チャンコロは蔑称ではない



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

Chinaの軍拡


先日、「真の近代史観」を書かれたOさんから、たいへん面白いメールをいただきました。
「China」も「チャンコロ」も、蔑称などではなく、彼ら自身の言葉にすぎないというものです。
面白いのでご紹介します。
~<引用>~~~~~
China表現について論議があるので以下小生の意見を記します。
以下ご参考まで。ご利用は自由です



序言:
石原都知事が首都圏大学の卒業式で「中国」をChinaと呼び、ネットで広がっていると言う。
正しい事なので解説したい。

1.中国とは:
これは日本語でもChina語でも世界の中心という意味の普通名詞である。
だからChina人が自国を中国と美称するのは勝手である。
日本も中国と称している。すなわち、山鹿素行の書いた「中朝事実」は日本の歴史だ。
昔の列島の真ん中あたりは中国地方だ。米国も英語で中国と称している。
国内野球なのにワールドリーグだ。

2.有害呼称:
しかしChina人が日本人にChinaを中国と呼ばせるとなると話は別だ。
なぜならそれはChinaを主人とよぶことになり、日本が属国にされてしまうからだ。
古代China王朝は、日本の事を「東夷」と呼んでいた。
だからこの意味を知らないで日本人がChinaを中国と呼ぶと、日本人は馬鹿にされることになる。

3.Chinaの語源:
古代の秦帝国というが定かではない。6世紀のChinaの仏教文書にChinaとあると言うがどうでもよい。
とにかく日本はChinaとよび、ロシア人はキタイ、仏ひとはシーナ、米英国人はチャイナと呼んでいる。
北京原人のラテン語学名もシナントロプス・ぺキネンシスだ。
しかし、欧米に対してChina人が文句をつけたと言う話はない。

しかし日本は敗戦後蒋介石に、中国呼称を強要された。
当時の日本人は意味も知らずにしたがった。
言語工作で属国にされたのだ。
それが今も続いている。

4.騙し:
蒋介石が狡猾だったのは、日本人を属国扱いに誘導するために、Chinaという用語が蔑視用語だというエセ論理を使ったことだ。
主人国と言えと強制すれば誰もが拒否するからだ。
日本人はこれにコロリと騙された。

5.蔑視:
Chinaという用語には蔑視の意味はない。
戦前の外務省にはChina課があり、帝大の学問はChina学である。
公式な用語である。
China人は犠牲者を偽装したり、恩着せがましく偽装するのが得意である。
要注意だ。

6.用法:
国家は独立しているから、Chinaの美称である中国を日本が使ってはならない。
Chinaとする。

7.チャンコロ:
これは中国人のChina語発音がチャンゴレンであることからきている。
戦前の日本人がChina人がチャンコロ(=中国人)と自称するので、チャンコロと呼んだのである。
本来美称なのだ。
しかしChina人が通州大虐殺など日本に悪いことばかりするのでいやな言葉になったのである。
自業自得だ。
だから言語的には我々は「中国人」を現地発音でチャンコロと呼んでも良いのである。

8.軽蔑:
英語でもチャイナマンは屑野郎の意味だ。
だから言葉ではなくその行動が問題なのだ。
非難されるのがいやなら、言葉のせいにせず、悪いことをするなという事になる。

9.政権の呼称:
Chinaの歴史は何度も外国が支配したので、政権の名前で時代を表わしている。
たとえば清朝(満洲人)、元朝(モンゴル人)、唐朝(西域人)などだ。
今のChina(中華)人民共和国は「China共」であろうか。

10.日本
日本国内では中国という文字はすべてChinaに変えるか英語表記にすべきである。
いわゆる中国銀行はチャイナバンクにする。
そうすれば日本の中国銀行と誤解されない。
日本はChina語の表現を国内に入れないことだ。
文化的に混乱するからだ。日本語の民族主義的明徴化である。

11.歴史
聖徳太子が、7cに隋に国書を送り対等外交を主張したことはよく知られている。
これは同時に日本人がChinaを「中国」と呼んではならないと言う戒めでもある。
それを我々子孫が騙されて破っている。これはまずい。正さなければならない。

結び:若い人がChina人の言語工作のカラクリに気づいてきたので大変頼もしく思っている。

以上
~~~~~~~~~~

「China」については、このブログでも、「中国」と呼ばず「China」という呼称で統一させていただいています。
理由は、http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1262.htmlに書かせていただいていますので、重複は避けます。
下にご紹介する落合さんの文にも、その理由は明確に書かれています。

おもしろいのは「チャンコロ」です。
これはChina人のChina語発音が「チャンゴレン」であることからきている、という点です。

戦前、多くの日本人がChinaに渡り、そこでえ生活しましたが、やってくるChina人たち自身が、自分たちのことを「チャンコロ(=中国人)」と自称するので、チャンコロと呼んだのです。
蔑称でもなんでもない。
「チャンコロ」は、単にChina人自身の現地発音にすぎないのです。

ではなぜChina人が「チャンコロ」を蔑称と決めつけるようになったのか。
これまた理由は明快です。

China人が通州大虐殺など、日本に悪いことばかりしたからです。
その結果、イメージの悪い言葉になったのです。
これを日本語で、「自業自得」といいます。

私たちは、もう「中国」と呼ぶのは止めましょう。
万国共通「China」でいいのです。

そして「China人」には、丁寧に「チャンコロ」と呼んであげましょう。
なぜならそれが彼ら自身に通じる、丁寧なことばだからです。
英語圏の人が、日本人をジャパニーズと呼ばず、「ニホンジン」と呼んでくれるのと同じです。



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

China事変 海軍作戦記録1


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

5について
蒋介石の言語工作について初めて見たので、もう少し詳しく知りたいんです。もし良ければ、出典おねがいします。

補足
記事を拝見しました。

シナという言葉に関する意見は大体認めます。
自分は歴史が好きなんだから、いつもは中国という言葉はとても曖昧で、区別せずどこでも使えばトラブルが起きます。

記事に少し補足しようと思います。
まずは、中国という言葉は華夷思想における一番重要な言葉です。
古来、具体的な国を指すことは一度もなかった。
いわゆる、国名として使われたことがありません。

1912年まで、中国という言葉で自称するのは、華夷秩序というシステムの下の話なんです。

明国は満州人に征服された後、東亜における華夷秩序は実に潰した。
朝鮮、日本、ベトナム、琉球王国はどちらでも夷の清国を認めません。
自分の国を中心にした華夷秩序を作り出す。

日本以外の例は、ベトナムの大南王朝も自分を中国と呼ぶこと。
琉球国王は冕冠に付けた旒を十二個まで増えたこと(皇帝と同じクラス)。
など、いろいろがあります。

だから、面白いところは、日本は中華民国という国名が嫌い理由は中国人自分が作った理論です。

実は中国という言葉以外、華夷秩序のしたでよく使われる言葉はまた沢山残る。
たとえば、帰化という言葉はそうです、もともとは夷に対する使う言葉なんです、華の徳に感服して服属するという意味です。

だから、今の時代では、入国管理局は実に日本を中国のように考えながら全ての国を軽蔑しているのかな?

当然そうではないんだ。

なぜならば、華夷秩序というシステムはもう存在していません。
そういう思想もただの歴史になりました。

近代化につれて、日本でも中国でも、ある程度に西洋化になりました、このような古典思想は現代において知ってる人も少ないです、西洋の政治理論は中心だから。

だから、現代の思想において、帰化でも、中国でも、そのような言葉はただの言葉です、元の理論や政治現実はもう支える力がなかったので、これらの言葉は既に変わりました。

だから、現代において、中国という略語は特別な意味を込めていません。安心に使ってください。







佐藤 嘉明

ご連絡
転勤に伴い、貴ホームページを新たな端末にブックマークしようと思い、グーグルで検索、ヒットしました。しかしながら、「保存」という画面が出てきて、お気に入りに登録出来ない状況ですので、復旧されてはと思い、ご連絡するもの。結果的には、以前のブックマークから対処出来ましたが。

愛信

中国に売却されたという新潟市の土地 1万5000平方メートル
中国に売却されたという新潟市の土地 1万5000平方メートル
 大規模領事館建設で、新潟と名古屋はチャイナタウンと化す/新潟民有地売却と、民主党政権の
対応(売却中止を求める意見例と意見先あり)
http://youtu.be/cckkOuHCSTY
(動画)
上記の民主党の対応は確信犯である売国政党の日本国民に対する犯罪行為である。
 反日売国テレビ局・マスコミが共犯者であるので犯罪行為は隠蔽されていて日本国民は知らない。 
売国民主党はまだ日本人は騙せると考えている。 
4月20日の閣議決定を予告している「人権委員会設置法案(人権侵害救済法案 )」などの売国を目的
にした法案は成立させては成らない。
詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

【ツイッター拡散お願いします!】

反日の実態は復活しました。
著作権法違反の非親告罪化は、日本音楽著作権協会(JASRAC)にとって金脈を掘り当てたようなものです。
こうなれば君が代斉唱をしただけで、JASRACに訴えられて逮捕されるということが起きてしまいます。
または沖田事件を起こすようなクレーマーに著作権法違反の非親告罪化(特に違法ダウンロードの非親告罪化)させた場合、それを意図的に誘導させるハッキング工作をされて、企業活動を破壊してしまいます。
さらに非親告罪化させた違法ダウンロード罪はVANKが三菱重工業を攻撃するためにも悪用が出来るため、三菱重工業の経営悪化を招いてしまい、それを見た三菱東京UFJ銀行の預金者のパニックを誘発させ、取り付け騒ぎを引き起こし、日本発の世界恐慌に発展する恐れさえあります。
つまり著作権法違反の非親告罪化(特に違法ダウンロードの非親告罪化)は、JASRAC版児童ポルノ法改悪・人権擁護法案といえます。そんなJASRAC、何と君が代まで許諾番号で管理しています。これは例えていえば公的施設を特定の団体が所有しているようなものです。
JASRAC許諾番号:9012240001Y45040
最近のJASRACはチャリティーコンサートにまで使用料をせびってきます。このことでボランティア団体が頭を痛めています。
この事実をインターネットにて普く拡散していきましょう!どんどん拡散願います!

日本音楽著作権協会の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1689.html
沖田事件の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1679.html
著作権法改正案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1407.html
児童ポルノ法改正案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/287.html
人権擁護法案の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/142.html

masa

No title
「国民の知らない反日の実態」がこの3日ほど
アクセス不能になっております。

名無し

No title
民主党と法務省は、人権救済機関設置法案を
4月20(金)に閣議決定しようとしてます。

詳しくはhttp://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-207.html
抗議お願いします。
自民 https://ssl.jimin.jp/m/contact
民主 https://form.dpj.or.jp/contact/
松原仁http://www.jin-m.com/prof_3_iken.html
法務省https://www.moj.go.jp/mojmail/kouhouinput.php
国民新党http://kokumin.or.jp/index.php/pages/contact_us
みんなの党https://www.your-party.jp/contact/mail.cgi

愛信

小国パラオの中国漁船への銃撃に思う
小国パラオの中国漁船への銃撃に思う
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1820.html

【関連情報】パラオの国旗
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%97%97
 
パラオは日本語が国語の親日国である、パラオの国旗は太平洋に沈む太陽を表す青地に日の丸である。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
中国が東トルキスタンで強制中絶、核実験、処刑の弾圧!中国共産党の悪行を許すなっ(激怒)
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/53471ffd15f5f8ab3b778123a3cc0cfa

ひろし

ふむふむ
私の故オヤジ(昭和三年生まれ、予科練 飛行機乗り(自称ですが)も シナと普通にゆうてました わたしは中国とかシナとかどちらも使います 中国は、民度が中学生以下の国、と言う認識で使います

日支断交支持者

『中国』と呼び続ける者には注意が必要
ブログの名前は出さないが、とある日台関係特化した、シナの情報も詳しく書いているブログに、私が『貴方はシナの専門家であり、親台湾のスタンスなのに、大陸政府を一貫して中国と呼んでいるのはおかしいのではないか?』とコメント欄に疑問を呈した所、そちらの本名を明かせ、と聞いて来た。私の本名を明かすことと、疑問に答えることとは無関係のはずだから、そのブログ主は、疾しい所があるか、若しくはただ知らなかったことを認めたくなかったのであろう。私は無論、そんな挑発には乗らなかったが、飛んだ喰わせ者であった。

シナに詳しい人間であっても、上のブログの様に、『中国』と一貫して呼び続けている者は、無知だけであればまだ救いがあるが、意図的であったり、知らなかったことを認めたくないばかりに、不可解な対応をする場合は、警戒した方が良い。シナの工作員で反シナを装っているだけかも知れないし、言葉の意味を軽んじて、自分で勝手に解釈したがる偏屈な学者・専門家気取りかも知れないからだ。

桜酔

今日のお話を読んでいると、チャンコロと同じように、中国も同じ意味合いになってきていると思います。 もうすでに中国、チャイナというと悪いイメージしか持てません。外国に行けばチャイニーズは信用されない、ジャパニーズは信用できる、というイメージになっていますから。
チャイナも、先進国の仲間入りをしたいのなら、エチケット、常識、礼儀正しさ、謙譲の美徳を、早く身に付けるべきだと思います。

関東州

「日本書紀」でも"中国=日本"です。
v-56 『日本書紀』でも、表記は「中国=日本」ですよ。

例えば、雄略天皇7年の条、「于時、新羅不事中国」。

読みは、「時に、新羅、中国(ミカド)に事(ツカ)へず」…
意味は、「この年、新羅は日本に朝貢しなかった」です。

桜子

No title
お早うございます。
お疲れ様です。
昨日、「反日の構造」 西村幸祐(筆)届きました。
約1ヶ月位前に注文したのですが、こんなに時間がかかったのは初めてです。
という事はそれ程皆さんが関心を持たれているという事ですね。一気に読破しました。
私は最近まで平和ボケをやってまして、それから猛勉強、と言っても自分比です(笑)
解ったつもりで目から鱗などと威張って言ってましたが、何とこの本を読んで、お恥かしいのですが自分の目にまだ幾重にも鱗が残っていたのに気が付きました。
私にとって驚愕の一冊でした。
で、結論、この国に棲む獅子身中の虫を退治しないと日本の未来は無い!
私はその様に感じました。

D

No title
爺さん等は全員レイシストかよって話になるし
シナに差別的な意味合いなんて全くないんだよね。
アメリカもフランスもイギリスも世界中が中国とは呼ばない
それに対して、シナが抗議してるかというと全くしてないね。

こいつら、邪馬台国だとか卑弥呼だとか
散々 差別的な名前を日本に付けておいてよく言うよ。

邪に卑猥の卑だからね。

そもそも、何でシナが差別用語なのかという根拠というものを聞いたことがない

『中国の方々が差別用語だと言っている。』『中国の方々が嫌がっている。』
それがどうした?それが理由か?奴隷じゃあるまいし呆れるばかりだよ。
怒る奴は勝手に怒らせれば良いし、カルシウムが足りてないんだろう。
そんな事で怒るシナ人もいれば怒らないシナ人もいるだろうけど

じゃーなんで怒るの?どこが差別用語なの?
そろそろ東シナ海 南シナ海も差別とか言い出すよね?
東中国海? 南中国海?そんな変な名前は嫌だね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク