鏡は化我美。我をとったら神になる



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

相田みつをつまづいたり2


ネットで素晴らしい記事を見つけたのでご紹介します。

~~~~~~~~
【政治家は国民の鏡(鑑・化我美) 】
http://kusanotakasi.iza.ne.jp/blog/entry/2562501/

神社には鏡=鑑、化我美がある。
なぜ鑑があるのか。

ご神体だから?
アマテラスが天孫、ニニギに「此 は 我なり」と言ったからだろうか。

否、
神道の根本的な考え方に、その理由があると思う。

神道というの懐が深くて、争わず、受容して、同化しつつ、はねのける、こういうことをやる宗教である。

アッラーやヤハウェ(みだりに名を呼んではいけないが。)の宗教のように神は神、人間は人間と区別しない。

それは神道で言う「神」は「人間」なのだから当然だ。

つまり、神社に鑑があるのは

「化我身=我をとりなさい」
「我をとったらカミ」であるオノレを見つめよ
「そもそも、『カミ』である自身を見つめなさい」

という神道の教えなのだ。

同じことが政治にも言えないだろうか。
「政治家(他人)が悪い」とばかり言っているだけでは、何も生産できず得るものはなにもない。

言霊を大事にして、政治家を悪く言うのもやめよう。
まして 一票を投じた人間じゃないか。

一票分の責任を自覚し義務を果たし、彼には意見を直接言い、自分を見つめ直そう。
~~~~~~~~

「鏡(カガミ)」は、「化我身」であり、我をとったら「神」であるという。
なるほど、と思いました。

古来、日本では、我をなくすことが神の道に通じるとされた。
たとえば、特攻隊員たちは、生きながら神とされた。
なぜなら、彼らは我を捨てて国のための守護神となるのだから。

陛下には「私」がない。
つまり「我」がない。
ゆえに神である。

上の文章には、我を捨てて、オノレを見つめよとあります。
それが神社に鏡が置いてある理由だとも。
神前で二礼二拍一礼する。

二礼二拍一礼の礼は最敬礼です。
最敬礼とは、頭を90度に曲げ、下げる礼をいいます。
礼が30度。
敬礼が45度。
最敬礼は90度です。

神前で己を捨てて己を見つめる。
そこにカミがある。
だから90度です。

先日のことです。
ある若い者が上司に、「なに、たらたら仕事してんだっ!」と叱られていました。

場所は工場です。
彼は、汗をびっしょりかいて、一生懸命仕事をしていた。
それを、「ちんたら仕事をしている」と叱られたわけです。

言われた彼は、何で叱られているのかさっぱりわからない。
「オレはこんなに一生懸命、汗を流して仕事してるじゃないか」というわけです。

なるほど、本人は一生懸命なのです。
仕事ぶりも立派なものです。

けれど上司が叱ったのは、そのことじゃない。
数名で作業するに際して、必要なことは、「最終的な生産性を如何に上げるか」です。
ひとりが一生懸命汗を流していても、チーム全体の仕事の成果が非効率なら、それは仕事をしているうちにははいらない。
「我」を捨てて考えてみればすぐにわかることなのです。
先に「我」がくるから、言われた意味がわからない。

チーム全体を率いて、効率的な仕事をしなければならないのに、そのチーム全体を見ないで、自分だけがあくせくと仕事をする。
結果として、チーム全体の成果の足をひっぱっる。
だから叱られたのです。

最近、そういうことがよく目につきます。
テレビを見ても、政治の世界も、どこも「オレが、オレが」の大合唱です。
身を捨てて国家国民のために尽くすのが政治家のはずなのに、あるのは利権と自己主張だけ。
だから肝心なことがわからない。

わからないで人を見下す。
人に迷惑をかける。
それでストレスが溜まったので癒しが欲しいと甘える。

自我と甘えと癒しばかりを求めているのが今の日本の世相です。
我を捨て、敢えて茨の道に挑み、苦しさに耐えたのが戦前の日本です。
その戦前の日本があったおかげで、いまの日本がある。
そのことへの感謝の心すら忘れて、何が日本人なのか。

恩を知るをもって、人とは言います。
報恩感謝の心がないなら、それはもはや人ですらない。

せっかく日本人に生まれたのです。
人に戻りたい。
人になろう。
そう、思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

神風特攻隊員たちの遺書
彼らの遺書は、彼らの家族宛てたものというだけではありません。後世に生きる私たちへの遺言なのだと思う。


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

kusano河童

紹介いただいたブログ主です
いやはや、びっくりしました。
ブログ主です。
ありがとうございます

百氏

チェルノブイリ関連
お久しぶりです。本日はチェルノブイリ関連の情報で誤解をされている物を調べて参りました。どうぞご覧下さい。

チェルノブイリ原発事故で最大の被害をもたらしたのは放射能ではない

http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2012/01/post-437.php

Newsweek2012年1月5日

によれば当時のロシア人の平均寿命に影響を及ぼしたのは、別の原因が放射能を上回っていました。
また、
[図録▽ロシアの平均寿命の推移]
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8985.html
のロシア人の平均寿命のデーターが正しいという事になれば、「チェルノブイリ原発事故による放射能は男性には有効だが、女性には通用しない」と言う事になります。 なぜなら、ベラルーシの女性の平均寿命に男性の様な変化が見られなかったからです。ベラルーシは、チェルノブイリ原発事故で最も放射能に汚染されたといわれている地域です。
原発による放射能の影響は男女で違いが出るものなのでしょうか?それとも、放射能は男性にだけ牙を剥く特性があるるのでしょうか?
[元気スペシャル/セミパラチンスク/核実験場閉鎖から20年]
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/213/genki213-01.html
(執筆)全日本民医連
ただ、セミパラチンスクでの度重なる核実験によって被曝者が出てしまった事実は否定出来ません。奇形はこの実験が原因だと言われています。
《セミパラチンスクでの核実験》
旧ソビエトが1949年~1989年までに行った核実験の事。計400~500回(大気中での実験は111回)行われたと言われている。核実験による放射能の汚染はチェルノブイリの比では無い。

桜子

No title
今日も心を頂き有難う御座います。

先の戦いでの特攻、我を捨て国を守らんと尊い命を国に捧げたのです。
正に神と呼ぶに値する方達です。

今、日本存亡の危機においてどれ程の政治家達が先の戦いで命を落とされた英霊のように国の為に命を捧げられるでしょうか?
政党がどうの、派閥がどうの自分達の事ばかり、、そんな事言ってる暇無い瀬戸際まできてるのに、、。

何時の時代でも真に命を捧げる覚悟で政治をやっていくのが上に立つ者の責任だと思います。

今の日本、つまりそれ程の覚悟が無い限り救えないというところまで来ているという事です。

一国民が考えても解る様な事を政治家でござると称している人達が何故解らないのか知ら?
摩訶不思議です。

その政治家を選ぶのも私達国民です。私達国民にも責任はあると思います、しかし国を良くして頂きたいが為に選ぶのです。
その国民を裏切る様な政治家、許せませんね。

外は粉雪が舞っています。
東北の方達を思うと心が痛みます。

amotoyamatotake

極めて不適切
日本を毀損する目的で百人斬り授業をした教諭に対して上五島町教委は極めて不適切と指導したそうだ。教材研究もできない無能教師を放置するのだろうか?まだまだ抗議が必要のようですね。
抗議先はURLへ

谷 豊

我(I アイ)はいつも大文字
今日も、良い話でした。

日本以外の文化、特に西欧(アングロサクソン)の文化は
「我」が先に着ます。

その証拠に、英語では「我(I アイ)」は、文中のどこに
あっても大文字です。

-

小林秀雄とガブリエル・マルセルの対話
マルセル アメリカで気づくことは、人間と自然との「結婚」がないことです。人間がしたことは、自然から生まれたのではなくて、みな持ちこまれたように見えます。それに対し、ザルツブルクのような町は、自然から「招かれ」たもの、自然の完成としての町です。これはフランスやイタリアでも同じことですが、アメリカには全然ありません。サンフランシスコは例外でしょうが。

小林 日本人の自然観には外国の人々には中中わかりにくいものがあるのではないでしょうか。自然観というより、自然との深いアンティミテ(親密さ)が日本人にはあるのです。日本の文学は、このアンティミテを除いたら何も残らないくらいです。

 マルセルも小林の云う「日本人の自然観」に共感を表明し、それが日本で一番好きな点であり、この前の旅行でも一番感動したのは京都の修学院や伊勢神宮であり、「そこには聖なる感情があり、人間が自然と調和していることを感じました」と答える。

http://koufukuahi.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-bed8.html

-

異変
☆茂木弘道☆
 『週刊文春』12月29日号に次のような記事が載りました。

「放射能汚染福島で不気味な植物巨大化進行中」
(中略)
(福島の人は全員帰宅させるべきであることは、オックスフォード大学名誉教授のアリソン博士が下記のYouTubeをご覧ください。) http://www.nicovideo.jp/watch/1320133054

http://melma.com/backnumber_133212_5486100/
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク