お札のお話



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

一万円札


日心会のMLでSさんにご投稿いただいたものです。
素晴らしいお話ですのでご紹介します。

~~~~~~~~
【日本のここが世界一!【お札の話】】

日本には、普段身の回りにあるもので、あまり知られていないけれど、実は世界一高品質であるとか、世界中から注目されている製品なんてものが少なからず存在します。
そのひとつに、「日本銀行券」いわゆる「お札」があります。

日本のお札の何が世界一かと言うと「偽造券」、つまり偽札の少なさです。
お札を印刷している独立行政法人 国立印刷局の資料によれば、日本円紙幣の偽札発生率を1とすると、ユーロ券がその137倍、米ドル券が275倍、英ポンドになると500倍の発生率です。
それほど日本円紙幣は偽札が少ない。

では何故、これほどまでに偽札は少ないのか?
その秘密は、日本円紙幣に施された偽札防止対策です。

世界でも抜きんでて高度な技術を投入して印刷される日本円紙幣は、いくら性能が向上したカラーコピーやパソコンで真似しようとも、簡単には出来ません。
ここで簡単に、どんな偽札防止対策がされているのか紹介します。

(1)版の作成
まず、紙幣の図案を描く専門の「工芸官」と呼ばれる人が筆と絵の具で、紙幣のデザインを手書きします。
CGではないんですね、肖像画や数字、草花、風景などの図案を全て卓越した画力で描写していきます。

(2)版の彫刻
次に描かれた図案を基に、今度は彫刻専門の「工芸官」が原版を彫刻で作ります。
お札を虫眼鏡でよ~く見ると、非常に細かい線一本一本まで丁寧に印刷されていますが、これは、この工芸官が精度100分の1ミリの精密な技で、完璧な原盤を彫りだした賜物です。

(3)印刷
紙幣印刷に特化した、特殊な印刷機でお札を大量に印刷していくのですが、ここで様々な偽造防止対策が施されます。

 イ)すかし
元は越前の和紙作り「黒すかし」という技法らしいのですが、その詳細は秘密です。
なお、昭和22年制定の「すき入れ紙製造取締法」により政府以外で「すかし」を作ることは出来ません。

 ロ) 超精密画線
肖像画の髪や髭、目に至るまで、非常に細い線で印刷されます。
黒ベタで塗りつぶされてしまったりせず、工芸官が作り出した原盤どおりに再現出来ています。

 ハ)凹版印刷
原盤の溝に圧力をかけて印刷する特殊工程により、お札表面にある「壱萬円」の部分を触ると少し盛り上がって印刷されています。

 二)マイクロ文字
表裏両面に極小さな文字で「NIPPON GINKO」と連なって印刷されています。
パッと見ただけでは、単なる線にしか見えませんが虫眼鏡でよく見ると文字であることがわかります。

 ホ)特殊発光インキ
暗い場所で紫外線を当てると、表面の印章(日銀総裁印)がオレンジ色に光り、地紋の一部が黄緑色に光ります。

 ヘ)ホログラム
表面左下にある、光るシールのようなもの。
見る角度によって3種類の模様が現れます。

 ト)すき入れパターン
一万円札を光に透かすと、肖像の右に3本の縦棒が現れます。
これは従来の「すかし」よりもPCやカラーコピーで再現しにくいものです。

 チ)潜像模様
一万円札を水平に傾けると、表面左下に「10000」の文字が、また裏面右上に「NIPPON」の文字が浮かび上がります。

 リ)パールインキ
一万円札を中央で谷折りすると、お札左右両端の余白にピンク色のパール光沢模様が浮かび上がります。

 ヌ)識別マーク
目の不自由な方にも、お札の額面が判別出来るように表面右下に「深凹版印刷」という技法で印刷されたマークが施されています。

以上の特殊印刷技術のほか、お札に使われる用紙も特別なものです。

我が国の独自性を強調するため、主原料には日本特産の「三椏(みつまた」の樹皮繊維を使用し、「アバカ(マニラ麻)」の葉脈繊維を補助原料にしています。
もちろん、詳細な原料や、その配合、製法は極秘となっています。

これほどまでに偽造防止の工夫がなされた紙幣を印刷する特殊な印刷機を製造しているのはどこの国のメーカーでしょうか?

実は、その印刷機も日本のメーカーが製造しています。
(株)小森コーポレーションという会社が一括して印刷機の製造を行っているのです。

このメーカーで製造された紙幣印刷機は、その性能が認められて日本のみならず海外でも活躍しており、ユーロ紙幣をはじめ、ロシア、インド、ナイジェリア、フィリピン、韓国の紙幣印刷を一手に担っています。

お手元の財布にお札が入っていたら、
「これは日本の手仕事と、世界一の最先端技術で作られた世界で最も偽造されにくい紙幣だ」と思って
手にとってみて下さい。

きっと、ごくありふれた日常の中に、日本の誇りと信頼が今まで気づかなかったところにまで浸透している事を感じるでしょう。
~~~~~~~~~~~

いやあ、日本て、ほんとうに素晴らしいですね!

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

銃社会アメリカの歴史


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

日本のお札って芸術品としての価値もありますよね。よくよく見ると精緻で本当に美しいです。

-

No title
米ドルに偽札が多いのはニュースで知ってましたが、英ポンド札やユーロ紙幣も多いのは初めて知りました。
しかもユーロ紙幣の印刷機が日本製とは・・・・・てっきり、ドイツ製やスイス製とばかり思ってました。

一有権者

No title
このような事はあまり詳しくお話しない方が。・・・

どこの誰が見ているか判りません。

通りすがりの主婦

No title
小森という会社の名前を聞いてどこかできいたことがあるなと思いました。実はその会社の本社がある地域に私は住んでいます。それだけでなく私の主人の会社は小森の下請け会社で、主人から小森からの仕事が多くなったとか少なくなったとか時々話題に出ていました。私自身は主人の仕事内容はあまり知らなかったのですがこちらで、小森という会社の名前を目にすることができうれしいです。

谷 豊

No title
いやいや、スゴイですね、日本の印刷技術。
つい改めて「一万円札」を手に取り、
項目の一つずつを確認してみました。

最近、老眼が進んで、細かい所が確認できなかった
点がくやしい・・・(^o^)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク