忠臣児島高徳



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ねぶた祭りの児島高徳と范蠡
ねぶた祭りの児島高徳と范蠡


戦前までは学校の教科書で紹介され、大楠公と並び称される忠臣として、誰もが知る日本の常識でありながら、戦後はまったくその存在自体をかき消されてしまった人に、児島高徳(こじまたかのり)がいます。

児島高徳は、鎌倉時代後期にあたる、正和元(1312)年、備前の国(いまの岡山県東南部)の児島郡の人です。

元弘二(1332)年3月、児島高徳は隠岐島に流罪となって護送される後醍醐天皇をなんとかして奪回しようと、わずか二百の手勢で護送団を追います。

けれど護送団がどうしても見つからない。
そこで児島高徳は、せめて志だけでも伝えようと、杉坂峠の天皇の宿所の庭の桜樹の幹を削って、十字の詩を書きました。

それが、
~~~~~
天莫空勾践
時非無范蠡
~~~~~
という漢詩です。

意味は、「天が古代中国の越王・勾践を見捨てなかったように、このたびのことでも范蠡の如き忠臣が現れて、必ずや帝をお助けする事でしょう」というもので、この話は忠臣児島高徳の故事として、戦前は学校の教科書でも紹介され、日本人なら誰もが知る「日本の常識」となっていました。

文部省唱歌もあります。
尋常小学唱歌第六学年用に掲載されているもので、

♪ 船坂山や杉坂と、
  御あと慕ひて院の庄

  微衷をいかで聞えんと、
  桜の幹に十字の詩

  天勾践を空しうする莫れ。
  時范蠡無きにしも非ず

とっても難しい漢字がいっぱい使われている歌詞ですが、こうした歌が唱歌として歌われ、小学生でさえ、その意味をちゃんとわかっていたというのは、実にすごいことだと思います。
現代のゆとり教育とはずいぶん違う。

大切なことは、単に漢字の意味がわかるということではなしに、こうした歌を通じて、「忠」という概念を幼いころからきちんと学び、自分のものにしていた、ということではないかと思います。

ちなみに「学」という漢字は、もとの字が「學」です。
部首は「子」で、上に乗っかっている難しい部分は、建物を表します。
建物の中に「×」が二つ並んでいますが、これは両手で引き上げるさまを表している。
つまり「學」という漢字は、子供を複数の大人で、建物の中で引き上げる=向上させる、という意味の漢字です。

戦後教育はなにやら知識が目的化していますが、たいせつなことは子供達が将来大人になって社会や家庭を担うようになったときに、立派に生きる精神性を養うことなのではないかと思う。

さて、せっかく児島高徳の詩が出て来たので、越王勾践のことにも触れておこうと思います。

「勾践」は、Chinaの古代、春秋戦国時代の「越」の王です。
「勾践」は、隣りある強国の呉の王「闔閭(こうりょ)」を破ります。
呉王「闔閭」の子の「夫差(ふさ)」は、お家再興を近い、毎日寝苦しい薪(たきぎ)の上に寝て、悔しさを忘れないようにした。
これが「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の逸話の「臥薪」です。

そして再起した呉王「夫差」は、見事、越王「勾践」を「会稽山(かいけいざん)」で打ち破る。

敗れた「勾践」は愛する妻を「夫差」に妾(めかけ)として差し出すという屈辱を受けます。
このときの悔しさを忘れないようにと、「勾践」は野良仕事の毎日の中で、いつも苦い「胆」をそばにおいて、これを噛み、「会稽山の恥を決して忘れない」と誓い続けた。
そして努力を重ね、ついには夫差を滅ぼした。
これが「臥薪嘗胆」の「嘗胆(しょうたん)」の逸話です。

敗戦の屈辱と、何もかも失った越王「勾践」に、富めるときも、すべてを失って貧しいときも、常に変らぬ忠誠を誓い、「勾践」を守り続け、ついに決起したときには、見事「夫差」を滅ぼしたのが忠臣「范蠡(はんれい)」で、この逸話が、「会稽(かいけい)の恥」をすすぐ、という忠臣物語となっています。

つまり児島高徳は、自分を「范蠡」になぞらえて、自分の気持ちを後醍醐天皇に伝えようとして、上の漢詩を書いたのですが、これを見つけた後醍醐天皇の護送団は、誰ひとり、詩の意味がわからなかったのだそうです。

このあたり、非常におもしろいと思うのですが、このとき流された後醍醐天皇は、後に再起し、鎌倉幕府を滅ぼし天皇親政を実現しています。
まさに明治維新ならぬ、鎌倉維新が行われたのが、この後醍醐天皇の「建武の中興」なのですが、このとき後醍醐天皇を支えた忠臣たちである児島高徳や、楠正成たちなどは、誰もが非常に教養が高い。

そしてその教養の中核をなしているのが、単なる詰め込み知識などではなくて、生き方や精神性に結びつく忠孝や徳義の道なのです。

いま日本は、建国以来の危機にあると言われています。
その日本を守り、救うのは、やはり我が国の伝統の中にある、忠孝の道、徳義の道、人の道といった、古くて新しい日本の学問なのではないかと思います。

ところで、この児島高徳について、別な角度から紹介している素晴らしく美しいブログがあります。
日本画家・高橋天山さんのブログなのですが、是非一度、ご覧になっていただくと良いと思います。
 ↓クリックするとリンクが開きます。↓
http://tenzan.iza.ne.jp/blog/entry/2555095/

◆関連記事
一死をもって責任を貫く 石黒小右衛門
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-840.html

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

剣舞 Kenbu 児島高徳 Kojima Takanori 龍心流


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

丹次郎

天勾践を空しゅうする莫れ
http://www5d.biglobe.ne.jp/~m-okamot/tenkosen.html

このブログも読み応えが、ありました。

遠藤

No title
 兵庫県の古い港町坂越(さこし)に児島高徳の墓があります。かねてより名は聴いていたものの、坂越に墓があるとはつゆ知らず。瀬戸内海の写真撮影のロケに参った折、車を駐める場所を探していて広場を見つけたので入っていったところ、偶然そこが墓所になっていて驚いた次第です。
 
 詩に詠われている船坂山は国道2号線の難所、船坂峠に名を残しているのでご存じの方も多いと思いますが、杉坂峠の方は現在では全く顧みられることのなくなった街道にあります。
 
 かつては大名行列が行き来した主要街道なのですが、明治以降万能峠が開鑿されて以来寂れてしまいました。私は現地調査のため杉坂峠を何度か通りましたが、他の車に出会ったのは1度しかありませんでした。

 院庄は中国道のインターや姫新線の駅名に残っています。が十字の詩を刻んだ桜の木は確認できませんでした。
 
 院庄を出た後、後醍醐天皇を隠岐の島へ送る行列は山越えをして山陰地方に抜けていくのですが、途中吉念寺と言うところには後醍醐天皇がお手植えさえたという言い伝えの残る「醍醐桜」が心優しき里人たちに今も守られ、毎年春になると美しい花を咲かせています。(満開は4月半ば)中国地方一番の桜の名木と言うことでシーズン中は沢山の観光客が訪れ、狭い村内は遠来の車で埋め尽くされてしまいます。はた迷惑な千客万来の観光客をいやな顔もせず、暖かく迎える村人の優しさに感激いたしました。(私など撮影のため夜明け前からあちこち歩き回ってさぞうるさいだろうと思うのですが、村の人々から『よう来んさった。』と歓迎していただいたのには恐縮いたしました。ちなみに大阪からでかけています。)

 皆様も機会があればこの歴史の道をお尋ねいただき、里人の人情に触れるとともに、後醍醐天皇と忠臣の威徳を偲んでいただければと思います。

愛信

追及に憮然「私の関心は天下国家」会計業務「秘書任せ」強調
追及に憮然「私の関心は天下国家」会計業務「秘書任せ」強調
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120110/trl12011022130040-n2.htm

 有権者とは東北大震災被災地の人々である、災害発生後に何処へ消えたのか被災地の不満の声に
「有権者は理解」とよく言えた物だ。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【経済・政治の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

桜子

No title
色々お教え頂き、有難うございます。

ごもっともです。
あの当時、命の危険さえも返りみず遣隋使、遣唐使が学び持ち帰った物の中の、この一大序事詩から日本人は人間としていかに生きるべきかというのを学び、累々と今日まで伝え続けています。
人間は親を選んで生まれてこれません、ましてや国をもです。
そういう意味において私は素晴らしい国、日本に生まれさせてもらい、親、そして国に感謝しております。

ただ悲しいのは戦後教育において誤歴史認識を教え込まれ、(いえ、まだ教え込まれています)全てを否定され、そして今日がある事です。

誤歴史認識を正さない限り、日本の未来は無いと思います。




bunkataisi

児島高徳公
児島高徳公の話は子供の頃から時々聞いていて、小学校への通学路付近の寺院や小さな城址が忠臣に関係のある史跡と言う事を知っていました。

夜須児島ブログより知った所では
>矢作川を天然の堀として当地の豪族だ. った児島高徳が築城したといわれるが、永禄3年(1560)時の城主、. 三宅高清が松平元康(家康)に攻められ落城した

暖かくなったら児島高徳公の足跡を自分の足と目で訪ねてみます。
地元の素晴らしい歴史が埋もれてしまって、付近を通っても気が付かないのは残念な事です。

あ太郎

No title
「わが目をえぐりて東門にかけよ。もって越兵の呉を滅ぼすを見ん」  伍子胥(ごししょ)の物語ですね。

「死者に鞭打つ」
「臥薪嘗胆」
「会稽の恥をすすぐ」
「西施の顰(ひそみ)に習う」

伍子胥とそのライバル范蠡の生き様から、今に残る色々な格言が生まれた。

日本人の凄いところは、この一大叙事詩の中から日本人の感性に合うものだけを選択して、教訓として後世に残しているところだと思う。

伍子胥が、楚の平王の墓を暴いて死体に三百回鞭を打ったことは、むしろ卑しむべきということだろう。

当時の武士も、漢籍を精読して教養を高めていたんだね。遣隋使・遣唐使の果たした役割は・・・大きかった。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク