秘録・ビルマ独立と日本人参謀: 野田毅陣中日記



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

秘録・ビルマ独立と日本人参謀: 野田毅陣中日記


~~~~~~~
この人たちの小さな謙虚な叫びを、
我々が世俗の混迷ゆえに聞き逃すならば、
日本人に永久に救いはないと思う。
~~~~~~~

この言葉は、昭和34年に、野田毅大尉の遺書にはじめて接した火野葦平が語った言葉です。

野田大尉といえば、百人斬りで死刑となられた人として有名ですが、それ以上に、ビルマ建国の父、アウン・サンらを配下にビルマ独立義勇軍を指揮し、英国の植民地だったビルマの独立のために戦った人としても有名な方です。

そのビルマ時代の活躍が、野田大尉の日記に遺されており、これを12年もかけて研究した近代史研究家の溝口郁夫さんが本にしてくれたのが、表題の書籍です。

ボクも、ようやく読み終えたところですが、もう大感動です。

だいたい溝口さんの書く本は、以前ご紹介した「絵画と戦争」もそうだったのだけれど、とにかく文章からお人柄がにじみでるというか、非常にやさしく丁寧な語り口で、難しい昔のお話が、まるで現代に再現されたかのように、つるつると読み手の心の中に入って来る。

そしてなにより、溝口さんご自身の素直な感動が、読み手にダイレクトに伝わってくるから心に沁みます。
とにかくこの本、おススメです。

野田大尉は、大東亜戦争のはじまる一年ほど前に、「ビルマ独立三十人の志士」と呼ばれる青年たちを配下とし、ビルマ独立義勇軍の参謀長として、ビルマの独立運動を戦った人です。

「ビルマ独立三十人の志士」のリーダーが、アウン・サンで、元ミャンマーで民主運動を続けるアウン・サン・スー・チー女史の父親です。

アウン・サンたちビルマの青年達は、祖国独立の一念で、英国官憲の目をかいくぐってビルマを脱出します。
そして、日本軍の庇護と指導のもと、きびしい訓練で肉体と精神を鍛える。

その志士たちを指揮したのが野田大尉で、大尉はその当時の模様を、膨大な陣中日記に遺しておられるのです。
そして野田大尉は、ビルマ時代の陣中日記の表紙に「要・永久保存」と書き遺している。
転戦の続く戦場にあって、よくぞ紛失せずに日記を持ち帰ったものだと感心しますが、それが妹さんの野田マサさんによって戦後もずっと保存されていた。

そしてマサさんと溝口さんが、旧制中学の先輩後輩にあたる関係にあったことから、資料を整理することになり、ようやく12年の歳月をかけて、今回の出版に至ったのです。

野田大尉は、百人斬り南京裁判という茶番で、死刑となりましたが、彼のその遺書の中には、次の文言があります。

~~~~~~~
私のビルマ時代の活躍の秘史は、もう秘める必要はありません。
ビルマは既に独立したのですから。

刻々迫り来る死期ではありますが、忠臣蔵を読んだり、遺書を書いたり、煙草を吸ったり、糞をたれたり、飯はどんぶりに相変わらず二杯食ったりです。呵々。

小生、南京屠殺事件にひっかけられて、死刑宣告。
無実の罪だが、日本が敗れたから仕方がない。

私の潔白は、知る人ぞ知る。
死して護国の鬼となる。
さらば。

ビルマ時代の諸兄によろしく。
~~~~~~~

最後の瞬間まで、護国のことと、ビルマの友を忘れずにいた野田大尉。
その野田大尉とビルマの歴史の真実を、たっぷりと堪能できる本です。

戦時中の物語だけれど、ぜんぜん難しくない。
むしろ、野田大尉という素晴らしい日本人に、ぐいぐいと惹かれていきます。

「秘録・ビルマ独立と日本人参謀: 野田毅陣中日記 」
もう、絶対おススメです。

関連記事
◆絵具(えのぐ)と戦争
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1247.html
◆ビルマの建国に学ぶ
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-697.html



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

桜子

No title
本当に胸の痛む話です。

国の為命を捧げ、おまけに言われも無い罪を着せられどれ程の英霊の方達が処刑された事か。
負けた故に、それを嘘だと言う術も持たず、反論も出来ず、またあえて女々しく反論もせず全ての責任を負い逝かれた方達。

この方達の声無き声を私達日本人が解ってあげるのが、せめてもの供養になるのではと思います。
又、残されたご家族のお気持ちを思うと何と申し上げてよいか解りません。

そしてもっと悲しいのはこんな嘘を平気で子供達に教えていると言う事です。

柴マメちゃん

No title
百人切りすごいです。刀の刃が丸まりそう。

amotoyamatotake

百人斬り授業を許すな
教材研究もまともにできない無能教師を首にするべき。職務忠実義務や法令遵守義務違反で馘首せよ。百人斬り教育を許すな!!

抗議先や詳細はURLへ!!

環境大学新聞

皇室や糸屋ゆかりの大根焚きと粕汁
明治から平氏や藤原氏に閑院宮などの氏士族と本百姓に

家賃も払わず苗床を荒し種籾まで食あさり

GHQや裁判所の命令を無視した族が行って来た

文化破壊や歴史改竄の末に96年晩秋頃に行った事を

100条委員会で追及する様に活動しませんか。

桜子

No title
東シナ海で軍事活動の可能性=中国を警戒ー防衛省

南シナ海、次は東シナ海、可能性大でしょうね。
そりゃそうでしょう、行け行け、どんどんですよ。
あちらさんとしては近隣諸国見回してもこれと言う軍事力もない、おまけに日本なんぞはアメリカの傘の下、ついでのおまけに自衛隊は持ってるが憲法9条で雁字搦め、日本が動けないというのは百も承知、その上おまけに嘘の情報(誤歴史認識)を流し信じ込ませる。
つまり口封じです。
嘘も百回言えば本当になると言いますが、こんな馬鹿げた嘘を信じてる日本人がいる事自体おかしな話です。

要は手足を縛り上げられた上に猿轡を(ガムテープで口を塞がれた状態)され、その様な状態で外交なんぞが出来ますか!
国が守れますか!
こんな事言うとすぐ「喧嘩しろと言ってる」というOホがいますが
誰も喧嘩しろと言ってるのではありませんよ。
対等の立場でないと外交はできないでしょう?
もっと言うと国と国との交渉です、命がけの交渉です。
隣組み、町内会の話し合いとは訳が違います。
相手が鉄砲を持っているとしましょう、そんな所にのこのこと素手でいかれますか?
同じ条件で行くべきだと言ってるのです。
時代は変化しています、それに応じた対応も必要だという事を言ってるのです。

特亜しかり、ロシアしかり、平和ボケしてる時間なぞ無いように思えるのですが、、。
日本丸は何処へいくのでしょうか、、、。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク