栗のお話

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

栗


ちょっと季節はずれになってしまったけれど、栗のお話をしてみたいと思います。
というかこの記事、10月中旬にアップするはずが、だいぶ日にちが経って今になってしまいました。
季節はずれになってしまいましたが、ご容赦願います。

~~~~~~~~
どういうことかよくわからないのだけれど、最近では「栗(クリ)」といえば、天津甘栗のイメージなのだそうです。
なるほど、スーパーや商店街などで天津甘栗屋さんは、よく見かけます。

この天津甘栗というのは、China産の栗(くり)で、これは小粒で甘いのが特徴です。
栗は、他にも西洋栗なんてのもあって、これはマロングラッセなどによく使われる。

そういうのが栗だと思っていると、栗拾い園などに行って、栗を自分の手で拾ってみたとき、ひどく驚くことになります。

なぜ驚くかというと、
栗がでかい!、甘い!、うまい!

実はこの、大きくて甘くて美味しいというのが、日本栗(ニホンクリ)の特徴なのです。

栗は長いこと「Chinaから渡来し、江戸時代に品種改良されて、いまのニホンクリになった」とされてきました。
ところが、この筋書きを一変させたのが、青森県の「三内丸山遺跡」です。
なんとそこでは、いまから約5000年もの昔に、栗が栽培されていたことがわかったのです。

ただ栽培されていただけじゃありません。
管理栽培されていた。
それもなんと、1500年もの長きにわたり、栗が栽培されていたのです。

大きな実は、もちろん食用です。
そして栗の大木は、建築資材として用いられたのです。
そして何千年の時を経て、日本の栗は品種が改良され、いまのような大粒でたくさん採れて、甘くて美味しい栗になったのです。

栗は日本書紀にも登場します。
「栗栖」と書かれている。

「栖(す)」というのは、いまでは住処(すみか)のことで、昔は栽培している場所を表しました。
ですから、代々の天皇が持っていた「栗栖」は、栗の木を栽培していたところです。

9世紀には、常陸国の鹿島神宮の遷宮にあたって、大量の材木を使うため、 神宮司が神宮のそばに成長の早い栗の木を5700本、 杉を4万本植えることを太政官に申請し、許可されたことが、「日本三代実録」に記されている。

また、中世の荘園では、田畠からの年貢だけでなく、栗林については面積が、桑、漆、柿などは本数が正確に調査され、 それぞれに税金が課せられています。

要するに、栗が税の対象だったということは、栗がそれだけ国家的資産として、とても大切にされてきたということでもあります。

ちなみに冒頭の「天津甘栗」ですが、Chinaでは別に天津市が栗の名産地というわけではありません。

大正3(1914)年創業の甘栗太郎という会社が、Chinaの山奥にChina栗の大自然林があることを見つけ、これを日本に輸入して「天津甘栗」として売り出したのが発端です。
たまたま、出荷するのが「天津港」だったことから、「天津甘栗」の名前がついた。
別に、Chinaの天津市が栗の名産地というわけではない!(笑)

そうえいば先日、ある方から栗羊羹をいただいたけれど、栗そのものの素材の味を活かしたとてもおいしい羊羹でした。

栗といえば、ゆで栗、むし栗、焼き栗、栗のから揚げ、栗の甘露煮、栗かのこ、栗の茶巾絞り、栗ごはん、栗おこわ、栗の渋皮煮など、日本では、様々な形に加工して食されています。

このように、素材をいろいろ加工して食べる習慣があるというもの、それだけ長い期間にわたって、栗が日本人に愛され続けたという証拠でもあろうかと思う。

栗に限らず、日本人というのは縄文の昔から、自然との共存、というより共生をしてきた民族なのだとつくづく思います。
自然に手を入れることで、自然とともに生き、自然を大切に育みながら、その自然のもつ恵みをいただく。

それは、共存共栄であり、相互依存であり、最近流にいうなら、まさにwinwinの関係です。
人と人との間も、共存共栄、共生。
国家関係も共存共栄、共生。
そういう概念が、日本人に取っては、まるで空気のようにあたりまえの概念となっています。

けれど、世界は必ずしもそうではない。
奪うこと、殺戮すること、占領すること、独占することこそが自国の利益と考える。

日本にとって大切なことは、甘く見られない国になることなのかもしれない。
そんな気がします。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング



【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

旬の味を楽しんでます
大陸で「天津の甘栗は有名ですね」と言ったら笑われました。
『天津の甘栗?そんなの無いよ。チュウゴクグリの主産地は北部の河北省辺りだよ』
万里の長城近くの、寒暖差が大きな地方なのだそうです。
教えられて、とても恥ずかしかったです。

さて、今年の我国の栗の生産量は平年の6割(驚)
7月~8月の雨で育ちすぎて実が割れたり、更に颱風で落ちてしまったのだそうです。
結構高かったですね。
旬ですから、相方と一緒に「渋皮煮」を作ってみました。
栗の歴史を読みながら、美味しくいただいています。

私がいつもお邪魔している、みそ汁の具~明治朝廷をぶっ飛ばせ~ というブログでも今日同じような記事がアップされていました。
今の体制派はなにかと大陸に日本の文明文化の源流を求めたがるんですよね。

有田

No title
似たようなケースで、有田焼は海外では伊万里焼として知られていますね。これは伊万里港から輸出されたからです。まあ伊万里と有田はそれほど離れては居ませんが。

昔、佐賀県出身の若い人に伊万里の話しをしたら、伊万里焼のことは全く知らなくて、あんな古い港があるだけのところ、みたいな反応でとても驚きました。理科系の人だったからかもしれませんが。

六郎

No title
中国に出張する機会が多い父から、天津甘栗について同じ話を聞いたことがあります。
父も天津甘栗は天津の名物だと思い込んでいましたが、
現地の商社の人に聞くとあっさり否定されて驚いたとのことです。
私も父と同じ思い込みをしていましたので、父からその話を聞いて驚きました。
何事も調べてみるべきと教訓になりました。

父から質問されて回答した中国人は、その時何を思ったのか。気になります。

確かに

No title
そんなに昔からですか!凄いですね!

勝ち栗食べたくなりました。

鈴木にゃん子

栗のから揚げ
こんにちは。
栗は大好物です。書かれているメニューで栗のから揚げだけ食べたことがないです…。大きな日本栗のから揚げ…食べてみたい!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク