誠と義

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

新撰組隊旗


「誠」という漢字があります。
では、「誠」って何でしょうか。
何をもって「誠」というのでしょうか。

ボクは、答えは、字の中にあると思っています。
「誠」は、「言」が「成る」と書きます。

ですから、「誠」は、
人から言われたことを、ちゃんと成し遂げる。
自分で言ったことを、ちゃんと成し遂げる。
ことです。

「誠意」は、それを自らの意思をもって成し遂げること。
つまり、究極の責任感と、それを意図的に実現することをもって、「誠」と言います。

上司から一定の職を任せられる。
そしたらそれを、自らの意思をもって、責任もって成し遂げる。
それが「誠意」であり、「誠」です。

成し遂げなかったり、途中で命令や委ねられた職務に背いたり、上長の陰口を言ったり、批判したり、任せられた業務を放棄したりする。
それは、「言」われたことを「成」し遂げないことですから、「誠意」がない。
これを「不誠意」と言います。

自分で「こうする」と決めた。
決めたことを、「やっぱり面倒くさいから、や~めた」と逃げてしまう。
これは、自分で決めた(言った)ことを「成」し遂げないのですから、「成し遂げず」=「不誠意」です。

新撰組隊士は、隊旗に「誠」の一字を掲げました。
なぜ「誠」なのかといえば、「言」ったことは、必ず「成」し遂げるからです。
「隊規に背いた者は切腹」と決めたら、本当に切腹させる。
治安維持のために浪士を斬ると宣言したら、本当に斬る。
新撰組は、「言」ったことを「成す」から、「誠」なのです。

最近、非常に目立つのは、「言」われたことを「成」し遂げようとしない。
あるいは、「言」われたことしかしない。
マニュアルに書いてあることを、そのマニュアル通りにすれば良いと考える。
マニュアルがなければ、やり方がわからないからと、何もしようとしない。
そんな傾向が目立つようです。

では、「言」われたことだけやっていれば、それが「誠」なのでしょうか。
画竜点睛を欠くと言いますが、言われたことだけを通りいっぺんにやっているだけでは、「誠」があるとはいわない。
中味がないからです。
中味がない仕事をするなら、それは「言」われたことの「実」を「成」し遂げようとしないのですから、「不誠実」です。

もっといえば、「誠実」か「不誠実」かは、中味のあることをしているか、していないかでもあります。

では、「中味が」ある、ない、は、何をもって識別するか。
それが「義」です。

「義」という字は、「羊」と「我」という字によって成り立っています。
「羊」というのは、古代においては、神前への捧げものです。
羊を殺して、神に捧げた。

つまり「義」は、「我を殺して神に捧げる」という意味です。
究極の自己犠牲です。
古来、武士道の根幹がここにあります。
戦時中に散華された特攻隊その他の英霊の皆様方の精神の神髄が、この「義」です。

幕末の蛤御門の変で自刃した尊攘派の武士、真木和泉守は「義」についてこう説いています。
~~~~~~~~~
士の重んずることは節義なり。
節義はたとへていはば、人の体に骨ある如し。
されば人は才能ありても学問ありても、
節義なければ世に立つことを得ず。
節義あれば不骨不調法にても
士たるだけのことには事かかぬなり
~~~~~~~~~~

上手に仕事ができる。要領よくマニュアル通りに仕事ができることより、少々不調法であっても、「義」があることの方が大事だというのです。
そして人は、いくら学問があっても、才能があったとしても、「義」がなければ、人の世の上に立つ資格はないと言い切っている。

裏返しに言えば、人の上に立つ者というのは、学問があることや、才能があること以上に、「義」が大事だ、というのです。

先日、Facebookでお友達になった方から、ナイジェリアのお話を伺いました。

日本はナイジェリアに学校を建て、いわゆる読書きソロバンと理科の教育を支援しているのです。
ところがナイジェリアでは、そうした高等教育を受けた弁護士や会計士などが、ひたすら悪事に邁進している。
学問は、単なる儲けるための拝金主義の手段にしかならず、学問のある者、資格のある者は、学問のない多くの民衆を、平気で利用し、収奪し、殺す。
PCの知識もネットでの詐欺に利用するだけだし、「これをしてはダメだ」というと、見てないところでやろうという思考回路しか働かない。
弱肉強食で弱いものから容赦なく取り上げるし、お金のためなら麻薬も運ぶし、人も殺す。

これでは、日本はなんのために教育支援をしているのか、わかりません。
犯罪を増殖させ、巧妙化させ、支援した教育によって、かえってナイジェリアの国情を混乱させているだけです。

戦後の日本の教育の、最大の問題が、ここにあると思う。
要するに、何のために学んでいるのかという教育の根本が、欠けているのです。
ナイジェリアの姿は、日本の近未来の姿そのものでもある。
戦後の日本型教育というのは、そこには「神のために己を捧げる」という、「義」の概念がないのです。

このことは、戦前の日本が、台湾や、東南アジアの国々、あるいは太平洋の島々で、わずかな期間だったけれど、そこで施した教育と、結果に雲泥の差があることを見てもあきらかです。

戦前の教育は「徳義」ある社会を築いたが、戦後の教育は単に知識を与えるだけで、中味がない。

では、戦前の教育の根本にあった「徳義」教育の「徳」とは何か。

「徳」というのは、ギョウニンベンの「彳」に、「𢛳」と書きます。
ギョウニンベンの「彳」は、「人がたたずむ」の意です。
そして「𢛳」は、「悳」であり、「まっすぐな心」を顕わします。

つまり「まっすぐな心で行動することが、徳」です。

では、まっすぐな心とは何かといえば、仁・義・礼・智・信の五常の徳や孝・悌・忠の実践であり、それらは動物にはない、人間が人間であることの証明でもある。
言い換えれば、人としての存在価値は、仁、義、礼、智、信、孝、悌、忠の八つが揃って、はじめて人は、動物と異なる「人」となる。

「義」は、究極の自己犠牲の精神と書きました。

では、「仁」とは何か。
「仁」は、「ニンベン」に、「二つ」と書きます。
人と人との間、二人の人の間にあるものです。
誰かとともに同喜する、誰かとともに同苦する。誰かとともに同泣する心です。
それは、相手をいつくしむ心、同情し、思いやり、親しむ心でもある。

批判を恐れずに、もっとはっきりと言ってしまえば、「義」は、自分の命を犠牲にしてでも神に捧げることだから、「仁義」は、友(兄弟分)のために自らの命さえも捧げるという精神となる。

「礼」は、もともとの古い字は「禮」です。
「示」ヘンに、「豊」と書く。
豊かに人に示すもの、つまり、外形上の秩序の儀式を「礼」という。

ですから「礼」は、相手を敬う気持ちを目に見える形で表現するものです。
ただし、度を超した「礼」は、非礼となる。
なぜなら「礼」他人に対する優しい気持ちにから発しない、単なる「形式」は、もはや「礼」の名に値しないからです。
「礼」は、単なる「型」ではなく、慈愛と謙遜から生じるものだからです。

上長をつかまえて、自らは何の責任をとる覚悟もなく、平気で批判だけを繰り返す者は、礼をわきまえない痴れ者だ、ということです。

なんだか今日のねずブロは、漢字の講義みたいになってしまっていますが(笑)、あとひとつだけ、「悌」を書きます。

「悌(てい)」なんて、最近ではまったくの死語になってしまっていますが、これはリッシンベン「心」に、「弟」と書きます。
要するに、弟の心で良く兄長につかえること。弟が兄を敬愛すること。
もっとわかりやすく言えば、兄貴をたてること。
そこから派生して、長序の礼をわきまえること、という意となります。

最近では、こうしたまっすぐな心である「徳」(仁、義、礼、智、信、孝、悌、忠)よりも、知識が偏重され、テストでいい点数をとることが勉強であり、学問であるかのように曲解されています。

そして集団の中の「徳」よりも、個人の「自由」が優先されている。

「自由」というのは、「自ら(みずから)、由し(よし=良し)とする」という意味の言葉です。
自分で、「ま、いっか」とするのが、「自由」。
そこから何者にも束縛されない「放縦」が生まれる。

けれど社会というものが、人と人との関係によって成り立っているものである以上、いくら自分はこうしたい(みずから、良しとしたい)と願い行動しても、その行動には、常に責任がついて回ります。

そして、責任というのは、「責」と「任」から成り立っています。

「責」は、「朿(束ではない)」と「貝」からできている漢字です。
「朿」は、「刺(トゲ」」のことで、「刺す」という意味です。
つくりの「貝」は、貨幣(お金)です。

つまり、借りた金を返さなければ、徹底的に責めさいなまれる。痛い思いをしなきゃなんない。
だから、ちゃんと期日には、返さなきゃならない。
それが「責」です。返さなきゃ酷い眼にあわされても構いません、という意味の言葉です。

そして「任」は、「負う」という意味の言葉です。

つまり「責任」とは、成すべきことをなさなければ、結果として痛い目に遭うことを、みずから負担する、という意味で、だからこそ、「自由」には、つねに「責任」がついてまわる。

そして、これが大事なことなのですが、その責任をちゃんとまっとうするという自覚があって、はじめて自由があると考えるのが、保守である、ということです。

では、保守が負担する責任は何に対する責任かといえば、歴史、伝統、文化からくる古来からの我が国の社会規範(これを仮に「法」と呼びます)に対して、きちんと責任をもって行動しようとする責任です。

このことは、裏返しにいうと、わかりやすいかもしれない。

左翼というのは、歴史、伝統、文化よりも、自分たちで作った「法律」を優先しようとする姿勢です。
つまり、左翼にとっては法律が第一であり、「法律>法>人」の順になります。
ですから憲法9条とかの護憲派などという考え方が生まれて来る。
人の命よりも、安定した社会よりも、社会の伝統的価値観よりも、法律である憲法9条が大事、となる。

保守は、法>人>法律と考えます。
日本古来の伝統的価値観が、まず大事であり、そのためには、命をも捧げる。
間違った法律があるなら、それは変えなければならないと考える。
大事なのは、憲法9条ではなく、私たちの生活や子々孫々まで続く命であり、日本社会の伝統的価値観が大事と考える。
そのためには、命をも捧げる。

なぜなら、それが「義」というものだからです。
ですから真性保守というのは、自らの身を省みず。
保守の人達は、日々この国を守るため、私たち日本家族を守るために、身を捨てて「義」を立てる。
言ったことは実現しようとするから、「誠」であらんとする。
それが保守というものであろうと思う。

そしてそれは、保守の人々の個々の自由意思から生まれています。
ということはつまり、保守の人々にとって大切なことは、自由であるということ。

ただし、その自由は、みずから責任を取る自由、すなわち、「責任ある自由」です。

このあたりが、左翼思想とまったく異なる点で、左翼思想にある自由は、単なる「放縦」であり、やりたいようにやらせろ、できないのは自由がないからだ、言いたいことを言わせてもらえないなら、それは言論封殺だ、となる。

つまり、なんら責任を取ることなく、個人の我がままや勝手が「自由」だと考える。
だから悪いのは、全部人のせいにするから、無責任であり、不誠実であり、そこには「義」も「誠」も欠片もない。
まして「徳」など、まるで理解の外となるということのような気がします。

いまの日本では、保守はごくごく少数派です。
前回の参院選では、保守票というのは、140万票程度でしかなかったとさえ言われている。
けれど、だからといって、いまのような無責任な売国政権に、政治を委ねているわけにはいきません。

現状の動きからすると、来年の春から初夏にかけて、衆議院の解散もありそうな雰囲気が出てきました。
おそらく民主党は、もう勝てないであろうとは思いますが、国を憂い、国を想う、本当の政治家が世に出ないことには、日本は、ほんとうに立ち直れなくなる。

ひとりでも多くの人に目覚めてもらいましょう。
そして日本の政界に、保守を取り戻しましょう!

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

大東亜戦争【不屈の武士道精神】


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

国語愛護者

いつもながら、大変興味深いお話です。
しかしながら、今日のお話にある「画竜点青を欠く」という言葉についてですが、“青”の部分は“睛(ヒトミ)”の間違いです。
「画竜点睛を欠く」とあるべきですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク