マレーシア国定中学校歴史教科書



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

マレーシア国定中学校歴史教科書
マレーシア国定中学校歴史教科書


以下にご紹介するのは、マレーシアの中学校の国定の歴史教科書です。
現在使用されているものです。

その歴史教科書は、日本軍のコタバル上陸から始まっています。
国史のはじまりが、昭和16(1941)年12月8日からなのです。

マレーシアという国には、それ以前の、数百年数千年の歴史はありません。
マレーシアには、今年で71年の歴史しかない。

それ以前のマレーシアは、英国による植民地です。
英国人、英国人の手先となった華僑による収奪と、その収奪を正当化するための愚民政策、人種通しを争わせる分割統治が行われ、宗教も、歴史も、言語や文字さえも消され、教育も、自由も、生きている意味さえ見出すことがむずかしい「地域」だった。

以下にご紹介するのは、そのマレーシアの中学歴史教科書です。

教科書の記述は、日本陸軍のコタバル上陸から始まっています。
コタバル上陸


明治天皇の御真影。近代日本の列強との対峙。
明治天皇の御真影


日本のスローガンは、アジア人のアジア人によるアジア。
日本のスローガン


英国による統治から、私たちマレー人を助けて下さい。
コタバル上陸の日本陸軍と進撃ルート。
私たちマレー人を助けて



陸海空で英国軍を撃破。
陸海空で英国軍を撃破


英国の抵抗。
英国の抵抗



山下奉文中将。マレーの虎と呼ばれる。
敗北を認めたイギリス軍兵士、日本陸軍に降伏。
山下奉文中将


日本軍の真珠湾攻撃。
真珠湾攻撃


シンガポールからも英国を駆逐。
シンガポールからも英国を駆逐


日本語講座が開かれる。
日本語講座



シンガポール駅は昭南駅に名称変更。
Government Notification No.41 ペナン州長官 ITAMI MASAKICHI
昭南駅



日本との良好な関係。
日本との良好な関係


日本軍と協力。イギリスからの祖国解放独立を目指すインド国民軍。
日本に対する各抵抗グループ。
日本との良好な関係


アンチジャパンのForce 136。
アメリカによる広島・長崎への原爆投下。
板垣征四郎大将、降伏文書に署名。
アンチジャパン


日本統治下の政治。
日本統治下の政治



日本統治下の教育。
日本統治下の教育


日本統治下の経済。
日本統治下の経済


物価の推移。
物価の推移


日本に反対するものは憲兵隊が取り締まる。
泰緬鉄道の建設。
泰緬鉄道の建設


この本を入手した武田さんは、本を見せてくれたペナン在住のアイーシャさんに尋ねたそうです。
「日本がコタバル上陸しなければどうでしたか」
答えははっきりとしていました。

「マレーシアという国はなかったでしょう。今もブリティッシュの植民地のままでしょう」

写真と文は、クンユアム第二次大戦戦争博物館から転載させていただきました。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/index.html


よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

大東亜戦争 その歴史的意義 FLASH


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ビジネスマナーの教科書

No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ガルカイ

No title
この教科書を邦訳(ついでに朝鮮語訳)して出版してはいかがでしょう?
せめてわが国民には知らしめたいと思います。

バンビ

No title
そうですね、マレーシアもシンガポールも華人系は基本的に
反日的な教育あるいは話を聞かされていますね。
朝鮮や中国に比べると穏やかですが。
マレーシアではマハティール元首相が日本への感謝を
公にしてくれたのが大きいかと思います。
シンガポールのニュースでは、靖国神社を戦争神社、
慰安婦を性奴隷といまだに放送しています。
まったくもって不愉快であり、シンガポール国民に与える洗脳にもなりまうs。
いったい大使館(外務省)は何をやっているのでしょうか。

-

個人レベルでは違いがあるでしょうが印僑は反日ではないと思います。インド本国では昭和天皇崩御の時喪に服していましたし。華僑はほぼ反日でしょうね。

アロン

No title
ぐりぐりももんがさん。
確かに国際関係は複雑ですが、
華僑系というの気になります。

私はカトリック教会通っているので
様々な国の人の話を聞くことができます。
フィリピンでも華僑がいますが、
どちらかというと嫌われているそうです。

お察しの通り、本土中国人同様の問題行動や
フィリピン国内で反フィリピン行動、
比島の米軍基地撤収デモを扇動した挙句、
中国に島を占領されてしまった等々。

華僑系マレーシア人が大東亜戦争関連で、
日本批判をしていたら、現地系のマレーシア人たちが
お前たち(華僑)と一緒にするな!と
激怒しているのを見たことがあります。
現地系の人たちからは、虚実の入り混じった
反日活動を扇動しているのは多くは華僑だそうです。
中国共産党の工作員の支配下に
入っている者も多いそうですね。

華僑の言うことには注意です。

ごくらくトンボ

私も引用しました
昨年12月9日、倫理法人会で、歴史の講話をしました。大東亜戦争の話をしたのですが、私も同じところから引用したのです。ねずきちさんのブログにアップされていたので、うれしく思いました。

兵藤一馬

ありがとうございます!
全く知りませんでした。 
こういう事を一切報道しないなんて、闇勢力の支配を感じます。

ぐりぐりももんが

マレーシアは注意
ねずきちさんへ、

マレーシアの教科書は分かりますが、あの国は多民族国家で、イギリスが植民地時代、現地人搾取を目的として下級官吏の役職をあてがうために、多くの中国人・インド人を移り住ませている事実だけは、覚えておいて下さい。

先の日本軍の侵攻によって、こう言ったインド人・中国人は職を失う人も多く出ました。宗主国と結託して商売していた華僑・印僑も多く、彼らは、ビジネスチャンスを失うことになるので日本軍を憎んでいたと思われます。

このため、華僑系マレーシア人と付き合うと、父親、祖父の頃に日本軍にいじめられたと話をする人が未だに出てきます。

国際社会とは、利害が複雑に錯綜する社会なのですよ。
どんなに教科書が、日本軍を取り上げくれても、未だに日本を快く思わないマレーシア人が居ることだけは、忘れないで下さい。

ものは、多元的に見ないといけないのです。
私は、ビジネスを通して、このことを知りました。
ですので、マレーシアは絶対の親日さはないと思います。

一有権者

No title
皆様こんにちは。過日から沖縄県宜野湾市長選挙に政治介入かと自衛隊たたきをしたい輩が国政の場において政権に質問をしておりマスコミが大々的に取り上げています。これを大きくして普天間の件をますます混乱におとすつもりなのでしょう。
その裏で富山で行われた日教組の研教集会で、ある教師がシナ事変において日本の兵隊さんが百人斬りをしたなど戦中当時配信した現毎日新聞でさえプロパガンダであり本当の事ではないと言っている事等を事実のように子供たちに教えている事を報告した事を問題視せず黙殺して、私達日本人に教えていない。

こんなやつがいまだ日教組にいて日本の国をおかしくしようとしているのは我慢がならない。
かえりみると自分も授業で教わった歴史教育は大和朝廷や江戸時代までは比較的丁寧に授業を受けたが明治維新あたりから疾風のごとく読んで終わりのようにさらっと触れるか読む事さえしなかったところもありました。
当然自虐史観にもとずく内容でしたし、この時代の日本の先人達が行った偉業やいかに併合した台湾や朝鮮を内地と同等にしようとしたかなどは一切教えてもらう事はありませんでした。日教組潰すべし!です。

遠藤

No title
 実際にあったことを包み隠さず有りのままに伝えていくこと、歴史にはこういう姿勢が大事ですね。

 あたりまえのことが、普通に行われている国はしっかりと自主独立を保っていくことができるんだなと思います。
 
 一つだけ知っておいてほしいことがあります。コタバル上陸後、日本軍はマレー半島を横断、西海岸に移動中タイ領内を通過します。作戦上最短距離をとったためですが、深夜自国領内に侵入されたタイ国軍は相手が誰か暗闇の中で確認できないまま応戦、日本軍も相手がタイ国軍と分からず英軍が上陸を察知して攻撃してきたものと判断して反撃。同盟国同士で交戦した結果、双方併せて十数名の戦死者が出ました。
 
 外交ルートを通じてタイ領内通過を認めてくれるよう事前通告していればこの様な悲劇は避けられたはずですが、マレー半島南下作戦を秘匿したかった軍部は相手国に連絡をしていませんでした。事前通告するとそこから秘密が漏れるとでも思ってタイを信用していなかったのでしょうか。
 
 この度、アジア独立のための戦いを起こすので協力をお願いしたい。というような根回しが出来なかったことは汚点の一つとして返す返すも悔やまれてなりません。

 祖国を守らんがため、アジア解放の戦いの先駆けとなって散った若者たちの冥福を祈る次第です。今の平和もこの様な若者たちの貴い犠牲の上にあることを再確認しておきたいものです。

なっく

マレーシアの中学生
何年も前の話になりますが、マレーシアに旅行に行った際、マレーシアの中学生グループ(男女15人程)と偶然話す機会がありました。
輪になって雑談をしましたが、皆礼儀正しく、とてもフレンドリーで楽しい時を過ごした思い出があります。
意外な事に、日本の芸能人やサッカー選手のことをよく知っており、びっくりしました。
彼らのキラキラした目、笑顔…素敵な表情を見せてくれたのは、先人たちのお陰だったのですね。
あらためて英霊に感謝します。

イシコウ

No title
なんで日本の教科書は客観的に事実を捉えて、将来日本を担う子供達に歴史を教えないんでしょうね。
正しい歴史教科書を!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク