雑感として



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

富士山と桜


先日、「凛として愛」の冒頭のナレーションをご紹介させていただきました。
たまたま同じ日、花うさぎさんもご自身のブログで「凛として愛」をご紹介されていました。
http://hanausagi2.iza.ne.jp/blog/entry/2520417/

偶然なのでしょうが、こういうことがあると、なんだか故泉水監督のお引き合わせなのかな、などと思ってしまいます。

最近、日本人が朝鮮化してきている、という話をよく耳にします。
これは常々ボクも感じていることです。

歴史を失った民族は滅びるといいます。
昨今の日本人は、日本の歴史、伝統、文化を失い、さらには国家観さえも失ってしまっている。
自分たちが安心して幸せに暮らせる日本という国が、先人達の血と汗によって築かれていることを忘れ、というより何も知らず、知らされず、ただいたずらに「個」の幸せや癒しばかりがもてはやされています。

そしてその一方で、権威あるもの、伝統あるもの(たとえば大手企業や相撲など)が、徹底的に辱められ貶められる。
そして、権威あるもの、努力しているもの、歴史や伝統を語るものの一切合切を否定し、否定どころかこれを貶めることにばかり躍起になる。
それが正義だとしてもてはやされる。

一部に日本を取り戻そうと努力する人が増えている一方で、そういう動きそのものを分断し、破壊しようとする動きも、ますます顕著になっているようです。

靖国神社の大祭のとき、たいへん驚きました。
参道に並ぶ屋台の横で、縁石に腰を降ろす若い女性たちが、ミニスカートで大股を広げてパンツ丸出しでしゃがんでいる姿を、たくさんみかけたのです。
あれって、まるで昔の品のない朝鮮人女性の姿そのものです。

何も教えられていない。男女は同じとしか教えられていない。
靖国に集う若者でさえ、あそこまで落ちてしまっています。
まして靖国の存在さえ知らない人達はいったいどうなっているのか。

先日、鎌倉幕府の記事を書きました。
たいへんご評価をいただいた記事で、1日で6万人を超える来訪者をいただきました。
すっかり気を良くしたボクは、会社で若い男の子(20代)たちに、「実はな、鎌倉幕府というのがあってな・・・」と、その話を語って聞かせたのです。

ところがどうでしょう。
みんな怪訝な顔をしている。

で、聞いたのです。
「おまえら、鎌倉幕府ってなんだかわかるか?」
「・・・・」
「まさか鎌倉にある、滝(瀑布)とかなんて思ってないだろうな?」
「えっ、違うんですか?」

これが日本の現実です。

日本人の教育レベルは、戦前は世界最高と言われた。
けれどいまは、シンガポールや韓国よりもはるかに下になっている。

わたしたちは、これをなんとかしなきゃならないのです。
いま私たちが踏ん張らなきゃ、ほんとうに日本は駄目になってしまう。

まずいのは、日本人が朝鮮人化してきているというだけではありません。
それ以上に悪い。

若いうち、行儀が悪いだけならまだマシなのです。
そうではなく、朝鮮人になくていまどきの日本人に顕著なもの。
それは、元気がない。誇りがない。なよなよしている。政治に無関心。愛国心がない。国旗を尊重しない。戦うことを知らない。批判ばかりし、それを正義と勘違いしている。生きることへの目的意識がない等々、数え上げたらきりがありません。
こういう点は、朝鮮人にさえ劣っている。

その劣ってしまった原因は何かといえば、私は、多くの日本人が間違った歴史認識を植え込まれ、祖国に対しての誇りや文化意識をまるで失ってしまったことに最大の要因があると思っています。

歴史を知らないだけなら、まだマシなのです。
歴史を間違って解釈している。
日本は侵略国家であり、非道の限りを尽くした暴虐民族だと思っている。
それを明確に認識しているなら、まだ救いようがあるのかもしれないが、なんとなくそう思っているから、なおタチが悪いのです。

原因はもちろん、GHQによる日本精神解体、日教組教育による洗脳、マスコミによる洗脳など、戦後65年かけて作り上げられた壮大な虚構にあるのでしょう。

けれど、それを認めて来たのは、他でもない日本人自身です。
つまり責任は私たちひとりひとりにある。

何事も人のせいにするのは簡単です。
だけれども、気がついたなら、立ち上がらなければならない。
祖国を守らなきゃならない。
そのために行動しなきゃならない。
私はそう思う。

人それぞれに、立場もあれば、都合もあることでしょう。
けれど気がついたなら、できることからすこしずつ、ちょっとずつでもいいから自分でできることから始める。
日本を学び、かつ語る、伝える。
そうして保守の仲間を増やして行く。

自分が学ぶだけでは、だめなのだと思うのです。
広がらない。
学んだら、語る。伝える。広げる
それが大事だと思う。

デモや反対運動も大事です。
他人が作ってくれた機会に参加するのも、とても大事なことです。
けれど、自分が主体となって、自分自身でできることからはじめるということも、それと同様に大事なことだと思うのです。

語る、伝えるといっても、私たちは、学者じゃないし、噺家でもない。
ですから思うことの半分も人に伝えれないかもしれない。
話したら、真っ向から否定されるかもしれない。

けれど、自分が感動したこと、自分が「すごいな」と思ったことは話せれます。
私たちには、有名店のような美味しいラーメンは作れないかもしれないけれど、あのお店は美味しかったと感想や感動なら、伝えることはできる。

だから感動を語る。
すごいな!
いいな!
泣けちまった!
思わず笑っちゃった!
そんな感動を語る。伝える。

「何々、醍醐中将に感動したって? 誰それ?」
「すごいんだよ、パソコンでさ、調べてみてよ」

「凛として愛って映画でさ、援軍を送ろうって言ってたんだ。泣けちゃったよ」
「何それ?」
「うん、youtubeで見れるよ。すごい感動するよ、見てみてよ」

これだけでいい。
あとは、本人が自分で調べたり、見たりしてくれる。

外国人にはわからないかもしれません。
けれど、同じ日本人のDNAを持っている人なら、必ずわかる。必ず感動する。

感動は連鎖します。
日本の人口は1億2千万人です。
そのうち有権者は、約7千万人です。
日本の保守人口が1400万人になれば、大きな世論となる。
日本は変る。

現実は、昨年の参院選で、保守が集めた票は140万票です。
つまり2割どころか、その十分の一しかない。
これを変えなくちゃならない。
変えるために、増やさなきゃならない。

いま、保守はマイノリティ(少数派)です。
誰でも思うことだけれど、これではいけない。
だから保守は大同団結すべし!
気がついた人は、みんな口々にそう言います。

ところが現実には、一定の規模になった保守系団体は、保守の中に入り込んだおかしな人達に、いいように分断されている。
そのおかしな人達は、もしかしたら工作員かもしれない。そうでないかもしれない。
けれど共通しているのは、彼らは必ず、一見正しいことを述べたり、もっともらしいことを言う、ということです。

けれど狙いは、保守系諸団体の内部亀裂にある。
そして日本を取り戻そうと立ち上がった人達が、その手口にまんまと嵌り、分裂騒動に遭っている。
おかげで保守系団体は、どこも分裂し、分断されています。

これは戦争なのです。
そして戦争では、敵を分断し分裂させ、疑心暗鬼に陥らせた者が勝ちです。
外堀を埋め、城を裸にし、その上で大砲を撃ち込んでやり込めるのと同じです。
ですから離間工作員は、常に批判し、非難し、中傷し、人々の気持ちをバラバラにする。

保守が大同団結していかなければならないときに、これを分断する者は、いかなる理由があれ、売国奴です。
保守の敵であると私は思います。

私は、この活動をすると決めたとき、自らの身は省みずと決めました。
ありとあらゆる中傷を受け続けていますが、身命を惜しまずと決めた以上、自分の持っている全てをこの活動に注ぎ込むだけです。

人から言われなくても、損を承知で自分から立ち上がる者を志士といいます。
志士として立ち上がった以上、身命を惜しまず、です。

やれるだけのことをやる。
人からバカにされようが、中傷されようが関係ない。
自分にできることをするだけのことです。

そして大切なことは、続けること。
何があっても、どんなことがあっても、続け抜くことだとボクは思っています。

「日本人は強くあれ」
そう思うなら、まず自分自身が強くならなければならないと思うからです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

暁に祈る


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会


【ご寄付について】
ねずブロの取材を応援いただける方は、以下の口座からカンパいただくことができます。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

道尾弘

たまたま下品な方々が参拝してただけで流石に若者の中でも少数派でしょうね

私今、スーパーで働いてるんですが今日は生活保護費支給日でした
一般給料日の25日より高い商品が売れますね…
朝鮮化と言うか何と言うか…

じゅでぃ

精神性の高さ
私はヨーロッパに住んでいますが、日本人であることを日本にいた頃以上に誇りに思っています。
それはこちらの人が、日本人の精神性、在り方に特別なもの抱いているのを感じるからです。

それは時に理解に苦しむと捉えられることもあります。
彼らの思想には、叩かれたら叩き返すでしょう、危なかったら逃げるでしょう、そういうのが根底にあるからです。
だからこそ、日本人の精神性はものすごいレベルなのだとはっきり分かります。

ねずきちさんのブログで、たくさんの日本人の美しい精神性を教えられ、改めて、さらなる誇りを持って暮していけそうです。
ありがとうございました。そして、これからも引き続きブログを楽しみにしています。

-

日本の若者、捨てたもんじゃない。
団塊の世代への、ご批判に納得できるものがあります。

あの世代の方達こそ、政治に無関心、愛国心無し(というか反日思想がかっこいいと思ってる)の方が多いと思います。
また、あの世代くらいから特定亜細亜の捏造反日プロパガンダが盛んになっていったように記憶してます。

今の若い方、元気がない?そんな事ないですよ。礼儀正しい若者もいっぱいいるし、東北大震災でボランティア活動を頑張ってくれたのも若者中心じゃないですか。そういうのが、本当の愛国心というのじゃないですか?目立たないかも知れませんが。先日の大阪ダブル選挙でも投票率60%越。無党派層の若者達の投票率が伸びたからだそうです。

そんなに捨てたもんじゃないですよ。日本の若者たちは。

管理人さまの日本を思う気持ち、憂い得る気持ちも十分分ります。活動もされてるということで、共感いたします。
日本の真の独立(フツウの国へ)を目指して頑張るお姿
晴らしと思います。

蛇足ですが、昨今のEU債務問題、米国経済問題、これらが日本および特定亜細亜にも絡んで、色々動く必要があります。
(TPP、アセアン+6もここに絡んできます)
欧米経済は破綻寸前です。ここにもご注視ください。

なっく

感動は連鎖する。大切なのは続けること。
私はねずきちさんのブログに出会い、生まれて初めて日本の良さを知ることが出来ました。今年初めて靖国神社に行きました。そして初めてデモに参加したり、ネットで国会中継を見るようになりました。車の運転をしている時など、英霊の方々を思い出し、鼻がツンとすることも度々あります。
靖国神社を参拝した時は、感激と厳かな気持ちと申し訳なさで胸が一杯でした。今では、日本で一番大好きな場所になりました。

マスコミが!民主党が!と訴えることも大事ですが、このブログを通し、過去の日本人の姿、日本の通ってきた本当の道を知ることがどれだけ大事か痛感しています。
私はアラフォーの主婦ですが、学校のお話ボランティアでは、必ず日本の昔話を読み聞かせするようになりました。そして日本語がしゃべれるだけの日本人(今の私です笑)にならないよう、子供には和物の習い事をさせており、ずっと続けさせるつもりです。
また、知人にこのブログやYOU TUBEで感動できる良い話を紹介するようになりました。そして、主婦である自分に何が出来るのか真剣に考え、行動していくつもりです。

日本人として目覚めることが出来たのは、すべてねずきちさんのおかげです。ありがとうございます。
日本人はお人好しだけれど、おバカではないと思います。目覚める人が増えれば希望はあるはずです。

ねずきちさんは保守の分断を嘆いておられますが、どうして保守がまとまらないのか、私も不思議でなりません。
明治維新の際、多々の勢力を一つにまとめた坂本竜馬は本当に凄い人だと思います。今日本は、彼の様な人が必要なのだと思います。

しろ

No title
こんばんは。
ねずきちさんの投稿は、楽しみの一つとして欠かさず覗かせていただいています。
現実を、憂うお気持ちは分かりますが、現実は綺麗ごとではすみません。身近に思っていても遥か彼方の絵空事ということもあるものです。
私たちが、いくら説いても関係ないと信じている者にはなかなか通じません。
それが、逆に新しい道へと導く原動力でもあると思います。

しかし、忘れてはならないもの、無くしては゜ならないもの、それだけではないのですが、何もかも捨て去りたいと願う団体はそこかしこに罠を張り巡らしています。

今こそ負けてはならないはず、勝たなくてはならないはずです。

愛信

西田昌司「緊急告知!野田総理と民団の関係を示す情報を求める!」
西田昌司「緊急告知!野田総理と民団の関係を示す情報を求める!」
http://youtu.be/9On6NBmLi8I
(動画)
平山鐘で検索結果
http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja&tab=nw#num=100&hl=ja&safe=off&gbv=2&biw=1024&bih=530&q=%22%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E9%90%98%22&pbx=1&oq=&aq=&aqi=&aql=&gs_sm=&gs_upl=&fp=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&cad=b

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛信

re:中国残留孤児が一時帰国 2年ぶりに男性1人
ps:
戦略企画部を新設 中国人民解放軍
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2441

特亜18

緊急告知!西田先生が情報を求めていらっしゃいます!
緊急告知!西田先生が情報を求めていらっしゃいます!

http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11092136538.html

みるる

経帷子の謎
寺の参道の入り口で募金やっていた人が経帷子を着てやっていたんです
怖すぎて募金出来ませんでした
今でもあれはなんだったんでしょうと思うことがあります

みるる

経帷子で募金の謎
最近の若い人のズリパンとミニスカ(父兄もいるんですけど)目のやり場に困ってしまいます
参観日で胸の大きく開いたミニスカワンピもいます
たまに教師でもスリットの深いのとかいます
教育の場って忘れていませんかみたいな

高校無償化や一貫教育で何かしら間違っていると最近思います
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク