都市鉱山の回収は日本に巨富をもたらす



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

都市鉱山


以下は日心会のSさんからの投稿です。
今回もとても良いお話です。

~~~~~~~~~~
【レアメタル】

昨今、ニュース等で耳にする言葉ですが、金や銀、プラチナ、アンチモン、タンタル、インジウム等々、世界的な埋蔵量が少ない希少金属の事です。

パソコンや携帯電話、最近ではハイブリッド自動車のバッテリーにも使われ、ハイテク工業生産を得意とする日本には無くてはならない貴重な資源です。

ところが、これらのレアメタルは海外から輸入される場合が多く、日本国内では産出されません。
と言うことは、日本のハイテク産業は、いくら優秀だとしても肝心のレアメタルの輸入がストップしてしまうと、脆くも崩れ去ってしまうのでしょうか?

現にChina(いわゆる中国)は、レアメタル供給を外交交渉のカードとして使い始めています。
「レアメタルを安定供給して欲しければ、我々の言うことを聞け!」と。

日本嫌いなマスコミなら、
「あぁ、やはりレアメタルを手に入れるためには、産出国の機嫌を損ねないようにしないとね。」で終わってしまうかもしれません。

本当にそうするしかないのでしょうか?

実は、そんな必要は一切ないのです!
本当は日本という国は、たいへん有望なレアメタル鉱山を持っています。
それは、「都市鉱山」と呼ばれるものです。

「都市鉱山」とは?
1980年代に東北大学の南條道夫教授らが提唱したもので、大量に廃棄される使用済み家電製品等から貴重な資源を回収し、再利用しようとする発想です。
英訳では、「urban mine(アーバンマイン)」と言います。

では、日本の都市鉱山にはどれだけの埋蔵量があるのか?
それを表す数値があります。

日本の都市鉱山の資源埋蔵量が世界の埋蔵量に占める割合の数値なのですが、
一部を紹介しますと、

イ)銀     22.42%  世界第1位
ロ)アンチモン 19.13%  世界第3位
ハ)金     16.36%  世界第1位
ニ)インジウム 15.50%  世界第2位
ホ)スズ    10.85%  世界第5位
ヘ)タンタル  10.41%  世界第3位
ト)銅      8.06%  世界第2位
チ)プラチナ   3.59%  世界第3位

ここまで紹介した資源のうち、(イ)~(ヘ)までがなんと、世界の埋蔵量のうち一割以上が日本の都市鉱山に存在しています。
つまり、実は日本は世界トップクラスのレアメタル大国なのです。

また、都市鉱山は天然鉱山よりも資源含有量が高いというメリットがあります。
金を例に挙げると、金鉱石1トンから抽出される金は約5グラム程度です。
しかし携帯電話1トンからは、約300グラムは抽出出来ると言われています。

日本の都市鉱山は資源の種類の豊富さや、その埋蔵量からも大変有望な鉱山なのです。

もちろん課題もあります。
まずは、使用済み機器の回収です。

ユーザーが使った後、きちんとリサイクルされずに野山に不法投棄されたり、回収されないまま家庭の中にうずもれてしまったりするケースがあります。
正しくリサイクルすれば貴重な資源なのに、たいへんもったいない話です。

さらに、都市鉱山の将来性には諸外国も無視していません。
近年、海外は輸出される使用済みパソコンの量が増加しています。

つまり、日本国内にある貴重な資源が海外へ流出している事例があるのです。
これらを防ぐためには、日本の国益を守る事を目的とした輸出規制などが望まれます。

「日本は資源のない国なんだ。だから世界中の国々と仲良くしないと生きていけないんだ。」
今の日本では学校でも、マスコミでも、そのような風潮ですね。

世界の国々と仲良くするのは、もちろん結構です。
しかしそれは、頭を低くしてペコペコすることとはまるで異なる。

レアメタルに関して言えば、「日本は資源の無い国」では決してない。
日本は豊富なレアメタル資源を持ち、それらを使って世界中の誰もが舌を巻く優れたものづくりで今後も世界をリード出来る国なのです。

日本人が胸を張って、「日本は資源が豊富な国である」と言えるようにしたいものですね。
~~~~~~~~~

たいへん素晴らしいお話なので、転載させていただきました。

レアメタルとは、プラチナやインジウムなど、地球にあまり多く存在しない31種類の金属をいいます。
そのレアメタルを含んだまま廃棄された電気製品等が、今回の「都市鉱山」です。

けれどその都市鉱山となる廃棄家電の山は、ほとんど全てがChinaに輸出されています。
理由は、日本国内でレアメタルの抽出をするのは「費用が非常に高くつく」からだ、と多くの日本人が思い込まされています。

けれど、ちょっと考えると、これはおかしなことです。
むしろ、そう思い込まされている、そのように刷り込まれている、と言った方がいい。

どういうことかというと、たとえば金(Gold)です。

金(Gold)の日本国内の都市鉱山埋蔵量は、6,800トンです。
これは世界全体の金の埋蔵量の、およそ16%にあたります。

言い換えれば、世界の富の16%が、日本国内にある。
ちなみに金相場を1gあたり4,500円で換算すると、6,800トンというのは、約31兆円にあたります。

31兆円というとほうもない金額です。
東日本大震災で破壊された町を、すっかり元通りに復旧する費用の倍以上の金額が、都市鉱山として国内に眠り、それが廃棄家電として、まるごとChinaに流出しているのです。

にも関わらず、「回収費用が高くつく」。これでは理由にすらなりません。
つまり、「日本国民は政治やメディアに頭から騙されている」ということになります。

それだけではありません。
レアメタルのうちインジウムは、世界の推定埋蔵量2,800トンに対し、日本国内の埋蔵分が1,700トンです。
これは、国別の埋蔵量で世界第1位です。

白金は2,500トンです。
これは世界の年間消費量のおよそ6倍です。

なんとレアメタル20種類のうち、アルミニウム やクロム、タングステン を除く17種類が、世界の年間消費量を上回っている。
ほとんどの希少金属の蓄積量が、世界の年間消費量の2~3年分日本国内に備蓄されているのです。

レアメタルの回収とリサイクルを、日本国の政府事業として実現するだけで、その経済効果はどれほど大きなものとなるか。国富がどれだけ大きなものとなるか。

技術がないなどとは、とんでもない。
日本こそ、世界一の回収技術を持っている。

もっといえば、そのレアメタルの回収リサイクルによって生まれる富を国防費に回せば、さらにその経済効果は約100倍に増加するとさえ言われています。
日本国政府の国債償還が政府予算を圧迫しているというけれど、レアメタルを国防に活かすだけで、政府の負債など、数年で全部消えてなくなるほどの富が、そこにある。

それが、まるごとタダ同然で、「廃棄物」としてChinaに流出しているのです。

自国への誇りと愛国護国の心を失った政治は、最早、日本人の日本人による日本人のための政治ではない。

みなさん、そう思われませんか?

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

リサイクルのためのマテリアル粉砕 - 鉱山技術を環境技術へ応用


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

まさ

No title
リサイクル産業てわけありの会社が多いですね。
まず、現在の法律から見直ししなければならないでしょう。

コスト

No title
中国でのレアアースの採掘は、環境汚染問題を無視して実施されているでしょうから、コストはかなり低く抑えることができます。もし日本に中国と同じ程度の含有率の鉱山があったとしても、人件費と環境汚染対策費を考えると中国の低コストにははるかに及ばないでしょう。
都市鉱山も同様ではないでしょうか。金メッキをはがすためにはかなり強力な薬品を使う必要があります。そういうことを日本でした場合、廃液処理にかなりのコストがかかります。中国では多分垂れ流しですから日本はコスト的に太刀打ち不可能です。
そのあたりについてはどうお考えなのでしょうか。

bunkataisi

早速調べてみました。
鉱工業部門で好調な営業成績を上げている日鉄鉱業に問い合わせてみましたが、今は本業の鉱山開発で頑張っているようです。
レアメタルのリサイクルが大企業や国家的規模で展開されるのはもう少し時間が掛かりそうですね。
去年見学したリサイクルセンターではレアメタルのリサイクルや焼却熱を利用した発電で相当収益を上げているようでした。

必見動画

No title
TPP推進を表明した維新の会 彼らの目標としている道州制、地方分権は非常に危険だと言う事がよくわかります。是非ご覧下さい。
また拡散して頂ければと思います。 TPPの危険を指摘してこられた中野剛志氏のボス、藤井聡教授が熱く警告! 必見です!

橋下維新の唱える地方分権とは日本人総不幸化計画
http://www.youtube.com/watch?v=vv8Bv37_ehs

優勢民営化や政権交代!などなど、マスコミの無責任な煽りに騙され、多くの国民が間違った判断をした結果、格差は広がり悲惨な現状となっています。これ以上、マスコミの煽りにだまされてはいけません。橋下徹氏の「船中八策」は危険です!!!

amotoyamatotake

全ては費用対効果
リサイクルは儲かればするものです。レアメタルが高騰すればいいのですよ。簡単です。

百人斬り授業を行った日教組教師を許さないそしてそれを放置している教育委員会へ批判の声をあげましょう。抗議先はURLへ。

田舎のメトロポリタン

新*潟*総*領*事*館と*人*権*法*案
みなさま既にご承知のとおり,中*共*総*領*事*館による新潟市内での広大な土地買収が行われていました。

日本海側の拠点となり,東京へは幹線道路を通じてあっという間に届いてしまうという恐ろしい事態です。

加えて,3月に人権救済侵害法案が国会に提出されるとか。

www.sns-freejapan.jp/2012/02/10/jinken-4/

まったく怖すぎます。

少しでも多くの皆様にこの事実を共有していただき,事前に防ぐことができればと思っています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク