世界一の砲丸職人



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

辻谷政久さん


以下は日心会MLでSさんが投降された記事の転載です。

ひとりじゃないって感じれる日本人的「心」こそが、素晴らしい技術の生みの親になっている。
そう感じさせる一文です。
おススメです。

===========
【世界一の砲丸職人】

今年はロンドンでオリンピックが開催されますね。
数あるオリンピック種目の中で、今回は「砲丸投げ」についての話を紹介します。

大柄で屈強な選手が砲丸を肩に乗せ、渾身の力を込めて投げた飛距離を競う競技ですが、世界中の選手たちから愛用される砲丸を作っているのが日本人であることを御存知でしょうか。

その人物は、(有)辻谷工業の辻谷政久さんです。

辻谷さんが作った砲丸が最初にオリンピックに採用されたのは1988年のソウルオリンピックの時、しかし当時は、どの選手も辻谷さんの砲丸を使いませんでした。
選手にしてみれば、この大一番のために日々厳しい練習を積み重ね、国の代表として、この場に立っているのです。

無名で実績のない、初採用の砲丸をあえて手に取るリスクは避けたかったのかも知れません。
辻谷さんとしても、丹精込めて作った砲丸が誰にも使ってもらえないのでは、言葉にできない悔しさがあったはずです。

ですが、ここで諦める辻谷さんではなかったのです。
自分の砲丸を、どうすれば使ってもらえるか?その研究を始めました。

ある日、工場近くの土手で試し投げをしていた時、ある事に気付きました。
「同じ重さの砲丸でも、飛ぶ距離が違う。それを調べてみると、飛ぶ砲丸は平らな場所に置いても転がらない、しかし、飛ばない砲丸は転がってしまう。「あ!重心か!」とひらめいたんです。」

そこで、既にオリンピック使用実績のある砲丸を取り寄せ、それらを半分に割ってみると、海外の砲丸はNC旋盤(コンピューター制御の工作機械)で作られていました。

これだと、国際規格の重さに合わせられず、対策として砲丸に穴をあけたり、鉛を入れたりして規格に適合するようにします。
そうすると、重さは合うけれど重心はズレまくる。

重心を砲丸の中心に持ってくれば、選手に受け入れてもらえる!
辻谷さんは確信します。

しかし、重心を中心に持ってくることは至難の業でした。
1つの材料の中でも、密度は濃い部分と薄い部分があるからです。

辻谷さんは、この難問に対し、「肝心なのは勘です。光沢や旋盤を削っている時の音、指先に伝わる圧力などを感じ取りながら、作業を進めていきます。」と言っています。

辻谷さんは長年の勘と感覚を武器に、砲丸の重心を中心に集めることに成功しました。

さらに辻谷さんは砲丸に、あるアイデアを取り入れます。
それまで砲丸は表面がツルツルでしたが、そこに筋模様をいれたのです。

友人50人から指紋を集め、手にフィットするようにしたのです。
「持ちやすくて、投げやすいかな、と。筑波大学の学生さんにも試投してもらったら全員が「投げやすい!」って言ってくれて、JOCの許可も得られて、その砲丸をバルセロナオリンピックに納品したんです。」

すると、面白いことが起こります。
納品した32個のうち、約半分が本番前に紛失したのです。
選手が自国での練習用にと、無断で持ち帰ったのでした。

「なくなったと聞いて、喜んだのはわたしだけでした」と辻谷さん。
当大会では、辻本さん作成の砲丸で獲得したメダルは銀メダル1個。

それでも辻谷さんは、確かな手ごたえがあったようです。
続くアトランタ(1996年)、シドニー(2000年)では、金、銀、銅メダルを独占!
辻谷さんの砲丸は、一躍大人気となります。

しかしその後、表面に筋をつけることは禁止という規約改定がされてしまいます。
「ならば、重心をもっと真ん中にしようと考えましたね。シドニーでは、まだ10分の2程度は重心がズレていた。手触りがツルツルならば重心でカバーするしかないですから」
辻谷さんは不利な規約改定に負けず、前向きに挑戦し続けました。

アテネオリンピック、日本のカメラマンに砲丸投げトップ選手4人が、「今回は日本製はないのか?」と聞いてきます。
表面に特徴的な筋のついた砲丸がなかったのです。

そこでルール改訂の話をすると、彼らは納得してツルツルの辻谷さんの砲丸を手にします。
そして、アテネでも金、銀、銅を独占してしまいます。
4位だったマルチネス選手(スペイン)は、インド製を使用。
競技後、「日本製を使っていれば・・・」と嘆いたという逸話も残っています。

続く北京オリンピック。
ここでも辻谷さんの砲丸は大活躍か、と思いきや辻谷さんは当大会への納入をしませんでした。

あれだけ心血を注いだ砲丸なのに、なぜ?

理由は、サッカーのアジアカップ中国大会での「日本バッシング」や日本大使館への投石などを見て、「この国はオリンピックを開催する資格がない」と感じたからだそうです。

出場選手達にしてみれば、世界一の砲丸抜きで競技するのは非常に残念でしょう。
また辻谷さんにしても、それは不本意だったのではないでしょうか。
しかし、感じたことを信念として貫く姿勢は、正々堂々とした「英断」だったと思います。

今年のロンドンオリンピックでは辻谷さんの砲丸が納品される予定です。
砲丸投げ競技を観る際は、砲丸に込められた職人魂にも想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

実は、2001年春に辻谷さんは海外メーカーから週給2万ドルで技術ライセンス譲渡を条件に技術指導に来てほしい、とオファーがあったそうです。
「断りました。鋳物屋さんなどの協力なくして、ここまでの砲丸を作ることは出来ませんでしたし、日本発の技術は大切に守らないといけませんから」
辻谷さんは、こう述べています。

この話で感じていただきたいのは、
北京オリンピックに協力しなかった!
海外オファーも断った!
だから、この人は保守の鑑だ!、といった政治的見方ではありません。

自分の目で見て、感じた想いを曲げない意思。
逆境でもあきらめず、創意工夫と技術で克服する行動力。

大きな誘惑の前でも、自分の立場は決して自分ひとりで築いたのではなく、周りの人々からの協力があってこそ、という謙虚な気持ち。

まともな日本人なら誰もが、美しいと思える日本人ならではの考え方。
そういった考え方を「日本の心」と表現できるのではないかと思い、またその「日本の心」を大事に、そして誇りにして頂ければと思います。
=========

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

商業部会総会 2010.8.23 2/3


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

マツ

すごいお話感謝です。
砲丸が日本製であることは知ってましたし、作製された方の技術もすごいとは聞いていましたが、北京のボイコット/海外オファーの拒絶の話はまったく知りませんでした。
技術を安売りしない/金に転ばない/信念を曲げない…。今の日本人が忘れてしまったような事柄ばかりです。彼のあとを継ぐものの存在も気になりますが、彼の「人となり」「信念」も引き継いでもらいたいものです。

hehehe

No title
政府は、こっそり「秘密保全法案」を今国会で成立させようとしているようです。こんなものよりも「スパイ防止法」を作るのが先であると思いますが、今の政府では恣意的運用を必ずするでしょう。国民の知る権利を侵害し、シナ共産党化しようとしているのでしょう。尖閣諸島の件もこの法案に影響しているようですし。潰す必要があるので、拡散お願いします。
詳しくまとめている方のHPです。
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51643159.html

-

No title
良い話をどうもありがとうございます。小中学校の児童生徒にこそこういう世界でも勝てるスゴイ日本人が身の回りにもたくさんいるという話を毎日のように聞かせたいですね。

kuni

ねずさん
きょうも、天井から雨漏りがしてやみません。
私も定年になったら、こんなブログをやってみたいな!

noname

No title
リクナビに「エンジニアの星」というコーナーがありますが
今日のエントリーのような日本の技術のすごさというか、それ以上に、それを作り上げる人達のすごさがよくわかります

多くの人に、「日本の技術がすごい」というよりは「日本人がすごいんだ」と思うようになっていただきたいですね
そして若い人達には、そういう人達を目指してほしいものです

アンテナ

国作りの基本日本人の心、此処にあれ
私は職人でもなく、根気の要る物を作った経験もありません。
ですが、何故か日本は職人の国、物作りの国と云える程日本人のその心構えが、国を支えている基本になっていると感じています。

職人気質=日本人、世界中で日本人だけでしょう!血のにじむ努力、物事を成し遂げる根性、世の為人の為、まさに日本人気質です!

未来永劫絶やさず引き継いでいける様願うばかりです!!!

PLUS

No title
北京五輪のとき、この方に続き、各方面からボイコットの声が上がることを期待しましたが・・・。
ロンドン五輪に納入されると知り、嬉しく思います。

在米主婦

Tibetoday
いつも勇気の出るお話を有難うございます。辻谷さんを googleで調べさせていただきましたら、2008年8月の tibetoday で、辻谷さんが北京オリンピックをボイコットされた記事があり、世界のリーダー達が中国の行いを見て見ぬフリをしている事実と比較していました。
日本人である事を誇りにしています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク