大東亜戦争開戦前の御前会議



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

御前会議


先日、ある方とお話していたら、その方は某大学の教授をしている方なのですが、最近の若い人達は、日米が戦争をしたという事実すら知らず、映画「男たちの大和」なども、近未来の空想上の物語と認識している人が多いというお話を聞きました。

戦艦大和も、「宇宙戦艦ヤマトの物語の最初の方に出て来る近未来の空想上の戦艦」なのだそうです。
正直驚きました。

けれど考えてみると、もうすこし上の世代でも、先の大戦は「太平洋戦争」と呼び、本来の名称が「大東亜戦争」であることを知らない方が多い。

つまり日本の近代史について、基礎的な知識なないところに、いつの間にか「日本は侵略戦争を行った」などのデタラメ情報の刷り込みが行われるのですから、本当に由々しき事態です。

ちなみにその大東亜戦争ですが、開戦前、日本は日本から戦争を始めるよう挑発し抜いた米英に対し、なんとかして戦争を回避する道はないかと、必死の手探りをしていました。

昭和16年9月6日、日本は昭和天皇の前で御前会議を開きます。
その席で昭和天皇は、「外交が主か、戦争が主か」と閣僚たちに尋ねられました。

及川海相が「重点は外交にある」と答えました。

すると昭和天皇は、懐から紙片を取り出され、御自らお詠みになられた。

 よもの海 みなはらからと思ふ世に
 など波風の たちさわぐらむ

四方の海は、みんな同じ人間、同じ家族であり兄弟であると思うのに、なぜ争いの波風が起こるのだろうか。
そう詠まれたこの歌は、明治天皇の御製です。

昭和天皇のこのお言葉に、列席した閣僚たちは、全員、ただうなだれるより言葉がなかった。
しばらくの間、誰もがうつむき、言葉を発する者さえなかった。

言えないです。
陛下が平和を望むお気持ちは閣僚たち全員が痛いほどわかっているのです。
けれど、米国の日本に対する戦争への挑発は、もはや引き返すことのできない所まできている。
それでも尚、平和を、和平を、外交による事態の好転をと求められた昭和天皇。
昭和天皇は、その万感の思いを、明治大帝のお歌に託された。

その陛下の前で、戦争せざるをえないですなどと、誰が言えましょう。
言おうとしたら、涙がとめどなくあふれて、まともに言葉なんて話せなくなる。
日本を代表する英才であり、すべての情報を知り尽くした日本の最高責任者たちが、陛下の御前で、声もなくうなだれ、涙をこらえるしかなかったのです。

当時の新聞は、「最早日米開戦止む無し!」「鬼畜米英」「進め!一億火の玉だ」などと特大の見出し文字で国民世論をあおっています。極めて無責任な行為です。
自分たちは新聞記者だから、絶対に鉄砲玉は飛んでこないとタカをくくっている。
特に当時の朝日新聞など、酷いものです。

けれど、首脳たちは違う。
特に軍の大臣たちにとっては、手塩にかけた自分の可愛い部下たちを戦地へと向かわせなければならないのです。その中の多くは、戦地で命を落とす。
日清、日露、第一次世界大戦、China事変と戦い、多くの部下を失って来た悲しみを、いちばん身にしみているのが、軍の首脳たちでもあった。

戦うなら、勝たなければならない。
けれど、敵は世界の最強国の米英です。
日本一国で、それと戦い、勝利を得なければならない。
その苦しみと覚悟と、幾度も検討を重ねた作戦と、部下を失わなければならない悲しみと、日本の置かれた現状との狭間の中で、彼らは苦しみ抜いていたのです。

しばしの静寂あと、昭和天皇は海軍軍令部総長の永野修身(ながのおさみ)に発言を求められます。
永野はようやく重い口を開いて、次のように答えます。

「アメリカの主張に屈服するというのは、日本が亡国の憂き目に遭うということです。
しかし、戦うのもまた、亡国であるかも知れません。
戦わないなら国が滅び、戦ったとしても国は滅びる。
けれど、戦わずに国が滅びるというのは、日本民族が、身も心も永遠に国を失うことになります。
もし戦い、護国の精神に徹するなら、たとえ戦いに勝てなかったとしても、祖国を護るという日本精神が残ります。そうすれば、私たちの子孫は、必ず再起し、あるいは三起する。
統帥部としては、もとよりあくまでも外交交渉によって平和的解決を望んでいます。
けれどもし、不幸にして開戦と決し、陛下の大命が発せられるようなことになるなら、勇躍戦いに赴き最後の一兵まで戦う覚悟でございます。」

(原文)~~~~~~~~
政府側陳述によれば、アメリカの主張に屈服すれば亡国必至であるとのことであったが、戦うもまた亡国であるかも知れない。すなわち戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、戦わずして亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも祖国護持の精神がのこり、われらの子孫はかならず再起三起するであろう。統帥部としてはもとより先刻申したとおり、あくまで外交交渉によって目的貫遂を望むものであるが、もし不幸にして開戦と決し大命が発せられるようなことになるならば、勇躍戦いに赴き最後の一兵まで戦う覚悟である。
~~~~~~~~~~~~

昨日も書きましたが、当時の欧米列強に呑み込まれる、すなわち戦わずに植民地となることを承諾するということは、日本全員が、白人種の奴隷となることを意味していたのです。

そうなれば民族の誇りもなにもあったものではない。
誇りどころか、日本人には一切の私権がなくなり、教育も奪われ、日本人は米英の植民地奴隷に成り下がるということです。
それが当時の「世界の常識」だったのです。

そして永野軍令部総長は、とても大切なことを、ここで語られています。

それは開戦に先立ち、「たとい戦い勝たずとも、祖国護持の精神がのこり、われらの子孫はかならず再起三起するであろう」と述べた、ということです。
ここでいう子孫とは、いまの日本に生きる私たちのことです。

大東亜戦争で散華された英霊は236万柱、なぜ「柱」というのかといえば、散華された英霊の皆様は、日本の神々となられたからです。「柱」というのは神を数える際の数詞です。

そしてその神々は、今を生きる私たちに、「俺たちは祖国を守るために死を選んだ。日本は亡国の危機に陥るかもしれないが、君たちは祖国護持の精神を持ち、必ず再起三起せよ」と語りかけてくれている。

そのことを、私たちは常に忘れてはならないと思う。

明日は、永野修身元帥のことを書いてみたいと思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

大東亜戦争の真実


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

久保平四郎

No title
大東亜戦争の御前会議を全国民に知らせよう。NHKは会議の内容をドラマ形式で放送し、日本が戦争に打って出なければならない、苦悩の選択を知らせよう。
ハルノートの内容と、それまでの米の対日経済政策や日系人の隔離政策も細かく放送しよう。報道機関はそれを知らせる責務がある。
放置してきた結果が国旗国歌愛国心の欠如、国益国防の重要性を理解せず、国民の団結を弱体化し、中韓の内政干渉や歴史問題で非難される。

まさ

No title
旅順要塞跡地が日本人立ち入り禁止?
ねずきちさんはどうやってそこに入られたんですか?
それはともかく大東亜戦争を起こした理由に
アメリカの国力を知らない陸軍が海軍の
反対を押し切って始めたと今まで教えられて
きましたが、どうやらそれは違うらしいと
他のブログや本に書いてある事が
見かける様になってきました。

戦後生まれ

実際に大東亜戦争を体験してきた人逹を粗略にしてきたから宇宙戦艦ヤマトの話しのようになったとも思えます。粗略にしてきたのはマスゴミや政治家、戦後の学校狂師だけじゃなく戦後生まれの我々かも。その我々は10代20代の頃は何を思って何を言っていたのか、と考えてみました。そして40代後半や50代、60になって自分が保守だというのも少し気がひけてしまいます。

555kkk

No title
陳清波さんの名前で大震災に際し献詠がなされています。以下です。

志して励めよ復興美わしの日の本の国不屈の魂

あのプロゴルファー陳清波さんでしょうか。だとするとうれしい。

六郎

No title
・大陸各地で日本人が虐殺されていた
・日米開戦前からアメリカでは、日本と交戦していた蒋介石を支援する武器貸与法が成立していた
・武器貸与法の威力は、独ソ戦で壊滅寸前だったソ連を支えて逆転勝利させた実績から明らか
・アメリカがソ連に兵器を供給、ソ連が中国共産党に兵器を供給していたので、アメリカは間接的に中国共産党をも支援していた
・これらの事実をアメリカ国民の大半は当時も今も知らされていない

遊就館
いつも 拝見させて頂いてます ありがとうございます
11月30日に靖国神社に参拝に行って 遊就館を見学して来ました。  今まで東京に住みながら 1度も見学することなく50年が過ぎたことが不思議です。 
いかに日本の真の歴史から遠ざけられていた事実があったことに驚きが隠せません。そして 怒りと悔しさと疑問が沸き起こります。  それほど 日本人にとって、とても大切な事が色々展示してありました。
大東亜戦争で亡くなった英霊の方々の写真を目の前にして 涙なくして見れませんでした。
子供が2人おりますが 自分共ども 厳しくしていかなければと 思います。そして 今度は子供たちと 見学しに行きたいと思います。 小学校で見学させるべき場所だと思います。 絶対に。  

渡邉暁之介

No title
ふむ。勉強させていただきます。

あ太郎

No title
大阪維新の会が圧勝した。

以前銀座で、ある企業経営者から聞いた言葉、「いま総選挙をしたら、民主党も自民党も勝てない・・・・」を思い出した。

縄文時代の太古から培った日本民族の血が、浄化作用を行っているのかもしれない・・・・・いま、言えることはこれだけだ。

井上

こちらもお願いします
こちらもぜひご覧ください
【行政書士】入管申請取次者【貧困ビジネス】5号


http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/lic/1315194748/l50

あまわり

沖縄の総意でない
みなさん、こんにちは
沖縄から毎朝このブログを拝読し感激しつつ日々を過ごしております。  沖縄では教科書問題と沖縄防衛局長の更迭とピラニア化したマスコミの独壇場で、またしても「犯す」という言葉から女性蔑視と飛躍した解釈から不本意な更迭という処分が報じられました。 沖縄から発信しているマスコミ等の情報は、左翼的反戦平和団体を主軸とした平和ボケ理論に過ぎません。  何もかもが自虐史観に基づく歪曲化された内容に、正論がいえる場がない苛立たしさに毎日を過ごしております。  与那国島への陸上自衛隊配備、普天間基地の辺野古への移設問題などは過疎地域の活性化への起爆剤として重要であり、沖縄における米軍の存在は、基地経済という言葉からも基地依存度が高いことを示しており、中国の航空母艦を保有するに至っては、沖縄の東シナ海南・西沙諸島の緊張度を高め、今の民主党政権では中華思想に包含されてしまう危機感を持っています。   ぜひ、沖縄に観光で訪問するときに見て下さい。  米軍や自衛隊が嫌いであったら、観光に利用もしなければ、自衛隊フェスタにも誰も行かないはずなのに大盛況です。

原発破壊はテロ

三組→五組→八組→乗っ取り
※スレ違い失礼〔拡散!NHKに電話を〕「もしもし、今年の紅白に捏造ごり押しでブームになっているらしい、韓国人のカラと少女時代というのが出るらしいですね。韓国は親日家の財産没収する国ですよね。そして起源捏造で世界中で問題起こしてますよね。偽剣道偽忍者偽サムライなどなど、そして何も知らない外国人に向かって本当は韓国が起源なんだとか大真面目で言ってますよね。要するに韓国は国家戦略としてコンテンツ新興院という所が首謀者になって日本文化略奪征服を企ててるわけですよね。この韓国人タレント達も自分の国では反日ソング歌ったりしてますよね。要するにこいつらは友好親善とかではなく日本を席巻して征服してやろうといういかがわしい動機で日本に来るわけですよね。そういう連中をこの大震災の年に日本人を差し置いて紅白に出場させるわけですか。それじゃあNHK解約しますわ」→
◎国民が知らない50円でNHKを解約する方法 http://www.youtube.com/watch?v=DPS2LFunUz8&sns=em ◎国民が知らない50円でNHKを解約する方法 http://www.youtube.com/watch?v=DPS2LFunUz8&sns=em

-

No title
良いお話を有難うございます。
この日本を、命と引き換えに守りぬいた人たちがいたと思うと涙がでます。
戦地でなくなられた方々の遺書を拝見しても、皆様、内地の心配をし内地の人たちの幸せを願っておられる。うらみが綴られているわけでなないのです。名もなき普通の人たちが命を懸けてくれた事実がそこにはあるのです。
本当に涙腺が崩壊してしまいます。昔からですが、大東亜戦争の話になると、人のいないところでいつも涙腺崩壊させてしまいます。深い悲しみと感謝と感動でしょうか。いろんな感情がごちゃ混ぜになります。命を懸けるだけの価値はこの国にはあると確信できます。祖父母が守ってくれた国です。でも、いざ行動するとなると保身でいっぱいになってしまいます。がんじがらめになってしまいます。普通に日本は悪くない世界一の国だと主張でき行動できるようになるのはいつになるのでしょうか?
いまのままでも、結局、また戦争が起きる気がします。つれづれになってしまってごめんなさい。

waiki

これだけは伝えたい武士道のこころ
朝から涙が止まりません。
故 名越 二荒之助先生の
「これだけは伝えたい武士道のこころ」で読んだ
後半最後の部分を思い出しました。
ありがとうございます。今日も英霊の大先輩がたに
繋いでもらった命を何かのために使いたいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク