尋常小学校修身書二年で学ぶこと



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

尋常小学校修身書
尋常小学校修身書


以前にも一度、尋常小学校の修身教科書のことをご紹介したことがあるのですが、このたびFacebookでお友達となったNさんから、「尋常小学修身書 第二学年児童用」の内容のご紹介をいただきました。

そこにあったNさんのお言葉です。
~~~~~~~~
私がこれを読んで、凄いな、と思ったのは、母の恩を先頭にもってきていることです。

母親、父親、自分、教師、年寄り、兄弟、食べ物、清潔、正直、きまりよくする、言葉使い、やくそく、人の過ちを許す。

この順番が凄いなあ、何度みても思います。

視野をだんだん広げていって、国旗が21番目、天皇陛下は23番目です。
親子から、視野を広げていくこの順番、教師が5番目、というのも、今とは大違いです。
~~~~~~~~~

その27項目の記述を以下に転載します。
教科書の本文は、小学校2年生向けなので、全部ひらがなです。
ただ、それでは読者の方々にはかえって読みにくいと思いますので、私の方で勝手に漢字仮名交じり文に直させていただきました。

とにかくご一読してみてください。
とくに書かれている「順番」に注意を払いながらお読みいただくと良いかと思います。

~~~~~~~~~~
第一 親子
お父さんが遠いところへ行きます。
おたけは、お母さんと一緒に見送っています。

第二 お母さん
おたけの弟が、夜中に泣き出しました。
お母さんは、抱き上げていろいろとなぐさめています。
お母さんのご恩を忘れてはなりません。

第三 お父さん
おたけが、可哀想な子を見ています。
この子には、お父さんがありません。
お父さんのご恩を忘れてはなりません。

第四 自分のこと
一郎がお母さんの言うことをきいて、本や筆を揃えて学校へ行きます。
自分のことは自分でせねばなりません。

第五 教師
先生が、「遅刻してはなりません」と一郎に言って聞かせました。
お母さんは、「先生の教えをよくお聞きなさい」と言いつけています。
先生の教えを聞かんと、良い人になれません。

第六 年寄り
お梅と一郎とが、年寄りの落とした銭を拾ってやっています。
年寄りを大事にせねばなりません。

第七 兄弟
一郎の下駄の鼻緒が切れました。
お梅は、その鼻緒をすげています。
兄弟は仲良くせねばなりません。

第八 食べ物
お母さんが「青い梅の実を食べてはなりません」と言って聞かせています。
食べ物に気をつけねばなりません。

第九 清潔
体をきれいにせねばなりません。
体を汚くしておくと、病気になることがあります。

第十 正直
正直な丁稚が、反物(たんもの)に傷のあるのをお客に知らせています。
この子は、大人になってから立派な商人(あきんど)になりました。

第十一 決まりよくせよ
お鶴は、おきぬの家で遊んでいましたが、12時に近くなったので帰りました。
なにごとも決まりよくせねばなりません。

第十二 言葉遣い
ひとりの子が、無礼な言葉を使いました。
他の子供がそれをとがめました。
言葉遣いを慎まねばなりません。

第十三 約束
文吉は、雨の降るのに絵本を返しに行きます。
約束したことを違えてはなりません。

第十四 人のあやまち
小太郎が文吉の鞠(まり)を失くして詫びました。
文吉は「あやまちは仕方がない」と言って咎(とが)めませんでした。
人のあやまちは許さねばなりません。

第十五 悪いすすめ
「小屋に隠れて通る人を脅そう」と友達がすすめました。
文吉と小太郎とが、それを止めました。
悪いすすめに従ってはなりません。

第十六 友達
小太郎が文吉の疲れたのを見たので、風呂敷包みを持ってやっています。
友達は助け合わねばなりません。

第十七 物を粗末に扱うな
この子が弁当箱を投げ出したので、壊れました。
「物を粗末に扱ってはなりません」と姉さんが教えています。

第十八 あやまち
正男が火鉢につまづいて、土瓶をひっくりかえしました。
あやまちをせんように、気をつけねばなりません。

第十九 拾い物
正男が拾った金を落とした子供に返しています。
拾い物を自分のものにしてはなりません。

第二十 生き物
正男の妹が、猫をいじめているのを、正男が見つけて止めています。
生き物をいじめてはなりません。

第二十一 日の丸の旗
日の丸は、日本のしるしであります。
良い旗ではありませんか。

第二十二 規則
ひとりの子供が土手に登ります。
友達が立て札を見て、それを止めています。
規則に従わねばなりません。

第二十三 天皇陛下
天皇陛下は、陸軍や海軍の大演習においでになって、軍人の働きをご覧になります。
天皇陛下のご恩を思わねばなりません。

第二十四 勇気
木口小兵が、敵の近くですこしも恐れず、三度まで勇ましく進軍のラッパを吹きました。
そのため我が軍は進んで敵を打ち破ることができましたが、小兵は弾にあたってたおれました。
あとで見たら、小兵は、ラッパを口にあてたままで死んでいました。

第二十五 勇気(続き)
我が国の水雷艇が、闇の晩に進んで行って、敵の軍艦三艘を討ち沈めました。

第二十六 人に迷惑をかけるな
この子が道ばたにゴミを捨てようとするのを、お父さんが止めています。
世間の人に迷惑をかけてはなりません。

第二十七 良い子供
この二人の子供は、先生に教えられたことを守りました。
お父さんとお母さんとが、それを褒めて、絵本を与えています。
~~~~~~~~

学校教育が知識偏重となり、徳育を放棄するようになって久しくなります。
教師が道徳を教えるのは、教師の子供に対する価値観の押しつけであり、子に対する洗脳であり、全体主義的ないし軍国主義的精神の強要で、子の自由を奪うものなのだそうです。

けれどそれはおかしな理屈です。
押しつけであれなんであれ、正しいことは正しいのです。
長い年月をかけた歴史、伝統に育まれた日本人としての正しい概念を、子供達に教えずにいることの方が、よほどおかしなことです。

子供は自由だといいながら、結果、授業中に他の生徒の迷惑も考えずに、隣の生徒とぺちゃくちゃしゃべることを放置する。
それは自由ではなく、放縦です。

社会の秩序や安定、安心して暮らせる社会というものは、自由を制限するところから生まれる。
自由が放縦ではなく、責任ある自由となるところに、社会の発展があるのです。

戦後教育は、徳育を根本にする教育として、抜本的に見直されるべきと、私は思っています。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【戦時中でも国際法遵守】 礼儀正しい日本人


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

スー

読んで感じたこと
なぜか読んでいて心が清らかになってきました。純粋だった子供の頃を思い出しました。同じ教育をするなら、人様に奉仕できる教育をしないといけないですよね。こういう教えを子供の頃から受けていたからこそ、りっぱな軍人になれたのでしょうね。まあ、中には、道をはずされた方もいらしゃったかもしれませんが、全体的には、りっぱな方々だったことが推察されますね。

桜子

No title
何時もいいお話有り難うございます。

間違っていたからこそ戦後教育(日教組)の歪が今ここに来て現れているのだと思います。
戦後、良いのも悪いのも全てを捨ててしまった事がこの結果でしょう。
人間としていかに生きるべきかと言う教え(つまり道徳)は残すべきだったと思います。
今からでも遅くはありません、政府は本腰を入れて教育問題に取り組まないと益々日本はおかしな国になるでしょう。

自由=自由と思ってる人が大多数なのでしょうね、だから自分は何をしてもいいんだと、、、。
大間違い、自由=責任でもあります。
自由は本当にいいことです。しかし責任もあるというのを教えていくべきだと思います。
責任とはつまり、人間として、してはならない事を意味していると思います。



にっぽんじん

子供の教育は強制が必要
子供の脳は白紙のキャンバスです。何も書かれていないキャンバスには正しい絵を教えて描く必要があります。それを日教組は強制はいけないとおかしなことを言います。

義務教育の義務とは何でしょうか。義務こそ強制そのものです。強制があるから子供が育つのです。自由奔放は白紙のキャンバスに何も描きません。白紙のままです。

モーリン

No title
木口小兵氏の話は勇気という扱いなのでしょうか?責任感だと思っていました。

3児の母

子供に教えたい 自分も学びたい
いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
ちょっと前の日本人が使っていた修身書、分かりやすくとても良いですね。心にすっと入ってくるのは、私が日本人だからでしょうか?

これを廃止してしまった戦後日本の教育は…
今、本屋に行くと「子供に論語を暗唱させよう」関係の本があります。読んで見ましたが、やはり大人でも理解するのに大変。でも、「意味が分からなくても、良い言葉をそらんじていれば、身につく…是非論語を子供に!云々」とのことでした。
しかし、わざわざ子供に難解な論語を暗唱させるより、この修身書を暗唱することが日本人がやるべきことなのでは、と思います。

以前、ねずきちさんが修身書を取り上げてくれたので、図書館で修身書を実際に見たことがあります。(だいたいの図書館は修身書を書庫に隠して?あり、見ようと思う人しか見れません)
絵も白黒でシンプルなのですが、かなり印象的で美しさあり、また斬新で面白く感じました。
ネットで購入出来るので、今度購入し、子どもと暗唱してみようと思います。

-

四番目を読み終えた時点で涙腺が反応していました。自分自身の幼さや反省と後悔等様々な感情が、想いがよみがえります。
殺伐とした世の中に慣れてしまっていた今の自分に改めて気付かされます。
不思議ですね、そして優しいブログです。うまく表現出来ませんが、ありがとうございます。

amotoyamatotake

ストラテジー
日本人も戦略研究をしていたんだと感心しました。

大和民族を中核とする世界政策の検討(厚生省研究部人口民族部資料 文生書院)
第1巻「戦争の人口に及ぼす影響 其1」
第2巻「戦争の人口に及ぼす影響 其2」
第3巻「大和民族を中核とする世界政策の検討 其1」
第4巻「大和民族を中核とする世界政策の検討 其2」
第5巻「大和民族を中核とする世界政策の検討 其3」
第6巻「大和民族を中核とする世界政策の検討 其4」
第7巻「大和民族を中核とする世界政策の検討 其5」
第8巻「大和民族を中核とする世界政策の検討 其6」

日本人の生存圏確保を目的とした戦略研究書のようです。国会図書館などで閲覧など見ることが出来る人はぜひどうぞ。私は読んでみたいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク