豪華客船コスタ・コンコルディア号転覆事故に思うこと



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

コスタ・コンコルディア


今月13日、イタリアで豪華客船「コスタ・コンコルディア」が座礁し、転覆しました。
そして船の豪華さと、船長の無責任ぶりに、世界が驚いた。

なんと船長は、乗客が逃げ惑っている最中に、真っ先に船を捨てて逃げ出し、沿岸警備隊隊長から「船に戻れ。乗客を救助しろ」と命じられても拒否したうえ、携帯電話で母親に無事の連絡をしていたというのだからお粗末です。

日本人の感覚では、ちょっと考えられないお話ですが、こういう話を聞くと、つい思い出してしまうのが、メデューズ号遭難事件です。
それは、いまから2百年ほど前の事件です。

メデューズ号というのは、大砲を40門装備し、搭乗員397人の、れっきとしたフランス戦艦です。
この船が、文化13(1816)年、フランスから西アフリカのセネガルに向かう途中、操船を誤ってアルガン岩礁に乗り上げて座礁してしまった。

ところが、です。
手持ちの救命ボートが6隻しかない。
ボートの収容人員は250人です。
搭乗員は397人。147人分が足りない。

そこで、救命ボートに乗りきれない147人(男性146人、女性1人)のために、乗員達は、きゅうきょ船内の角材を使って筏(いかだ)を作り、これを、救命ボートで曳航することにしたのです。

海岸までの距離は50キロです。
ところが折からの強風のため、曳航用のロープが切れ、筏(いかだ)は漂流してしまう。

そもそも曳航用に急造した筏(いかだ)です。
筏(いかだ)には食料も水も、救援物資はほとんど積まれていません。
操舵や航海のための手段もない。

筏(いかだ)が漂流を始めます。
ほどなくして、その小さな筏(いかだ)の中で、士官と乗客、水兵と陸兵の間で争いが起こった。
そして漂流が始まった最初の夜の内に、20人が殺されてしまいます。

さらに何十人もが、比較的安全度の高い筏(いかだ)の中央部の席を争って死にました。
3日目には筏(いかだ)上の生存者は、わずか67人に減ってしまった。

筏(いかだ)には食料が積まれていません。
すると人肉食を行う者が出始めた。
そして肉を食べて力をつけた者が、弱ったり傷ついた者を海中に放り込んだ。
このため、漂流8日目までに、52名が死亡してしまう。

筏(いかだ)は、漂流9日目に、偶然遭遇したアルギュス号によって発見され、救助されました。
筏に乗船したのは、147人です。
けれど、救出されたのはわずか15人だけだった。

これがメデューズ号遭難事件のあらましです。
この物語は、ひとつには、洋上での漂流が、かくも厳しいものだという逸話です。
けれど同時に、名誉あるフランス軍人でさえも、海難に遭遇したときには、鬼畜の本能が出てしまうという逸話でもある。

漂流といえば、世界最長の漂流日数を記録しているのは、ロビンソンクルーソーではありません。
実は、日本人です。

時は、メデューサ号遭難事件の3年前、文化10(1813)年のことです。

尾張藩の小嶋屋庄右衛門所有の船「督乗丸(とくじょうまる)」(約120トン)は、乗組員14人を乗せて江戸からの帰還途中、遠州灘で暴風雨に巻き込まれ、遭難しています。

督乗丸は、嵐のため舵を破損してしまった。
このため海流に乗って、太平洋を漂流し、文化12(1815)年に、米国カリフォルニア州のサンタバーバラ付近の洋上で英国船に救助されるまで、なんと484日間にわたって漂流したのです。
これが世界最長記録です。

生存者は、船頭の小栗重吉、音吉、半兵衛の3名だけだった。

3名は、ベーリング海峡を経て択捉島(えとろふ)島に護送されるけれど、その途中で文化13年6月に、半兵衛が病死し、最後に残った小栗重吉と音吉の2名が、同年9月に松前に到着。
江戸での取り調べのあと、文化14(1817)年4月に身柄を尾張藩に移され、5月にようやく故郷の土を踏んでいます。

文政5(1822)年、生き延びた船頭の小栗重吉から、国学者の池田寛親が、漂流のいきさつや経緯を詳しく聞きとり、これを「船長日記(ふなおさにっき)」という本にまとめて出版しています。
おかげで、漂流の詳細な情況が、いまに残された。

記録によると督乗丸は、海難にあった時点で米を6俵と、大量の大豆を積んでいたのだそうです。
当初、乗員は14人だったのだけれど、遭難時に1人が転落事故で死亡。
漂流したのは13人です。

漂流が始まって13日目には、船長の重吉は長期の漂流を覚悟した。
理由は、「八丈島が見えない」。
以後彼は、大変なリーダーシップを発揮し、食糧の食べ方など諸々の指示を仲間に与えた。

重吉は万年暦というものを持っていて、その暦に基づいて日々の出来事を書き付けていたようです。

86日目に米が尽きる。
魚を釣る話も出てきますがなかなか釣れなかったようです。

150日目には起き上がれない人が相当出てきた。懐血病のようで寝たきりになり起き上がれない。
212日目には、初の死者が出た。

ここから350日までの間に10人が立て続けに死亡する。
そして残ったのは3人だけとなった。

350日目、3人のうち2人が、死体遺棄を重吉に提案をします。
10人の死体をこのまま置いておくのは如何なものか。船を守っている神様が悪臭を放つ死体を嫌っているのではないか。しかるが故に陸に辿り着けないのではないか。船霊の怒りを鎮めるために死体は捨てるべきではないか、と主張したのです。

当時「船霊」といって、右舷に3種の船霊が収められていたそうです。

1つは女性の髪の毛です。
この時は船主の奥さんの髪の毛。
それから双六のサイコロが2つ。
そして1対の紙で作ったお雛様。
この3つが船霊だそうです。

これに対し船長の重吉は、逆に竜宮の神の怒りを心配したのだそうです。
「死体を海に捨てるのは簡単だ。ただ捨てることで海底の海神様が怒るのではないか。それで海が荒れたら船は沈んでしまう。」

悩んだ末、重吉は、おみくじに頼る。
すると、「捨てろ」とでた。

こうして3人は10人の死体を海に捨てたそうです。
その時の描写にはこう書いてあります。

「死体を触るとぼろぼろと崩れ落ちる。土を運ぶがごとく手にすくって、その死体を海に入れた」。
「ぼろぼろと」とか「土を運ぶがごとく」という表現が印象的です。

話が前後しますが重吉は、
「おみくじで棄てろというなら仕方あるまい。ただ1ヶ月待ってくれ。その間、自分の夢枕にこの死んだ者が“捨てないでくれ”と語りかけてきたら中止しよう」と言ったそうです。
それで1ヶ月延期したのですが、誰も夢枕には出てこなかったということで捨てた。

それ以降2ケ月強、天候が悪化、サメが出たり、今まで釣れていた魚が釣れなくなったとか、3人のうち船長を除く2人が体調不良となり、元気なのは重吉だけとなったそうです。

それから3か月あまり更に漂流が続き、重吉までもが身体が弱り、万事に悲観的になり落胆してしまう。
もうおみくじを引く意欲も無くなるのですが、440日目に意を決して、もう1回引きます。

その時の状況は、簡単に言えばカードを3枚用意し1と3を引いたら自殺する、2を選んだらまた生きようと考えたそうです。
結果は2番だった。
そこで、「しからばいつ頃陸地に巡りあえるのだ」と更におみくじを引く。

回答は「今から1~2ヶ月後」。
それで元気回復、頑張るわけです。

さきに概要で述べたようにその一カ月半後の484日目、サンタバーバラの沖合まで漂流した督乗丸は英船に救助され、3人は露船に移乗する。
こうして、2人が約3年半ぶりで日本に帰った訳です。

重吉の統率力、グループの意欲を高める力は大変なものがあります。
例えば、皆に念仏を唱えさせたという話があります。
念仏を唱えない奴には食料を与えないと宣言までしている。

面白いのは船内で「好きなだけバクチをやれ」となかば強制的にバクチをやらせていることです。

重吉はその時30歳を少し越したくらいの年齢でした。
自分より若い仲間が死んでいく中、自分だけは生きて帰るという思いが特別強かったようです。

それも自分の個人的な為でなく、「なんといっても供養塔を建てる、建てるまで俺は死ねない」という堅い信念のもとで彼は生活したようです。
そうした信念あればこそ生き延びられた。

そして彼は、本当に、日本に帰ったあと、供養塔を建てている。
供養塔は、いまも名古屋市熱田区のお寺に残っています。

ただ建設資金には苦労したようで、資金集めに熱田神宮などで参詣人相手に見料を徴収しています。

メデューズ号遭難事件は、その日のうちには殺し合いが始まり、わずか3日目には食人が、そしてわずか9日間の漂流ですら400人中385人が死亡しました。

このたびのイタリア客船では、船長がいの一番に逃げ出した。

けれど、日本人は、そういういわば極限状態におかれてもなお、助け合い、励まし合い、みんなで生きて行こうとする。
人類史上最長の漂流生活を耐え抜いたのは、人としての気概を忘れない日本精神です。

私たち日本人が、日本人としての心を取り戻すこと。
それこそが、いまの日本にもっとも求められていることなのではないかと思います。

※督乗丸の漂流については、本田技研工業の仲村孝さんの講演録を参考にしました。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

リメイク版国旗の重み~ウズベキスタンのナヴォイ劇場~


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

イタリアの船長を見ると、津波に流されるまで放送を続けた市役所職員や吉田元所長を始めとした福島原発の作業員など命懸けで作業にあたった沢山の日本人を思いだします

谷 豊

個人主義と利己主義
「俺が、俺が」
「ウリが、ウリが」
本当に、利己主義の世界になりつつあります。

英語でも、I(アイ=私)は、文中のどこにあっても
大文字です。
自己中心の表れだと書いてある文を見たことがあり、
「なるほど!」と思った次第です。

言葉として
個人主義=自分を含め、個人を大切にすること
利己主義=自分のみを主張、個人主義とは異なる
であり、ここで言われているのは「利己主義」だと
思います。

-

No title
海上遭難が始まったタイミングで食べるものがあるかどうかは、考える時間があるかどうかに直結すると思うので
この3つの話を同じ状況として考えて「日本人の美談」とする結論は間違っていると思う。
日本人が漂流して仲間の船員を食った話もあるわけだし。

名無しさん@ニュース2ちゃん

No title
今回のイタリアで豪華客船の座礁転覆事故で、船長の行動が非難されるのは当然として、不思議に思う事があります。

それは、一般的に日本は責任所在を曖昧にして誰が責任者かハッキリしないし、処分罰則も曖昧のまま。
逆に欧米は責任所在が明確で、責任放棄した場合の罰則も苛烈で、それゆえ人は尋常ならざる能力を発揮する。

特に、今次の福島原発クライシス後の政府・東電・所轄官庁・東大・TV新聞の各自の社会的役目を殆ど放棄してるにも拘らず、その組織体は無傷という状況。
切腹があった江戸時代まではいざ知らず、現在の日本はイタリアの船長を嘲笑出来る立場には全く無いと思います。

ミタマキ貝

竜神さま
はじめまして。以前、中田厚仁さん。で検索中にたどり着くことができたのがきっかけで、ねずきちさまの心のメッセージに出会うことが出来た者です。ほとんどが知らなかった覚悟の逸話ばかりで、涙と共に読み進ませてもらったエピソードもたくさんありました。感謝しています。日本人の心。私は今、東京湾の入り口にあたる千葉県館山市坂田(ばんだ)にある、大山と呼ばれる山の谷、清流(青竜)を東京と神奈川の開発残土(百万立方メートル)で埋め立てさせないための活動が、日本人の心、世界平和を願われた昭和天皇への感謝を示す場でもあると感じている者でもあります。計画は、賛否両論ありますが、私は日本人として反対です。館山の海底は、ほとんどの方は知らないと思いますが、生涯で百種類以上の新種を発見された貝博士でもあられた昭和天皇が、初めて発見された記念の貝、御玉置貝(ミタマキガイ=インペリアルシェル)の最大にして最後の楽園だからです。自然を愛された昭和天皇の象徴であるミタマキ貝の聖域を汚す所業は、断じて見過ごすわけにはいかないからです。さらには、代々守られてきた山の開発を行う際、山の神々、川の神々、海の神々、賛否問わず、すべての日本人に対する最低限の儀礼である地鎮祭を行わずに強行着手したからです。日本人としての道義をないがしろにしたからです。山の氏神である熊野神社神官は、海をけがすことはわかりきっているのに、漁師からは反対の声があがっているのに大量祈願など出来ない。と、事業者から依頼された地鎮祭を拒否。困った業者は、館山で一番力のある、応仁天皇をご祭神とされる八幡宮神官に地鎮祭の依頼をしました。しかし、地鎮祭当日朝、神官の姿はありませんでした。神々の怒りは鎮められないと判断されたからです。清流を埋め立てる所業は、壬辰の逆鱗に触れると感じられからです。千葉県知事、館山市長が清流の埋め立てを許可した理由は、清流の上流は、誰も使っていないものだから。問題は起こらないという理由でした。下流、その先には漁師が生活の糧を得る豊かな海があるにもかかわらず、青竜さまを三十万円で業者に払い下げたのでした。電気のゴミ問題も、開発のゴミ問題も、生き方の在り方だとかんがえます。今全国で、古きよき日本人たちが暮らすいわゆる里山里海で、人のいい、仲のよかった日本人同士を争わせようとしています。仲違いさせようとしています。その正体は誰なのか。ご先祖たちの魂の叫びを感じていかなくては。と感じています。日本人丸がこれ以上座礁することのないよう、日本人の心を保てるよう、これからも、心が奮い立つお話、お力をよろしくお願いいたします。読んでくださってありがとうございます。先帝陛下もきっと、励みなさい。と見守ってくださっていると信じています。

神奈川県民

昨日、震災当時に電車の中に取り残された専門学生が夜のnhkのニュースで紹介されてました。

それによると、地震後に列車が止まり運転手の指示で外に出るように言われたが、たまたま乗ってた老人が、「津波が来るかもしれないから電車の中に居よう」と言い(その時列車は高い所にいた)、その15分後に津波が来て列車の乗客は皆助かったと言ってました。

電車の中に居る間は弁当をみんなで分け合ったりして人の親切さに触れたとその学生は言ってました。

今日のねずきちさんの記事を見て思い出し、今この内容を書いてみました。
人間は極限状態になると本性を発揮すると言いますが、日本人は自分たちだけが生き残るのを良しと思わない事が本性なんじゃないでしょうか。
よく戦後左翼が日本の軍人は民間を守らなかったとか、そういう一部の軍人を取り上げて日本兵全体がそうだったかのように言いますが、確かにそういう兵はいましたが、国を守ろうとする気持ちの高貴な軍人の方がより多かったのではないかと、それが日本人なのではないかと、このnhkの報道で悟りましたね。

ねずきち

個人主義と集団主義
ねずきちです。
みなさま、コメントありがとうございます。

私は、イタリア客船転覆時の船長の行動は、ひとことで言ったら、
「自分さえ良ければ」
「自分さえ助かれば」
といった個人主義の行動そのものなのではないかと考えています。

メデューズ号の筏も同様で、
「自分だけが助かりたい」
「自分が生き残るためだったら、他人はどうだっていい」
そういう個人主義思想が極限状態の中で発揮されたとき、そこでいった
い何が起こるかという事実を、私たちの前に突きつけた実話なのではないかとお思います。

これに対し、督乗丸の重吉の物語は、自分より集団や仲間を大切に思う心や、その姿勢を示しているように思うのです。
だからこそ亡くなった仲間の遺体を、持ち帰るためにずっと大事にしてもいた。

戦後の日本は、個人主義礼賛です。
これに対し、戦前までの日本は、自分より祖国のため、親兄弟や身内のため、妻子のために生きることを是としてきました。
それを「個人主義」という言葉に相対して言うなら「集団主義」です。
自分より周囲の人をたいせつにする。
自分より周囲の人をたいせつにすることで、自分も守られ、大切にされると信じる。
それが古来、日本で育まれた日本的生き方なのではないかと思う。

このことは国家「君が代」にも歌われています。
「君のために、さざれ石の巌となって、苔の生すまで」

そこには「俺が俺が」「自分が自分が」という姿勢はありません。
みんなのために、過去の先人に恥じず、子孫に恥ないで生きようとする姿勢が、基本にあるように思うのです。

ボクなどが社会人になりたての頃は、中高年の上司からいつも言われたのが、まさにこれです。
戦後教育で「俺が、自分が」と育って来た若い社員に対して、大先輩たちがいつも口にしたのが、
「俺が俺がの”が(我)”を捨てなさい」でした。

いま振り返ってみると、まさにそこに日本人の強さ、日本企業の強さの根幹があったような気がします。

昨今では、政治も、メディアも、企業も「俺が俺が」の大旋風です。
けれど、結局は、「俺が俺が」の個人主義は、我儘や放縦におちいり、周囲からの顰蹙を買って、落ちぶれることになる。

韓国の人達が、世界中で嫌われるのも、まさにここにあります。
「ウリは、ウリは」ばかりを言う。
そうではないのです。
その土地の人達のために、自分に何ができるか、どう周囲に貢献するかが大事なのであって、自分なんてものは、あとまわしで良いのです。
そこが特アの人達と、もともとの日本人の美質の最大の違いでもある。
そう思います。

竹心

素直に受け止める気持ちを。
ねずきち様、いつもありがとうございます。
ものの見方はいろいろあるでしょう。しかし、作者の言いたい事を素直に聞いておく事が、自分の血肉になります。
歴史は全て、万全な真実を述べる事は難しいのです。
そのこと事態知らなくて、後に知らされる時には、その周りの情景も洞察力でカバーして読み取る事も必要でしょう。
竹心は、そのように思います。

-

No title
そりゃメデューズ号は397人も乗っているのだから、その中に犯罪者は幾らかいますよ。
督乗丸の14人と比べるのはおかしいと思います。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク