雑感として



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

西宮神社の黄色い手袋
西宮神社の黄色い手袋


先日、名古屋の河村市長が「日本軍による南京虐殺事件などなかった」という発言をして、物議をかもしだしました。

ネットでは河村市長を支持するかしないかの投票なども行われたのですが、「支持する」が圧倒的多数となったところ、なぜかそのアンケート調査そのものがサイトから抹消されてしまっています。
おそろしい世の中になったものです。

およそ左翼思想というものは、権力があれば何でも思い通りになると考えるアホが騙される思想です。
権力を握り、自分たちに都合の良い法律さえつくれば、人々を好きなように支配することができると考える。
そのためには、ありとあらゆる嘘やねつ造、でっち上げ、非難中傷などを平然と行うというのが、左翼思想の特徴です。

先日、テレビで兵庫県西宮市にある西宮神社の開門神事を紹介していました。
開門と同時に境内を走り抜け、一等をとった者が今年の福男となるというこの行事で、実は今年、参加者たちに黄色い軍手が配られました。

これは東日本大震災の被災者への応援メッセージを黄色い手袋で示そうというアイディアなのですが、このアイデアが実現されるまでの過程が、実に日本的なものでした。

どういうことかというと、運営委員の中のひとりが、委員会で黄色い手袋を提案します。
そしてそれがみんなの意向で承認される。

ただし、条件があるのです。
手袋は運営側で用意する。
ただし、当日実際に参加者たちが黄色い手袋をして走ることを承知するかどうかは、提案者が自分で参加者たちに働きかけ、みんなの了解をとってくれ、というものです。

要するに、上位下達式ではないのです。
日本式はみんなの心の一致を大切にする。

まず委員会で、やろうと決めます。これが全会一致です。

そして実際にそれを行うに際して、参加者みなさんに対して、提案者(運営委員長ではない)自身が、自分で参加者みんなに働きかけ、協力をお願いする。
上長の命令や、決め事、ルールとかではないのです。
みなさんにお願いする。

そうしてみんなの協力を得て、ひとつの物事が遂行される。
これが日本式です。

これは実に見事な日本的な集団の意思づくりの手法で、こういうプロセスを経ることで、みんなの心がひとつになる。
だから日本式で進められるプロジェクトは強いのです。

最近、会社や組織の中で、これを勘違いしている人がたくさんいます。
上層部がルールやマニュアルを作ったら、社員たちはそれを守らなければならないと考えているのです。

ルールができたらそれに従う。それはそれで当然といえば当然のことです。
ですが、大事なことは、みんなの心がひとつになる、ということ。
そこを考えずに、ただルールやマニュアルを作って部下や庶民を縛り上げれば何でも思い通りになると考えるのは傲慢というものです。

だから昨今では、学生は教師に対し、社員は上司に対し、面従腹背があたりまえの世の中になっている。
まさにこれこそが、戦後左翼思想による汚染です。

何事かをなす、ということは、ひとりでは何もできないのです。
常にみんなの協力があってはじめてなし得ます。

すなわち、みんなの心がひとつになるということが大切なのであって、ルールやマニュアルはそのための材料にすぎない。

これに対し左翼思想は、ルールやマニュアルがあれば、どんな理不尽な要求でもそれによって社員や学生たちを従わせることができる、と考える。
だから権力さえ握れば、あるいは権力者に取り入れば、なんでも好き勝手し放題と考える。

そして権力を握る、あるいは、人々にとって不都合なルールをつくりあげるために、嘘やでっちあげを平気で行い、それが目的を達成するための正しい手段とまで考える。
とんでもない話です。

では、みんなの心をひとつにするにはどうすれば良いか。
これにはマニュアルもルールもありません。
人が成長するしかない。
みんなに意見を聞いてもらえるだけの人になっていくしかない。

だからこそ日本神話も、そこに書かれているのは神々の成長の物語です。
そして神々の子孫である人は、苦労し、訓練され、自らの意思で成長を心がけることで成長することができる。
それが日本流です。

そしてその日本流は、西欧型共産主義思想や、中共、韓国などにおける唯我独尊思想とは、まさに対極をなすものなのです。

また、国内の政治の世界において、昨今の外国人参政権問題など、まさにこうした戦後の左翼思想に端を発する典型的な問題で、絶対に許してはいけないものです。

ここは日本なのです。
日本の政治は、日本人の、日本人による、日本人のための政治であるはずなのに、その政治を外国人に委ね、解放しようとするなど、とんでもない話です。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

日本人には一度でいいから見てもらいたい動画


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

一有権者

No title
中国が付き合いを辞めると言うならば渡りに船とっとと辞めて貰って結構ですね。これも結局恫喝脅迫の類です。

脅せば河村市長が発言撤回と謝罪をして中国側の主張が正しいのだというプロパガンダがまた成功するわけですよ。
私は河村市長の発言を支持いたします。辞めましょう中国のような国との付き合いは。土地も売ってはいけません。
馬鹿な外務省は自分達の目先利益追求で土地を平気で中国に売り渡そうとしています。害務省も解体して別組織にするのも良いでしょう。もちろん売国政策を進める現官僚は公職追放です

amotoyamatotake

自民党の憲法改正案
天皇・・・元首・象徴

9条・・・戦争放棄・自衛軍

自民党には最低でも2種類の人間がいる。
この改正案の2つの事項をみればわかる。

天皇を象徴という人と戦争放棄を言う人はいなくなれば、自民党はスッキリする。 救いがないので、自治労や日教組と戦っている橋下を、在日地方参政権や河村発言を批判しても、それよりいいのがいないのでま~しかたないかと、堪えています。

桜子

No title
コメントを書いていてこの頃思うのですが、国民がどれほど怒っているかというのを、頭は飾り(失礼、そうとしか見えません)の売国議員、本当に解っているのかどうか疑問に思います。
解っていても多分無視してるのでしょうね。

【人害法(人権侵害救済法案)】【外国人参政権】
国民に問いもせず、消費税問題で国民の目を逸らし、その隙にこんな重要法案を裏でこそこそ通してしまおうなんて、もっての他です。

早く一人でも多くの国民が目覚めないと大変です。
それにネットでただ怒るだけでは何の解決にもならないと私は思います。
おかしい事はおかしいとはっきり選挙区の地方議員、国会議員、政府にもの申すべきだと思います。
私達が選んだ議員です。言う義務があると思います。
今月、12日迄とありましたが時間がないですね。

こんな悪法作るよりも日本国の議員になったら、一例ですが、「日本の歴史、史実を勉強する会法案」など作ったらどうでしょう。
どうも議員さん達、日本を理解してないようにみえます。
それでよくも「日本国の議員でござい!」なんて言えるものだと呆れます。
勿論、日本を憂いておられる議員さんも多くおられます。
まず、日本を理解し、日本はどうあるべきかを理解して、はじめて日本国の議員と呼べるのでは?
当然の事だと思います。

waki

No title
河村市長殿
貴殿の正しい発言に敬意表します。勇気ある発言ではありません、正しい発言にです。
南京側がどの様な行為にでようが臆してはなりません。
姉妹都市活動など本質的には何の意味もないのです。
正しい意見を堅持する勇気を期待しています。必ず次回投票に協力します.。
マスコミが何を言おうと気に留める必要はありません。
正しい発言だから中国はいきり立つのです。
西郷は言っています。
「道を行う者は、天下挙って誹るも足らざるとせず、
天下挙って誉るも足れりとせざるは、自ら信ずるの厚きが故なり。
其の工夫は、韓文公が伯夷の頌を熟読して会得せよ。」と
韓文公が伯夷の頌を熟読せよと中国と我が外務省に言いましょう。
又外交友好の要諦は以下であると私達はきずいています。
「正道を踏み国を以て斃れるの精神なくば、外国交際は全かるべからず。
彼の強大に畏縮し、円滑を主として、曲げて彼の意に従順する時は、
軽侮を招き,好親却て破れ、終に彼の制を受くるに至らん。」
中韓の侮日はここに理由があります。
正しい事を信ずる事を静かに述べてください。

兵藤一馬

今日もおかしかった
今朝もこのブログの動作が変で、一度フリーズしてしまいました。
狙われているのでしょうか?

>ネットでは河村市長を支持するかしないかの投票なども行われたのですが、「支持する」が圧倒的多数となったところ、なぜかそのアンケート調査そのものがサイトから抹消されてしまっています。
⇒きてるんでしょうか。。そこまで。。

-

中身の素晴らしさは言うまでもありませんが、私のような者にも明確に優しく強く想いが伝わる文章がとても素晴らしいといつも感心しています。心、これからも大事にして生きたいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク