夫です。
夫は、きっとそう願っているに違いないと、彼女は確信していたのです。

ダショー・西岡の葬儀は、妻と娘の到着を待って、同月26日に行われました。
それは、農業大臣が葬儀委員長を務める国葬でした。

ラマの僧侶の読経が山々にこだまします。
葬儀には、西岡を慕う5千人もの人々が、ブータン全土から集まりました。

ブータンは、国をあげて西岡に感謝の心を捧げてくれたのです。

---------------------------------

ブータンの民族衣装
ブータンの民族衣装


この度、来日されたブータン国王は、ダショー西岡当時の国王の子です。
先代の国王もそうだし、いまの国王もそうだけれど、日本人とみまごうばかりのお顔立ちをされています。

そういえば、民族衣装も、どことなく日本の昔の民族衣装と似ていませんか?

実は、非常に不思議なことなのだけれど、Chinaの辺境に住む少数民族、カザフスタンや、ウズベクスタンのような中央アジアの諸国など、顔立ちや民族衣装が、なんだか大昔の日本、もっといえば、縄文時代の日本人の一般的衣装と同じような色柄デザインと、ほんとうにそっくりなのです。

DNAの解析の詳しい資料がないので、実際のところはわからないのだけれど、顔立ちからしても、どことなく日本人と同じ顔立ちをしている。

もともと日本人というのは、いまから1万8000年ほど前、地球気温が急激に寒冷化した際に、シベリアのバイカル湖付近にいたモンゴロイドが南下したものだと言われています。

寒冷化によって北極や南極の氷が増え、その分、海水面が、いまより140メートルほど低くなった。
このため、シベリアと樺太、北海道、本州、四国、九州が陸続きとなった。

もっというと、千島列島から、ベーリング海峡をはさんで、アメリカ大陸とユーラシア大陸も陸続きとなっていました。

急激な寒冷化によって、バイカル湖付近を離れたモンゴロイドたちは、一部はベーリング海峡を渡って、アメリカインデアン、南米のインディオとなり、また一部は、樺太から北海道を経由して日本に移り住んだ。
またある者は、Chinaの揚子江の流域に住み着き、ある者は西へと向かい、中央アジアに移り住んだ。

共通しているものがあるのです。
モンゴロイドであるとうことだけでなく、顔立ちや民族衣装が、日本の縄文時代のものと酷似している。

要するに何がいいたいのかというと、ブータンの民と日本人というのは、遠い遠い親戚なのではないかと思える、ということです。

ブータンといえば、国民総幸福量(GNH)という概念が有名ですが、この概念は普通の日本人なら、なんとなくピンとくる(共感できる)ものなのではないでしょうか。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

「震災復興すると確信」ブータン国王が国会演説(11/11/17)


ブータン-1


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会


【ご寄付について】
ねずブロの取材を応援いただける方は、以下の口座からカンパいただくことができます。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

コメント失礼します。ブータンについて調べていたので、参考にさせていただきました。失礼いたしました。

No title
〝漆と縄文文化”で、中国雲南等の少数民族が日本人とそっくりという話を興味深く読みましたが、同じようにブータンのように遠方まで追われた人々も居たのでしょうね。彼等も蒙古斑があるんでしょうね。
なぜか、ツングース系の朝鮮には蒙古斑が無いというのは面白いです。

krtk

No title
本当に国王という名にふさわしい素晴らしい方です。国会での演説は馬鹿国会議員に届いたのでしょうか?偏向報道ではすべてカットする日本の歴史に基づく日本民族の尊さや世界のリーダーたるべき等々演説する部分、一番国王が言いたい事なのではないでしょうか。肝心な部分をカットして、今の放送局には早く潰れて欲しいです。それにしても、民族的には合うのか、その少ない放送時間でも十二分にお人柄が伝わってくるしおっしゃる言葉の全文をネットで見て涙出ました。日本人すら忘れてる事ばかりで、中国に侵略されてるブータンにあり、日本にも、しっかりして欲しいというメッセージもあるのでは、と思いました。

香港読者

ブータン国王の演説
いつもすばらしいストーリーを紹介くださりありがとうございます。
本当に泣けます。そして、半日国家の人間たちの品のなさ、人間性の欠如が改めて、浮き彫りになりました。これが本当に、心ある、教養のある人間の言葉です。久しぶりに心情あふれる言葉を聞けました。ところで、どなたか、この演説の英語のみのYOUTUBE、どこで、ダウンロードできるかご教示ください、日本語版と両方で、保存したいと思います。

愛信

鳩山氏ら外国人参政権早期成立を「約束」 民団記念式典
鳩山氏ら外国人参政権早期成立を「約束」 民団記念式典
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111118/stt11111819300008-n1.htm
反日売国奴が嘘を100回言っても現実に成らない日本人社会の破壊活動は日本民族の逆襲に
遭い二度と嘘も言えないようになるだろう。 この様な式典が持たれ演説している国会議員の事を
反日売国テレビ局・マスコミが報道しないので、多くの愛国系有権者の口コミで日本中に伝えて広めて行こう。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

No title
ワンチュク国王の演説を聞いて、ナミダが出ました。。。(´;ω;`)日本を愛してくれる、チベットやブータンや侵略されているキルギス、モンゴル。日本が今こそ助けるべきです!!ここ最近で覚醒した日本人は多いです。頑張りましょう!

璃音

ありがとうございます。
ダジョー・西岡のお名前を聞いてから
どんな方だったのだろうと気になっていました。
根気強く、それこそ荒地に大樹が根を張るように
頑張っていらしたのですね…
西岡さんのおかげで、日本がこれほど愛されている。
目頭が熱くなりました……

日本語の源は「アルタイ語族」という説もあり
高山地方でひっそり暮らしていたブータンと
島国の日本は、ともに
混血することが少なく、いにしえの血が強く残っているのかもしれませんね。

amotoyamatotake

公式謝罪を求める
長崎事件ー礼儀も信義も守らない韓国球団ー


「韓国プロ野球球団が日本国内(長崎市柿泊運動公園)で日本と日本国旗を侮辱する様を知って、ハンファイーグルス球団やグループ会社は日本国及び長崎市に公式に謝罪すべきであると強く感じました。」

http://amotoyamatotake.blog.fc2.com/blog-entry-70.html



公式謝罪を求める動きを広めてください。

-

No title
チベット族やブータン人は遺伝子レベルで一番日本人に近いそうです。
子供の顔を比較するとよくわかります。
(大人は環境因子が加わるので比較の意味が薄まります)

愛信

RE:ブータン国王夫妻、金閣寺に感激
ps:
TPP やまと新聞号外配布プロジェクト 号外配布イベント情報
http://youtu.be/-k9daksIfXs
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2404

TPP交渉は創価学会公明党や民主党の推進する
人権擁護法案等の反日売国法案の一括処理と同じ効果を
もたらすものであり、日本人社会の破壊者が日本国民を騙す手口です。

terag3

一川防衛大臣や蓮舫に聞かせたい話です
ねずきちさん
ダショー西岡さんの実に良いお話を有難うございました。
初めから終わりまで「これぞ日本人、これぞ日本式」という感動で胸を熱くして読ませて頂きました。

あのとんでもない一川防衛大臣や蓮舫などを呼んできて椅子に縛り付けても聞かせてやりたい話でした。

一番最初のMOMOさんのコメントにありましたが西岡氏がブータンに出掛ける際の担当者間の交渉が無かったのか?
とかく日本人は他国間との交渉ごとが苦手です。アメリカではプロのネゴシェーターがいますが日本には皆無でしょう。

TPP問題にしてもネゴ下手の日本人には太刀打ちが出来ないでしょう。

日本人もそれを分かっているなら官僚も企業人も各部署にプロの専門的ネゴシェーターを育成、配置して他国との交渉等にはひけを取らないようにすべきだと痛感しています。

研修などで、ディベートもやってはいるようですが、まだまだ中途半端でものになってはいないようですね。困ったものです。

売国奴殲滅したい!

No title
これが上のコメントの裏づけになるかも知れません。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111118/stt11111819300008-n1.htm

売国奴殲滅したい!

No title
至急拡散願います。
売国奴は、TPPの裏でこんな事をやっています。
http://nippon-end.jugem.jp/?day=20111115
民主党議員が全く離党しない理由です。

つまり、日本国民が民主党に投票しなくても、総連、民団、草加を総動員して投票させれば、日本国民が投票しない意味がなくなると言う事です。
きっと、裏で『TPPは反対でいいから、党には残れ』っていう話が民主党議員にあったのでしょう。
TPPと同時にこれも、反対意見を送らないといけません。
ご協力をお願いします。

敷島の桜

ブータン
こんにちは
ブータン国王の国会での演説は大変素晴らしく、私は涙ながらに拝聴しました。

国王の演説に
「すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。」というくだりがありました。
私自身、特に近頃の反日日本叩きに辟易としていまして、時々もう日本はダメなのではと弱気になることもありましたが、最後の「それは数年数十年で失われることはありません」という部分で元気を取り戻すことができ、立派な国王だと尊敬しました。

そんな親日国ブータン。やはりその影には日本人の活躍があったのですね。今回国王が義援金を政府に渡して下さったそうですが、その義援金が集まったのも、西岡さんへの感謝があったのでしょうね。

ななし

拡散
再度くっくりさんより拡散依頼です。
http://kukkuri.jpn.org/1103arashijouhou.html

日教組反対

日教組があるかぎり 教育はだめだ
自民党の安倍は短期間に教育改革にも実績をあげた


あしなが育英会の子供達が集めた募金が朝鮮学校へ流れた
国会で自民党ヤンキー先生が糾弾したが

テレビは無視
親日の国とつきあいたい

日本人が嫌いな反日教育の中国と韓国は

勘弁だ

愛信

福島県議会議員一般選挙のお知らせ
福島県議会議員一般選挙のお知らせ
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/seikatsu-kankyo/senkyo/shigi-ippan-2011nov/index.html
 東北地方太平洋沖地震及び福島第一原発爆破事件の被災地福島県議会の選挙が密かに明後日
投票されます。 
復興の基本方針を審議する県議会選挙の趨勢は日本全体の関心事です。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

三四郎

No title
ご無沙汰いたしております。
ブータンと言い、トルコいい親日国を大切にしないといけませんね。
転載は出来ないのでしょうか?

みるる

有難うございます
子供のころオリンピックで行進するブータン選手を見た時
私も日本人にそっくりと思いました
成人したころ和裁を習っていたんですけど
日本の紬とブータンの衣装がよく似ております
また琉球の紅型と王妃の衣装が似ていると思いました
昔の日本の着物は今よりももっとゆったりした物で帯も細かったんです
また、お辞儀の仕方もブータンと殆ど同じですね
やっぱりご先祖様は同じなのかもです。

MOMO

ありがとうございます。
ねずきちさん、いつもいろんなことを教えて下さってありがとうございます。
日本の誇りであり、世界のヒーロー、西岡京治氏のお名前を心に刻んでおき
たいと思います。奥様、ご家族も立派ですね。

しかし、国の要請で派遣されるのであれば、最初の段階でもっと協力体制
を国同士が作っておいて、そこに技術者を入れれば早かったのでしょうけれど。
そこが、日本の昔からの交渉の無さがあらわれているのでしょうか?汗

例えば、世界大戦でも、日本は資源包囲網にあって、戦争開始の決断をした
ようですが、もし、資源交渉をアメリカやイギリスなどのエージェントではなく、
アラブ諸国のような資源国と独自に直接行っていたら、どうだったのでしょうね?

日本の真正保守のしっかりとした出自の人間性のいい人達が、日本の実情を
正直に話して直接交渉していたら、断る国があったでしょうか?

そもそも、当時は交渉努力をしたのか、やっていたら誰がどのような形でどのような
言葉で行っていたのか?それには何か足りない点は無かったのかなどなど、
私達は分析しなければいけないと思います。

授業などで近代史は3学期の末。つまり、卒業式関係で忙しくて授業らしい
授業にはならずに飛ばされているのです。戦争だってタブー視しないで、
冷静に、何がどうだったのかを知る必要があるように思います。

学校教育、生涯教育、日本は本当に大切な事への変革の時ではないでしょうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク