大艦巨砲主義



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

戦艦大和の勇姿
戦艦大和の勇姿


「大艦巨砲主義」という言葉があります。

戦後左翼が、旧日本海軍を批判するときに、よく「日本海軍は大艦巨砲主義に固執したために空母時代に対応できなかった」などというときに、よく使われる言葉です。

けれど、大艦巨砲主義は当時の世界の大勢です。
なにも日本だけに限った問題ではない。

たとえば、終戦時に日本の降伏文書調印式場となった米戦艦ミズーリは、当時トルーマン大統領がミズーリ州の出身だったことから、この戦艦が選ばれたのだけれど、40センチ砲を9門も搭載し、排水量5万3000トン、乗員3000人の、まさに超ド級の巨大戦艦です。

浸水は昭和19年1月であり、まさに大東亜戦争のまっただ中に建造されています。
なぜ建造されたかといえば、日本の大和や武蔵といった大型戦艦に対抗するためで、このとき建造された同型の戦艦として、他にアイオワ、ニュージャージー、ウィスコンシンなどがあります。

けれどこれらの船は、ミズーリが日本の降伏調印式場となったことくらいで、あとはまるで活躍していません。戦後は早々と退役となり、一番最後まで練習艦として生き残ったミズーリでさえ、昭和30年には早々と退役し、いまはハワイの真珠湾で博物館となって浮かんでいます。
要するに、どれも何の役にもたたかなかった。

英国も、大東亜戦争に先駆けて、超ド級戦艦を建造しています。
「プリンス・オブ・ウェールズ」は、満載時の排水量4万3786トン、全長227メートルの超大型戦艦で、昭和16年1月に就役したばかりだったけれど、日米開戦の二日後、日本海軍の雷撃によってまたたくまに沈没しています。
動いている戦艦が飛行機にやられたのは、これが世界初の出来事だった。

英国の大鑑巨砲型戦艦は、「プリンス・オブ・ウェールズ」とともに建造された「キング・ジョージ5世 」、「デューク・オブ・ヨーク」、「アンソン」、「ハウ」も、ろくに活躍する間もなく退役しています。

大東亜戦争開戦当時、世界の認識は、超大型戦艦こそ最大の武力であり、この時点ではまだ航空機は、墜落の危険の方が大きい危険極まりないシロモノでしかなかったのです。

そうした世界の常識を覆したのが、日本が行った空爆による「プリンス・オブ・ウェールズ」の撃沈だったし、飛行機から魚雷を発射するという先方も、日本の真珠湾攻撃が世界初だった。

要するに、航空機が戦艦に勝る戦力となるという事実は、日本が世界に先駆けて証明してみせたものだったわけです。

なるほど日本は、武蔵、大和といった超大型戦艦を建造しているけれど、その大和の建艦計画は、大東亜戦争開戦より6年も前のことです。

むしろ開戦前の日本は、世界が大艦巨砲主義に陥る中で、八八艦隊の半数を巡洋戦艦にあてるなど、巨大戦艦よりも、小型巡洋艦中心の配備を進めています。

ちなみ戦後左翼は、実にアホだと思うのだけれど、この八八艦隊構想自体を、侵略的野心を目的とした誇大計画などと嘘八百を並べています。
これもとんでもない話です。
なるほど日本は、やむにやまれず大東亜戦争に突入したけれど、日本が米国本国や、オーストラリア、あるいは英国などを直接攻撃し、占領する意図を持った作戦など、いちども考案されていません。
日本はあくまで自衛と、東亜の独立のためにだけ戦ったのです。

それにしても、よくもまあ、戦後左翼というものは、日本について嘘八百を並べ立て続けて来たものだと、ほとほと感心するとともに、あきれかえります。

左翼思想の持ち主は、公職を追放すべし。
断固とした処分が、いづれ近い将来必要になるものと、ボクは思っています。

それにしても、たしかに大艦巨砲主義は、いろいろと批判もあるとはいえ、そうは言っても、あの戦艦大和の勇姿は、日本男児の心を揺さぶるものがある。

実にかっこいい。
ほれぼれします。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

CLOSE YOUR EYES 長渕剛 戦艦大和にて


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

   

No title
とりあえず、アメリカとロシアと朝鮮とヨーロッパに
核の雨を降らせれば世界は平和になるんじゃね?

ゆたんぱ

No title
それぞれの分野に精通されている方々が、記事を補完してくださるのは、とても、ありがたいです。

愛信

re:TAIWAN NEXT④ 蔡英文・台湾民進党主席 来日講演 勝つ自信?勿論です!
ps:
今、一番見てみたい映画
http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-1f37.html

愛信

TAIWAN NEXT④ 蔡英文・台湾民進党主席 来日講演 勝つ自信?勿論です!
TAIWAN NEXT④ 蔡英文・台湾民進党主席 来日講演 勝つ自信?勿論です!
http://youtu.be/CgKmMzr5jm4
(動画)
TAIWAN NEXT① 蔡英文・台湾民進党主席 来日講演① 2011.10.3
TAIWAN NEXT ②蔡英文・台湾民進党主席 来日講演2011.10.3
TAIWAN NEXT③蔡英文・台湾民進党主席 来日講演 日本との安全保障
FTATAIWAN NEXT④ 蔡英文・台湾民進党主席 来日講演 勝つ自信?勿論です!
台湾総統選挙に臨む蔡 英文民進党主席が表敬訪問1
台湾総統選挙に臨む蔡 英文民進党主席が表敬訪問2

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

D

No title
確かに戦艦大和はかっこいいですね。
最後もかっこいいし、日本の象徴に見える。

あのゴッツイ姿そのものが日本の象徴かも
蜂の巣が蜂を守る感じ、当時の主流だったのは確か
だけど、大和の最後は空母艦隊の護衛も無く
プリンス オブ ウェールズよりも悲惨なものだと思うよ。
良いとか悪いとかではなく現実がそうだとおもう。


そして、パールハーバーでも航空機による攻撃で圧倒した。
不沈と言われた巨大戦艦プリンス オブ ウェールズを沈めた。

それを見たアメリカは、航空機の時代だと確信した。
(パールハーバーのビデオを結構詳細にアメリカは記録して研究したはず)

日本は防衛の戦略的にも、戦術的にも失敗があったから負けたんだと思うけどね。
大和も失敗のひとつ、日本が今 守りばかり固めてるのも間違い
アメリカ大陸を攻撃する気が無かったのも間違いかもしれない

愛信

re:東北の被災地から新潟へ押し寄せた「中国人の群れ」に思う
ps
感動の日台交流/総統選の一週間前、都内で台湾人観光客に訴えた(付:当日の記録動画):
http://youtu.be/kdFytyU08HE
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1744.html

仕事が忙しくなりますが

沖縄決戦の真実
【陸軍】旧日本軍の陸戦を語るスレ【海軍陸戦隊】(・o・)歴史を理解しろよ
■1945年3月末から、米第10軍は2~3週間で沖縄は制圧できるという計画で、
沖縄攻略「アイスバーグ作戦」を発動させた。
しかしながら、順調だったのは最初の上陸だけで、
日本軍による激しい抵抗によって進撃は頓挫させられた。
最初の1ヶ月の損害は、米軍将兵の方が多かった程である。
このため第三十二軍では、長期持久戦から積極的反撃の意見が通り、
5月初めに反撃を試みるが、後が続かず頓挫した。
 最近では、日本軍と沖縄県民の悲惨さばかりが強調されがちだが、
延べ100日間に及ぶ戦闘での米軍の艦船損害404隻、航空機損害約千機、
第10軍司令官バックナ-中将を含む将兵の死者26,211名、負傷者約3万名、戦闘神経症約3万名という記録は、
一地域の戦闘としては、最高不倒記録である。

 昭和20年4月上旬、米軍沖縄上陸に際し、海軍根拠地隊の15.5cm砲台は、那覇西海上の海域に出現した米海軍軽巡洋艦1隻を撃沈したといわれているが、
米海軍の記録では、5月18日1100頃、海軍部隊砲台は霧のため小禄飛行場西方2Kmの珊瑚礁に座礁した駆逐艦ロングショー(DD-559)2,050tを砲撃し、
浅瀬のため撃沈できなかったものの、爆発炎上させたとある。
更に付近にいた曳船及び油船(約200t)各1隻を併せて撃沈し、確実な戦果となしている。
米軍の猛烈な砲爆撃と三十二軍の撤収命令により、1基を除き、他はほとんど原型をとどめぬまでに破壊された。

(・o・)海上護衛総隊旗艦「鹿島」の沖縄内地輸送を調べています。

ヤマト

ヤマトはかっこいいです

連合かんたいも、ミッドウェイでのあのバカが判断ミスしたために
くやしいです
映画みました

きじとら

大和は理詰めの産物
大和は理詰めの産物です。実によく計算されて造られています。
大和はなぜあのような大きさだったのか?
大和はなぜ46センチ砲を積んでいたのか?
これらには全て理由があります。

最も手っ取り早く理解するには、アメリカの地形を見ることです。
アメリカ大陸は南北に長く、北大陸と南大陸を分ける地点にはパナマ運河があります。
米軍艦が大西洋と太平洋を行き来するには、このパナマ運河を通らないといけません。なぜなら、パナマ運河を経由しないと、遥か南のマゼラン海峡を経由しないといけなくなるからです。

このことを考慮すると、パナマ運河の幅を越えるような大きさの米軍艦艇は存在しないという予測が成り立ちます。
船の幅が割り出されれば、総トン数も予測でき、そこから装甲の厚さも予測し、それを破壊できるのは46センチ砲だという結果が導き出されます(終戦後にこの計算は正しかったことが証明されています。事実、大和級にサシで勝負できる米艦艇は無かったのです)。

しかし、航空機による攻撃で戦艦を沈めることができるということが真珠湾攻撃で証明されると、空母戦術が一気に注目を集めるようになり、日本もアメリカもそれ以降は空母重視に切り替わりました。
(当時、大和級3番艦として建設中だった「信濃」は、急遽、戦艦ではなく空母に改変させられています。その他にもいろいろと。)

基準点

No title
大東亜戦争の敗戦により、アメリカを主体とするアメリカの占領下におかれた日本は過去の日本を全否定することからスタートさせられることとなりました。

その日本全否定の発想から、陸軍・海軍の装備・編成・運用のあらゆる面においてさも稚拙であったかのように喧伝され、国民の個人レベルでは本当のところどうであったのかを正しく把握することが極めて困難な状況下で、日本軍は陸軍も海軍も全く役に立たなかったかのような認識が国民の間に定着させられたのであり、海軍の「大艦巨砲主義」への批判もその一つと思う。

大艦巨砲主義にも当時としては一定の合理性があったと思うし、日本海軍は大艦巨砲主義のみならず空母と関西航空機の開発等の航空戦力の充実、酸素魚雷の開発により駆逐艦で戦艦に対抗する方策も開発しており、海軍が大艦巨砲主義に凝り固まっていたとする批判は必ずしも妥当ではない。

また、大艦巨砲主義とは別に世界3大無用の長物として、「ピラミッド、万里の長城、戦艦大和」と列挙して無駄なものの代表とされることがあるが、ピラミッドが当時の公共工事として性格を有し、万里の長城は北の馬賊による侵攻を防ぐ有効な手段として意義があったのであり、現在では得難い観光資源となっており結論として決して無駄になっていないのと同様に戦艦大和は、沈んでしまったが建造のために開発された各種の技術が戦後の復興に大いに役立ったことを思えば決して無駄ではなかった。

何よりも、戦艦大和の真実を知る者たちにとって大いに誇りとなっている事実は覆せないと思う。

愛信

東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握-政府
東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握-政府
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012010700146

 債務超過を回避するために投入される原資が税金である事、又今後爆発的に増え続ける被災地
被災者への補償金額は全て株主の負担になる事から、例え普通株の保有と言えども国が関与する
ことは日本国民は認める事はできない。 
これは民主党政権があのオウム事件と同様な犯罪責任を擦り変える手品であり国民を騙す手口である。

【関連情報】
平田容疑者:「松本死刑囚は詐病」…接見の弁護士に語る
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120107k0000e040163000c.html
嘘も100言えば本当になると思っている資質の人種の行い

【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

一有権者

No title
日本の四方の海を守った戦艦十二隻金剛、比叡、榛名、霧島、扶桑、山城、伊勢、日向、長門、陸奥そして大和、武蔵。これら戦艦群の威風堂々と航海する様はYOUTUBEで今も垣間見る事ができます。
しかし長門を除き全てが終戦までに沈んでしまいました。
長門も原爆実験に狩出され処分されてしまいましたが戦艦を含む全ての日本海軍艦艇は一生懸命日本を守る為に全力を尽くされたのです。

艦艇と一緒に亡くなられた英霊の皆様は今のような日本国を望んでおられたのでしょうか。?
新たに始まった今年を日本を取り戻す元年としていかなくてはなりません。

韓朝シナ人は大嫌いだ!

No title
長渕剛の歌が心に響きました。
ありがとうございます。

あ太郎

日本人の心は物造り
大和の平賀譲、ゼロ戦の堀越二郎。

日本人の心の中には、大昔からの物造りへの執念が脈々と伝わっていたのさ。

数字がちょっぴり違うなど、どうでもいいのだよ。

TDN774

戦艦はいいですね
やはり大和は美しいですね。


>日本の大和や武蔵といった大型戦艦に対抗するためで

アイオワ級は大和型ではなく、30ノット超の速力を出す金剛型戦艦に対抗して建造されたという理解のほうが適切かと。

>アイオワ級4艦は1980年代に現役復帰していますし、ニュージャージーはそれまでもベトナム戦争などに参戦しています。

そうですね、あとは湾岸でミズーリがトマホークと併せて40センチ主砲を放っていたのも記憶に新しいですね。
さらには同盟・友好国への親善訪問も大事です。「ショウ・ザ・フラッグ」という言葉は、当時80年代の彼女達のためにあるような言葉でした。

>英海軍によるタラント空襲(1940年11月)が最初です

沈没にまでは至りませんでしたが、ドイツのバルカン侵攻、さらに前のスペイン内戦でも旧式戦艦が爆撃でやられてますね。
タラントは、「停泊中の戦艦への航空攻撃は有効」という戦訓へのダメ押しという部分もあったのかもしれません。


ブログ主様もせっかく正しいことを書かれるのですから、「敵」のリサーチもしっかりなさった方が巡り巡って我が国のためになると思うのですが、いかがでしょうか。

アメリカ戦艦の建造と運用、それに航空攻撃との戦間期におけるバランスという事ではこちらのブログ様が素晴らしいのでご紹介させて頂きます。
「アメリカ戦艦の辿った道」
http://bit.ly/p7NQ6A


>日本は、武蔵、大和といった超大型戦艦を建造しているけれど、その大和の建艦計画は、大東亜戦争開戦より6年も前のことです

これについては、建造予算案(昭和12年度海軍補充計画・③計画)で、戦艦(大和・武蔵)の予算割合は28%なのです。
しかし、空母(翔鶴・瑞鶴)が18%、調達航空機が14隊で8%。
つまり、戦艦28%に航空26%という割合となります。

この割合を多いと見るか少ないと見るかは人によるかも知れませんが、大和型二隻は実戦力的に扶桑・山城の代替として整備が予定されていた(予算的には金剛・比叡の代替)ので、戦艦の頭数を増やす目的で計画されたのではない(10隻のままローテーションしようとしていた)のに対し、空母は保有枠そのものを拡大していたという点などに注目すべきかも知れません。


上記割合などのグラフに加え、大和の防禦設定の矛盾(46センチ戦艦を敵は造らないという想定なのに何故46センチ砲対応防禦なのか)などを、作戦構想に従って謎解き風に解説している動画がありますので(12:00~あたりから)、ご紹介させて頂きます。
もう日本軍は戦艦を捨てかけていたんですね。

http://www.nicozon.net/watch/sm8489580

「ちょっといい話」的な戦艦陸奥のエピソードもありますが、何より大和が可愛すぎます。
長い黒髪、清楚でお淑やかにして胸元が苦しそうなバストサイズとか、さすが我が国の誇りです。

-

No title
>戦後は早々と退役となり、一番最後まで練習艦として生き残ったミズーリでさえ、昭和30年には早々と退役

 アイオワ級4艦は1980年代に現役復帰していますし、ニュージャージーはそれまでもベトナム戦争などに参戦しています。この部分は不正確と思われます。

>飛行機から魚雷を発射するという先方も、日本の真珠湾攻撃が世界初

 航空機による魚雷攻撃で(停泊中の)戦艦が沈んだのは、英海軍によるタラント空襲(1940年11月)が最初です。日本海軍はこの攻撃を参考に真珠湾攻撃を立案したとされています。

兵藤一馬

そうだったのか!
>(戦艦ミズーリ等の米国超巨大戦艦は)浸水は昭和19年1月であり、まさに大東亜戦争のまっただ中に建造されています。

そうだったのか!  存じませんでした。
勉強になります。

>あの戦艦大和の勇姿は、日本男児の心を揺さぶるものがある。

同感です。
惜しむらくはもっとたくさんの対空砲火を持っていたらと、残念でなりません。

 
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク