和菓子のお話



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

和菓子


なんだか和菓子のおいしい季節になってきました。
ちなみにボクはお酒があまり飲めず、どちらかというと甘党(笑)。
とくに和菓子が大好きです。

和菓子というのは、日本の伝統的製造法で作られたお菓子のことで、明治時代以降にヨーロッパなどから新しく日本に入ってきた洋菓子に対して使われる言葉です。
和菓子の特徴といえば、「美的鑑賞にも堪えることを期待されて発達したお菓子」である、ということでしょうか。

実は参議院議員の中山恭子先生が、拉致被害者の救出に北朝鮮に行ったときのことですが、このとき面白いエピソードがあります。
恭子先生は手みやげにと、ハンドバックの中に、横田早紀江さん(拉致被害者横田めぐみさんの母)が書いた「めぐみ」という本、それと二段重ねのお重に入れた和菓子を北朝鮮に持参されたのだそうです。

北朝鮮に到着し、空港の待ち合い(そこはずいぶんと広い部屋だったそうですが)で、被害者のみなさんをお待ちしている間、北朝鮮の官吏たちが、ずいぶんとやってきた。
そこで恭子先生、持参した和菓子のお重をひらいて、「どうぞ」とお勧めしたのだそうです。

先生は、無事拉致被害者を救出して日本に戻られたのですが、その後に、実は北朝鮮から「きつい苦情」が寄せられました。
その苦情というのが、
「二度と本と和菓子は持ってこないでください・・・」

本は、わかります。
なにせ「めぐみ」を持参したのです。
北朝鮮も、処置に困ったことでしょう。
けれど「和菓子」を「持参しないでください」とは・・・。
きっと、和菓子を食べた北の職員達が、その美しさと味のやさしさに、心まで溶かされてしまったのでしょうね。
和菓子には、そんな不思議さがあります。

そういえば、和菓子に合うのはやっぱり緑茶ですが、なんとなく不思議に思うことに、ケーキやカステラなどの洋菓子は、テレビを観ながら食べても美味しいけれど、和菓子はテレビがついていると、なんとなくせっかくの和菓子の味の繊細さや見目の美しさを堪能できないような気がするのは、ボクだけでしょうか。

さてこの和菓子、実はとんでもなく歴史の古いものです。

古くは縄文時代にさかのぼり、どんぐりなどのアクの強い木の実を、砕いて水にさらして団子状にまるめて熱を加えたりして、お菓子として食べていた。
米が作られるようになると、その米を発芽させて「米もやし」にし、そこからでんぷんを採取して、これをなんと糖(水飴)に変えて甘味料として用いていました。
この水飴、なんと初代天皇の神武天皇が、戦勝を祈願して水無飴(水飴)を奉納したという記録が日本書紀にある。

お菓子の神様といえば、田道間守(たじまもり)で、お菓子の縁起の神社に祀られているのだけれど、この人は第11代、垂仁天皇の時代(紀元前70年頃)の時代の人です。
田道間守は、垂仁天皇の病を治すため、不老不死の菓子を求めて「常世の国(とこよのくに)」まで旅だった。常世の国というのは、いまでいうブータンやチベットのあたりの国です。

彼は、艱難辛苦の末、9年後に日本に帰国する。
けれど、このときすでに垂仁天皇は亡くなっているのですね。
で、嘆き悲しんだ田道間守は、垂仁天皇の御陵に詣で、帰国の遅れたお詫びと約束を果たしたことを報告しました。
そして持ち帰った菓子を墓前に捧げ、その場で何日も絶食して、殉死を遂げたとあります。

時代が下って奈良時代になると、734年の「淡路国正税帳(正倉院所蔵)」に、お餅のお菓子(大豆餅、小豆餅など)や、せんべい、あんこ餅などが紹介されています。
さらに平安時代の源氏物語には、椿もちなんてのが出て来る。

鎌倉時代になると、臨済宗の開祖の栄西禅師が、唐から茶を持ち帰り、やがてこれが「茶の湯」となって全国に流行した関係で、茶の湯のあたりとして、甘いお菓子が大流行。
芋ようかんなどは、この時代に誕生しています。
たしかに、渋いお茶に芋ようかんなんて、あうかも・・・!

そうして江戸時代、平和な社会の中で、庶民のお菓子として大ブレイクして発展したのが、いまの和菓子です。
なかでも京都の「京菓子」と、江戸の「上菓子」は、競い合うようにして発展し、さまざまな種類の和菓子が誕生する。
ここで注目に値するのが、和菓子に織り込まれた繊細な季節感です。

たとえば、「きんとん」です。
お正月には「きんとん」は、白と緑のきんとんを配します。これは雪の下から新芽が萌え出る様子を表わしている。
さらに梅の頃になると「きんとん」は、赤と白で梅の花となり、11月には、茶色に白い粉糖が振りかけられて「初霜」となります。
同じ中味なのに、その見せ方がまるで違っていて、そのひとつひとつが季節感を漂わせたものとなっている。

そういえば、江戸時代には、幕府が毎年6月16日に、お目見え以上の武士(直参の旗本)に、江戸城大広間で和菓子を与えています。
これは、平安中期の承和年間に国内に疫病が蔓延した。
そこで仁明天皇が年号を嘉祥と改め、その元年(848年)の6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康招福を祈ったという故事に倣ったものです。
だから6月16日は、「嘉祥の日」で、いまでも和菓子の記念日となっている。

そして10月から11月にかけてでは、毎年、明治神宮で、和菓子の奉献会が催されています。
この日は、全国から銘菓が奉献されるだけでなく、平安時代の衣装を身にまとった和菓子職人さんが、神前で直接菓子をこしらえて、奉献する。
お菓子は、ただ楽しんだり食べたりするだけでなく、そのお菓子そのものに感謝する。
日本文化ってやっぱり感謝の文化なんだなあとつくづく思います。

それにしても、見目うるわしく、食べておいしく、巧みに季節感を漂わせた日本の職人芸の和菓子。
たまには、しぶ~いお茶で、おいしい和菓子を、おひとついかが?

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

嫌虚

No title
次の知財対象の有力候補ですね。下手して日本人が和菓子を食べるのに外国に特許料払うことにならんよう注意したいものです。

愛信

福島県議会議員選挙結果
福島県議会議員選挙結果
http://ttensan.exblog.jp/d2011-11-21/
政治とカネ塗れの小沢一郎の民主党が息を吐くように嘘を吐く、最近は新しい政党を乱立させている、
「維新の会」、「減税日本」、「改革みやぎ」、「福島県議会県民連合」など次々に看板を換えて、野田総理
の様に言う事を変える詐欺師の手口を実行している。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
成田豊氏死去=元電通社長 売国企業 電通の恐るべき実態
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-196.html

マッチ

子供の頃、和菓子の甘さが苦手でしたが、年をとるにつれ美味しく食せるようになりました。しかし、まさか縄文時代にまで遡るとは驚きです。

みるる

母方の祖父はお菓子職人でした
和菓子を取り上げてくださいましてありがとうございます。
横浜で修行していた祖父は和菓子も洋菓子も作る人でした
帰郷して自宅をお菓子屋として開店させたのですが
当時は材料が高かったのでしょう
途中から雑貨屋とパンの店にしています
そして儲からないと言って母にも叔父にもお菓子作りを教えなかったそうです
時代がもう少し遅かったら
孫である自分たちが習いたかったのに残念です
殆ど人力でこねるので大変な力仕事だったのでしょう
祖父が店を開いたときは今のような攪拌機はありませんでした。
晩年雑貨と駄菓子の店に直して細々と過ごしていました
ただ一度だけ妹がおねだりして
サツマイモの餡で作ったお菓子を作ってくださった事があります
上新粉を捏ねて丁寧に作ってくださったあのお菓子は今でも忘れる事のない味です

めぇ

おいしいですよねぇw
和菓子の中で、練りきりが一番好きです(*^_^*)
ああでも御手洗団子も餡子いっぱいのお饅頭も好きだっ

たべたーーい\(゜ロ\)(/ロ゜)/

養う

繊細な日本民族とケトウの違い
和菓子一個2~350円しますね。食べるのが勿体ないくらい綺麗。『正しく芸術だ』、、、なんて見とれてながらあり難くいただきます。

和菓子や日本料理を世界中の外人が真似をしますが、職人気質といいましょうか観念が根本的に違うので、ただのマネで終わります。
当の外人達はその違いに気が付かない。

和食の板前さんで、お新香を切らしてもらうまでに何年も修行をしなければならないと、聞きました。

外人には耐えられず修行の意味も理解することは不可能です。

日本民族は世界でも稀で優れた民族です、誰もが当たり前にして当たり前と思って行っていることが外人には出来ません。

例えば「アメリカ一を決めるシェフのコンテスト」のテレビを見ていると観ていて恥ずかしくなるくらいお粗末な動きを曝していますが、番組全体は盛り上がっている。
日本のシェフ、板前さんたちと比べたら「月とスッポン、大人と子供」くらいの差がありますが本人たちや、アメリカの番組担当者達や視聴者も ”違い”に気ずくことは永遠にないのでしょう。

『和の心』 なんて日本人にしか通用しません、外人と接する方は心得るべきです。

愛国無罪者

なるほど
和菓子 すばらしいですね♪ これだけ世界で認められてたら そのうち とある変な訳判らんおかしい国が『和菓子もウリたちの国が期限二ダー』って 言い出さないか心配であります

愛信

売国企業 電通の恐るべき実態
売国企業 電通の恐るべき実態
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-196.html

 日本のテレビドラマに明るさが無く内容が陰湿なドラマばかりである理由が判ったと思う、
しかし上記の背景が有ったとしてもそれに従って来た反日売国テレビ局・マスコミは視聴者を長い間
騙して来た事、愛国系自民党政権を攻撃して売国民政権の成立に加担した事など日本人社会の
破壊活動は許されない。
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

うさんぽ

和菓子は日本の文化財ですね
和菓子を食べるときはテレビを消したくなる・・・という気持ち、
とてもよく解ります。
ほんとうに、和菓子を食べるときは、目で味わい、季節を感じたくなるものです。
常々思っていることですが、
テレビを消すと、たとえ家の中でも外の風の音や、小鳥のさえずりや、虫の音や、往来の声や音でさえ、季節や自然を感じることができます。
たしかに、和菓子を食べるときは、丁寧にお茶を淹れて、ゆっくりとした時間を持ちたくなるものですよね。
わたしは親戚に和菓子屋があるのですが、
子供の頃は親も手伝っていた関係で和菓子によって季節感を味わってきました。
ヨモギを摘んできて、それをムシロに広げて選別し、大釡で焚いて(すさまじいニオイがしますが・・・)、ヨモギもちを造ったり、
ちまきや柏の葉を茹でる匂いや、栗や芋を蒸すにおいに季節を感じていました。
ほんとうに、和菓子はほとんどが豆です。
日本の食は豆が暮らしに生きていますが、和菓子は普通の食卓には上らないような豆が多様に用いられています。
材料のほとんどが植物性ですから体にもやさしいです。
そして、洋菓子の華やかさとは違う、繊細なやさしさや情緒を味わうことができます。
日頃忘れていたそんなことを思い出させていただきました。

愛信

成田豊氏死去=元電通社長
成田豊氏死去=元電通社長
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_347347

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

11月21日9:00~
予算委員会審議中継を見ています
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=1241&mode=LIVE&un=b406eeb48ab6baf2008e2d70f7bc6f6b&ch=n&pars=0.713667682559515
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク