南京虐殺への質問チラシ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

南京問題0320


荒川区議 小坂英二さんからの依頼です。

「南京大虐殺という嘘と戦って行きましょう。
 先人の名誉と尊厳を守る戦いです。
 今を生きる日本人が、先人の濡れ衣を晴らさずに
 金儲けに現を抜かす民族であってはなりません」

先般の河村名古屋市長発言で、中共政府や日本の左翼に変更したメディア、政治家、政党などが過剰な反応をしています。

このブログでも、先般、南京の真実国民運動の件を掲載したところ、多くの方から賛同のコメントをいただく一方、明らかに工作員と思しきわけのわからないコメントも多数きました。
そのほとんどは私の独断で削除しました。
ごく少数の者によるものと思われますが、彼らの執拗さには呆れてしまいます。

また、同日掲載したYoutubeの動画「通州事件の記録写真と南京大虐殺の捏造」は、どういうわけか強制削除されてしまいました。

南京で、過去、虐殺事件があったのは事実です。
古代において数回、そして近代にはいってから四回、それは行われています。
けれど、そのいずれもが、ChineseによるChineseへの凶行です。
日本人も多数が被害に遭っている。

<参考>四度あった南京事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1452.html

Chinaや日本の反日左翼が主張する「南京大虐殺」とは、昭和12(1937)年に日本陸軍の松井石根大将率いる上海派遣軍が南京城を攻略したあとに起こったとされているものですが、このときに大量虐殺が行われたなどというのは、100%「ねつ造」でしかありません。

事実はその逆で、人命を軽視し、平気で虐殺を行うChina国民党に占拠された南京城を、日本軍が解放し、治安を回復し、以後、平和で安心して暮らせる安全な街を取り戻した、というのが事実です。

そしてそのとき、日本軍による蛮行や殺人など、ただの一件も行われていない。

是非皆様には、冒頭の画像をコピペして、拡散いただければと思います。

尚、「南京の真実国民運動」のために、新しい歴史教科書をつくる会が、河村市長を応援する署名運動を行っています。
署名はファックスまたは、インターネットでも行うことができます。
皆様のご協力をお願いします。

──────────
1 ファックス署名
──────────
つくる会へのFAX通信を希望される方、あるいは署名を集めてファックスしたいという方は、
↓コチラのURLをクリックして下さい。

用紙はPDF形式になっています。
http://www.tsukurukai.com/_src/sc905/nankinshomei.pdf

上記の文書が開かない方はAcrobat Readerをダウンロードする必要があります。
↓コチラのURLより無償でダウンロードできます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

ファックス番号、および送り先住所等は、用紙の中に記載があります。

──────────
2 インターネット署名
──────────
インターネットでの署名をご希望される方は、
↓コチラのURLをクリックしてください。
署名フォームが開きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S44191616/

<ご参考>
実際に南京で何があったのかは、以下の記事をご参考にしてください。

■南京城攻城戦
(これをお読みいただければ、当時実際に南京城で何が起こったかかがわかります)
その1 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1177.html
その2 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1178.html
その3 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1179.html
その4 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1180.html
■南京の攻防
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-772.html
■南京大虐殺というデタラメ
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-723.html

実際に起こった虐殺事件
(こちらが実際にChinaで発生し、邦人が被害にあった事件です。ご一読いただければ、いかに徒党をChineseやKoreanがクズなのかがわかります)
■通州事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-535.html
■通州事件 Sさんの体験談
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html
■尼港事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1339.html
■斉南事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-597.html
■四度あった南京事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1452.html

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

【世論調査】 次期衆院選の比例近畿ブロックへの投票先、大阪維新の会24%、自民党18%、民主党10%

橋下徹大阪市長が19日に就任3か月を迎えるのを前に、読売新聞社は16~18日、
近畿2府4県の有権者を対象に世論調査を行った。
次期衆院選の比例近畿ブロックへの投票先を聞いたところ、国政進出を目指す地域政党
「大阪維新の会」(代表・橋下市長)に投票するとした人が24%とトップになった。
比例選の投票先の2位は自民党の18%で、民主党10%、公明党5%、みんなの党と共産党各3%と続いた。
維新の国政進出に期待する人は63%。橋下氏が衆院選に立候補しない方がよいと思う人が63%で、
「立候補する方がよい」の28%を上回った。
望ましい政権の枠組みでは「民主中心」5%、「自民中心」11%、民主、自民による「大連立」19%に対し、
「政界再編による新しい枠組み」は52%で、既成政党離れが鮮明になった。

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120318-OYT1T00731.htm?from=main1

Pin

No title
こんな嘘に日本は何十年も「振り回されてはいけません。

現状の問題は不甲斐ない政治家、官僚(外務省)、マスコミなどの責任です。

明確に最大限に罪のある責任です。

汚名返上の活動を応援します。

ニック

正しい日本語を使いましょう!
正しい日本語を使いましょう!

誤)南京大虐殺
正)南京大救出

にっぽんじん

恐れる中国
河村市長の「南京発言」の拡大を中国政府は恐れています。何故か日本政府も恐れています。中国政府が恐れるのは理解できるが何故日本政府が恐れるのでしょうか。

中国、日本の両政府は「南京問題」が大きくならないように画策しています。国会で追及して国際問題化して欲しいものです。

河村市長さんには問題解決のためにと言って是非「南京訪問」のビザ申請をお願いしたいと思います。

桜子

No title
歴史は繰り返されると言われています。
さかのぼると大東亜戦争が70年前くらい、その前の日清、日露戦争がやはり70年前くらいです。
今の時代、核という地球を破滅に追い込む兵器があります。
これで何とかドンパチを避けていますがドンパチだけが戦いではありません。
今の時代、軍事力を傘に情報戦で相手は仕掛けてきます。
「仕掛けてきます」ではなく現に仕掛けてきていますよね。
日本がいい例、反論もせずに言われるまま、取られっぱなし!
いえ、取られてるのではなく、党あげて差し上げてるのでした!
ドンパチだけが戦いではないという事にもっと国民が気がつくべきなのですがね。
情報戦であれば情報戦でいくべきです、ましてや相手は嘘の情報、追求すれば嘘はすぐバレます。
戦争中です、何処の国にも大なり小なり起りえた話しかもしれません、悲しいかなそれが戦争なのです。
しかし軍事力にもの言わせ嘘はいけません。
ましてや戦後70年経っても形振りかまわず嘘を言い続ける、どこかの国も同じですが、ある意味凄いというか尊敬?してしまいそうです。

こんな事にも反論しない政府、反論どころか沢村発言を否定するかのようなコメント、開いた口が塞がりません。
また過去において馬鹿な発言をした政府、責任大です!!
何も責任取ってません。
今の政府だって同じ事、国が無くなっても誰も責任なんて取りません。
しわ寄せを被るのは国民です。
平和ボケ続けてる場合ではないのですがね。
外交=机上の上の戦いです、片や丸腰同然、片や軍事力大、これでは外交以前の問題ですね。

今日はお彼岸の中日です。
命を捨て日本を守ってくれた英霊、そしてあの時代を生き、戦後復興を成し得たご先祖様達が情けなくて泣いておられるかも。
ここから靖国神社は遠いのですが合掌します。






amotoyamatotake

通州事件の記録写真と南京大虐殺の捏造

目を塞いでしまいます。

宣伝合戦と戦う宣伝機関を政府がもたないとだめですね。
諜報・防諜の情報省が必要だと思います。

百人斬り授業もやらせないためにもね。防止策も講じない長崎県教委に抗議を!!

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク