大相撲、ちょっといい話



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

北の湖


上にある北の湖の写真、いいですね。

以下は、日心会でTさんが投稿くださった、ちょっといい話です。

~~~~~~~~
【ちょっといい話大相撲】

日本人横綱待望論が出て久しいですが、その筆頭候補にあがるのが大関稀勢の里。
下降中の大相撲人気を上昇気流に乗せたいところなのでしょう。

しかしながら、各種多彩な娯楽が多くなったゆえか、大相撲の人気がそう簡単に上昇するかどうか。
さらに、八百長までやられた火には、客層が離れても仕方のないことなのでしょう。

激しい稽古を、嫌う人々も増えて来たことも原因かもしれません。
この激しすぎる稽古が子供騙しとも思えるくらいの血反吐をはく稽古をしたお相撲さんがいます。
横綱「栃錦」と「若乃花」です。
引退後は、春日野親方/二子山親方として各界を引っ張りました。

栃錦の春日野は、理事長時代に両国に新しい国技館を作ったのです。
そうです、昭和60年から使用された建物です。

「なんとかして、国技館を両国に戻したい」
春日野の永年の夢でありました。

この大事業を、なんと借金無しでやり遂げたのです。
一方で、どう計算しても建設費用が十億円ばかり足りません。

そこで、春日野は、事業部の二子山と一緒に建設を請け負ってくれた鹿島建設に出向き、この十億円をまけさせてしまったのです。

鹿島の社長「栃若ご両人に来られちゃ、かないません」
春日野曰く「私たちは、相手を負かすのが商売ですから」


小坂秀二 「大相撲ちょっといい話」文春文庫からの抜粋です。
~~~~~~~~~

春日野理事長曰く「私たちは、相手を負かすのが商売ですから」、いいですね。
なんだか胸のスッとするお話です。

そういえば、こないだから書こう書こうと思いながら、日にちばかり経ってしまったのが日本相撲協会のお話です。

過ぐる1月30日に、日本相撲協会に北の湖親方以下8人の新理事が誕生しました。
これについて、各メディアは一斉に反発した。

反発の理由は、
「不始末で退いた責任者を再び担ぎ出すのは非常識」というものです。

ネットで検索したら、その意見の要約と思える記事が見つかったので、ちょっと転載します。

~~~~~~~~~~
【相撲協会の新体制 改革の逆戻り許されぬ】
中国新聞、1月31日
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201201310092.html

日本相撲協会の理事長に北の湖親方が選ばれた。返り咲きは史上初という。

北の湖親方が4年前、任期半ばで理事長を辞任したのはロシア出身力士の大麻使用問題が理由だった。
不始末で退いた責任者を再び担ぎ出すのは、一般常識では考えにくい。
角界の人材不足を嘆く声が出るのも無理はない。

親方衆の受けはいいが、改革を主導する手腕は未知数との指摘もある。
慣習を守ろうとする勢力が再び活気づくのではとの懸念も広がっているようだ。

新執行部が毅然(きぜん)として改革を実行しない限り、ファンの相撲離れも止まるまい。
協会は税制面で優遇される公益法人への移行を目指している。

だが力士暴行死事件や暴力団との黒い交際、野球賭博、八百長問題と、一連の不祥事は「公益性」とは対極の体質を露呈させた。

前執行部は先週、組織改革の工程表を文部科学省に提出したばかりだ。
長年の懸案である年寄名跡問題については「金銭による授受を禁止し、将来的に協会で管理する」との方針を盛り込んだ。

「親方株」とも呼ばれる年寄名跡は、協会の役員になったり、相撲部屋をつくったりするために必要な資格である。
ところが多額な金銭で譲渡されてきた。
売買の禁止は当然といえよう。
引き続き、カネに支配されたいびつな師弟関係の一掃へと進めてもらいたい。

改革すべき点はそれだけにとどまらない。
外部有識者でつくるガバナンス(統治)委員会は昨年2月、年寄名跡問題とともに、さまざまな改善策を協会に求めた。

その一つが、理事の約半数は外部から起用すべきだとの提案である。
しかし今回の理事選にしても内輪の10人を改選しただけで、2人の外部理事を大幅に増やそうとの動きはまだみられない。

不祥事のたびに角界の閉鎖的な体質が問題視されてきた。
外部の声に聞く耳を持たず、なれ合いを続ける姿勢では、新執行部の改革意識そのものが疑われよう。

親方一人一人の指導力も問われる。
各部屋のあり方についてガバナンス委は協会直轄の組織とするよう求めたが、結局は協会から業務委託を受ける形で師匠が部屋の運営に当たる方向という。

ここは日々の指導のなかで、心身ともに強く、不祥事に手を染めない弟子を育てていく原点に立ち戻るしかない。
その意味で八百長問題の真相解明や再発防止策が十分かどうか、いま一度の再点検も必要だろう。

今年の初場所は客の減少ぶりが際立った。
離れたファンの心を再び引き寄せるためにも、力士がその技と力でぶつかり合う土俵の醍醐味(だいごみ)を取り戻していく営みが欠かせない。

新執行部は角界の「信頼」がかかった正念場だと自覚すべきだ。改革を後戻りさせない第一歩は、より開かれた組織へと改めることにほかなるまい。
~~~~~~~~~~

一読してみなさんはどうお感じになられたでしょうか。
ボクが感じたのは、よくもまあ図々しく左翼用語を並べたものだ、というものです。

曰く
「一般常識では考えにくい」
「改革を主導する手腕は未知数」
「改革を実行」
「公益性とは対極の体質」
「カネに支配されたいびつな師弟関係の一掃」
「外部有識者」
「閉鎖的な体質」
「改革意識そのものが疑われる」
「より開かれた組織」等々

そもそもこの記事には、書いた記者の記名がありません。
いつも思うことですが、新聞社がこうした左翼的煽動記事を書く時は、絶対にいつも無記名です。
逆に、伝統や文化を大事にしようといった、しっかりとした内容の記事には記者の名前がある。

加えて、上の「」の言葉。
これって全部そのまま、相撲協会を否定している大手新聞社やテレビ局自身のことなのではないでしょうか。

一般常識では考えにくい従軍慰安婦のねつ造や偏向報道。
改革を主導するどころか改革意識自体がないという、どうしようもない堕落した体質。
メディアの公益性を忘れた売国偏向ぶり。
カネに支配された閉鎖的体質、等々、ことごとく彼らの批判は、彼ら自身にあてはまる。

いまどきのメディアに、日本の伝統格技である大相撲を批判をする資格などない。

そもそも相撲は、プロの行う興行です。
素人には真似のできない厳しい訓練に耐え、自らの精神と肉体を鍛え上げ、相撲部屋ごとに家族として一体化して場所に挑む。

その力士たちの姿の中に、厳しい試練に耐えながらも立派に生きる姿を見出し、観客はそれぞれの力士の人生に声援を送る。そういう伝統格技の興行です。

それをただのスポーツに格下げした張本人のマスメディアが、角界の人材不足が聞いて呆れます。
人材不足は、そのマスメディアのことなのではないか。

相撲協会のことは相撲協会に任せれば良いのです。
ボクはそう思う。

北の湖親方をはじめ、各理事のみなさんを、ボクはそのまま応援していきたいと思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

日本相撲協会 錬成歌


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

大阪人

No title
素浪人さんの様な発想の方は、
御自分が洗脳されている事を理解されていないか、
独り善がりの考えの浅い方か、
あるいはある種の工作員か、
なのでしょうね。
同様に、
白鵬賛美の方達も
彼の八百長を見抜けない
世間知らずの方たちなのでしょう。

遠藤

心・技・体
 相撲は心・技・体といわれます。ただ星勘定だけよければいいというのではありません。並び立つライバルのない中で一人勝ちしていてもそれはあまり価値はないのではないかと私は思っています。

 双葉山の時代以降にも常に並び立つライバルがいました。今は白鵬のライバルは存在しません。そんな中ではちょっとねと思うのですが。

 それに「心」の部分がモンゴル人に本当に分かるのだろうかと私は疑問を抱いているのです。それは土俵の上での白鵬のちょっとした態度で感じるとることができます。

-

白鵬が双葉山になりたいと言うのは、真実だと思います。唯一玉の海が双葉山二世とも言われて、もう40年経ちます。白鵬の相撲に対する真摯な姿勢を認めてあげて下さい。双葉を越える力士はそうそう出現しません。大鵬も無理だった。しかも大鵬を越える力士もこの40年出てないのですから。谷風以来、大横綱と言うのは、約10人くらいしか居ませんが白鵬が11人目になるのを見守っていきたいと思います。

鈴木にゃん子

「左翼用語」!!
相撲ファンです。いつもマスコミの言い分にもやもやしていましたが「左翼用語」……ああ、そうか!ほんとうだ!なるほど!なんだかすっきりいたしました。

相撲に限らず、日本は今、この左翼用語を使って解体させられています。我々はこれに負けないで日本の素晴らしいところを守って行かねばと思います。

遠藤

No title
 双葉山関の70連勝を阻んだ安芸の海島は立会いで左に変化し、もぐりこんで前褌を取り二葉山関を倒しました。安芸の海はその後横綱になり、9回双葉山と対戦しますが二度と二葉山を倒すことはできませんでした。
 
 もしあの運命の勝負で安芸の海が変わり身をせず、尋常に正面から組んでいたらおそらく勝つことはなく、双葉山は70連勝、71連勝と星を重ねていたろうと思うと立会の変化は相撲の興をそぐものだと考えています。

 双葉山は右目がほとんど見えず、そのために徴兵検査にも落ちています。ひた隠しに隠していたのですが、それを見破って変化で勝った安芸の海の研究熱心による勝利は否定しませんが、その後の対戦成績を見ると、もし立会いでがっぷり四つに組んでいたらどうなっていたか、、、とかえすがえすも残念でなりません。

 失礼を省みず、つまらぬことを愚痴ってしまいました。

マタンゴ

国技館は防災拠点として設計、建設された
国技館は設計の時に、関東大震災を前提にして、防災拠点機能を追求した施設です。
雨水は、地下貯水により緊急時の水源となります。
貯蔵庫には、災害時のための食品、毛布などの多種類の物資が大量に貯蔵されています。
その他、様々な防災機能がつけられた建物です。

なぜなら、国技館の隣接地は、関東大震災で避難民4万人が焼死した場所で、
現在は震災記念堂になっている場所だからです。

震災記念堂の周りは公園になっていて、公園内には、
震災記念の博物館があり、炎の竜巻で避難民4万人が、
焼死した詳細が展示してあります。

こういう場所なので、
国技館の設計では防災拠点機能を追求したのです。

相撲協会の英断のたまものが、現在の国技館です。
3.11を経験した現在。
改めて、国技館の防災拠点機能を周知すると共に、
現在の知見で、設備や備蓄品などを見直すことが大切だと思います。

amotoyamatotake

在特会長崎支部が公開質問
いい話に上げにくいのですが、すいません。よろしくお願いします。

学校教育は日常管理がなされていない可能性が高い。通常の授業もそうだが、総合の時間はカルトや日教組のやりたい放題になっている可能性が高い。在特会長崎支部が教育の闇へ切り込む。

百人斬り授業を突破口に教育を反日から救いましょう。

公開質問は在特会
http://www.zaitokukai.info/modules/wordpress/index.php?p=392

抗議先などはURLへ!!公開質問も転載してあります。

-

「改革」はうるさいよ
おっしゃるとおり
相撲協会のことは協会に任せるべきです
だいたい相撲に限らず、どこもかしこも
改革・改革でうるさくてかないません
それと横文字の多い事も気分が悪いです
このブログの目的である「日本人は日本人の心」を
取り戻さないといけません

改革と言う名を借りた破壊行為はうんざりです
横文字並べて高尚ぶるのも気色悪いです

改革なんて止めて「日本の精神の復興運動」で
日本は立派にやっていけると密かに心の底で確信してます

環境大学新聞

皇室や糸屋ゆかりの大根焚と粕汁
明治から平氏や藤原氏に閑院宮などの氏士族と本百姓に
群がって苗床荒し五月蝿く憑纏い生活保護を享ても
種籾をあさり家賃や売上も計算していた族が行った
略奪や文化破壊や歴史改竄の末にGHQと裁判所の命令を
無視し行った事や96年晩秋頃に起こした出来事を
100条委員会で追及する活動をしませんか。

-

人類の長所を残している日本
本来の人類はやさしく、思いやりがあり、嘘はつかず、忍耐強く、勇気のある集団であったと思っています。 度重なる戦争、内乱で、これら長所を持つ人は少なくなりました。 日本では戦争、内乱が極めて少なかったため、人類の古格ともいうべきものを保持しています。遺伝的にはバイカル湖付近のブリヤート人、チベット人が日本人と共通と言われています。いずれも思いやりのある、優しい人たちです。 滅びてほしくない民族です。

素浪人

No title
小生は、残念ながら日本相撲協会は解散し、プロである大相撲も日本の歴史から無くすべきと考えています。その理由は、取り組みの制度的に、八百長を防ぐことが不可能と考えるからです。先の不祥事では、携帯電話の所持をさせる、させないなどと瑣末的なことが問題にもなりましたが、仮に現代の各種通信手段(メール、携帯、電話など)を全部禁止にした所で、幾らでも力士同士の意思伝達手段はあり、無駄だと思います。従って、大相撲を廃止し、神社などに於ける奉納相撲のみを伝統として残せば良いと考えています。

猫のひげ

No title
まさにその通りです。
大相撲はスポーツではなく儀式であり、演しものであり、伝統行事であり、格式であり、文化ですよね。
ただ、なんでもいいから勝ちさえすれば良いというものではありません。

戦う相手と息を合わせなくては始まらない、このユニークさ。
ごっつぁん相撲も時には結構。素人に判るようでは情けないですが、何が起きても結局は強いものが上位に行くようにできているのが大相撲なんですから。
プロレス等について「八百長」と騒がないのは、大相撲があまりに日本的だからでしょう。マスメディアは日本の伝統、文化を何が何でも貶めなくては済まない、隣の外国人とうすらサヨクによってなりたっているので、まあこんなもんですね。
サヨク的思考の青臭い記者の考えるほど軽い世界ではありません。

栃若が鹿島建設に勝ったのはお見事。鹿島建設も素晴らしい。栃錦は技の切れがよくて俊敏で素晴らしい関取でしたな。

otama

世界の多様性を護る国・日本
日本について考える。
世界の中の日本について考える。

客観的に、即ち自分自身が日本人であることを一旦忘れて、冷静に考えれば、「世界は日本に感謝すべきである」ことが実によく分かる。これもまた、独善でも無ければ思い上がりでもない。世界には二百近い国家がある。その中で、人類全体の規模で考えて、その一員として感謝すべき国が歴然としてある。その中の一つが日本であると言っているだけの話である……
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-652.html


報道2001麻生さん生出演
2012-02-12 22:45:28
この明るさ。愚問をバシバシ論破。
こんだけ経済のことを分かりやすく、明るく言える政治家はいない。

やはり麻生さんは良い。
もう一度第一線に戻ってきていただきたいと熱望する。

ところで、ここに出ている古市とか言う若造は何だ?
思考力ゼロなの?
こーゆーのを出して「報道番組」と謳うフジの神経はやはりイカレテいる。
http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11163134791.html

動画が消されていれば、ここ
麻生太郎とおじいちゃん無双 あとバカ社会学者
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16948422


とてつもない日本のデフレ脱却法
http://www.youtube.com/watch?v=51kWbFyYpw8


※デラシネ(deracine)ののっぺり顔、自称、国際人なる者が如何に無道徳で無責任な言動をするものか、国民の皆様も十分に学習されたのでは。

端くれの日本人

No title
それでも鹿島は一切仕事に手抜きはしなかったんだろうな
いいな 日本人

-

相撲界
 大関、横綱をめざそうとするものが、変化の立ち会いで勝ちを拾おうとして臆面もなく振る舞う様を見せつけられる時代に相撲協会の自浄などという言葉が信じられなくなっているのではないでしょうか。
 すくなくとも上位の力士が立ち合いで変化した場合、即座に負けを宣言するぐらいのことがあってもいいのでは、、、
 相撲といえば双葉山と私は思っています。現役時代を見たことはないのですが、フィルムに残された立ち会いにはほれぼれするような美しさがあります。
 白鵬関は「双葉山になりたい。」などとほざいておりましたが、私にいわせれば神をも畏れぬ大胆不敵な妄言としか思えません。
 一相撲ファンとして、一言苦言を述べさせていただきたく思います。失礼いたしました。
 
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク