義民松木庄左衛門



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

松木庄左衛門
松木庄左衛門


日本がいま、全国的に不況にあえぎ、しかもすでに危険水準を大幅に越えている円高によって輸出産業が大打撃を受け、その一方で円高でありながら石油製品類が値上となるなど、極めて厳しい状況にある中で、民主党野田政権が主張しているのは「増税」です。
いったいどこをどう受け止めたらそういう政治になるのか、まったく理解に苦しむ。

「バカにつける薬はない」「バカに何を言ってもはじまらない」とよく言いますが、日本の目下の最大の喜劇は、日本人がそのバカに騙されて政権与党の座を与え、そのバカの中のとびきりのバカが内閣閣僚となっているという現実です。
「日本人に目覚めて欲しい」
いまやその思いは、単に日本だけのものではなく、諸外国からも同様の願いが届けられるようになって来ています。
気付いていないのは日本人だけです。
もう、いい加減、目覚めて欲しい。
そう思います。

さて、江戸時代の初め頃、増税に反対してひとり立ち上がり、命と引き換えに減税を果たした若者がいます。
その物語を福井県若狭のFさんから教えていただきましたので、今日はそのお話をご紹介をしようと思います。

名前を「松木庄左衛門(まつのき しょうざえもん)といいます。
彼は若干16歳にして庄屋の跡取りとなり、近隣の庄屋の総代として自ら先頭に立って領民救済の旗印を掲げ、実に嘆願すること十数回、九年間ものあいだ訴えを繰り返し、最後は逮捕投獄されてしまう。
そして酷い拷問を受け、28歳で処刑され、若い命を散しています。

そこで、この物語について、背景から順にみていきたいと思います。

場所は、いまの福井県の三方上中郡若狭町のあたりです。
このあたりは、昔は「若狭国」(8万石)でした。
瀬山に城があり、豊臣政権時代にここを治めていた城主が木下勝俊(きのしたかつとし)です。

名前が「木下」でわかる通り、木下勝俊は、木下藤吉郎(のちの秀吉)の親戚です。
たいへんな和歌の才に恵まれた人としても有名で、和歌の師匠が細川幽斎、そして弟子が松尾芭蕉です。

その木下勝俊は、関ヶ原の戦いで豊臣方として戦います。
要するに負けてしまったわけで、江戸幕府によって改易され、若狭国はその後を京極高次(きょうごく たかつぐ)が継いでいます。

京極家は、平安時代から続く近江源氏の名門です。
ところが浅井氏の下克上を受けて没落してしまう。
その浅井家は、浅井長政の時代に、信長に滅ぼされています。

さて、浅井氏が滅ぼされたとき、京極高次は、浅井氏の庇護を受け、浅井長政の姉を妻に迎えています。
キリシタンとしても有名なこの女性は、後に京極マリアと呼ばれる。

本能寺の変のとき、京極高次は明智光秀側についています。
けれど秀吉に破れ、追われる身となる。
ところが世間は狭いものです。

高次の妹の竜子が秀吉の側室だったことから、閨閥の力で後に許されて、京極高次は、近江大津城6万石の大名に復活するのです。

そして関ヶ原の戦いのとき、迫り来る西軍の毛利元康(西軍総大将毛利輝元の叔父)、立花宗茂の連合軍4万を相手に、京極高次は、勇猛果敢篭城戦を戦い、毛利、立花の大軍を大津に足止めしてしまうのです。

まる二週間の篭城戦で、結局城は落ちるのだけれど、このときの京極高次の活躍で、毛利、立花の4万の大軍をひきつけ、関ヶ原に「間に合わせなかった」という功績で、高次は若狭一国8万5千石に加増転封され瀬山城に入ったのです。

瀬山城にはいった京極高次は、大坂の陣を控えた徳川家康の命によって、新たに日本海と北川と南川に囲まれた雲浜に、小浜城を築城します。

松木庄左衛門の物語は、ここからはじまります。

家康の命によって小浜城の建設の建設をはじめた京極高次ですが、戦続きで戦費がかさむ中で、さらにあたらな築城を行ったわけです。
当然のことながら、藩の財政がきわめて厳しく、借金もぐれの財政状況です。

そこで京極高次は、大豆納の年貢1俵の基準を、1俵あたり4斗から4斗5升に、つまり12.5%の大幅増税を行いました。
これが慶長5(1600)年のできごとです。

築城で多くの農民が駆り出されています。そこへ加えて増税したわけです。
これは藩民の大きな抵抗があったと思いきや、その時点では、むしろ藩民たちは協力的だったのです。

まず第一に、藩民たちは源平の時代から続く源氏の名門である京極家が藩主となることを、大変喜んでいた。
そして小浜城の建設も、その喜びの中で行われています。

また増税も、この頃の城主は、単に上意下達で一方的な増税はしていません。
領民の代表を招き、事情を話し、藩民たちの協力を得る形で互いに納得ずくで増税したのです。

ですから増税を実施していながら、藩内はたいへんよくまとまっていたし、治安も維持され、京極高次は、その治世の優秀さから、家康から素晴らしいとお褒めの手紙まで受け取っています。

ところが、1俵あたり4斗から4斗5升(12.5%)という増税は、その瞬間には民に大きな影響は出ないものの、その増税負担は、年を追う毎にボディーブローのように藩民の生活を「徐々に」圧迫したのです。

ここに増税の大きな問題点があります。
税率が1割強あがるということは、民にいざというときの「蓄え」が出来なくなるという事態を招きます。
そうなると凶作のときなど、たちまち領民の生活は圧迫される。
豊かだったはずの若狭藩の農民は、徐々に生活を圧迫されはじめたのです。

そこへさえらに追い打ちがかかります。
京極家が寛永14(1637)年に「お取り潰し」に遭ってしまうのです。

そもそも京極高次が若狭藩にはいってきたのは慶長5(1600)年のことなのですが、その9年後の慶長14(1609)年、高次は、わずか47歳で急逝してしまったのです。

た京極高次に代わって跡目を継いだのは、息子の京極忠高です。
ところが忠高も、寛永14(1637)年に急死してしまったのです。

問題は、この忠高に、嫡子がいなかったことです。

当時の大名家は、跡継ぎがいなければ改易です。
つまり藩がお取り潰しになる。

嫡子がないのなら、側室に男子を産ませれば良いのですが、忠高の正室は将軍家の娘であり、そうそう簡単に側室というわけにいかなかったようです。

結果、跡目のいない京極家は、養子の京極高和を跡目にして家を存続させようと運動するのだけれど、結局認められず、京極家は播磨龍野藩6万石へと移封減俸となって、さらに讃岐丸亀藩6万石へと転封になってしまいます。
讃岐の丸亀といえば、最近では「うどん」で有名ですよね。

そして京極家が去った若狭藩に、新たにはいってきた城主が、酒井忠勝です。
酒井忠勝は、徳川三代将軍家光にたいへん重用された重臣で、徳川家の老中の家柄。しかも老中職を離れたあとも、幕閣内に隠然とした勢力を保持し、後の大老職の原型をなした大物中の大物です。

その酒井忠勝が、埼玉の川越藩から転封となり、大幅に加増されて若狭にやってきたわけです。

これはもう地元としては、京極家の引っ越し、酒井家の受け入れと、大物城主の出入りでたいへんな物入りとなった。
おかげで、寛永14(1637)年頃には、藩内の民はすっかり疲弊し、袖を振っても何も出てこないという状況となった。

こうした事態を受けて、慶安元(1638)年には、若狭国内252ヶ村の庄屋さんたちが集まって、郡代官所に減税のための陳情を行うという事態にまで発展するのです。

この年、松木庄左衛門は、まだ若干16歳です。
松木の庄屋の跡を継いだばかり。

けれど義侠心に富み、正義感の強い庄左衛門は、自然と集まった庄屋さんたちのリーダー的存在となり、この年、約20名の庄屋さん代表たちと一緒に、代官所に減税のための陳情を行ったのです。

そして減税を嘆願すること、十数回、実に九年間。
ついに慶安元(1648)年、直訴を繰り返していた代表の庄屋さんたちは、投獄されてしまいます。

この逮捕のときのエピソードがあります。

嘆願の代表者たちは、強訴の罪により逮捕投獄されてしまうのですが、このとき、新道の松木庄左街門のところにも、もちろん捕手が駆けつけました。

ちょうどそのとき、庄左衛門は家にいて、母の前で謡の「田村」の曲をうたって聞かせていたところだったそうです。
若くして父を失った庄左衛門は、母をとても大事にしていたのです。
母もまた、わが子の良い理解者でした。

直ちに彼を召し捕ろうとする役人に向かって青年庄左衛門は、

「今しばらく。母を慰めるためのこの一曲、うたい終わるまでお待ちくだされ」と、願いでたのだそうです。

まるで芝居の名場面を見るような情景ですが、しばし猶予を与えた捕方たちが見守る中、まったく動揺の気配さえもみせず、庄左衛門は、朗々と謡を続けていたといいます。

このような日のあることはすでに覚悟していたのでしょう。
そしてこれが、母への最後の孝養となることをも思っていたのかもしれません。

そして逮捕投獄された庄左衛門は、以後二度と母や弟の待ちわびるわが家へ帰ることはなかったのです。

このとき投獄された同志の庄屋は、他にも数名います。
けれど実際に投獄されると、その恐れや疲れなどで同志の者が一人二人と去っていきます。

そして4年後には、陳情を続けるのは、ついに松木庄左衛門ただひとりになってしまう。

郡代官は、松木庄左衛門になんとか翻意させようと、拷問を加えたそうです。
年貢の減税要求を引っ込めろ、といわけです。

けれど庄左衛門は、相次ぐ拷問にも、どこまでも耐え抜いた。
そして減税の嘆願を継続します。

そしてついに、翻意しない庄左衛門は、慶安5(1652)年5月16日、日笠川原で、ただひとり、磔(はりつけ)の刑に処せられてしまう。
時に庄左衛門、若干28歳の若さでした。

そして藩主酒井忠勝によって、庄左衛門の悲願は聞き届けられます。
酒井忠勝は、この年、大豆年貢の引き下げのお布令を出したのです。

文献史料としては、酒井家の歴代藩主の言行をまとめた書「玉露叢(ぎょくろそう)」に、若狭の庄屋が共同して大豆年貢の軽減を願い出たことで、酒井忠勝が、頭である新道の庄屋、庄左衛門を今後の押さえのために処刑すると同時に、その願いの筋も道理にかなっているとして、年貢軽減を許されたことが記されているそうです。

実は、これは非常にむつかしい問題だったのです。

酒井忠勝にしてみれば、減税の嘆願を許してしまえば家臣への統率が立たない。
なぜなら、郡代官らは、民の苦しみをわかっていてなお、御定法を守らんがために、敢えて心を鬼にして庄左衛門らの訴えを退けているのです。
それを藩主が狼狽して民の肩を持ってしまったら、心を鬼にして訴えを退けていた代官らは、逆に民に不安を与えた咎で、処分の対象とならなければならない。
つまり、藩内家臣への統率が立たないのです。

一方、御法を盾に、どこまでも民の訴えを聞き届けなければ、民は疲弊し、藩民の生活は立ち行かなくなる。

酒井忠勝としては、どうしても庄左衛門の命と引き換えに、減税を行うしかなかったのだろうと思います。

この事件以降、若狭の農村では、秋に大豆がとれると一番に神棚に供えて、松木さんのご恩に感謝する習わしが行われ続けました。

またいまでも若狭町では、庄左衛門の遺徳を伝えようと、豚汁に大豆を加えたものを「長操鍋(ちょうそうなべ)」(長操は庄左衛門の号)と名付けて、イベントなどで振る舞っているのだそうです。

また昭和8年には、義民松木庄左衛門を尊敬する人たちの協力によって、松木神社が創建されています。
この神社が建っている場所は、かつて酒井藩が年貢米を収納した米蔵の跡地です。

さて、今日の物語で、たいせつなポイントが2つあります。

ひとつは、増税というものは、その増税を図った年だけの問題ではなく、後々になって民間活力を大幅に削ぎ落すものである、ということです。

消費税率を現行の5%から、いきなり10%にするということは、いま現在、不況に喘ぐ国内企業や国内消費に、大打撃を与えます。

もちろん、増税を行ったその年、その瞬間には、たとえばシステムに設定してある税率のプログラムを修正するシステム屋さんや、ごく一部の益税となる人たちなど、増税によって一時的な利益を得る人たちも一部にはあります。
また、消費税率変更となれば、大型耐久消費財などの一時的な「駆け込み需要」なども発生し、それがごく一部の企業等を潤します。

けれど、ただでさえ円高に喘ぎ、苦しくなっている日本人の台所は、増税によって確実に益々厳しさを増すことになる。

なぜなら消費税率が10%になるということは、労働者の年収に占める年間の貯蓄高が、まるごと税金で持って行かれるという事態を示しているからです。

いざというときの蓄えがなければ、どこのご家庭でも困ってしまいます。
そうなれば、当然のことながら、消費はますます縮小する。
消費が縮小するということは、ますます内需を先細りにし、景気を悪化を深刻化させ、民需を疲弊させる。

そしてその影響は、何年もかけて出てくるのです。
そうです。松木庄左衛門が立ち上がらなければならなくなったのは、若狭藩の税率改定から約40年後のことです。

いまの時代は、当時と比べたらもっと変化のスピードが速い。
ということは、ほんの数年を経ずして、日本経済はまさに泥沼にまで大きくへこむことになる。

増税というのは、単にいっときの税率の変更という問題ではないのです。
何年も先まで大きな影響が及ぶ。

そして二つ目は、いったん上げた税率は、もとに戻すのは非常にたいへんなことになる、ということです。
ひとつの税制が生まれると、その税収を当て込んだ新たな国政の枠組みが生まれます。
それをくつがえすのは、たいへんなことなのです。

松木庄左衛門は、まだ10代の若者でありながら、ひとり勇気を持って立ち上がりました。

そしてあらゆる迫害に屈せず、初志を貫徹しました。

私たちも、私たちの国を守るために、ひとりひとりが立ち上がるときに来ています。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

親日国 日本とパラオの関係を知って!


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

さか

豆神様
いま、図書館で福井県の民話を読んでます。
若狭の荘左衛門のことを知りました。
千葉の台方・麻賀多神社に向かう途中にも同じ様な義民の方のありますね。

平泉寺のお坊さんだった当仁坊が東尋坊の、名前の由来であったことも知りました。

また検索してお邪魔するかもしれません(^o^)/。

日本人差別法案
【人害法(人権侵害救済法案)】への反対署名です。http://www.shomei.tv/project-1300.html

【小川法相「人権委員会は必要」 外国人への地方参政権に賛成】
人権委員には地方選挙権を認可された外国人が選ばれる可能性を示唆。自民党の柴山昌彦氏は逆差別の危険性を指摘。
産経2012年2月21日
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120221/plc12022110490003-n1.htm

桜子

No title
ぺリリュー島の話、戦記物で読んだ事がありますしパラオの話も知っていました。
話しは変わりますが、インドネシアでは、日本敗戦が決まった後、何千人もの日本の将兵が残り、インドネシア独立戦争を戦い尊い命を落とされています。
インドネシア独立戦争を描いた映画<ムルデカ>というのがあります。
ムルデカ=独立と言う意味です。 インドネシア軍全面協力によってつくられた映画で、DVDもあります。
インドネシアは1945年8月17日独立宣言します。
独立宣言書の日付は<05、8月17日>となっています。
05、とは皇紀2605年の05です。
インドネシア紙幣にはこの05が使われています。
そして独立戦争で亡くなった日本の将兵を手厚く埋葬し、独立記念日には感謝の意を表し、勲章も与えています。

又、インドネシアタイムスのジャマル・アリ会長は
「我々には、日本を批判するだけの韓国や中国と違って歴史とプライドがある。
「お金を出せ」などとは、360年間、わが国を支配した、オランダにさえ要求しない。」とまで述べています。

インドネシアだけではありません、ビルマ、インドなどにも日本の将兵が残り、独立の為に命をおとしています。
そして亜細亜各国から感謝されています。

こういう史実が語られなくて、何で特亜の捏造記事ばかり、その嘘が真しやかに語られるのか、日本という国はやはりおかしいです。
今も感謝の気持ちを持ち続けてくれている亜細亜の国々があるのに今の日本人本当にどうかしています。
やはり戦後教育の歪でしょうか?
金、金、で自分さえよければいい、人間として一番大切な感謝という心を忘れてしまっている様に思います。
全てに感謝できれば相手を思いやる心が生まれ、そして自分にも優しくなれるのでは?

他の国は自分の国を誇りに思ってますよ。
おそらく日本だけでしょうね、自分の国を卑下してるのは、何とも情けない話です。
まだまだ調べればいい話が沢山あります。
日本は自信を持って胸を張っていくべきです。




遠藤

No title
酒井の殿も新規に領地に赴任したとき、赴任祝いということですべてを最初から改めるゆえ、大豆の年貢も元通りの率に戻すという布告をしておけば領民は『酒井の殿様万歳』でいらぬ犠牲を出さずにすんだのではという意見は極論でしょうか。
 酒井の殿様がやったこと、物がないのに年貢だけは今までと変わらず搾り取り続けるというのを今の世で見てみると、国会議員の定員を減らすわけでもなく、今までと同じ給与を取り続けているのに、第一線で働いている公務員の給与を下げて士気を下げるだけでなく、さらに消費税という逆進性のある税(金持ちも貧乏人も収入にかかわらず同一税額)を上げようというのよりはずっとましかもしれません。
 

ノーTPP

TPP断固阻止
【TPP断固阻止】ホワイトハウス宛署名-TPPって何?まとめ What's TPP?
http://w.livedoor.jp/whattpp/d/%a1%da%a3%d4%a3%d0%a3%d0%c3%c7%b8%c7%c1%cb%bb%df%a1%db%a5%db%a5%ef%a5%a4%a5%c8%a5%cf%a5%a6%a5%b9%b0%b8%bd%f0%cc%be
TPPに反対な人は、署名に協力してください!

amotoyamatotake

人事院勧告が毒素
公務員給与を決定する人事院勧告は優良な一流企業の賃金をもとに平均を出していることは有名です。

国民の平均給与から算出されているのではないというところが驚きです。

私は、命がけの自衛官・警察・消防の賃金は平均より高給でいいと思うが、そうではない公務員の給与は国民の平均給与でいいと思います。身分保障があるのですから高給は必要ありません。もちろんほとんど民営化できると思っているので公務員自体がもっと減っていいとお思います。そのような財政改革を徹底せずに増税へ走るのはいけません。消費税は公正な税制なのでいい税制だ思います。そのかわりに相続税をなくして家族の存続や高給取りを除いた所得税の廃止などが必要です。

百人斬り授業をした教師も数千万の退職金と高額な年金が待っています。それに、教師はアルバイトをしても年金は減額しません。特権階級ですよ。絶対に許してはなりません。

モーリン

蛍大名
 立花宗茂をキーワードにしていたら、ヒットしました。
過去の記事もおもしろそうですね。ところで、京極高次は、
茶々の身内の嫁さんの斡旋で、戦いにならずに引き伸ばしに
成功していたようです。勇猛果敢とは言い難いです。
(宗茂ファンの戯言かもしれませんけど。)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク