越前恋水仙物語



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

越前スイセン
越前水仙


もう少しすると、水仙(スイセン)の季節がやってきます。
水仙といえば、冬に咲く花。

寒い冬に、美しい花を咲かせる水仙は、古来、多くの人々から愛されてきました。
水仙といえば、千葉県の房総半島、淡路島、そして福井県の越前海岸が、日本水仙三大群生地として有名です。

なかでも越前海岸のあたりに咲く水仙は、越前水仙と呼ばれ、福井県の県花にもなっています。

その越前水仙。
発祥伝説があります。

平安時代の終わり頃、暴政を極めた平清盛に対し、治承4(1180)年、ついに以仁王が全国に平氏打倒を命じる令旨を発します。
これを受けて立ち上がった木曾義仲(源義仲)は、翌治承5年、信濃国の佐久郡依田城で挙兵します。
そして寿永2(1183)年5月、富山県と石川県の境にある倶利伽羅峠(くりからとうげ)で、ここで義仲は、平氏の正規軍である平維盛率いる軍勢を破ります。

この戦いのときに、越前海岸のあたりにいた 山本五郎左衛門が、長男の「一郎太」と郎党を率いて義仲の軍勢に馳せ参じます。

留守は、次男の「二郎太」が守った。
その留守中のこと。

ある日、二郎太が居倉浦の海岸を散歩していると、 波間から助けを求める女の声がした。
すわったいへんと、次郎太は、女性を助けます。
稀に見る美しい娘だったそうです。

娘と二郎太は日増しに親しくなる。

いやらしいことを想像してはいけません。
プラトニックな関係です。
だからあとから問題が起こる。

春が過ぎ、夏も終わりに近づいたある日、 戦いで負傷した一郎太が父の戦死の報告とともに帰ってきます。
二人は戦いのこと、父の奮戦などを、夜を徹して語り合った。
とても中のよい兄弟だったのですね。

そんなある日、たまたま家にやってきた娘を見て、兄貴の一郎太が一目惚れしてしまう。
あまりにも美しい。
あまりにも可憐な女性です。

やがて二人は娘をめぐって争うようになる。
そしてどちらがこの女性にふさわしい男か、互いに戦って勝負を決めようということになった。

二人は、冬の冷たい越前の海岸で決闘をします。
冬の越前海岸は、風が強く、冷たく、波も荒い。
その冷たく荒れ狂う波間の中で対決する二人の姿を見た娘は、

「二人の仲を悪くしたのは私が原因です」と言って、

荒波に身を投げてしまいます。
そこは娘が助けられた時と同じ居倉浦の浜だったそうです。

翌年の春、居倉浦の浜に、見たこともない美しい花が流れ着きました。
人々は、この花はきっと、清楚で可憐なあの娘の化身に違いない、と噂しあいます。

そしてその花を、丘の上に植えた。

その花が、今も咲き誇る越前水仙の始まりなのだそうです。

いま、越前海岸は、日本海側唯一の水仙の自生地で、水仙観光の名所となっています。
栽培農家はおよそ230戸、栽培面積は 70ヘクタールに及ぶという。

そしてそこには、年間220万人にのぼる観光客が訪れる。
美しい少女は、こうしていまも人々から愛され続けています。

ボクはね、こういう古くからの物語を大切にする日本を復活させたいのです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

HD映像 冬の越前海岸


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

こういうの大切にしましょう。
越前水仙は「福井県と越前町の花」に指定されていますね。
何年か前に観に行きました。
素晴らしい大群生でしたよ。
越前岬灯台も見学しました。
越前蟹も美味しかったです。

「水仙」の名前の由来も現地の方々から聞きました。
天にあるを「天仙」
地にあるを「地仙」
水にあるを「水仙」
大陸の古典書いてあるらしい?
本当か嘘か?
確かめていませんので、真偽の程は保証できません。

また、六枚の白い花びらが美しい「水仙」の学名は「ナルシス/Narcissus」だそうです。
あの「ナルシスト」の語源?
興味のある方はギリシャ神話も探ってみて下さい。
ねずさんの話とはまるで違う筋書きですけどね。

さて越前の物語。
娘は何でまた波間で遭難していたのですかね?
弟は、助けた娘に「仙」と名付けた?
何故ですかね?
娘は記憶喪失状態だった?
それにしても…水仙に纏わる話は悲しいものが多いですね。
無粋な奴でごめんなさい。
でも、ねずさんと同じで、こういうの大好きで大切にしたいと思っています。
どなた様も、良き週末をお過ごし下さい。
合掌

雑草

No title
命が軽かったのではなくて、日々一瞬が全て、精一杯、命がけの人生だったのでしょうか。三島の金閣寺はその劣化亜種でしか、この水仙の前では見劣りしました。

一瞬の精一杯の日々が、太古から続き、その緊張感が感謝につながるのでしょう。
日々の全てが神話になり得る、美しい夢の国だと震えます。
すでに復活しておりますね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク