植民地支配と人道的統治



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

インドネシア風景


日本はChinaや朝鮮、あるいは東南アジアや太平洋の島々を侵略したとか、植民地支配したとか、いまだに言う人がいるけれど、歴史をしらないにもほどがある、と思います。

ひとつの例をあげます。
インドネシアです。

インドネシアには、1596年(日本でいったら秀吉が朝鮮出兵をしていた頃)、オランダの商船がインドネシアの香辛料を求めてやってきました。

そして6年後の1602年には、オランダの東インド会社がジャワ島に進出しています。

オランダは、インドネシア全域を支配します。
そして人口のわずか0.5%しかいないオランダ人が、インドネシアの全経済の65%を独占する。
インドネシアにいるオランダ人たちは、まるで王侯貴族のような贅沢の限りを尽くし、人口の99.5%を占めるインドネシアの原住民達は徹底的な搾取の対象となる。

インドネシア人たちには、集会や結社の自由、団体行動の自由はありません。
彼らは道ばたで3人で話をしているだけで逮捕、拘留、またはその場で暴行を受け、あるいは殺された。
何をされても、どんなあ被害にあっても、彼らには正当な裁判を受ける権利もなければ、警察による保護もありません。

学校もない。
植民地支配の原則は、原住民から教育を奪うことだからです。

農作物は、オランダ人の指定する作物のみ、栽培を強制される。
それでは死んでしまうからと、こっそり自分たちの食べるための作物を作るのだけれど、見つかれば収奪されてしまう。

原住民は、野良犬以下の存在として扱われる。
犬が入れても、インドネシア人が入れない施設さえあった。
男女とも、単なる労働力であり、若い女性はあたりまえのように陵辱されたといいます。
愛する女性(ひと)を奪われまいと抵抗すれば、その男性には死が与えられた。

要するに、侵略、植民地支配というのは、支配された側には一切の私権も人権も与えられない、単なる奴隷としてしか生かされず、徹底的に収奪されたということです。

先日、たまたま食事時にテレビを点けたら、太平洋の島々で、「日本が現地の人達を植民地統治した」と述べていました。
まるでデタラメです。
日本の太平洋の島々の統治は、当時の国際連盟からの信託統治であって、日本が武力をもって制圧したのとはわけが違う。
「植民地統治」と「信託統治」では、意味が全然異なります。

日本はそこで何をやったか。
現地に学校を作り、現地の人々に教育を与え、将来独立して自治を行えるよう行政を教え、身を守るための軍事教練を施し、一緒に歌を歌い、集会や結社の自由を認め、現地の人達に自活のための農作業や、効率的な漁業を教え、同じ人として、戸籍を整備し、人々の名前をちゃんと登記した。

これは、日本が彼らを「植民地支配」したというのとは、明らかに内容が異なります。
日本は、八紘一宇の精神のもと、彼らのために、彼らがひとつの民族として独立し、独り立ちして日本と対等な立場で互いに交流できるよう、彼らを教導したのです。

繰り返しますが、日本が行ったのは、欧米の「植民地支配」とはまるで内容が異なる。
日本が行ったのは、あくまで彼らの独立のための人道的「統治」であって、収奪のための「支配」ではない。
このあたり、日本語の使い方を、絶対に間違えないでもらいたいものです。

インドネシアに話を戻します。
昭和17(1942)年3月、大東亜戦争の最中、日本はインドネシアに上陸しました。
そして日本は、わずか9日間でオランダ軍を前面降伏させた。
たった9日です。すごい。

オランダを降伏させた日本は、すぐにインドネシアに軍政を敷いた。
こうして、346年続いたオランダの植民地統治が終わったのです。

日本は、まずインドネシアの公用語としてのオランダ語を禁止しました。
そしてインドネシア人たちのために、インドネシア語を普及した。

さらにインドネシアの若者達に軍事教練を課し、インドネシア郷土防衛義勇軍などのインドネシア人によるインドネシア人のための軍隊を組織し、またその組織の運営方法を教えました。
彼らにインドネシアの独立のための訓練を施したのです。

大東亜戦争の終戦は、昭和20(1945)年8月15日ですが、そのわずか二日後の8月17日には、インドネシアは独立宣言を行っています。

そして再び植民地支配を行おうと戻って来たオランダ軍と衝突した。
この戦いには、二千人もの元日本兵らも参加しています。

彼ら元日本兵は、戦いに慣れていないインドネシア軍を指揮するにあたり、常に最前線に出て戦ったといいます。
そのため、約半数が亡くなっている。

そして昭和24(1949)年11月、ついにオランダはインドネシアの再植民地化をあきらめ、インドネシアの独立を認めたのです。

インドネシアは、民族の誇りを胸に独立しました。
そして、これがインドネシアの国旗です。

インドネシアの国旗


お勧めの本があります。

「インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実-大東亜戦争は侵略戦争ではなかった」
という本です。
大感動します。



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

オランダに350年支配されてたインドネシアを、日本軍が9日間で解放


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会


【ご寄付について】
ねずブロの取材を応援いただける方は、以下の口座からカンパいただくことができます。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

元駐在者

よろずインドネシア
いつも為になる記事をありがとうございます。

今、勝手ながらねずきちさんの記事を「よろずインドネシア」というサイトで紹介しています。インドネシア在住日本人の誰もが知る有名なサイトです。
先日、インドネシアが親日の理由として
YOU TUBE アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】
を紹介したのですが、
・日本がインドネシアを解放してくれたなんて思っているインドネシア人は、1%以下。
・インドネシアの許す美徳を勘違いして、戦時の日本のよい行いが、現在の親日の理由だなんて傲慢な考え
・インドネシア人の生の声は「日本はインドネシアを植民地にしてインドネシア人にひどいことをした」であり、過去の過ちを美化しないで欲しい。
などなど、、批判を受けております^^;;

あと、国旗の重みシリーズ等も紹介したら、「もっと素敵な日本人が見たいです。」という反応があったので、ねずきちさんの記事をどんどん紹介しています!(事後報告で申し訳ありません)これからも日本の心を伝える記事を楽しみにしています。

yasu

日本人であることを誇りに思う
胸が熱くなりました。
知れば知るほど日本人は強く素晴らしかった。
もっと日本のことが知りたいと思いました。

イシコウ

No title
日本万歳!!!

ドン

日本人が好きだからと・・・
夏に台湾に行ったとき、駅で80代の台湾人のボランティアの方に会いました。日本人が好きだから、ボランティアで駅の案内をしていると言って、いろんな日本の歌を歌ってくれました。ちょっと古すぎてわからない曲も多かったですが、電車が来るまで色なんな歌を歌ってくれました。「日本の教育を受けてよかった。だから今がある。天皇陛下万歳!!」電車がホームから出て、小さくなるまで万歳と手を振ってくれました。
日本は今でも愛されてる。英霊や祖父や祖母に感謝しなくては、と胸が熱くなりました。ねずきちさんのブログで勉強させてもらってます。ありがとうございます。

愛信

re:国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)審議中継を見ています
ps:
成りすましの悪意ある記事
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2011/11/post-2451.html

愛信

国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)審議中継を見ています
第179回国会審議中継
第1回党首討論
国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41466&live=yes&media_type=wb
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

猫のひげ

日本を取り戻す
40年も前ですが、ドイツ北部に居住し始めた頃、インドネシアやタイからの留学生たちと知り合いました。その頃、日本では朝日新聞などを中心に「アジア中で戦争をやった日本悪者論」がはびこっており、ワシは素直にそういうものと思っていました。

しかし、彼らにそんな反日的な態度は全く無くて、特にインドネシアの人懐っこい青年とは愉快に過ごしました。かの地の共通語であるドイツ語がもっと話せていれば、深い話ができたのにと、今、残念に思います。

後にサイパンで現地の中老年の方たちから「日本時代は良かったんだ。」と聞いたときにも目から鱗でした。フィリピンなど、戦地としてまき込まれ後にアメリカの強い影響を受けた地にも、日本ファンはいるのです。マスメディアの嘘にはうんざりです。

マスメディアと教育を日本人は取り戻さなくてはいけませんね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク