日本を守ろう



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

縄文時代2012


物事を巨視的に見るという見方が、ボクは大好きで、これはもう好き嫌いの問題としか言いようがない(笑)

たとえば明治維新は江戸日本という素晴らしく安定した社会体制を崩壊させてしまったけれど、もし身分制を第一とする江戸日本を引きずったならば、日本は世界の列強を前に自立を果たすことはできなかったであろうと思う。

大東亜戦争によって日本は国家を解体されてしまったけれど、もし日本が勝ち、日本が東亜の覇者となっていたならば、軍事力を第一とする世界の趨勢は向こう500年、1000年変らぬものとなったのではないかと思う。

長い目で見れば、人類が平和な社会を築くためには、西欧的覇権主義ではなく、もっと別なパラダイムが必要であろうし、そのための重要な役割を日本は一貫して背負って来ていると思うからです。

以下はある方に、Facebookでコメントをしたときに書いた文なのだけれど、大きな眼で見ると、以下のような流れがあるのではないかと、個人的には思っています。

現生人類が誕生したのがいまから15万年ほど前のことです。
誕生した場所はアフリカ中央部だったといわれています。
このことはミトコンドリアDNAの研究から、ミトコンドリア・イブの追跡で明らかになりました。

その人類は、いまから約5万年ほど前に、150人ほどの集団で中央アフリカを出発し、いまのサウジのあたりに移住したといわれています。
いまのサウジは荒涼とした砂漠ですが、当時はそこは緑の大地で、エディエンと呼ばれていた。
そうです。エデンの園です。

エデンで生活していた人類は、火を使いました。
使うのは主に女性たちだったのでしょう。
食事を作るのに火を使った。
火=赤=リンゴです。

けれど火は、森の木々を燃やします。
森は木の実と小動物、そして水を育みます。
けれど人が木を燃やすことにより、長い間に森は枯れ果て、砂漠化する。
森がなくなれば、小動物たちはいなくなり、木の実も採れなくなり、水もなくなる。
そこで新たな森を求めて再び移住が始まったようです。

エディエンの住民たちのうち、ある者たちは北へと向かい、ヨーロッパに住み着きます。
アングロサクソン族です。
一説によれば、そこはネアンデルタールのような猿人たちの生息地で、2メートルを超す体の大きな猿人族たちと、現世人類族は長い間テリトリー争いを続け、結局現世人類族がその地を確保した。
戦うことを至上課題とした西洋族は、武器を持ち、体も戦うことに便利なように肺が大きくなり、胸が厚くなり、筋肉が進化した。

一方、争いを好まなかった者たちは、猿人族のいない東へと長い旅を続けます。
そして水のきれいなバイカル湖のほとりに住み着いた。
モンゴロイド族です。

モンゴロイド族は、武器を持って戦うことよりも、自然と調和し、自然とともに生きる道を選んだ。
ところがいまから3万年ほど前、地球気温が急速に寒冷化します。
このことも、地球気温の変化の記録から明らかになっている。

おかげでバイカル湖のあたりはものすごく寒い地となってしまいます。
この寒さでは、食料がない。
やむなく、モンゴロイド種たちは、四方に分散します。

当時の地球気温は、地質学の進歩で、年間平均で7度近くも下がったことがわかっています。
このため南極、北極の氷が増え海面がいまから140メートルも下がった。

このためユーラシア大陸と北米大陸は陸続きとなり、ある者たちはそのまま北米に住み着き、アメリカインデアンとなり、もっと南下して南米まで至った者たちは、インディオとなりインカ文明を築きます。

一方、ユーラシア大陸で太平洋を南下した者たちは、樺太、北海道、本州、四国、九州が陸続きだったことから、日本に住み着いた。
そして日本人の祖先となります。
これがいまから3万年前のことです。

ちなみにモンゴロイド族には、共通の特徴があります。
それは戦いを好まないという特徴です。
要するに戦うことよりも、助け合い、労働して食物を得ることに価値観を見いだす種族だった。
なぜならモンゴロイド族の古代遺跡からは武器が出土していないからです。

日本に住み着いたモンゴロイドは、はじめ穴居生活を営みますが、いまから1万6500年ほど前には、土器を造っています(大平山元1遺跡)。
これは世界最古の土器です。

土器があるということは、集落を営み、そこで社会的分業が行われ、言語を持っていたという証拠です。
そしていまから1万2600年前には、漆や栗の木の栽培をし、8000年前には、漆製の女性用の美しいかんざしや、現代でも立派に通用する美しい装飾の施された布製の美しい衣装などを着た生活を営んでいます。
そしてこの頃の日本では、稲作の水耕栽培が開始されていることも、遺跡によって明らかになっています。

ひとくちに1万年前といいますが、エジプトのピラミッド文明や、メソポタミヤ、チグリスフーフラテス、黄河文明など、世界の四大文明と呼ばれている地域の文明は、いまから5000年ほど前のものです。
世界最古の文明と言われるシュメール文明にしても、いまから6~7000年前のものでしかありません。

ということは、日本の1万6500年前の土器や、1万2600年前の漆、あるいは8000年前の灌漑農業などが、いかに古いものかがわかろうというものです。
それだけ日本には、古い歴史がある、ということです。

日本人は遠慮深くて、この時代、つまりいまから1万8000年前から、3000年前までの長い時代を「縄文時代」と呼んでいるけれど、ボクは、日本文明の始期として、この時代を「縄文文明」と呼ぶべきだと思う。

さてその縄文時代の中期のことです。
いまから7300年前、大事件が起こった。
アカホヤの大噴火です。
地学的に見て、日本最大にして最古の火山の大爆発となったこのアカホヤの大噴火は、土地を破壊し、生き残った人達は食料を確保するために沖合に漁業に出る遠洋漁業をもたらします。

その結果、日本の縄文人の一部が朝鮮半島に住み着き、そして北上してChinaに住むモンゴロイドたちに灌漑農業を教え、長江文明をもたらしています。
長江文明も、武器を持たない文化であり、日本の縄文遺跡と同様、農業、高床式を営む文化です。

けれどいまから5000年ほど前のある日、黄河流域にコーカソイドが住み着きます。
西洋風の狩猟採取族です。
彼らは大型の動物を狩る。
当然、大型の武器を手にし、殺すこと、奪うことに長けています。

そのコーカソイド族が、ある日、長江流域にいるモンゴロイド族(長江族)を襲った。
方や武器を自在に使いこなす種族、方や武器を持たない種族です。
当然、武器を持つ方が強い。
コーカソイド族は、長江族から食物を奪い、女を殺し、あるいはさらい、強姦した。

やむをえずモンゴロイドの長江族たちも立ち上がります。
そしてその後、長い間、黄河族と長江族たちの間で、長く凄惨な殺しあいが起こります。
その戦いは、その後2000年も続いた。

やがて長江族は政治的軍事的に完膚なきまでに滅ぼされます。
ところが、食べ物を生産するものたちと奪う者では、生産するものたちの方が人口が多い。
両者は、外見上の特徴はモンゴロイドとなり、体内にコーカソイドのDNAを持つChineseが誕生します。
そしてこの民族の言語は、語順がS+V+Cで、ヨーロッパ語族と同じとなっています。

一方、黄河人と長江人の相克の中で、平和を求めてChina周辺の辺境の地へ逃れたモンゴロイド達もいます。
これら諸少数民族たちは、不思議なことに日本人とDNAがそっくりです。着衣のデザインも縄文人達と同じ。そして語順がS+C+Vの順の日本語と同じ構造です。

遺跡の発掘調査や年代測定の結果は、以上のような経緯を明らかに証明しているのですが、日本の考古学会は、こうした流れを現時点では、一切認めようとしていません。
あくまで日本文明はChinaから渡来したものという説を強引に取り続けています。

まあ、以上のお話は、ねずきちの初夢くらいに思っていただいても結構です。
けれど、以上のような歴史の流れは、様々な遺跡調査や、人骨や、籾のDNA解析で、明らかになってきている。

だからボクは、おそらく巨視的にみたときの人類史というのは、以上のような流れであったのだろうと思っています。

つまり・・・ここからが大事なのですが・・・日本は、世界最古の文明を持つ、最古の国家である、ということなのです。
そして日本人の持つ和の精神、殺したり戦ったりすることよりも働くこと、愛すること、思いやることを大切にする日本精神の源流は、いまから何万年も前の縄文期から、脈々と続く血脈の上にあるものだと思うのです。

いま、日本は建国以来の亡国の危機にあると言われています。
古事記誕生1300年、壬辰の年である今年、何が何でもこの日本を守り抜きたい。
ボクはそう思います。

参考「世界に誇る縄文文化」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-802.html

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

長渕剛Live東北被災地自衛隊激励


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ギョクサイ

No title
文字の存在からを日本は文明と捉えて歴史としてきた感があります。

しかし、今現在でさえ文字の無い民族がいて、そこに文化がないかといえば、ちゃんとあります。

漢字の選択的導入は、長い長い文化的背景がなければ不可能なことなのです。

そして縄文式土器を見てみれば、立派な文化的副産物として通るだけの芸術性を有しているのではないでしょうか?

どこかの国と違い、これらの出土品を見せながら、本当のところ日本の歴史は8000年を超えていたと言えば、世界中が納得せざるえないと思います。

骨太郎

人種と性格は関係ないのでは?
非常に興味深く&楽しく読ませて頂きました。

ただ、人種と性格の結び付けがなんか妙に気になります。
民族と性格なら多少はわかるのですが・・・・。
つまり、ゲルマン民族の大移動の原因は匈奴=モンゴル系と言われてます。またかつてチベットや満州も執拗に中華に侵入したりしてました。モンゴロイド=黄色人が穏やか的に言い切るのはあまりに突拍子もないような気がします。そもそもヨーロッパで生まれた黄禍論の元は東欧や南欧などがモンゴロイドに何度も蹂躙されたことから生まれた・・・と言われてますよね?
確かに読んでいてねづきちさんが言われるようなことが本当だったら素晴らしいですが、あまりに日本人本意に作られているお話のような気がします。これでは韓国人がやっている自分本位な捏造話と変わらなくなってしまいませんか?

おっさん

世界に誇れる事象
2012/01/05(木) 19:02 | URL | 名無しさん が日本には世界に誇れるものが二つあると言われ、紹介されています。これはこれで真っ当ですが、もうひとつ忘れてはならないのが天皇陛下がおられるということではないでしょうか。万世一系の天皇陛下のご存在が今やあやしくなってきています。これを守れなかったら日本という国は滅んだということになります。

-

No title
チンギス・ハーンはモンゴロイドでは無かったのでしょうか(笑)

-

No title
客観的に見て、日本には世界に誇れるものが、少なくとも二つあると思っています。 世界最古の土器、縄文土器。 それまでは食べ物は生か、焼くかしかなかったのが、蒸す,ゆでる、煮ることができるようになりました。 画期的なことです。 もう一つは、現在、我々が使っている、漢字仮名交じり文です。 理解しながら読む速さは、英文など他の文より2~3倍以上といわれます。 社会の伝達力が断然違います。

29歳男

凄いですね
日本から文化を拡げた…なんて素晴らしい!
日本には誇れる文化や伝統があります!
それをしっかり護り 後生に伝える事に僕は努めます!

今の日本も植民地化していますが…これ以上広がらない様に 売国政権や洗脳民族から 日本国を護り 日本の心を学び拡散しましょう!

兵藤一馬

ねずきち説 支持します!
>日本は、世界最古の文明を持つ、最古の国家である、ということなのです。

マッカーサーは占領した日本に来て「日本は12歳」と言ったそうですが、私は古代日本は世界のどこよりも先に「和が大切」という文明を遥か昔に築いていたのだと考えています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク