思い切った良質の公共投資で景気回復を



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

平沼赳夫先生2012


新年の見通しについて、すこし触れておこうと思います。

今年の春から初夏にかけて、衆院が解散選挙となるとは、昨年来このブログで何度か書かせていただいていますが、これには理由があります。
理由というのは、民主党野田内閣が新年度予算を国会で通すためには、野党との協議が必要だ、ということです。
たちあげれ日本の平沼赳夫先生の新年のご挨拶に、非常に素晴らしい文がありましたので、ご紹介します。

===========
【思い切った良質の公共投資で景気回復を】

大震災の影響、部品類の供給停止による減産や原発事故に端を発した強制節電、加えて止まらぬ円高やタイ大洪水の影響など、経済に大きな影を落としています。

震災復興のための増税など本末転倒です。今は最優先で日本の経済を活性化させることに全力を傾注し、雇用を確保し、国民生活を安定させることを第一に取り組むべきです。
そのことが被災地の復興支援に必ずつながります。

岩手県に普代村という小さな村があります。
貞観大地震、明治29年、昭和8年に発生した大津波で、多数の犠牲者が出た村です。

和村さんという十期、四十年勤めた村長が、県にかけ合い、国に話しをして一生懸命、高さ15メートルの防潮堤と水門を建設しました。
村民からは猛反発が出たそうです。

しかし和村村長は幾多の反対を押し切って、貞観大地震クラスの大地震・大津波に備え「村と村民の生命財産を守る」という信念を変えずに大堤防と水門を建設され、大震災の前に八十有余歳で他界をされました。

平成23年3月11日、大津波が普代村に押寄せましたが、和村村長の大堤防は14メートの津波を見事に防ぎ、行方不明者一名のみで死者負傷者ゼロ、3000人の村民の命が助かり、浸水も皆無でした。

目先の利益ではなく未来の危機に備えるという信念を通した政治家の見事さを立証しました。
村民の人々は今、感謝の気持ちで和村村長のお墓参りをしているそうです。

将来へ備えを固め、地方の中小企業が活気づくためにも、今こそ思い切った財政出動をおこない、
「コンクリートから人へ」ではなく、
「人の命と生活を守るコンクリート」推進に取り組むべきだと考えています。

良質な公共投資を推進し景気全体を浮揚させて所得水準を回復した後、増大する社会保障費や財政再建の問題に、真正面から取り組めばよいのです。
==========

まさ我が意を得たりの文章です。

震災から、あと少しでもう一年が経ちます。
けれどいまだに瓦礫さえ片付いていない。
政府の予算がまるで足りないのです。

被災地の復旧工事に50兆円かかると試算されていた。
7~8兆円の予算手当では、ぜんぜん足りない。あたりまえのことです。

加えて「復旧」というのは、もと通りにもどすことです。
本通りなら、また同じ地震、同じ津波が来たら、また同じ被害が起こる。
だからこそ必要なのは「復旧」ではなく、二度と被害の起こらない安全な町づくりの「復興」なのです。

他所の国に何兆円も配る余力があるのなら、なんで被災地復興に予算をつけないのか。
素人考えでも、おかしな話です。

自公政権の時代、政府は「箱モノ行政」という批判がありました。
景気対策や雇用促進のため、日本中に公共建物を建設した。
それが「無駄だ」と言われました。
だから「削れ」と言われた。

けれど被災地では、そのハコモノはおろか、道路も堤防もみんな流されてしまっています。
まさにハコモノ行政が必要とされている。
なぜ、造ろうとしないのでしょうか。
なぜ、二度と被災しない堤防を造らないのでしょうか。
なぜ、津波が来ても安心な行政官舎を建てないのでしょうか。
なぜ、市民の避難場所となる剛性の高い建物を築かないのでしょうか。

そのためにいまなら、200兆円くらい国庫支出しても一向に構わないのではないかと思います。
被災地復旧に50兆円必要なら、復興のために200兆円を計上する。
政府がそれを公言し、実行するだけで、おそらく今頃は、東北は震災特需景気で沸き返っている。

被災地に限らず、日本全国もそうです。
日本の就労者4千万人のうち、年収200万円以下の労働者が1千万人もいる。
将来の年金財源どころじゃない。
4分の1の労働者が、いまの生活自体がたち行かなくなっている。
外国人労働力を必要とする好景気時代ではないのです。
日本人の就労先が奪われている。

バブルが崩壊して、もう24年です。
その間、ずっと日本経済は下降直線まっしぐらです。
改革改革と称して、結果はなにもかもが悪くなっている。

平成にはいってからの不況は、「政治不況」です。
私たちの日本が持つ、誇るべき点を、政治が片端から凋落させている。
日本は経済が悪いのではないのです。
政治が、経済を失速させているのです。

たとえば日本の誇る建設技術です。
公共工事において、昔は談合があたりまえでした。
それが「安くなることは良いことだ」というきわめて安直な似非正義感で廃止となった。

そうではないのです。
一方に談合があり、一方に建設業者に確実に2割の利益が保証されていた。
だから公共工事は確実に利益があったし、談合によって確実に仕事が回って来る。
回ってこなくなるのは、中途半端でいい加減な仕事をして、業者間で総スカンを食った業者だけです。

「競争」という言葉があります。
談合で行っていた競争は、安いとか儲けるとかの競争ではなかったのです。
談合で行っていた競争は、「より良い仕事をする」ことが最大の競争要件だったのです。
日本人の最大の特性である、職人気質のより良い仕事をすることが、談合における最大の競争要素だった。
利益も仕事も行政と政治によって、ちゃんと守られていたのです。
それがぶちこわされた。

談合が廃止されたいまではどうか。
儲かることはまるで悪いことのように言われ、とにかく安ければいいのだという妙ちきりんな屁理屈がまかり通っている。
手抜き工事でもしないことには、利益が出ないから生活ができないと、人件費や材料費をケチるだけケチるから、誰も儲からない。飯が食えない。
おかしな話です。

日本全国不況で青息吐息で、しかも東日本大震災という未曾有の被災に遭いながら、国内向けの公共投資をするのではなく、日本より経済力をつけたと喜んでいるChinaや、韓国に金を出すおかしな政治。
国益よりも外圧、国家観よりも野党の屁理屈ばかりを重視してきたから日本は、こうなった。

民主党が先の衆院選で勝利したのは、そういう国家観のない政治に、多くの国民が辟易していたことが最大の原因です。
だから「国民の生活が第一」と高らかに歌い上げた豪腕小沢一郎氏に、多くの国民が賛同し、票を入れた。
結果は、とんでもない売国政党だったのだけれど、その売国政党は、次の選挙では、国民から完全に見放されることでしょう。
地方選挙では、民主党は共産党以下の得票しか得れなかった地域がいくらでもある。

残念ながら、いまの選挙制度は、小選挙区制です。
小選挙区制は、二大政党制でもある。
少数政党には不利な選挙制度となっている。

ならば自民党は、過去のしがらみの一切を捨て、少数政党との連立を図り、何が何でも政権奪回を目指してもらいたいと思います。

昔、小泉さんが「自民党は私がぶっ壊します」と言って旋風を巻き起こしました。
いま日本に必要なのは、「戦後政治をぶっ壊します」という政治家であり政党です。
占領政治をいつまでも引きずる政治では、日本はなくなってしまう。

日本を取り返し、日本を再生させ、日本を護る決意と展望を持った政治が必要です。
その政党が政権を取れば、日本は変る。
そして、そういう政治を生むのは、他の誰でもない。
私たち日本人有権者です。

ご存知の通り、衆参は逆転状態にあります。
野田内閣が、予算を衆院で無事通過させたとしても、参院は通らない。
そのとき予算通過とバーターで、衆院は解散になる見込みが大です。
今年は4月から6月の間くらいに解散選挙が起こる。

民主党は、政権与党となって以来、失政の連続ですから、おそらく前回選挙のときのように、民主党の看板さえ掲げれば選挙で大勝利できる、という具合にはならないでしょう。
民主党は、大幅に議席数を減らす。

けれど問題は、だからといって、いまのままの自民党では、足して二で割る式のこれまでの政治手法では、自民党に票は集まりません。

いまこそ必要なのは、日本派の政治家、日本派の政党なのです。
そしてそれを選ぶのは、私たち日本人有権者だ、ということです。

日本人よ、いまこそ目を覚ませ。
日本人よ、いまこそ日本を取り戻せ。
そう思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

ある少女の思い 自衛隊


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

遠藤

No title
 東北地方に何万トンと転がっているj瓦礫、全部海に放り込んで一大防波堤を作っては如何。行き所のない瓦礫処理もできるし、次回襲ってくるかもしれない大津波に備えての防波堤もできるし一石二鳥ではないですか。当然その仕事には地元の被災者を優先的に雇用すれば国民こぞって平成の善政と褒め称えるでしょう。

朝鮮民主党を解散させよ!打倒民主党!

売国政権を即引きずりおろし解散に!!
民主党政権が続く限り、日本の「国益、損益」は計りしれません、

東北震災の復興もおざなりのままに、特亜3国にスワップ5兆円融通するだの国の血税を何、反日国に使ってやがるんだ!!

シナチョンに利息も払わない国にODA名目で血税を勝手にかしてるんじゃないよ!!アホかよ

それで反日朝鮮に貸す金ないから日本国民に増税しますから、だと、ふざけるな!!

野田を国家転覆罪で死刑にしろ!!

憂国

No title
売国マスコミである、「朝日・NHK・毎日・読売・琉球・沖縄タイムス」には、中共、北朝鮮の工作員がウジャウジャ入って、日本をシナに売り渡そうと、その最後の仕上げ段階に到達しているものと予想されます。相変わらずの平和ボケのこの愚民は、「みのもんた・古館一郎等」の発するコメントにいつまでうなずき、洗脳されれば良いのでしょうか?
誰か大資本による、これら「売国マスコミ」の逆をゆく、真の「保守マスコミ」が誕生して、一日中、日本が過去歴史的に偉大であったことを放映すれば少しは気づくのか?…

一有権者

No title
徹底的に売国民主党とその所属議員を政治に携わらせることを止めさせる事が日本の再生の第一歩でしょう。

いまだ東北の被災地は瓦礫が撤去されただけで何も進んでおりません。これは経済再生の為に必要な財源を日本の復興の為に使わず反日国家へ支援する本末転倒な政策を行う政治家の責任です。
「許すまい売国政治家民主党」すべての選挙において売国政治家は議員に選んではなりません。目を覚ましましょう。!

桜子

No title
「もう、政府はいい加減にしろ!!」と言いたくなります。

今、東北の方達は心も身体も震え、凍えきってると言うのによその国にお金出す場合ですか!
1円でも東北に充てるべきでしょう!!

それも尖閣がどうの、竹島がどうのと言って無理難題をふっかけている国にですよ!

それは国民の血税ですよ、その上、またまた絞り取ろうと言う魂胆ですか?自国の国民はどうなっても構わないのですか!!
他の国にあげるのであれば、自分達のポケットマネーで出して下さい。
それだったら誰も文句は言いませんよ。

年頭の挨拶で<政局でなく大局、、>はあ??どのお口でおっしゃってるのか知ら?
大局が見えていたらこんな事、よその国にお金を出したり、増税したりは出来ないはず!!

他にも解決策があると他の議員さん達がおっしゃっておられるのに、、。
おまけにもう一つ言わせていただきますね。
<ネバー、ネバー、ギブアップ、大儀を通せば、、>ウンヌンとおっしゃられていましたが、はあー??大儀?

失礼ですがトップの考えてる大儀って何を持って大儀とおっしゃられているのか知ら?

国民は怒ってます!!

やまとなでしこ

普代村の防潮堤
岩手県普代村の高さ15メートルの防潮堤についての記事は大変素晴らしく、興味深く読ませていただきました。

マスコミがいつも報道するのは大津波になぎ倒され決壊した防潮堤の映像ばかりでしたが、この町長さんの尊い志、経緯やエピソードを含め、日本国内はもとより海外にも伝える義務はマスコミは負っていると思います。

今こそ、日本の良いところ、日本の心を世界に伝えてなければなりません。

togyo

「金があるなら 復興に充てろ」と私も思います
日中会談では、中国のエコシティー建設への日本政府の全面支援というのもありました。
野田首相は震災復興のツケを後世に残さないと言いながら、あっさり25年の復興増税を認めました。
今のままだと、東北の復興、日本の復興はずいぶんと後回しです。

ロベルト・ジーコ・ロッシ

皇紀二千六百七十二年の謹賀新年
ねずきち様

明けましておめでとうございます。
昨年は、色々とお世話になりました。
2012年の当方の目標は、震災復興の実現です。
その為に、デフレ脱却&経済成長が必要です。
その為の政策は、公共投資と金融政策&日銀の国債買取です。
これで、世界大恐慌突入も防げます。
今年も宜しくお願いします。

uematu tubasa

No title
本当に素晴らしいエントリーでしたので
転載させていただきました。

頑張ってください。

-

きょうの産経新聞の正論の欄で、参議院議員の中山恭子さんが日銀引き受けの大量国債発行を提案しています。デフレが続き超円高の日本経済の救世策ではないでしょうか。円高が嬉しい日銀は反対するでしょうが、ぜひ一読を。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク