今年もお世話になりました

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

雪の靖国神社


平成23(2011)年は、売国政権ここに極まれりのまさに大変な年でした。

少し前に、ロシア戦艦ディアナ号の記事を書いたのですが、この記事を書くきっかけになったのは、記事の少し前のある日、たまたま夕食時にテレビで見たディアナ号に関する番組がきっかけでした。

番組では、若い2人が、まるで西洋の沈んだ宝船探しのノリで取材をし、番組を進行させていました。
とてもよくできた番組だし、2人の番組進行役の俳優さんたちも、たいへん頑張っておいででした。

けれど観ているボクの眼からは、なにか違和感を拭いきれなかったのです。
何かおかしい。

結論のないまま、12月13日「かあさんの鼻緒 緒明菊三郎」という題でディアナ号の記事を書いたのですが、その後もずっと違和感が拭えず、ずっと「何だろう」と考えていました。

それがふとわかった。

それはおそらく番組の構成からきていたものなのだろうけれど、ディアナ号というわずか158年前の幕末の日本の出来事が、まるでインカ文明同様の失われた歴史の物語として語られていたということです。

幕末の日本も日本なら、現代の日本も同じ日本です。
その同じ日本として脈々と続いているはずの歴史が、まるで知られざる失われた文明の物語のような扱いとなっている。

考えてみれば、戦時中のこと、英霊達の活躍、数々の戦いなど、日本人が日本を守るために必死になって戦った歴史も、現代日本では、まるでインカ文明と同じ失われた文明の探索という切り口の物語となってしまっている。

そういうことではないかと思うのです。

日本は、縄文弥生の昔からずっと続く長く古い歴史と伝統と文化を持った国です。
その日本が、戦後のGHQ政策と日教組教育、あるいは売国左翼の知識人や在日朝鮮人たちによって歪められ、貶められ、破壊され、そして失われてしまっている。

若者達はいつの間にか、日本は侵略国家だったとか、殺人主義国家、泥棒強奪国家だったなどと嘘八百を教えられ、刷り込まれ、日本人としての誇りを持つどころか、日本を嫌いになり、日本人であることを恥ずかしむようにすらなってしまっている。

けれど、そこまで洗脳され、歴史を失った日本人が、特ア以外の諸外国から観るといまだに、やさしさと気配りと礼節を持つ優秀な民族に写り、さらに東日本大震災では、それが未曾有の災難でありながら、整然と行動できる世界にたぐいまれな精神を持つ優等民族であることが実証されています。

日本が日本人が、歴史を取り戻す事は、日本人が「戦後」という一時期の「歪み」から立ち直り、日本人としての誇りを取り戻すことです。
それが、本当の意味での日本の復興なのだろうと思う。

私たちの世代の先輩たちは、戦後焼け野原となった日本を、高度経済大国として日本を主に物質面から復興してくださいました。
私たちの世代でやり抜かなければならないのは、今度は、日本の精神面での戦後復興なのではないかと思います。
それが、昭和天皇の終戦の詔勅にある「道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚セヨ」のお言葉の実現なのではないかと思う。

さて、来年は、春の終わりから初夏にかけて、どうやら衆議院の解散選挙が行われるようです。
なんとしても真正保守の政治家の先生方に国政に復活していただかなければなりません。
来年は、いそがしい年になりそうです。

今年一年、当ブログを訪問してくださる皆様、日心会の皆様、そして個人的に親しくしてくださったみなさまには、たいへんお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
みなさまには、どうぞ良いお年をお迎えください。

ねずきち 拝

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

維新の会に期待
自民党政権に逆戻りするのでは日本の未来に不安が残ります。

感謝

ブログありがとうございます

桜子

有難うございます
今年初めてねずきちさんのブログに出会い、勉強させて頂いております。
えー!と驚いたり、怒ったり、思わず涙したり、本当に心打つ内容でとても勉強なっています。
どうぞ御身体大切にされ、来年もいろいろお教え下さい。

ねずきちさんにとって良い年であるようお祈りしております。

-

No title
管理人さん今年一年お疲れ様でした。
来年も愛読させて頂きます。

空満

ありがとうございました
はじめまして、ブータンについて検索したのをきっかけにこちらのブログを知り、全篇読破を目指しています。

毎回とても感動して、涙が止まらなくなります。
赤穂出身の私は、こちらで山鹿流というものの存在を教えていただくまで、現代では野蛮な復讐劇のように言われるので、肩身が狭かったですが、先達は偉大だったのだと感謝の思いに変わりました。
ありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願い致します。
来る年が、日本にとって素晴らしい年となりますように。

博多人

良き年を迎えましょう
ねずきちか様及び愛国者の皆様 民主党とメディアに政権を騙し取られてからと言うもの、悪夢のような日々を暮らしています、そしてそんな我が国日本を、反日勢力から取り戻そうと、当たり前の国にしようと、何とか支えているのが名も無き一部の愛国者だと思います。来年こそ民主党・反日勢力を叩き潰すべく各自頑張るしかないですね。良い年を迎えましょう。来る平成二十四年もよろしくお願いします。

youta

良いお年をお迎えください。
ねずきち様

今年になって、このブログを知り、以来、過去の記事も併せて読ませていただいております。日本人としての誇りを再認識することが出来ました。ありがとうございました。

ねずきち様も良いお年をお迎えください。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク