[雪男]日本の登山家ら「足跡の撮影成功」と報告



ビックフット

[雪男]日本の登山家ら「足跡の撮影成功」と報告 ネパール

日本の登山家らで作る捜索隊「イエティ・プロジェクト・ジャパン」が、ヒマラヤ山中で雪男(イエティ)の足跡を複数発見し、写真撮影に成功したそうです。

捜索隊によると、足跡は9月26日、ネパール北部ダウラギリ山の標高4400メートル付近の山中で発見され、全長18~20センチ。

隊員の八木原国明さんは、

「人間であれば靴を履いていないと寒さに耐えられない。足跡は雪男の存在を示す証拠だ」としており、帰国後に写真を詳しく検証するという。

イエティ(ビックフット、雪男とも呼ばれます)は全身が毛で覆われた猿のような生物とされるが、存在は証明されていません。

でも、事実としたら、すごい!!

なんかね・・・3Dゲームとか、すごくはやっているじゃないですか^^

3DゲームのMMO(大規模参加型ゲーム)の世界では、人々は、いろいろなモンスターの狩をしますけど、

あれって、じつは、人間の本能、遺伝子に埋め込まれた原始的本能を刺激するものなのだそうです。

というのは、人類がサルから分岐したのが、いまから150万年前で、現世人類は、いまから約15万年前にアフリカで誕生したのだそうです。

んで、アフリカから全世界に拡がった。

その頃、世界各地にいたのは、ネアンデルタール種とか、人類とは進化の系列を異にする種で、彼らの多くは、サルの世界で言ったら、ゴリラに近い。

オスは、めっちゃ体が大きくて、数頭のメスを従えて暮らしていたそうです。

これに対して、現生人類は、チンパンジー型。体もちいちゃくて体力もないけど、言語能力を発達させていて、集団で狩をした。

ネアンデルタール種が住むカテゴリー(領土みたいなもの)に進出した人類は、そこで大柄なネアンデルタール種と戦い、これを滅ぼして、その地を奪い、暮らしはじめた。。。。のだそうです^^

それで、人類の遺伝子の中には、モンスターを狩る、という本能が眠っているのだそうです(あくまで、ひとつの説です)。

それにしても、もし、イエティが発見されたとなれば、人類が種を絶滅させた古代人類種が、いまだに生き残っていたということになります。

それって、すごい!!

でもねぇ・・・・

イエティ捜索隊が、朝日新聞社後援ってなると・・・なんだかまたねつ造、やらせくさくて・・・><;;

ほんとであってほしいなぁ~~^^

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

YETI FOOTPRINTS FOUND IN HIMALAYAS


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク