反日の構造



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

反日の構造


本のご紹介をしたいと思います。

西村幸祐さん著の「反日の構造」という本です。

いやはや面白い。
冒頭の「文庫版まえがきに代えて」のところだけ、ちょっと読んでみようと思っただけだったはずが、気がつくと夢中になって、結局最後まで一気に読通してしまいました。

いやはや、ここまで惹き込む力は、いったい何だろうと思ってしまったのですが、たいへん平易な文章で、かつ最近の時事や、ワールドカップ、拉致問題なども含めて、その背景にある問題点を、実に鋭くあぶり出しているその文章は、実に見事と思いました。

文庫版で660円と買いやすく、友人に配ってやろうと、さきほど10冊ほどまとめてネットで注文したところです。
たぶんこの本を読んだら、いまだに右にも左にも寄らない「俺は中立だ」などと気取っている連中も、いっぺんに目が覚めてしまうのではないかと思いました。

西尾幹二さんもこの本を激賞しておいでになるとのことですが、わかる気がします。
書店でも、この種の本としてはめずらしく「増刷出来」になっているのだそうです。

本の表紙には、「中国、韓国、北朝鮮を煽(あお)っているのは誰か」とサブタイトルがついています。
そしてその犯人が、この本を読むと実に明確に理解できます。

果たしてそれは誰なのか。
そのことはこの本を是非お読みになってご理解いただきたいのですが、その前に、この本の冒頭にある「文庫版まえがきに代えて」から、一部を抜粋してご紹介してみようと思います。

~~~~~~~~~~~
【「反日の構造】西村幸祐著】
文庫版まえがきに代えて

現在、一般的なメディアや学校教育で、「大東亜戦争」という言葉は何か必然的な理由があった場合にしか使われず、その代わりに「太平洋戦争」という言葉の使用をメディアが自主規制として課し、言葉の自由を制限している。(中略)
私たち日本人は、言論、表現の自由が大切で、それを保証しているのが日本国憲法だと耳にタコができるほど教えられてきたが、実際はこのように言葉を規制することで言論と表現、そして思想の自由が奪われていることに気付いていない。

今年、平成24年は戦後67年ということになるが、常識的に戦後何年という言い方をするのは、せいぜい戦後10年までであり、世界中どこの国でもそれが一般的な呼び方だ。
ところが我が国の場合は、敗戦7年後に占領が解かれ国家主権を恢復してから60年になるのに、いまだに戦後何年という呼称が通用している。

なぜ、そうなるのだろうか?

答えは簡単だ。昭和20年の日本敗戦後、日本を占領した連合国総司令部が最初に行ったことが、「大東亜戦争」と「八紘一宇」という言葉の禁止だった。
日本占領にあたって米国は、まず思想統制から着手するために日本人が使っていた言葉を禁じたのである。

(中略)日本人は「大東亜戦争」を戦ったのであり、「太平洋戦争」を戦ったわけではなかった。
すなわち日本人がこの戦争の失敗や敗戦の理由を考えるとき、「大東亜戦争」と言わずに「太平洋戦争」というのであれば、主体性をもって第二次世界大戦を捉えることは決してできない。

いつまで経っても日本人が主体的に「先の大戦」を相対化し、客観的な評価ができない理由もそこにある。
したがって<戦後>は永遠に続いて行くことになる。
このような説明をわざわざ冒頭でしなければならないことが、現在の私たちの危機の本質であることを再認識したい。

つまり、現在の日本人は自らを見つめる座標軸をあらかじめ失っているのである。
自分が何者であるかも分からないまま、日本人は漂流する日本列島の上で、閉塞感に囚われたまま、ただただ内部から反日日本人に蝕まれ、外部からの反日攻撃に曝されているだけなのだ。(後略)

~~~~~~~~~~

実にするどい切り口です。
しかも文章が読みやすい。

そして「反日ファシズムの攻撃」、「ワールドカップと北朝鮮報道の正体」、「2ちゃんねるは<閉ざされた思考空間>を破る」、「冬ソナと日韓友好ブームに潜む危機」、「終わりなき中国の反日」等々と、文が続いて行きます。

ほんとうに久しぶりに、「読み出したら止まらない」を体感しました。
是非、おススメの一册です。



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

河村発言支持!⑮ 西村幸祐 地元中日新聞の記事は本当に酷いレベル


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

sheltem

やはり田中派の紅白戦でした
小沢と創価が解散させない理由は簡単。

それは小沢と創価が黒幕だからです。

事実、野田のマズイ政策は
すべて小沢の利権と結びついています。

詳細はこちら↓

ht■tp://blog.livedoor.j■p/sheltem2/

アロン

No title
名無しさん #- さん

左翼と在日の勢力は、日本を憎み、中傷を繰り返し、
国民の生命財産を軽んずることばかりを主張していると
いうことは、よくご存じと思います。
その彼らが反原発運動を以前から積極的に、
扇動しているという事実には細心の注意を
払わねばならないと思います。

まずは左翼勢力と在日勢力を排除しないと、
危うい方向に行きかねません。

桜子

No title
3月11日、東北大震災一周年追悼式典で台湾からの代表者を指名献花から外した件で台湾からコメントがでました。

楊進添外交部長は「野田佳彦首相の新聞寄稿などで日本の
謝意は伝わっている。義援金は思いやりの結果で感謝を得
る目的ではない。(日台)関係は花束一つで揺るがない」
と答弁した。

世界で一番多くの義援金を台湾から頂いています、本来なら一番先に献花して頂くのが筋でしょうに!!
日本国民としてこんなに恥ずかしい事はありません。
そして申し訳なく思っています。
台湾の懐の大きさ、感服しました、涙がでる思いです。

それに引き替え日本の政府、官僚のOホときたら、、、。
官房長官は最初「問題はなかった」とコメントし、追及され手の平返すようにコメントを撤回、おまけに首相が新聞寄稿で陳謝。
こんな茶番をする以前の問題、つまり人間としての常識でしょうに!
どこの国に配慮してこんなOホな事したのでしょう?
言わなくても分かってますがね。
国民も怒ってますが、一番残念に思って、悲しんでいるのは東北の方達、そして尊い命を無くされた方達ではないでしょうか?
恩も知らない、筋も知らない、おまけに恥もプライドも無い!
これではもう先が見えてますね。
私達がいくらネット上で「おかしい、間違ってる!」と叫んでみても、先に進まなければ正に机上の空論。
自分達の国ですもの、沖縄大好きさんのように電話、ファックスでもいいと思います、今はネットがあります、自分達の意見をはっきり言うべきだと思います。






沖縄大好き

沖縄は駄目でしょう。
沖縄県警に電話いたしました。
辺野古不法占拠テント村を8年間も何故撤去しないのか?住民のほとんどが撤去してほしいと思い、辺野古市長も撤去してほしいと要望しているのに。
電話で「日本国民として・・・・・・・・・・」と切り出したのですが「日本国民の話はいい」・・・と反発されました。
そんなことで電話を入れたのではないと言ったのですが
日本国民という言葉にアレルギーがあるようです。
もう沖縄は駄目でしょう。
警察が沖縄を守るつもりがないのです。
きっとシナに侵略された時に、初めて分かるのでしょうね
「日本国の国民」であったことの幸せを。

おばさん

No title
桜子さんへ
本当にそうですね。
言うほうが疲れる。
私は人生の後半を生きております。
こんな世の中とも、あと?年でおさらばでしょうが
日本の子供たちの未来のことを考えると
悲観的になってしまうのです。
バカで、アホで、マヌケで、自分たちの利益や保身のことしか考えない大人達のせいで、大変な時代を生きなければいけない日本の子供たちを思うと、本当に切ないです。

-

西尾幹二氏は原発には反対されています。反原発に右翼も左翼も関係無いと思います。

桜子

No title
おばさんへ
仰る通りです。

16日に中国の海洋調査船がまた尖閣諸島の日本領海に侵入。
それでも友好ですか!!
どこが日中友好正常化?呆れてものが言えません!
「バカ!!アホ!ドジ!マヌケ!!」叫んでこんな連中に何言っても無駄、蛙の面に何とかですよ。
言うほうが疲れる!

おばさん

No title
札幌では
道や札幌市、在札幌中国総領事館など38団体で構成する「日中国交正常化40周年記念行事道連絡会」が発足し
記念イベントを計画しているそうです。

もう・・・・何といっていいのか。

こ・ん・な~行事やってる場合じゃないでしょうが。
どこまでアホ、バカ、マヌケなんだ!!!
日本がなくなるまでやってろ・・・切なすぎる・・・。

桜子

No title
いい記事見つけました。
アメリカCNNテレビ東京特派員記者が日本のテレビ局からインタビューされ答えたものです。

ラー記者は、震災直後からこれまで、およそ10回にわたって被災地に入り、復興の様子や東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響などについて伝えてきました。
取材を通してラー記者が強く感じたのは、日本人の精神的な強さでした。
ラー記者は、NHKとのインタビューで、震災当時、物資の配布などで、被災者が文句も言わずに整然と長い列を作っていたことなどに触れ、「歴史的な大震災が起きても文化的な規範はまったく揺るがなかったことは、日本人がいかに強い国民なのかを表している。地域の人たちとどのように協調して行動したらいいかを国際社会は日本から学んだ」と話しました。
一方で、ラー記者は、震災によって人口の減少や雇用の流出など日本が抱える課題が一層深刻になると指摘したうえで、「日本には政策が欠如しているように見える。大きな課題に対処するための政策立案や経済の構造改革を進めることが必要だ。今後の国のかじ取りをどうするのか、世界中が関心を持って見ているが、日本からは危機感が感じられない」と話しています。

仰る通りです。
日本人は世界に誇れる民族なのです。
しかし問題点は問題として視点をずらさずハッキリ言っています。
外から見たら今の日本の異常さがよく見えるのでしょう。

群青

ぐぬぬ
基本「日本人の敵は日本人」ですから。
現政権民主党を見れば明らかです。

桜子

No title
最近覚醒の私ですので、目から鱗と言いましてもまだまだ鱗が残ってるでしょう、いえ、多いに残っています。
是非読んでみます。
本と言えば大東亜戦争に関する本を読んでいますが、英霊の皆さん、そして当時を生き抜いてこられた方々の手記などを読ませていただき、どのような思いで尊い命を国の為に捧げたか、国を守り家族を守る、その一念ゆえです。
その方々を考えた時、身を切られる思いがします。
それで思い出しましたが何時だったか民主党の党首選がありました、カンとオザワどっちにするかでしたね。
結局はカンが勝ったのですが、その選挙の折、どっちも「命賭けでどうのこうの」 まるで命賭けの大安売り!叫びまくっていたのを思い出しました。
あの時「命賭けで国を売るぞ!」という事だったのですね。
見事に騙しましたね。
「命を賭ける、命を賭ける」、大の大人がいけしゃあしゃあと、まあよくも言えた事、恥というものがないのですねこの人達。
男が命を賭けるというのは国を守り、家族を守る時にだけ使うもの!
先の戦いで命を賭け戦ってく散華された英霊の皆さん、そして戦って生き残られた皆さんに対しこれほど失礼な事はない!
あの時代で命を落とした人、そしてあの時代を生き抜き、戦後日本の復興を成したのも当時の人達です!
民主の貴方達が支えたのではないのですよ!
感謝も持たず、当時の人達が命賭けて守った国を平気で売るなんてもっての他! 言語道断!
一日も早く退陣すべきです!








Noname

実に面白そうな本ですね。
近いうちに購入しようと思います。

私自身、利用しているSNSサイトで、ちょくちょく「歴史の真実」や「反日の実態」と言ったテーマのブログやニュースを紹介・コメントをするようにはしています。
少しでも多くの人に考えるきっかけになれるよう、続けていきたいです。

山葵

さっそく注文します。
ねずきちさん

そうですか!そんなにいいなら読んでみます。

そして友人・知人にも薦めましょう。

なにしろ、こういう事は『拡散』がとても大事なのです。一人でも多くの人に日本の現状を理解して貰わなければなりません。

思いきって愛国デモに参加するのもいいですが、日本のいい話を拡散したり、こういう真実を教える本を知らせる事はボディーブローのように反日主義者にダメージを与えるのです。

とにかく広める事が第一!

これを邪魔する者はあちら側と言う事です。

さきたま

No title
終戦後67年の米占領軍統治と洗脳、それをバックアップした売国・利得者が陽に陰に跋扈している国体がこの国でしょう。
言わずもがな、いまだ、北海道から沖縄まで、外国政府の基地を許して、地位協定が存在する、属領・平和ぼけの名目独立国家です。
覚醒を望みます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク