Chineseが語る、日本のサービスは極致に達した



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

Chineseブログ日本的一些事


Facebookで友人となった方から、面白い記事をご紹介いただきました。
"中国人が語る「日本のサービスは極致に達した」"というサーチナの記事です。

まず、本文をご紹介します。

~~~~~~~~
【中国ブログ】中国人が語る「日本のサービスは極致に達した」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0118&f=national_0118_146.shtml

日本のサービスは世界で比べようがないほど優れたものだ。
日本では多くの人がこうしたサービスに慣れてしまい、なかには小さなことで腹を立てたり、あら捜ししたりする客がいるというが、これも日本のサービスが極致に達していることを示すものだ。

中国人ブロガーの「老遅」さんは上記のように述べ、日本で実際に体験したサービスがいかに優れていたかを自身のブログにつづっている。

筆者が北海道を訪れた際、日本人の女性従業員が温泉浴場で裸の男性が大勢いることを嫌がらずに黙々と仕事をしていたという。
また函館では筆者自身がトイレを利用している時に、同じく女性清掃員が嫌がることなく、まじめに仕事をしていたと述べ、「日本人の仕事に対する取り組み方がとても印象に残った」と綴った。

また、筆者が食事をしていた際、店の従業員がひざまずきながら食事を運んできたことについて、「客よりも上からの目線で応対することは失礼に当たるという意識に感銘を受けた」と驚いた様子。
また、客を見送る温泉宿の従業員が、車が見えなくなるまでおじぎをしていたことにも驚いたそうだ。

そのほか、スーツと革靴を着用しきちんと正装しているタクシー運転手や、「申し訳ありませんが」と伝えてから切符を確認する電車の車掌についても感動を覚えたと綴っている。

筆者が最近見たという日中戦争の南京攻防戦を描いた映画「金陵十三釵」について、「駄作」と切り捨て、「劇中では日本人がとても残虐に描かれていた。自分が日本に行った時に出会った人びとはとてもまじめで、つつましい生活をしており、とてもあんな残虐なことをするようには感じなかった」と語った。
(編集担当:畠山栄)
~~~~~~~~~~

非常におもしろい傾向なのだけれど、こうした編集担当の「記名入り記事」というのは、たいていの場合、非常に内容の濃いものが多い。
ところが、同じメディアでも、無記名の記事となるとなぜか露骨な反日色の濃いものとなっている。

さもりなんと思います。
反日記事を、堂々と記名で出したら、苦情殺到です。
あたりまえのことです。

ブログでもこうした傾向はあり、保守系ブログがコメント欄を解放し、自由にコメントできるようになっているのに対し、左翼系、反日系のサイトでは、まずコメント欄を解放することがありません。

ようするに左翼や反日主義者の論理というものは、完全に破綻しているわけで、そのようなものが大手を振ってまかり通る世の中というものが、おかしいのだと思います。

さて、冒頭のChineseブロガーの日本旅行の印象記事ですが、事実を見ればわかることなのです。
China、韓国、北朝鮮の3国だけが、あいかわらず世界中で日本を貶める宣伝工作を莫大な国家予算をかけて行っているけれど、そんなカネがあるのだったら、自国民の民度をあげることに予算をつかえと言いたい。

いずれ真実というものは世に知れるのです。
世界の人々は馬鹿ではない。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

世界の偉人・著名人が日本人を絶賛


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ひとりの日本人として、ちょっとうれしくて泣けてきました。

こうした話題がもっともっと日本を想うすべての人たちに伝わってくれたらなと、微力ながら伝えていきたいなと、思いました。

素晴らしいブログをありがとうございました。

大和

これはサービスというよりも、日本人の根底に流れる『感性(感謝の心)と思い遣り』『気配り・目配り・心配り』です。

他国民がサービスの向上を目指したとしても、ここには到達できないと思います。

他国民『労働』
日本国民『勤労』

これが日本人と他国民の違いなのだと感じずにはおられません。

明日も行きます九段坂

靖国神社250余万柱のために
昭和13年の正月を南京で迎えた日本陸軍兵士の中には、
世界映画史上に不滅の名監督、小津安二郎と山中貞雄がいた事を忘れてはなりません。

彼らが「大虐殺」をやった「日本鬼子」なんかにされるのは我慢できません。

特に山中貞雄は映画監督として、まだこれからという時に応招、
シナ国民党軍による黄河決壊「大虐殺」洪水に対する
不眠不休の住民保護に邁進した末の戦病死でした。
我々としては、靖国神社眠るにその英霊の名誉を守る義務があります。

No title
日本で買い物をする中韓からの旅行者は、自分たちが捏造歴史で習った日本による支配の残虐非道ぶりや反日路線のニュースについては、日本に向けて出国する前からインチキであることを知っている様子である。政府の宣伝とは別にクチコミで伝わっているらしい。

愛信

第180国会審議中継2012年1月24日 (火)
第180国会審議中継2012年1月24日 (火)

第180回国会(常会)は、1月24日に召集されました。
会期は6月21日までの150日間です。
議席の指定 常任委員長の選挙
特別委員会設置の件
国務大臣の演説(施政方針・外交・財政・経済)
横路孝弘(衆議院議長)  11時 03分  03分
横路孝弘(衆議院議長)  13時 02分  01分
野田佳彦(内閣総理大臣)  13時 03分  40分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21133&time=03:15:10.5
玄葉光一郎(外務大臣)  13時 43分  23分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21154&time=03:54:46.9
安住淳(財務大臣)  14時 06分  16分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21139&time=04:17:45.0
古川元久(国家戦略担当 経済財政政策担当大臣 科学技術政策担当大臣 宇宙開発担当)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21150&time=04:33:49.9

反日売国テレビ局・マスコミの報道しない売国民主党の演説を確りと確かめてください。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

No name

おい!やばくないか?これ
765 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/01/25(水) 14:14:45.05 ID:-
人権侵害救済法案がやばい
名前変えてきた
賛成派がすごい勢いで陳情しだしたみたい
みんなで凸しないとまずいよ

法務省に反対のファックス、電話、メールなど
一日に何回でも送りましょう。
拡散もよろしくお願いします。

zipangu

No title
ありがとうございます。
この動画を今の小・中・高校生に見せたいです。
日本人としての誇りが湧いてきます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク