徳の概念と諱(き)の概念



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

非法的占領で構築された今日のChina領土
今日のChina領土


前回の記事で、五常の徳の概念の中味として、仁義礼智信孝忠悌を書きました。
この仁義礼智信孝忠悌といえば、南総里見八犬伝の物語が有名ですが、昔の人はそうした物語を通じて、子供達にわかりやすく仁義礼智信孝忠悌を説き、覚えさせたのですね。

「南総里見八犬伝」というのは、江戸時代の後期に滝沢馬琴によって著された物語で、初版の刊行は文化11(1814)年。まさに江戸文化が花開いた時期に出版されました。
そしてそれから28年かけて、物語は、天保13(1842)年に完結した。
全98巻106冊の大長編大河小説です。

八犬伝では、8つの数珠の大玉に、それぞれ仁義礼智忠信孝悌の文字が浮かび、その大玉が飛散し、それぞれ八犬士がその珠を持っています。
そして珠を持つ犬士同志が近づくと、珠と珠が感応しあい、その存在を教える。
って、これ、漫画の「ドラゴンボール」と同じ構成です。

また物語に登場する名刀「村雨丸」は、殺気をもって抜き放てば刀身から氷気が立ち上り、青白く輝く。
この刀が光るという仕様は、後年、スタートレックで応用され、光の剣となっています。
また、昨今のPCゲームなどでも、剣士の持つ刀が光るという仕様が応用され、現代人の楽しみに供されてています。

その楽しみの大元にあるのが南総里見八犬伝なのですが、一点、八犬伝の物語がいまどきのアニメのドラゴンボールや、映画のスタートレックの物語、あるいは各種ロールプレイングゲームなどと違うのは、それがただのファンタジーではなく、そこに「仁義礼智信孝忠悌」という人として大切な道に関するメッセージが含まれているという点です。

子供から大人まで、ワクワクしながら物語を読み進み進むうちに、自然と「仁義礼智信孝忠悌」の言葉と概念を覚える。
それが人々の生きる道としての常識化する。
そこが八犬伝と、現代のファンタジーの大きな違いといえるかもしれません。

さて、ではその「仁義礼智信孝忠悌」ですが、ひとつひとつの文字そのものは、China生まれの文字です。
誕生したのは、いまから2千年以上も前、春秋戦国時代のChinaです。
説いたのが孔子で、論語の中にその言葉が登場する。
そしてその言葉(文字)が、我が国に受け入れられ、我が国の伝統的精神文化の素地となっていった。

ということは、我が国に受け入れられた背景には、もともと日本に、そうした概念があった、ということなのではないかと、ボクは思っています。
私たちの父祖は、その概念を漢字にあてはめ、伝承した。

なぜなら、同じ孔子でも、我が国の伝統文化に会わないものは、まったく我が国には伝承されていないという点が、注目に値するといえるからです。

たとえば、孔子の行った食人の習慣、さらに「諱(き)」の概念などは、日本にはまったく輸入されていないし、定着もしていない。

人間を食べるなどというのは、最早論外ですが、「諱(き)」も面白いです。
「諱(き)」というのは、「かくす」という意味で、他人を守るために嘘をつくことを正しいとする概念です。

孔子は、我が国でもたいへん好まれましたが、「諱(き)」の概念は、我が国の伝統文化に反します。
だから昔の日本人は輸入しなかった。

「諱(き)」は、孔子の論語で、次のようなエピソードとして語られます。
~~~~~~~
ある人が孔子に言います。
「私の村にはとても正直な人物がいます。その正直な人物は、自分の父親が他人の羊を盗んだ時に、それを告発しました。」
孔子は答えます。
「その人物を、正直者とはいいません。父は子のために隠し、子は父のために隠す、これが本当の正直というものです」と答えた。
~~~~~~~

要するに、尊者の為には恥を諱(かく)し、賢者の為には過(あやまち)を諱(かく)し、親者の為には疾(あしきこと)を諱(かく)すことが、「諱(き)」の概念であり、現代語に訳すと、
「偉大な人物についてはその人物の不面目な事柄は隠し、優れた人物についてはその人物の過失を隠し、自分の血の繋がった親族については欠点を隠す」となります。

つまり、避諱の本質は、自分以外の誰かのためにその誰かの恥を隠すこと。
さらに、他の誰かのために「隠す」だけでなく、隠すためには、嘘をついても構わない、いやむしろ積極的に嘘をつくべきだ、となります。

現代Chinaでいえば、国家がいわば偉大な人物にあたります。
ですから中共国家の恥になること、あるいは中共政府の過ちを隠すことは、Chineseにとって「諱(き)」であり、常識です。国民の義務と言っても良い。

さらに国家の威信を護るためなら、嘘をついたりデマを飛ばすことさえも、まさに正義となり、推奨や賞賛に値する行為となります。
南京虐殺や百人斬りなどのでっちあげは、ですからChineseにとっては、「諱(き)」であり、あたりまええの常識となる。
それが「道徳的な行い」なのです。

このことは、逆にいえば、立証的あるいは弁証法的な真理の探究を基礎とする「科学」は、Chineseの概念では発達しない、ということです。
なにせChineseにとっては、真実より「諱(き)」が大事だからです。

こうした考えは、伝統的な日本人の考え方からは、非常に異質なものと受け止められます。
人間は、正直であること、嘘より真実が大事と考える思考を常識とする文化からは、到底、受け入れがたい。
だから、いくら孔子の論語であっても、日本人は、「諱(き)」を受け入れてこなかった。

受け入れるものと、受け入れないものが、こうして取捨選択されている。
ということは、「仁義礼智信孝忠悌」など我が国に受け入れられた言葉は、それを受け入れる前から、我が国にはその言葉に代表される道徳観があったということだし、「諱(き)」のように、受け入れられなかった文字があるということは、もともとの我が国に、「諱(き)」のような概念はなかった、ということです。
(いやあ、日本人でよかった!(笑))

あともうひとつ言うと、China語では、もともと常に漢字「一文字」に意味を当てはめます。
その漢字を二つ三つ並べて、複雑な人間を描くのは、日本人の発明です。

ですから中華人民共和国というChinaの国名のうち、「中華」「人民」「共和」は、日本人が発明した造語ですから、Chinaは国名からして、日本のお世話になっている、ということです。

大東亜戦争当時のChinaの人口は、約5億人です。
いまのChinaの人口は、公称13億人、一説によれば15億人といわれています。
わずか60余年で、人口が3倍に増殖できたのは、日本人が開発した小麦のおかげです。(→小麦のお話を参照)
つまり、Chinese3人のうち、2人までは、日本人のおかげで今を生きていられる。

古くをたどれば、Chineseに稲作の水耕栽培や灌漑技術を教えたのも日本人だし、漆文化を教えたのも日本、芸術性の高い陶磁器の製造を教えたのも日本人です。

その大恩ある日本人に対し、Chinaの中共政府は、その恩に感謝するどころか、日本を貶めようと躍起になって、まさに「諱(き)」を地でいく工作をし続けています。

そして全世界に害毒をまき散らし、嘘を並べ立て、欲望のためには、ウイグルやチベットの人々の生命や財産を平気で奪い、蹂躙している。

かつて自由主義国家の最大の敵は、旧ソ連でした。
いま、全世界が敵として戦うべき敵は、中共政府であると、断じたいと思うのですが、みなさんはいかがでしょうか。


よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

日中情報戦 - マスコミの隠している真実を知っていますか?


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

re:ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った
ps:
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi

愛信

ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った
ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2853.html

本書は、こうした「七奪」なる虚妄に、逐一、丁寧に反証している。 残念ながら、管総理(当時)は
「植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し…痛切な反省と心からのお詫び」との談話を発表した。
そして、現在、駐韓日本大使館前には慰安婦像が建てられようとしている。 今からでも遅くはない。
国民は、本書から事実を学んで欲しい。

【書籍街の掲示板】
http://www.aixin.jp/gktj/sss/sss.cgi
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク