凛として愛

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

日の丸1124


まず読んでみてください。

~~~~~~~~~~

戦争に負けたのは仕方がない。だが
日本人は戦いに敗れても誠実さが必要だった。
日本という国に、祖国に尽くした幾百万の英霊に、幾千万の先人に
愛をこめて感謝を捧げるべきであった。

…が、果たせなかった。
多くの日本人が裏切った。

戦勝国による一方的な東京裁判が開かれる中で、
戦後の荒廃した日本に、赤旗がなびき、社会主義思想が広まり、
戦勝国による一方的な裁判が開かれる中で、
日本の近代史は偽りに満ちた悪意のもとに
大きく書き替えられていった。

私たちの国には
明治維新以来
幾度かの困難に敢然と立ち向かった
日本民族の不屈の歴史があります。
たった一つしかない命を国家に
同胞に捧げた凛とした真実の歴史があります。

六十数年前、日本はアメリカを始め世界百十数国を相手に大戦争をした。
しかし、その戦争は、国家国民の安全と平和を護るため、アジアの安定を築くため、世界の平和を請い願ったものであることに間違いなかった。

戦場に出ていった将兵は、みな、同じ考えであり、力の限り、彼らは戦った。
だが、こと志しと違い、戦いに敗れたことで日本の掲げた理想は実ることはなかった。

日本は敗れたままでいる。
平和を享受する現代日本から遠く離れた異国には、未だ収拾されない将兵の遺骨が山野に埋もれている。
いつになったら日本は、戦いに散った将兵を暖かく迎えてくれるのだろうか… 。
全国民が祈りを捧げてくれるのだろうか。

靖國神社に祀られる246万6千余柱の英霊は、未だ侵略戦争の汚名を着せられたままでいる。
かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
ならば、今から援軍を送る。日本を変える援軍を送る。
あなた方の真実を、痛みを私たちは伝えていきます。
~~~~~~~~~~~

これは、亡くなられた泉水隆一監督の映画「凛として愛」の冒頭で語られているナレーションの一部です。

「かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
ならば、今から援軍を送る。日本を変える援軍を送る。
あなた方の真実を、痛みを私たちは伝えていきます。」

ボクは、ここを読む度、あるいは聞く度に、涙が出ます。

沖縄、硫黄島、サイパン、その他数多くの島々や、あるいはジャングルの中で、あるいは黄砂の大地で、あるいは極寒のシベリアで、私たちの父祖は立派に戦ったのです。

その戦いは、常に味方の10倍、あるいはもっとそれ以上の群がる敵を相手のものだった。
彼らは、常に決死の覚悟で戦ってくださった。

よく聞く話に、たとえばインパール作戦では、補給(兵站)を無視した無謀な戦いだったという言葉があります。
けれど物資が欠乏していたのは、インパールばかりじゃない。
日本の将兵たちが、戦地で三日も四日も飲まず食わずで戦っていたのは、ほとんど常態だったし、最強と言われた関東軍でさえ、歩兵銃の支給は3人にひとりだったとさえ言われています。

そういう苦しい戦いを、では私たちの父祖が何のために戦ったのかと言えば、それはひとつには、イエローと呼ばれて差別されることへの、人としての尊厳を守るための戦いだったし、そして何より大切なことは今を行きている私たちを守るために、私たちの人としての尊厳を護るために命をかけて戦ってくださったのだ、ということです。
このことを、私たちは決して忘れてはならないし、絶対に語り継がなきゃいけない。

美味しいものを食べ、うまい酒を飲んで、エアコンの効いた部屋にいて、口先だけで平和平和と唱えながら、その実他人の批判ばかりしている。
そんなんじゃ、駄目だと思うのです。

語り継ぐこと。
本当の日本を、歴史を取り戻すこと。
これは「戦い」だと思うのです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 1/7


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

英霊の皆様には心から感謝申し上げます
中学生の頃、オヤジと一緒に槍ヶ岳に登りました。
山頂で握り飯を頬張りながら初めて聞いてみました。
「お父ちゃんは兵隊の時に何処にいたの?」
オヤジは一瞬黙った後にボソッといいました。
『…インパール…』
オヤジが語った戦歴は、その一言だけです。
復員して結婚し、トンネル屋になったオヤジ。
退職後は埼玉の我家で暮らしていました。
靖國には頻繁に行ってました。
亡くなって38年になります。
社会人になって、オヤジの遺品から所属軍を探りましたが分かりませんでした。
一枚の写真からですが、オヤジは多分「輜重兵」だったと思います。
爆薬にやたら詳しくて、トンネル屋でも発破専門の技士でしたから。
本を読み漁りました。
インパールでの兵站が如何に大変だったかを知りました。
正に生きて帰れたのは奇跡!
オヤジが靖國に居たら私も生まれなかった…自分の命も奇跡の賜物なのだと思っています。
英霊の皆様には心から感謝申し上げます。
合掌

ふんどし侍

かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった
この文言に鳥肌が立つのは果たして僕だけでしょうか。
今さらながらの援軍になりたいと願うのは僕だけでしょうか。

これと同一のタイトルの映像が遊就館で流れたことを知っています
見たこともあります

ですが、それはどこぞの団体からの「抗議」によって、当たり障りなく改変されたものでした

僕はその後、ある伝から、東條英機首相のお孫さんに当たられる方とお逢いする機会を得て、改変される前のこの映像をDVDで頂くことが出来ました

身近な方に、見て、興味が沸いたならどうか様々調べてくれと伝えています

__

『中国の戦争宣伝の内幕』
こんばんは。今日はこのページに流れ着きました。
突然ですが上のほうで にっぽんじんさんが教えてくれた
「中国の戦争宣伝の内幕」、これから買いに行きます。
削除予定、って事は都合悪い人がいるんでしょうね。

↓ ↓ ↓

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n28339

削除予定!

ライター:slalkesfjさん(最終更新日時:2014/1/13)投稿日:2012/2/2 アドバイス受付中!

ナイス!:

23
閲覧数:7314
付箋(アドバイス)指数普通

まことちゃん

南京事件はなかったという件
「1937年7月29日に起きた日本人を虐殺した「通州事件」については詳細を書いています。が、南京事件は何も書いていません。なかったからです」という一節(『宣教師が起こした戦争』を読み大変感銘を受けました。南京事件が起きていなかったと知り本当に嬉しいです。起きていたら、必ず記録されていたはずですものね。
これからも、日本が言われのない濡れ衣を着せられている事項について誤解を解いていきたいですね。
そして、世界に日本の潔癖を証明したいです。

ひーろP

リンクお願い致します
こんにちは
お世話になっております
在特会会員ひーろPと申します。
宜しければ相互リンクをお願い致します。

ブログ名「在特会ファンクラブ」
http://zaitokuclub.blog.fc2.com/

-

再度拡散おねがいします
拡散よろしく
くっくりさんより拡散要請
http://kukkuri.jpn.org/1103arashijouhou.html

にっぽんじん

宣教師が起こした戦争
宣教師は不幸な人々の見方であり愛を注ぎます。しかし、その愛が戦争という不幸を招くことがあります。かって中国には多くのアメリカ宣教師が布教のために住んでいました。彼らは中国という未開の地で貧しい中国人のために尽くしました。

宣教師の仕事は不幸な人間を救うことです。中国には救わなければいけない人々が沢山いました。だから宣教師の仕事はなくなりませんでした。騙されても殺されても不幸な民、中国人を救うために一生懸命でした。

その一方で日本には宣教師はあまり来ていませんでした。理由は仕事がなかったからです。不幸でない国に宣教師は不要です。

中国の宣教師たちはアメリカ母国から寄付を貰うために中国の不幸な状況を母国に送り同情を集めました。中国政府はそれを日本の侵略の精にして世界の同情と支援を獲得しました。

日本は宣伝下手です。事実無根のプロパガンダで反日世論が作られていったのです。善意で行っている宣教師たちの活動がアメリカの反日世論を高めて戦争への道を開いたのです。

今の平和主義者も同じことをしています。本人は大真面目に「平和」を叫び、反日感情を煽っています。が、それが「戦争につながる」危険性を考えていません。

何故日本人が中国や韓国と一緒になって捏造された反日歴史の支援するのでしょうか。1938年に出版されたアメリカのジャーナリスト「フレデリック・ヴィンセント・ウイリアムズ」の著書「Behind the news in china(中国の戦争宣伝の内幕)」を読んでみてください。

戦争を起こしたのは日本でない事が良く分かります。彼は日中が武力衝突を起こした1937年に上海に住んでいて自分の目で日中間の戦闘を見ています。

1937年7月29日に起きた日本人を虐殺した「通州事件」については詳細を書いています。が、南京事件は何も書いていません。なかったからです。

愛信

餃子店に植物工場を導入・店産店消をコンセプトに、植物工場野菜を利用した新餃子の開発
餃子店に植物工場を導入・店産店消をコンセプトに、植物工場野菜を利用した新餃子の開発
http://innoplex.org/archives/tag/%E5%BA%97%E8%88%97%E4%BD%B5%E8%A8%AD%E5%9E%8B

食材の店産店消の時代が始まった、燃料電池の普及で電力などのエネルギー価格の低下して、この傾向は
一般家庭へ広まっていくだろう。
【植物工場の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/sgr/sgr0.cgi
【植物工場のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

みるる

伯父はフィリピンの生き残り
私の癌で亡くなった実伯父はフィリピンの生き残りと言われています
16歳の通信兵として派遣されました
しかし病気で帰国したので平成まで生きていられたのです。一緒に戦った人たちは殆ど亡くなりました
中には片足を無くした戦友もおりました
遺骨収集には何度も参加したとかでその写真も一度見た事があります
伯父は戦争の話はあまり話すことはありませんでした
大変に辛い事ばかりだったのでしょう

祖母の兄弟にあたる人はフィリピンで戦死しています
伯父の生還は奇跡だと多くの人が言っていました
ねずきちさま記事の掲載有難うございます。

KESSELRING

日本帝国は国連を脱退し日米同盟一本でやれ!
今から百年単位で世界史の流れを見るには当然過去の歴史を見なければならない、何処から見るのが適切か?

それは世界が一つになり、世界史が始まった、コロンブスからである。

1・・・1492年コロンブス以来、1853年浦賀にペリー艦隊が来航した時には、
白人に支配されてないのは日本人と、南極のペンギン、北極の白熊だけになっていました、理由は、日本人以外の有色人種は鉄砲に始まる科学技術が出来ないからです。

2・・・これはマズイ、なんとかしなきゃ日本人も白人の奴隷にされてしまうと思い、、五属協和、大アジア等と言って、日露戦争に勝利し、負けたとはいえ大東亜戦争を戦い抜き、世界中の有色人種を奴隷から解放しました。

3・・・しかし現在、奴隷から解放された有色人種の100年を見てると、日本以外の有色人種が、日英同盟、日米同盟の様な恩恵を日本帝国にもたらす国は無い、もはや我日本帝国は列強同盟に留まってた方が国益にかなうと判断せざるを得ない。←今ここ 

今後の世界史の流れを予想し、語るには上述した、1,2,3、だけをを読んで頂ければ、大局に於いて日本帝国の舵取りを誤ることは無い、世界史を語るには、これで十分、コロンブスから現在までに起きた、革命、経済問題、原爆投下、白人同士の戦争等は世界史の一コマに過ぎない、上述の123だけで十分。

経済問題で如何なる事が有ろうともアメリカは軍事的に1000年帝国を保ちます、二度も破たんしたロシアがいい参考例です、
一国でアメリカをぶっ倒す事の出来ない日欧クラスの列強は湾岸戦争で解るように、イラクに付くのではなく、絶対勝つアメリカに付くのが国益なんです、例えイラクが正しくてアメリカが悪であってもです。

愛信

東北大、下水汚泥から高純度の水素を製造する技術を開発
東北大、下水汚泥から高純度の水素を製造する技術を開発
http://news.mynavi.jp/news/2011/11/25/021/

 産業廃棄物や下水汚泥から電力の元となる燃料電池の水素(H2)を造れる。 エネルギー革命の
質的変化が起きている。 
石油やLPGが要らなくなる、無尽蔵の海水がエネルギーの源になる大変革が進行している。
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

雪 風

凛として愛
ねずきち様

いつもよい話をありがとうございます。

凛として愛

私も泉水監督の

「かつて南方の島々で~私たちは伝えていきます。」

この言葉に魂が奮い立つ感動を覚えました。


英霊に感謝を捧げる、

一旦緩急あれば義勇公に奉仕しもって後に続く。

すべての日本人が、この心を思い出さねば。


三島由紀夫烈士の決起より既に41年も過ぎてしまいました。


目覚めよう悠久の大和魂

ありがとうございます。

雪 風

山葵

正しい歴史認識
辛うじて30代様

「今その頃の父と同じくらいの歳になりあ の映像が何故決まってお盆に流れていたのか…TV局の意図が分かる歳になっ た。 」

30代後半でこの事に気付いてる人はまだまだ少数派です。凄いですね。

これからの日本を担う年代の方々にはぜひ自虐史観から抜け出し正しい歴史認識
を身に付けて頂きたいと切望しています。

花うさぎ

おお~見事に重なりました。
ねずきちさん、おはようございます。

偶然というのは恐ろしいもので、私も「凛として愛」を本日のエントリーで取り上げました。いや~嬉しい(^^)。

辛うじて30代

小学校低学年位までは毎年お盆の頃になると…東条英機元首相の絞首刑の映像がTVで流れていた。

終戦当時四歳だった父は毎年映像見ながら「こいつのせいで日本は負けた」て言ってた。今思うと「負けると分かっていてもやらなきゃいけない事だったもんな…仕方ない」みたいに話を締めてたな。多分父より20歳上の叔父さんの受け売りと思われる。
だけど衝撃映像と父の憎々しげな言葉だけで、悪い事したから殺されたんだと誤って理解した。


今その頃の父と同じくらいの歳になりあの映像が何故決まってお盆に流れていたいたのか…TV局の意図が分かる歳になった。

日本人として歴史はキチンと伝えていかねば



ねずきち様の武士としての熱き心

日本人は

真面目 正義感強く 弱い者を守りたい武士道 働き者 凝り性 努力家

だと思います
熱い心を大事にしたいですね
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク