ハチ公像が待っているもの



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

渋谷駅のハチ公像
渋谷駅のハチ公像-1


東京・渋谷駅の待ち合わせ場所としても有名なハチ公前広場。
そこに置かれているのが、忠犬ハチ公の像です。

ハチは、飼い主が死亡した後も、駅前で飼い主の帰りを待ち続けた「忠犬」として知られ、最近ではその物語がハリウッドでリチャード・ギア主演で「HACHI」という映画にまでなりました。

ちなみにリチャード・ギアといえば、ジュリア・ロバーツと共演した「プリティウーマン」が有名ですが、この映画は、昭和39(1964)年に世界的大ヒット映画となったオードリーヘップバーンの「マイフェアレディ」が下地になったリメイク作品でした。

さて、映画化されたり本になったり、洋画でリメイクされたりと有名な忠犬ハチ公の物語ですが、ハチが渋谷駅前で待っていた飼い主が、これまた実在の人物で、東大農学部教授だった上野英三郎(うえのひでさぶろう)博士です。

上野博士は、三重県津市のご出身で、お生まれは明治28(1895)年です。
東大農学部を卒業し、そのまま大学院を経由して東大の教授となりました。

教授が専門としたのが「農業土木」です。
これは各個人がそれぞれ所有する農地を、合算して広大な農地とし、農業生産を担う集団的経営体の育成を図りながら高生産性農業の展開に必要となる生産基盤を整備し、食料自給率の向上に資する事を目的とする学問です。

農業土木の分野は、農地の区画整理、用排水施設、農道、客土、暗渠排水路の設営、共同経営隊の組成と運営と非常に広範なもので、上野英三郎博士は、その分野の創始者となった方です。

この農業土木の分野を創設した上野博士の教え子は3000名を超えると言われ、その思想は高橋是清の積極財政出動による公共投資における農業振興政策に幅広く応用されています。
上野博士は実に立派な方だったわけです。

その上野博士は、大正13(1924)年、秋田犬を購入します。
そして「ハチ」と名付けた。

元来犬好きだった上野博士は、ハチをことのほか可愛がります。
そして可愛がられたハチは、上野博士が出勤する際、いつも博士を渋谷駅まで見送りに行くのが日課となります。

ところが、その翌年5月21日、いつものように見送った博士が、大学の教授会の会議中に脳溢血で倒れ、そのまま急逝してしまいます。
いつまでも帰らない主人を待って、ハチは3日間も何も食べなかった。

25日には、上野博士の通夜が松濤の上野宅で行われたのですが、その日もハチは上野博士を迎えに、渋谷駅まで行き、駅から降りて来る人々の中から、博士の姿を探しながら、じっと帰りを待っていたそうです。

一方主人を失った上野家は、松濤の家を引き払い、ハチは、日本橋にある上野博士の奥さんの親戚の堀越宅にもらわれていきます。
ところがハチはなかなかその家になつかない。

やむなくハチは、浅草の親戚に引き取られることになるのですが、そこからも脱走して、渋谷まで一匹で行ってしまう。

そこで上野宅に出入りしていた植木職人の小林菊三郎さんに、ハチは面倒をみてもらうことになるのですが、ハチは、代々木にある菊三郎さんの家から、毎日、渋谷駅まで上野博士を迎えに行ってしまう。
そして腹が減ると、菊三郎さんの家に帰り、食事を済ませるとまた渋谷へ、という日々が続きます。

そのとき、ハチは、渋谷駅に向かう途中で、必ず旧上野宅に立寄り、中をのぞいていたという。

こうして、渋谷駅前で、ハチの姿は毎日見られるようになります。

ところが、人なつっこいハチは、しばしば通行人に棒で叩かれたりしていじめられます。
またあるときは、野犬捕獲人に捕まったり、またあるときは渋谷駅の小荷物室に勝手に入り込んで、駅員に追われたり、またあるときは、子供のいたずらなのでしょうか、顔の目のところに、丸く墨で書かれたり、あるいは八の字髭を書かれたり(これにはみんな笑ったそうですが)などもしたそうです。

いちばん辛いのが、渋谷駅前の露天の屋台のお客さんや、屋台のオヤジさんから、商売の邪魔だと棒でひっぱたかれたりしたこと。

そんなハチの姿をみかねて、日本犬保存会初代会長の斎藤弘吉さんが、ハチの悲しい事情を人々に知らせようと当時の朝日新聞に「いとしや老犬物語」という記事を寄稿したのが、上野博士が亡くなって8年が経った昭和7(1932)年のことでした。

いとしや老犬物語


写真にある通り、この記事は大きく取り上げられたのですが、この記事のハチの写真が、耳が垂れていることから、記者が間違って「雑種」と報道した。
このためいくどもこれを「秋田犬」と訂正させたことから、逆にこれが宣伝効果となって、ハチは人々から可愛がられるようになります。
「忠犬ハチ公」というあだ名も、このころにつけられています。

ハチのひたむきに主人を思う姿は、多くの人の心を打ち、翌昭和8(1933)年には、ハチの銅像を造ろうという話が持ち上がります。
そして全国の小中学校で寄付が集められた。
おもしろいのは、当時、ハチの物語がアメリカでも紹介され、アメリカの小中学校からもたくさんの寄付金が届けられたことです。

ハチの銅像は、彫塑家の安藤照さんという方によって造られました。
安藤さんはアトリエが渋谷区初台にあり、当時のハチの飼い主である小林さんの家と近かったのです。
銅像を造るため、小林さんは毎日安藤さんの家に通ったそうです。

この銅像が渋谷駅前に飾られると、駅の近所では、「ハチ公せんべい」「ハチ公チョコレート」などが販売されるようになりました。

そしてハチは、文部省の尋常小学校修身書の小学2年生の教科書にも掲載される。

尋常小学校二年修身教科書
尋常小学校修身「恩を忘れるな」


さて、昭和10(1935)年3月8日、ハチは渋谷駅の反対側の稲荷橋付近で、ひっそりとその生涯を閉じました。
享年13歳でした。
死因は、フィラリア病がハチの心臓にまで達したこと。
そしてハチの胃の中からは、焼き鳥の串が数本、胃につきささっていたそうです。

ハチが旅立ったあと、渋谷駅には、多くの人が押し寄せ、盛大な葬儀が執り行なわれました。
そしてハチの遺体は、上野博士の眠る青山墓地に埋葬された。

ハチの像は、その後、昭和19(1944)年、戦時中の金属回収運動の中で回収され、溶解されてしまいます。
現在のハチ公像は、昭和23(1948)年に、安藤照さんの息子さんがあらためて作りなおしたものです。

こうしてハチは、いまも渋谷駅前で、主人の帰りを待っています。

戦後の日本人が忘れているもの。
それが「忠」です。
「忠」は、真ん中の心と書きます。
自らの心の中心に置くもの。それが「忠」です。
おそらくハチにとって、主人の上野博士は、まさに心の中心だったのでしょう。

そしてその上野教授は、日本の農業を土木から支えようとした方でした。
日本は、神々から天壌無窮の神勅を受けた国です。
神話によれば、青々とした水田が広がる限り、日本は永遠に守られる。

農業は、人々の和を尊び、争いごとを嫌います。
そして人々が協力しあって作物を育て、収穫する。
協力しあうところに、日本の集団主義、家族主義という心があります。

上野博士を慕ったハチは、亡くなりました。
けれどそのハチの姿は、銅像となって、いまも渋谷の駅前に建っています。

思うに、いまも渋谷駅前で主人の帰りを待つ忠犬ハチ公の姿は、単に上野教授を待っている姿なのではなくて、農本主義であり、集団主義、家族主義であった日本の心の帰りを待つ姿、すなわち、日本の復興を待つ姿なのではないか。
そんな気がします。

最後にひとつ、これをお読みいただいた方に申し上げたいことがあります。
生きたハチは、剥製となり、国立上野科学博物館に展示されています。

ところがこのハチの剥製、なぜか国立上野科学博物館の動物コーナーに展示してあり、ネームプレートには「秋田犬ハチ」と書いてあるだけです。
以前は、きちんと由来の説明書きが添えてあったのです。
けれどいまでは、ただ名前が書いてあるだけ。
それも動物コーナーで「秋田犬ハチ」です。
これではなんのことやらさっぱりわかりません。

おかしくありませんか?
ハチは、秋田犬だから剥製になっているのでもなければ、洋画で取り上げられたからでもありません。

日本人の忠義の心を体現した、その行動が人々から愛されたから、いまもその名をとどめているのです。

なぜ国立上野科学博物館は、ハチの由来を撤去したのでしょう?
なぜ、ハチは、忠犬ハチ公ではなくて、「秋田犬ハチ」なのでしょう?

日本人が日本の良い話を語り継がなくて、いったい誰が語り継ぐというのでしょうか?
忠犬ハチ公が日本の忠義の心の象徴だから、意図的な日本人の精神性への破壊工作ですか?

こんなところにまで、日本破壊の魔の手が伸びていると思うと、ぞっとします。
この現実を、渋谷の忠犬ハチ公の物語とともに、ひとりでも多くの人に知っていただけたらと思う次第です。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

HACHIKO's last moments


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

ドッグロスになるかも!
ハチは生後2ヵ月半で秋田から東京にやって来ました。
秋田犬(あきたいぬ)の幼犬ハチの値段は30円だったそうで、現在に換算すると15万円~20万円?
今とあまり変わりませんか?
それにしても、ハチを遥々取り寄せた上野博士は無類の犬好きだったようですね。
ハチには2頭の先輩犬がいたそうですから。
さて、我家にも2頭のミニダクがいます。
甘えん坊ですが、ハチと同じような「忠誠心」はあると思います。
産まれて「誕生の喜び」を…先に逝って「命の儚さと厳しい別れ」を教えてくれるペット達。
出逢い…そして共に生きた年月…ワンコ達には感謝してます。
老犬です。
亡くしたら…老夫婦は確実に「ドッグロス」ですかね。

と金

ハチ公の死因
はじめまして

 秋田犬(アキタイヌ)は温和で無駄吠えがない犬です。

 兄弟で駆け回って遊ぶこともない頃に引き取られたことで、普通の秋田犬よりもおとなしい性格で育ったのかもしれません。

 イタズラされたりイジメにあっても、おとなしくしてるか逃げ回るだけだったと思います。


 死因は病理解剖の結果、フィラリアと癌による。 …とのことです。

 胃の内壁は、焼き鳥の串による傷跡は無かったそうです。


 ハチに焼き鳥を串ごと投げ与えた人間は、ハチが大きくて怖かったのか、犬を知らない者の仕業で大馬鹿者と思います。


 ハチの命日には、博士と出会って喜んでいる銅像が、博士の職場だった学校で披露されるそうです。


お願い
 写真をお借りしたいので、よろしくお願いいたします。

gazer

ハチは、皮を剥がれたうえで、埋葬されたと書くべき
> そしてハチの遺体は、上野博士の眠る青山墓地に埋葬された。

> ハチは、剥製となり、国立上野科学博物館に展示されています。

本文より。

どちらが正しいのですか?

あるいは、どちらも正しいのであれば
ハチの遺体は、毛皮を剥いで

剥製としたうえで、毛皮を剥がれた遺体が埋葬された
ということなのでしょうか?

iwamichi9

No title
本当に正確なハチ公像を公開してくださって嬉しいです。
誤解の多いハチなのでこれからも正しいハチ像を語り続けていきたいですね。ハチ公大好き人間ですので、この動画のラストシーンはいつも泣いてしまうのです。
また音楽も素晴らしいです。またこの後も「ハチ公の映画」が作られることを望んでおります。日本のハチ公映画はかわいそうで以前はあまり好きではなかったのですが、
いつまでもハチの純情が心に残る名作だと今は思っております。いつまでもハチをわすれません。

春一番

名無しさん
調べて下さってありがとうございます!
安心しました(笑)

-

国立科学博物館に問い合わせてみました
現在はちゃんとハチの由来も表示されているようですよ。

--------------------------------------
秋田犬「ハチ」については、現在の地球館及び日本館の展示施設ができる前に、みどり館という建物において展示しておりました。

その時は、展示キャプションに「秋田犬(ハチ)」と記し、その下に忠犬として話題をよんだ「ハチ公」である旨を表記しておりました。

その後、みどり館の取り壊しに伴い、一時的に展示できない期間がありましたが、平成19年4月の日本館の整備オープンに伴い、日本館2階北翼に展示いたしました。その際に、展示キャプションには「秋田犬(ハチ)」と表記し、有名なエピソードについては会場にある解説端末の中に「忠犬ハチ公」と呼ばれるに至った経緯を詳しく解説することとしました。

この解説は、展示場の解説端末だけではなく、当館のホームページの常設展示解説でも読むことができます。

しかしながら、展示場に「忠犬ハチ公」と表示するべきだというご指摘もあったことから館内で検討をいたしました。

たしかに解説端末はすべてのお客様が読まれるわけではなく、このご指摘もごもっともだと考え、展示場のキャプションにも、渋谷駅で亡き飼主を待ち続けたエピソードにより人々から親しみを込めて「忠犬ハチ公」と呼ばれていた旨を明記しました。

また、同様に樺太犬「ジロ」についても南極観測犬のジロである旨の説明をつけました。これらのキャプションプレートは、3月2日に差し替えを行いましたので、現在は新しい表示板となっております。

愛信

新型インフル法案まとまる
新型インフル法案まとまる
政府は、今の国会に提出する新型インフルエンザ対策の特別措置法案をまとめ、緊急事態のときは、国の
対策本部が予防接種の対象者や接種する時期を定めるとして、法律上、すべての国民を予防接種の対象
とすることを可能にしています。
【関連情報】
【新型ウイルスの掲示板】http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi

断種ワクチン(子供が出来なくなる)を接種して日本民族絶滅を目論む反日売国勢力を見極めて下さい。 
反日売国テレビ局・マスコミは、この様な法案を造る日本人社会の破壊者を批判する事も無く日本国民に
対して報道を隠蔽して居るのです。 
我々愛国系日本人の総力を挙げてこの法案を阻止しましょう。

【新型ウイルスの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi
【新型ウイルスタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
今はランキングも拍手ボタンも、ちゃんと押せましたよ。


>忠犬ハチ公が日本の忠義の心の象徴だから、意図的な日本人の精神性への破壊工作ですか?

>こんなところにまで、日本破壊の魔の手が伸びていると思うと、ぞっとします。

↑↑↑
普段から意識して見ていると、他にもありそうですね。


愛信

[日本の精神基盤]
[日本の精神基盤]
日本の精神的根底にあるのは、日本書紀に出て來る「八紘一宇」の精神です。
「八紘を掩(おほ)ひて宇(いへ)にせむこと」といふ意味です。
聖徳太子の十七條憲法で言ふところの「和を以て貴しとなす」ですね。
平和を求める心が日本人の精神の根本にあるのです。
詳細は【日本のお姉さん】後に續く若き友らへをカッチとね
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/day-20120306.html

 反日売国テレビ局・マスコミが隠蔽している日本の本当の姿を知らせるる為に多くの人々が声を
上げ始めました。  この人達と共に立ち上がりましょう。 素晴らしいこの
国日本を守る戦いに参加しましょう。
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

桜子

No title
忠犬ハチ公、涙です。
犬でさ自分を飼ってくれた恩を忘れず忠義の心を持っているというのに、なんですか今の政府は!
犬でさえ心を持ってるのですよ!

それを感謝どころか売国一筋。
ハチ公物語、売国議員に見せるべきです!
そしたら自分達が犬にも劣ると悟るのでは?
これくらい言わせてもらわないと腹の虫が治まりません!

ガトー

No title
上野教授の銅像を向かいに建てられないのですかね。
立派な教授ではないのですか?
このままでは、ハチが見せ物のままにしか感じられないのですが。
どうでしょうね。

博多人

知りませんでした
剥製があった事は全く知りませんでした、必ず訪れたいと思います。それにしても表示が『秋田犬ハチ』ですか、説明欄は誰の指示でいつ頃外されたのか、心根腐ってますよねヘドが出そうになる、これは拡散させていただきます、抗議して元に戻さすべきです。

暖かい日

剥製の場所
忠犬ハチ公の剥製は、国立博物館ではなく、国立科学博物館ではないですか?両方とも上野ですが、もしこの記事を見て、見に行く人が間違えるといけないので・・。

春一番

懐かしい場所
ハチ公前ね で数えきれない程待ち合わせしました。
待っている時、いつもハチ公をナデナデしました。

ハチ公の忠は、忘れ去られることはないでしょう!

いつまでも、私の心で生きています。

amotoyamatotake

No title
幸福になるためには、自分をすべて捨てて権威者に絶対的に服従して、その指示通りに修行しなければならない。

これはオウム真理教などの新興宗教や、極左などの自己否定と命令服従という自己変革理論です。

日本人の小集団主義をあらわす徳義が忠なのですが、北朝鮮の主体思想も根本は同じです。

中間共同体が生きている時にはこの徳義も成立しますが、終身雇用などが崩れたこの社会で、果たして忠という徳義が生きますかね?一部上場企業と、公務員ぐらいではないでしょうか?パートや派遣がそのような倫理をもって働くとは思えませんよ?

忠の無い日教組教師、百人斬り授業は公務員としての忠に欠ける所業だ!!公務員へは徹底した職務への忠を追求していいと思います。

兵藤一馬

狙われたか?
今日は写真もランキング投票ボタンも表示されませんね。
変ですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク