チベットの悲劇



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

チベットの修道尼


上の写真は、中共政府によるチベット支配に抗議した若い尼僧が、去る11月13日、Chinaの四川省の路上で行った焼身自殺の瞬間のものです。

この模様は、フリーチベット運動を行う学生たちが撮影し、密かにChina国外に持ち出し、youtubeに投稿されました。

チベットという国は、Chinaの西奥の広大な地域を国土に持つ人口600万人の仏教国です。
国民の1割が僧侶という、平和で争いのない国だった。

そこに昭和24(1949)年、建国したての中国共産党政府の大軍が押し寄せた。
このときの中共政府の言い分は、「我が国領土を確定する」という、実に身勝手なものです。
(ちなみに最近では中共政府は日本も『我が領土』のうちとしています。ということはチベットにあった出来事は、明日の日本かもしれない)

中共の「人民解放軍」がやってきたとき、仏教国であるチベットには、国防兵力がなかった。
完全武装した日本軍には、あちこちで徹底的にやっつけられ、武器を持って戦った経験のあるベトナムには、中越戦争でこてんぱんにやられた中共の人民解放軍だけれど、彼らは武器を持たず、抵抗できない相手に対してだけは、めちゃめちゃ強い。

彼らは11万人の僧侶を拷問して殺害し、150万人の国民を虐殺する。
全人口の4分の1を虐殺したのです。

人口の4分の1というのは、日本で言ったらちょうど就労者の人口がこれにあたります。
日本では、総人口1億2千万人のうち、ちょうど4分の1にあたる4千万人が就労者です。
ということはつまり、毎朝通勤電車に揺られたり、早朝の通勤渋滞を招いている車に乗った人達全員が殺された。

中共政府に抵抗するものは、こうして全部が殺害され、古い歴史を持つ仏教寺院は破壊され、焼尽され、若い女は集団で強姦された。

そして人口450万に減ったチベットに、中共政府はなんと700万人ものChineseを移住させ、昭和40年には、「民主的な方法」を持って、チベットを西蔵自治区という中共の版図に加えてしまったのです。

パンダといえば、おそらく多くの日本人が、「中国生まれの可愛い動物」と思っていようかと思う。
けれど、パンダは、もともとはチベット固有の生き物です。
国を奪い取られたチベットにいたパンダを、中共政府は「元々中国のもので~す」とばかり、China外交の切り札として使って来た。

それだけではありません。
中共政府は、チベット人たちに、チベット語を話すことを禁じ、公文書や公用語、テレビやラジオの放送まで、全部、北京語にすることを強制した。
チベット語しかわからないもともとのチベット人達にとって、これではいきなり外国での生活を余儀なくされたも同様です。

こうしたチベットへの圧政は、いまも続いている。
だから、チベットの伝統や文化を護ろうとする若い人達が、フリーチベット運動を行い、自らの命を犠牲にしてまでも中共政府に抗議し、その抗議の声を世界に向けて発信しようとしている。

昔、共産主義について、「共産主義は正しい理論だった。ただ共産主義は人の持つ限りない欲望、権力欲というものを見落としていた」と言った人がいました。
とんでもない間違いです。

共産主義やその背景にある考え方の根本にあるのは、結果の平等主義です。
わかりやすくいえば、「働かずに分け前だけよこせ」という考え方です。
もっと言えば、自分だけは働かず食い物の生産をしないで、出来上がった果実だけを「人は皆平等だから自分にもよこせ」という考え方です。強欲です。

つまり、共産主義の背景にあるのは、リベラルという思考である、ということです。

会社で言ったら、一生懸命働いて稼ぐ社員もいれば、まるで仕事をしないで文句ばかりを言っているアホもいる。
そのアホが、自分も何年入社なのだから、おなじだけ給料をよこせ、と主張する。
理由は、社員はみな平等なのだから、です。

そういう思想がはびこるとどうなるか。
肝心の仕事は、パートさんやバイトにやらせ、高給取りの社員は働かず、会議ばかりをするようになる。
そうなると会社はどうなるか。
潰れます。

ところがこれを国家規模で行う国がある。
それが中共です。
自らは働かず、政治大国と称して、他国のコピーばかりをする。
果実を奪う。
当然奪われた側は怒ります。
ならば、殺してしまえ、というのが中共の考え方です。
その目的のためには、手段を選ばない。
「悪」といえば、要するに共産主義やその背景にあるリベラル思想というものが悪です。

保守というのはそうではありません。
機会は平等だけれど、結果は公平でなければならないとする。
だから、一生懸命働くものには手厚く、働かないものはそれなりの給料しか払わない。
あたりまえのことです。

国家規模でいえば、学ぶこと、働くことを大事にしようと考える。
現実に即して、安全や安心を護り、自国の歴史、文化、伝統を大事にしようとする。
そのために、より多くの恩恵を与える者、希有な才能を持った者を大切にしようとする。
それが保守です。
言い換えれば、人類発展のための「善」が、すなわち保守思想でもある。

「悪」は常に天使の顔をしてやってくる。
そして「善」は、常に悪だと誹られる。

けれど「悪」に国を奪われた結果は、若い女性に、焼身自殺までして抗議しようと思い抱かせるほどの悲惨がそこにある。

大東亜戦争を戦った日本は、世界の善であり、世界の良心です。
日本を失うことは、世界が悪に染まるということです。

思うのです。
日本は強くならなければならないと。

なぜなら日本は人類が産んだ世界の良心だからです。
こんな悲劇を許してはならない。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

焼身自殺した尼僧の映像を公開

この動画は、どういうわけか、埋め込みが無効となっています。
下のURLをクリックしてご覧下さい。
http://youtu.be/SL55tEuORd8

チベット尼僧が焼身自殺 今年で9人目


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会


【ご寄付について】
ねずブロの取材を応援いただける方は、以下の口座からカンパいただくことができます。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

はま

いや
「残念ながら」というのもなんですが、
「パンダがチベットの固有種である」というのも間違いです。

ここを参考にしてください。http://pandaman.iza.ne.jp/blog/entry/2566760/ -- (はまだ) 2012-01-

-

パンダに罪はないけれどパンダを見る度にチベット人を思い出し辛くなります
パンダはシナのものではないチベットから奪ったのだと声を大にして伝えなければなりませんね

解決

金融制裁
日本は主に隣国により長年酷い情報操作の被害にあってきている。 日本への大ウソ批判である戦争責任問題(靖国など)、日本の歴史教科書を書きなおせ!などの有り得ない内政干渉など。 これは準テロ行為ではないだろうか?
中共のような独裁国家は悪の上、更に上、上へと悪を追い求め既に歯止めが効かない程悪くなってきている。大量虐殺などの人命軽視は平和とは余りにかけ離れすぎている。 このような国家が模範的大国と言えるだろうか? 国連の常任理事国入りを果たしているが例えばアメリカなどは中共のことをどう見ているのか? GDPだけ見てその国が良国であると判断することだけは止めてもらいたい。
人命は非常に尊いものであることを忘れてしまっているのではないだろうか?
もはやこうなってしまった以上中共以外の某国さまにお願いしたい。
 ↓
特アなどの人命を簡単に奪う国家にたいしてテロ対策である資金没収(金融が世界的危機であろうとも)更に更に巨悪国から金を根こそぎむしりとるくらい没収して下さい! と某国さまにお願いし申し上げます!

テロ国家に金融制裁を!

ほとけ

対馬、ほんと沖縄も危ないですよ。

-

No title
>大東亜戦争を戦った日本は、世界の善であり、世界の良心です。
日本を失うことは、世界が悪に染まるということです。

>思うのです。
日本は強くならなければならないと。

>なぜなら日本は人類が産んだ世界の良心だからです。
こんな悲劇を許してはならない。


ねずきちさん恐れ入りました。恐らく我々のご先祖と靖国の英霊も同じ思いだったのでは?
私は勉強不足の惰弱者の情弱物なのでちゃんとしたコメントは出来ません。
しかしこの記事を読んで思うのは日本は世界の平和に対して第一人者であるということ。その責任をご先祖は果たすべく努力してきたが、我々の世代はしていない。我々日本人はその与えられた役割を果たしていないのでは?世界平和は我々日本人の義務なのでは?と思った次第です。

No title
昔のベ平連等の市民運動家(この名称は彼らにはあまり使いたくないが)は訳も分からずタダ徒に反政府活動が格好いいと思っていただけですよ。

アロン

No title
今でも、左翼や、共産主義社会主義かぶれの人たちから、
ベトナム戦争についてよくこう聞かされます。

「南北ベトナム人からみたらアメリカは侵略者」
「統一を妨害しにきた」
「アメリカの独りよがりな正義」

私が通っているカトリック教会の近くの
修道院のシスターは南ベトナム出身ですが、
統一後の北ベトナム政府の、弾圧、虐殺、拷問、思想統制は
それはもう酷かったそうです。
たとえ北出身の人間でも思想性に触れようものなら、
すぐさま連行されていったといいます。

最近も、南ベトナム出身の神学生、修練者からも、
同じことを聞きました。

これは世界各地のほとんどの東側陣営で起きたことですね。
日本の近隣でいえば、中国、北朝鮮今も継続中です。

ベトナム戦争の意味については問いませんが、
社会主義陣営がどんな道をたどったかは、
歴史上明らかなのに、いまだに社会主義に憧憬を持っている
左翼・リベラルの人たちは取捨選択が
できないのでしょうか?

ベトナム戦争は、ソ中両国も軍事顧問団派遣、武器輸出を
していましたが、左翼の人たちはそういうことには口をつぐみ
アメリカのことだけしか言わないですね、、彼らはカルトです。

アメリカも負の部分はありますが、
それ以上に、人民弾圧、武力革命を是としている
東側の体制が、リベラルの人たちはそんなにいいのでしょうか?
私は御免こうむりますね。

>「悪」は常に天使の顔をしてやってくる。
本当にそうですね。
教会にすり寄ってくる左翼・中核派は人権、福祉、といった仮面を
つけて特アの為に、隠れ社会主義を広めています。
彼らは「争いを嫌い、弱者を気遣う紳士」ですよ。

チ平連
昔、ベトナム戦争の時に日本では「ベ平連」というのがありました。あの時に「アメリカ反対」とか「北爆反対」と言っていた人達やそのグループ(の後継者たち)は、どうしてるの? 「チ平連」の運動はしないの? アメリカには反対しても中国にはしないの? 「ウ平連」もないし。結局、「左」の運動家 市民運動の正体というのは中共の家来なんだね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク