新年を迎えての陛下のお言葉



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

平成24年新年のご感想


陛下の平成24年、新年のお言葉です。

==========
昨年は春には東日本大震災が起こり,夏から秋にかけては各地で大雨による災害が起こり,多くの人命が失われ,実に痛ましいことでした。
また,原発事故によってもたらされた放射能汚染のために,これまで生活していた地域から離れて暮さなければならない人々の無念の気持ちも深く察せられます。

昨年は誠に心の重い年でした。
そのような状況の中で,皆が互いに助け合い,また多くの人々が被災者の支援に力を尽くしていることを心強く思っています。

今年は,復興に向けて様々な計画を立て,将来への指針を選択していく年であるとともに,がれきの処理を始めとする多くの困難な業務に取り組まなければならない年になると予想されます。
人々の英知が結集されるよう,また業務に携わる人々の作業が安全に行われるよう,願ってやみません。

日本は大震災の影響等により現在厳しい状況にありますが,皆が被災者に心を寄せつつ,力を合わせ,明日の社会を築くために忍耐強く力を尽くしていくことを期待しています。

この年の我が国及び世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

(英文)
Last year, it pained me greatly to see that many lives were lost to natural disasters, the Great East Japan Earthquake in the spring and torrential rains in many places in the summer and in the autumn. My heart also goes out to the people who regrettably can no longer live in the places they used to live because of the radioactive contamination caused by the nuclear plant accident. Last year was a truly distressing year. However, it has been heartening to note that, even under such conditions, the people were helping each other and many people were working hard to support the victims.

This year, our country has to make various plans towards reconstruction and decide on guidelines for the future. At the same time, it is expected to be a year in which our country has to tackle many difficult challenges, including the disposal of the debris from the disaster. It is my sincere hope that people will bring together their wisdom and that those involved in the various tasks can work under safe conditions.

Our country is now going through difficult times because of the earthquake and other factors, but I hope that the people's hearts will always be with the afflicted, and that everyone will persevere and work together to build a brighter tomorrow.

It is my hope that the new year will be a good, peaceful year for the people of Japan and the people of the world.
==========

陛下は「心を寄せつつ,力を合わせ,明日の社会を築くために忍耐強く力を尽くして」と述べられています。

何かが変わろうとするとき、それはなにやら劇的な変化や過激な言葉、強烈なリーダーシップのようなものに、ついつい多くの人が期待を寄せてしまいます。

とりわけ現代のように、閉塞感に包まれた日本においては、とくにそれが顕著で、だからろくに考えもしないで民主党に票を入れた馬鹿者などが現れたりします。

けれど陛下は、「心を寄せつつ,力を合わせ,明日の社会を築くために忍耐強く力を尽くして」と述べられています。
これが日本流、これこそが日本人の行動原理なのではないかと思います。

日本を変えたい。
そのために必要なことは、なにか突飛なことをすることではない。

みんなが「心を寄せつつ,力を合わせ,明日の社会を築くために忍耐強く力を尽くす」。
このことこそ、日本が日本を取り戻す原動力なのだろうと思います。

昨年、日心会の内部で一部の迷惑者による会の分断工作が行われました。
8ヶ月ほどかけて、十分にその様子を見させていただきましたが、日心会という保守系の団体を内部から破壊しようとする者達の行動にあったのは、
「疑心暗鬼の種をまき、みんなの心をバラバラにして、会がひとつになることを阻止し、会を解体し、分断し、明日の会を築くためときれいごとを並べながら、屁理屈を並べ立てて短気を起こし、会の内部にストレスをまき散らす」という、たいへん醜いものでした。

結果として、会の分断工作を行った馬鹿者達には、全員会から出て行っていただきましたが、人は、何を言っているかではなく、何をしているかで見るものです。

大切なことは、
「心を寄せること」
「力を合わせること」
そして、明日の社会を築くために
「忍耐強く力を尽くす」ことです。

それをするのが日本人です。
真逆の行動をとる者は、最早保守でもなければ護国の志士でもない。

私たちは、今後も日本人として、戦後曲がりきり、重くなった日本を取り戻すため、「心を寄せつつ,力を合わせ,明日の社会を築くために忍耐強く力を尽く」していきたいと思います。
なぜなら、それこそが、陛下が求められる明日の日本人の姿であろうと信じるからです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

世界最強の天皇陛下


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

hehehe

No title
危険性が高いので拡散をお願いします。

神奈川県で「外国人参政権」につながる
「地域主権実現のための指針(仮称)」について
パブリックコメントを募集しています。
いつの間にか、自民党の時の「地方分権」から
「地域主権」に変わっています。
(民主党の売国行為です。)
自分も反対である旨、意見を送りました。
木原みのる氏のHPに詳しいことが書いてあります。

神奈川県のHPリンク
「地域主権実現のための指針(仮称)」の策定の方向(案)に関する意見募集について
http://www.pref.kanagawa.jp/pub/p403365.html

木原みのる氏のHP
http://kiharaminoru.jp/modules/blog/index.php?p=1669

みそ汁の具 紹介

日本の技術の伝承が途絶えつつある日本
魂の具現化 2012-01-02

家を建てる時の土台は栗の木やヒバが良いだとか、梁は松が良いだとか、壁は何にしようかなあ、とか。このように思考する事が大切なのです。が、今はそれが欠落してます。大工ですら見て考えて判断する為の知識や経験がありません。昔ならばただの庶民ですら当たり前に持ってた知識が、今の時代は職人ですら無くしています。

それに伴って、木こりも杉・ヒノキ以外の木を倒せなくなっていってます。木はそれぞれの特性があるのですが、その特性が分からないと倒す事は出来ません。
日本の木材生産品のほとんどの需要は杉・ヒノキだけなので他の木を伐る機会がありません。切り捨て間伐(間引き)でちょろっと伐る事はありますが、丸太だし(木材生産)の様な、山から木材を出す為の職人としての技術が求められる仕事が少なくなっていってる為に経験・知識が著しく落ちていってます。

木こりと大工、また、それを取り巻く環境から連鎖反応を起こしてはあらゆる技術が日々、失われていってます。

それで良いわけがありません。

職人が作る物は魂です。精魂込めて物を生むのです。

つまり、本物の職人が居なくなると言う事は万物に魂を見いだせなくなると言う事です。

日本人が万物を大切にする民族性を持っていたのは、ひとえに職人が存在してたおかげです。

その民族性が干からびていってます


http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/

はる

あけましておめでとうございます。
ねずきちさんのブログから元気をいただいている者です。
天皇陛下のお言葉、ありがたく読ませていただきました。

私は民主党を応援していませんが、以前はお花畑のところがありました。
保守系の団体に紛れ込んで、分断工作し、団結しないようにしている人たちが日本にいることを知って、すべてのことがわかりました。
保守はいまこそ団結して、日本を守るべきですね。
これからもブログ頑張って下さい!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク