日本のホイッスル、世界に響く



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

野田鶴声社


日心会のMLからの転載です。
やっぱり日本はすごい!

~~~~~~~~~~
【日本のホイッスル、世界に響く】

「ホイッスル」は御存じのとおり、サッカーの試合などで審判が首にぶらさげ、吹いて音を出す小さな笛のようなものです。
例えば、サッカーワールドカップに代表されるような大きな試合で観客数も何万人という単位になると、その歓声も地響きのように大きくなります。

そんな大歓声の中で、審判は選手にホイッスルを吹いて合図を出したり、警告したりする。
大歓声に負けない、しっかりした音が届けられなくちゃならない。

そのようなホイッスルを作っているのは、どんな大メーカーでしょう?
実は、従業員数5名、東京都葛飾区にある「野田鶴声社」という小さなメーカーが、ひとつひとつ手作業で作っています。

「野田鶴声社」は大正8(1919)年、東京都台東区にてハーモニカ、鉄琴、アコーディオン等の北米輸出向けメーカーとして設立されました。
ところが、先の大戦で工場が全焼、その後4度も移転を繰り返しますが、その度に空襲に見舞われ、終戦により、やっと現在の東京都葛飾区亀有に会社をかまえます。

時は流れて昭和48(1968)年、ホイッスル生産を開始。
その品質が認められ、昭和53(1978)年サッカーW杯アルゼンチン大会にて初採用され、平成14(2002)年にはFIFAワールドカップ公式ライセンスグッズに指定されました。

直近では、平成22(2010)年南アフリカ大会でも使用されています。
この大会では、大歓声に加えて「ブブゼラ」というアフリカ伝統の楽器が応援に登場し、その音があまりに大きいので、一部の放送局や選手から不満や苦情が出る騒ぎになりました。

しかし、「野田鶴声社」のホイッスルは、そんな大歓声やブブゼラの大音量の中でも確実にクリアな音をスタジアムに響かせました。

何故、この小さなホイッスルが大きな音を響かせることが出来たのか?
そこには日本のものづくり精神が、いかんなく発揮されています。

その製法がすごい!
まずは、その構造です。

クリアな響きのためには、ボディが硬質でなければなりません。
そこで、真鍮の素材に厚手のメッキを3層に施し、品質劣化が非常に少なく、見た目も金色の大変美しい仕上がりになっています。

また、吹いた時に息が漏れてしまっては遠くまで大きな音を届けることは出来ません。
そのため、隙間が出来ないようにホイッスル全体をひとつひとつ手作業でハンダ付けしたうえ、表面を研磨することで、密閉度の高い構造になっています。

更にホイッスルには良い音を出すために、どこのメーカーもコルクボールを入れるのですが、ここにも独自の工夫があります。
通常コルクボールにはワインの栓同様、穴がいくつも空いていますが、ここに水分が染み込んでコルクにヒビが発生してしまう。
そこでこの穴を防水加工して埋め込み、ヒビ割れを防止したことも良い音を出しているのです。

このホイッスルは、サッカーなどのスポーツ分野に留まらず、NATO軍、フランス警察、フランス国鉄など世界約45カ国に輸出され、様々な分野で活躍しています。
すごいですね。

「Made in Japan」が信頼され、愛されているのは、誰もが名前を知っている大メーカーの製品ばかりじゃない。
「良い製品を多くに人に届けたい!」という日本人の「ものづくり」精神が、会社の大小を問わず、そこに生きているのです。

わたしたちの愛する国、日本の製造業は「低コスト・大量生産」だけが能ではありません。
妥協を許さず、独自の工夫で「もっと良くならないか?」を求める姿勢が真骨頂なのです。
~~~~~~~~~

先日、朝のテレビ(フジだったかな?)を見ていたら、米国の家電売り場などで、いまや日本のソニーや松下と並んで、ヒュンダイなどの韓国製品が日本とほぼ同じシェアをとっている、という報道がありました。

要するに韓国万歳の報道なのだけれど、肝心のことを報道していない。
それは、韓国製と言われている電化製品は、その重要部分はすべて日本製だ、ということです。

たとえば韓国大手企業のテレビに使われている液晶は、日本のシャープ製だし、電気信号の変換等の、ひらたくいったらテレビの頭脳部分は、やはり日本製です。

要するに韓国製の最先端家電というのは、日本から輸入した部品を、韓国で組み立てているだけのものにすぎない。
肝心な部分は、要するに日本製なのです。

ところが番組では、あたかも韓国の技術がすごいレベルになっているというような報道をしていた。
非常に不愉快に感じました。

本来は、製品輸出した方が、日本企業は儲かるのです。
けれど、いまの日本企業は、製品輸出ではなく、中間品輸出でようやく糊口をしのいでいる。
中間部品を安く仕入れ、安い人件費でそれを組み立て、輸出して儲けているのが、韓国企業です。

なぜこのようなことが起こるのかといえば、日本の政治でありながら日本の企業を守ろうしない。
日本の企業を守るということは、実に簡単な話なのだけれど、日本人の雇用を守るということです。
日本企業が儲かるということは、日本人の生活が豊かになる、ということです。

そういうことが、まるで悪であるかのようにみなす、戦後政治や戦後メディアの姿勢というものは、最早低能を通り越して滑稽ですらある。

それともうひとつ大事なことがあります。
いまやその日本のモノツクリ精神そのものが危機に瀕している、ということです。

クサイ、キタナイ、キモチワルイなどといわれ、若者の雇用が集まらない。
それだけじゃなく、戦後日本人の価値観として、物事を丁寧にする、散らかさない、人が見ていなくても誠実に生きるといった、日本人の精神性の徳義そのものが、おかしな教育によって失われつつある。

日本は、本来の日本のもつ精神性を取り戻さなければならない。
要するに、教育勅語の精神を取り戻すことが、日本復活の第一歩なのではないかと思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング



【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ブラックホール猫

モノづくり日本
江戸時代に宇和島藩が軍艦を造った話は、ビックリを通り越して爆笑してしまいました。
ペリーの軍艦を見て、ドシロウトに軍艦製作を命じる藩主、そして本当に試行錯誤して造ってしまうドシロウト達。スゴ過ぎるし面白過ぎる!!!!!!

私が日本人って…!?と思ったきっかけエピソードがこれです。

名無し

No title
 日本の輸出産業が衰退しているのは円高とコモディティ化が進み必ずしも不況だけが理由ではない価格破壊が原因でしょう、例えばソニーやエルピーダのようになんとか付加価値をつけて採算の合う画期的な新製品をと必死に努力しているけれど失敗の連続で今日の凋落を招いているのです、ですから
>日本の政治でありながら日本の企業を守ろうしない
のではなく政府与党は選挙に勝つために、財務省は現在では財政再建のために不況では困るわけで、そのための国策としての輸出振興というのは常に行われているわけでしかし、わかりやすい例だと円高のように政府にもなす術なく、バブル崩壊後20年不況が続き今だにトンネルの出口が見えないというというのが現実ではないでしょうか

桜鍾青年隊

奇遇?
21世紀書院(蜷川正大の日々是口実)の方に、このブログを知らせて頂きました。私も「桜鍾青年隊」と「雄叫び 桜鍾青年隊」を更新中です。よろしければ寄ってください・・・・合掌

sai

すこし違いますね。
はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
「中間財を輸出して糊口をしのぐ」はちょつと違いますね。
世界地図を見ると日本は右側の隅です。消費地に近いとこまで、部品を運んでそこで完成品にした方が輸送コストなどを勘案すればリスクも低減すると考えられませんか。
又聞きですが、TDKという会社にサムソンなる企業が部品の買い付け交渉に来ると、TDKの2年め位の営業担当者があたるそうです。上司からは「びた一文負けるな、要らないならいらないでいい」と言われるそうです。
日本の企業は甘くないですよ。

-

No title
今回もすばらしいブログ内容でした。私はすごくないけど努力できる同胞日本人を誇りに思います。

話はかわりますが、動画が張られておりますが、確かに教育勅語を話される台湾のおじいさんが出てこられますが
番組自体はNHKの反日プロパガンダのようですね。
見てがっかりしました。おのれNHK。

猫のひげ

良いスレですね
ねずきち様、同感です。

住居をはじめ周囲を簡素に清潔に保ち、道具を工夫し、そこに美的感覚を盛り込まずにはいられない、日本人の姿が失われつつあるのは残念なことです。日本人が韓国人化、シナ人化してきているのです。
電車内で化粧をする、車の窓から空き缶を投げ捨てる、雪が降っても自宅前の雪かきをしない等々、日本人が全体的に劣化しているのは間違いないところです。

公教育の問題も勿論、家庭での教育が変質というよりも放棄されていることも大きいでしょう。これは、戦後GHQが日本を手なずけるために家族の分断を図り、核家族化を進めてきた結果もたらされたのであり、政治・教育・マスメディアが如何に社会、文化を変えてしまうか、恐ろしいことです。

ようやく元外国人のなりすまし日本人による民主党の実態に国民が気付いて、反日メディアや反日企業への抗議行動なども若い方も含めて活動がなされてきたので、更に頑張って行きたいと思います。

世界には200年以上続く企業が約7700社あり、そのうちの3100社が日本にある。
素晴らしいもの作りをする伝統があり、アイディアと勤勉、完璧性追求、これなくしては今の日本はなかったことを、心すべきと再確認しました。全ての若い日本人にE.モースの「日本のその日その日」をお薦めしたい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク