中山恭子先生「国想い夢紡ぎ」



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

中山恭子先生と青山氏


中山恭子先生が、先日、本を出版なさいましたので、ご紹介します。

本のタイトルは「国想い夢紡ぎ」というものです。
この本の中に、中山恭子先生の国政に賭ける強い信念と行動がぎっしり詰まっている。

この本の冒頭のところを、すこしご紹介します。

~~~~~~~~
十年後の日本、二十年後の日本、五十年後の日本。
四季折々の美しい自然の中で、人々が行き交い、若い人も年を取った人も共に働き、共に語らい、子供達が動き回っている、そんな映像が私の頭の中にいつも浮かんでいます。
人々の顔はにこやかで活気に溢れています。

日本は多くの分野で最先端の技術を会得し、経済はその基礎に支えられて高付加価値の産業を中心に、各地の企業がその特徴を活かして活気を帯び、農業も若者から年配者までが工夫を凝らして働く企業として発展していることでしょう。

人々は高水準の教育を受け、それぞれの専門の職種で能力を発揮しています。
医療も世界で最も充実した制度を備え、皆が安心して普段の生活をしています。

人々は年を取っても元気であれば現役として社会に出て活動しています。
戦後作られた社会インフラは、思いきった形で更新され、人々の住む居住空間は現在よりずっと広くなり、街は、そこに住む人々が自慢できるほどに美しく、住みやすい場所となっていることでしょう。

さらに日本は、世界の文化が集う場となっていることでしょう。
毎年、一定の期間、日本各地で、国際的な文化の祭典が繰り広げられます。
世界中から芸術家達が日本に集まり、自由に表現します。
世界各地からたくさんの人々が日本を訪れ、日本はその人々を温かく迎え入れ、共に文化の祭典を楽しむことでしょう。
日本は、世界の文化のプラットホームとなり得ます。

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、日本列島に住む私たちは大きな痛手を負いました。
力を合わせて、この傷を癒し、再び美しい国「日本」として立ち上がらなければなりません。

この苦難のとき、最も頼れる力となるのが、日本が古来培って来た文化、風土です。
日本文化の持つ底力を改めて認識し、本来の日本の姿を取り戻すことが求められています。
そうすることが、日本が文化を軸にして平和を維持し、国際社会の信頼と尊敬を得る道に繋がります。

戦後60数年を経た今、日本は、戦後シンドロームから脱却し、平和で自由な、明るい未来を創り出し行くときが来ています。

~~~~~~~~~

この文章ではじまる中山恭子先生の文は、考え方の基礎になるもの、日本が培って来た文化、国際情勢、日本の社会基盤、新たな成長戦略へと、具体的かつ現実的なプランが順を追って述べられています。

読むだけで、恭子先生のお人柄に触れられるような、慈愛とやさしさに満ちたたいへんわかりやすい内容となっています。

古来、本当のこと、実現できることというのは、ともにきわめてシンプルでわかりやすいものと相場が決まっています。
難解な言葉を並べ立てて、まるでカタカナ文字のお経のような難解な文章というものは、だいたいどっかにウソがある。

これはボクの、恭子先生の本を一読した感想ですが、先生のこの本の内容が、非常にすなおにボクの中に、ストンと落ちました。
理由は、先生の描く未来の日本社会像というものが、明確な国家観と日本に対する限りない愛情に基づくものだということが、ひしひしと伝わって来るからです。

これはとても大切なことだと思うのです。

先生は「明るい未来」と書かれました。
けれどそれは、「未来を明るくしよう!」、「明るくしなければならない」という先生のメッセージなのだと思うのです。

現実には、未来は暗いのです。
過去は明るい。

もう少し詳しく言うと、一寸先は見えない、未来はわからないというのが、現実です。
けれど、誰だって過去に対しては、明るくなれる。

桶狭間の戦いにおける織田信長は、彼から見た未来人である私たちにとっては、彼が勝って今川義元を打ち取ったということがわかる。
ちゃんと結果が見える。
見えるということは、明るいということです。

けれどその時代を生きた信長からしてみれば、戦いに臨むに際し、勝つか負けるかなんてわからない。
むしろ軍勢の多寡から言ったら、どうみても信長に勝ち目はないわけで、負ければ信長は、明日にも首を刎ねられてしまうかもしれない。
彼に、戦いの先は見えないのです。
見えないということは、暗いということです。

つまり、いつの世にあっても、その時代を生きる人にとっては、過去は明るく、未来は暗い。
そしてその未来を少しでも明るく切り拓くのが、歴史に学ぶこと、すなわち過去に学ぶことなのだと思うのです。

今を生きる私たちは、未来を生きる日本の子供達への限りない責任を負っています。
その未来を生きる子供達の、未来を「明るく」するためには、私たちは「いま」を一生懸命に生きるだけでなく、謙虚に過去を学ぶことで、未来を切り拓く責任があると思うのです。

ましてや国政を担う私たちの代表である国会議員であれば、尚のこと明確な歴史観、国家観が大切です。
これを持っているかいないかが、北朝鮮に何度行っても拉致被害者をひとりも連れ帰れない政治家と、女性のみでありながら、堂々と拉致被害者を連れ帰れる政治家の違いとなる。

恭子先生の描く未来像は、ほんとうにワクワクするものです。
そのワクワク感は、先生が、日本という国を心から愛し、また日本の歴史を知りかつ国家というものの大切さを肌身に沁みて感じ、持っておいでだからだと思います。

是非、中山恭子先生の「国想い、夢紡ぎ」をご一読されてみられることをお勧めします。



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

平成23年10月27日【震災復興】財政金融委員会 中山恭子(た日改).part1


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会


【ご寄付について】
ねずブロの取材を応援いただける方は、以下の口座からカンパいただくことができます。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

sakurara

ねずきちさんブログPDF
ねずきちさん、おはようございます。
連絡が遅くなりましたが、エントリーPDF化の許可を頂きありがとうございました。

コチラ↓にねずきちさんブログのPDFコーナーを作りました。
http://blogchirasi2011.web.fc2.com/nezukiti.html

TOPページはコチラです。
http://blogchirasi2011.web.fc2.com/

12.14なでしこアクション2011に向けて、慰安婦関連コーナーも作りました。
http://blogchirasi2011.web.fc2.com/ianfukanren.html

TOPページにも書いてありますが、どちらかというと広くポスティングというより、ネットユーザーのご家族や身近な人で、まだインターネットに半信半疑だったり、否定的な方に、ブログの解説もしながら直接お渡しするか、家の中の目に触れそうなどこかにコソッと置いて頂けたらと思っています(^^。

複数の方のブログを読む事によって、TV・新聞との温度差を感じたり、「TV・新聞よりネットの情報の方が正しいかも?」とか、「こういう記事がいつでも読めるならネットをしてみようか」とかそういうきっかけになったらいいなと思っています。

特にねずきちさんのエントリーは、ネットユーザーのご両親や祖父母の方々にも読んでもらえたらなぁと願っています。

どうかご協力をよろしくお願い致します。

小倉っ子

中山恭子先生と緒方貞子先生、このお二方は日本の希望だと思います。自民の左翼はうち捨てて、立ち上がれ日本と連盟する。民主党を下野させるのが今の国民の最重要課題ではないでしょうか?中山成彬先生も日本には必要な方です。

国想い  幾千万の  夢紡ぎ  心あわせて  一歩踏み出す

No title
>いつの世にあっても、その時代を生きる人にとっては、過去は明るく、未来は暗い。

>そしてその未来を少しでも明るく切り拓くのが、歴史に学ぶこと、すなわち過去に学ぶことなのだと思うのです。



それじゃあ、先見の明っていう言葉は、

暗い未来へと進む道のりを、

温故知新の灯火を以って

明るく照らし導く才能

って感じかも??

愛信

東京ガス、「羽田水素ステーション」で回収したCO2を千葉大学植物工場のトマト栽培施設で利用
東京ガス、「羽田水素ステーション」で回収したCO2を千葉大学植物工場のトマト栽培施設で利用
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=297457&lindID=5
 植物工場で植物を育てるためにCO2が必要になるのです、あの民主党鳩山首相が提唱した詐欺政策、
CO2を25%削減の国際公約も取り下げなくてはならない。 反日売国テレビ局・マスコミが所謂エコ・ポ
イント・キャンペーンも日本の消費者を騙した詐欺行為である事を多くの消費者が気付き始めてきました。 あの韓直人首相が強行して
 余剰電力買取法案まで作った、メガ・ソーラ1000万戸構想も上記の事柄と同様な詐欺ですから注意しましょう。

詳細は
【植物工場の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/sgr/sgr0.cgi
【植物工場のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

-

No title
中山恭子先生、尊敬し、応援しています。
青山繁晴さんの提言、すばらしいと思います。

青山繁晴 ニュースの見方 11/23/2011
http://www.youtube.com/watch?v=m0V416_K1xU&feature=player_embedded#!

がんばりたい日本人

素晴らしい女性ですね
尊敬です
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク