地方主権論は国を滅ぼす

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

地方主権論は国を滅ぼす


「地方主権」などというのは、発想からして戦後の歪みが産んだ最たるものであると、ボクは考えています。
とんでもないものです。
そもそも県知事を地元選挙で選出するという現状からしてどうかしているのです。
県知事も、戦前のように、中央から派遣すれば良い。

このことは、国を会社に例えてみればよくわかります。
全国の支店(地方自治体)を、すべて独立会社にしてしまったら、会社はどうなるのでしょうか。

支店を「主権を持つ独立体」にしたら、それだけで間違いなく会社の実力は落ちます。
どんな大会社であったとしても、あっというマに倒産してしまう。
あたりまえのことです。

さらにいえば、そもそも地方の支店長を支店内で選挙で選ぶなんて会社は、聞いたことがありません。
そのバカなことを大真面目にやっているのが戦後の日本なのです。
都道府県知事というのは、選挙で選ぶのではなく、戦前のように中央から派遣すれば良いのです。

最近、よく売れている本にジェイムズ・スキナーさんの「略奪大国」という本があります。
内容は国は国民からの略奪者であり、日本国憲法はまやかしで、日教組は解体せよ等々、99%賛同できるものです。

スキナーさんから、ボクは直接研修を受けたことがあり、とても勉強になったし、好きな人物のうちのひとりでもあります。
そしてこの本は、日本を国家としてみるうえで、たいへん示唆に富んでいる本だと思う。
ただ一点を除いては、です。

その一点とは何かというと、日本という国は、政府をトップとする国家ではない、ということです。
日本という国は、天皇陛下を中心とした共同体です。
そこをアメリカ人のスキナー氏は理解できていない。

たいへん面白い本だし、ものすごく勉強になるけれど、ですから99%賛成だけれど、一点、間違っているのです。
要するにどういうことかというと、国を大手の会社に例えたら、スキナー氏のいう「略奪者=国」は、役員会を指しているということです。

なるほど経営は役員会(政府)が担っている。
それは事実です。

けれど日本という国は、そもそも役員会を基とする会社(=国)ではない。
経営は役員さんたちよって行われているかもしれないが、社員(国民)の根幹にあるのは、役員(政府)ではなく、天皇である、ということです。
ここが日本が他の国と違う所なのです。

たとえば江戸幕府です。
江戸幕藩体制で、幕府(=徳川家)は国の政治を担いましたが、諸藩(=他家)も含めた日本国の中心には、常に天皇がおわしました。
日本は、開闢以来、天皇を本家の中の総本家としたとする家族国家なのです。

このことを理解しないでものごとの表層しかみないと、日本という国を見誤ることになる。

そもそも「地方主権」「地域主権」などという造語は、「外国人地方参政付与法案」が、成立が難しくなる状況下で、これを危惧した反日左翼議員が共同謀議的に考案したものです。
「地方が主役」などというのは、妄言にすぎません。
国家があっての地方です。

国がダメだから地方に権利をよこせという。
いまの国政がダメなことは国民がみんな知っているから、「地方主権」「地方分権」などという言葉でコロッと騙されてしまう。

国がダメなら、政府が大政奉還すればよいのです。
それが国家の原点に還るということです。

日本国政府は大政を陛下に奉還すべし! 
それが国体護持のを護持し、日本民族を再生する唯一の道です。

従って、地方主権云々を言う政治家は、信用に値しないとボクは思っています。

冒頭の写真は、ジョン・タイターという人が予知した2020年の日本の姿なのだそうです。
こういうものを頭から信用はしないけれど、地方主権などとバカなことを言っていると、日本は国家が破綻し、まさに冒頭の写真のような姿になったとしても、おかしくはない。

絶対にそんなことは許せないと思う方はクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

止めよ、国家解体の地方主権論西部邁ゼミナール2011年10月1日


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

履歴書の書き方

No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

-

「神奈川独立国」目指す 黒岩知事が表明
 神奈川県の黒岩祐治知事は24日の定例記者会見で「県全体を特区として規制緩和を進め、一国二制度のようないわば『神奈川独立国』を目指す」と述べ、独自の地方分権改革案をまとめるプロジェクトチームを同日立ち上げたことを明らかにした。
 県からの独立を掲げる林文子横浜市長らの新たな大都市制度構想に対抗する狙いとみられる。
 黒岩知事は「国にはできないことを神奈川でやろうと言ってきた。大胆な規制緩和を実現したい」と表明。一例として「外国人の医師や看護師が働け、未承認薬も使える。全県でそういうことを実施できるようにしたい」とした。
【共同通信】

山田正英

氏神在りて、
地方主権論、中央集権、此れは西洋『フランス、イギリス』の論理です、惑わされる無かれ。我が国には、地方、中央と分け、対立する思想は有りません。一天万乗の天皇を扇の要とした、対立の無い国体です。各地地方の方言、無くし、捨てては持っての他、唯其の地方、中央の役割の分担のみです。日本各地の方言、郷土史、是は祖国大和の根本です、丁度家族が、父と母から成ると同じです。大和の国体は、地方『言い換えると各家族』を1つの国『大和』と為すに一天万乗、無私の天皇を中心とした国柄で有ると云う事です、地方と中央が敵対する西洋思想とは根本が違います。戦後の日本又、日本人が取り戻さねば成らない重要な事だと思います。

mandaragan

道州制と地方主権
初めまして。ねずきち様のブログを勝手にリンクさせていただいております。道州制や地方主権推進派は、共産主義革命を使命とする者で危険な人物達と思います。
早くスパイ防止法を作って彼らを投獄して欲しいと思います。

alpha

道州制・地方主権・地方分権に想う
一昨年、統一地方選挙がありましたね。
その時、とある知り合いの県議候補が「維新の会」を名乗り、地方主権だの道州制だのと橋下現大阪市長の影響を受けているかの発言をしておりました。

地方主権・道州制について、明治維新で変わったものは何かと言えば、幕藩体制から廃藩置県による中央集権体制が構築された。

この結果、日本は極めて迅速に欧米列強に追いつき、日清・日露の両戦争で勝利を収めることができた。

貴方は維新と言うが地方主権とは戦後一部修正された中央集権体制を壊し江戸時代の幕藩体制に戻すようなものです。

明治維新とは、幕藩体制にはそれなりの良さもあっただろうが、外国との外交・防衛・経済戦争において国家としての一体となった体制を取ることができないことから、廃藩置県による中央集権体制が必要となった時代の流れを反映したものだったのですよ。

それを維新の名を騙って、昔の幕藩体制に戻すかのような行動は維新とは呼べない!

と指摘した、多少私の諫言を心に留めていてくれると信頼して、それでも私は彼を応援したのですが、彼は、当選すると維新の会を名乗って会派を分裂させました。

その後、いくつかの会合で顔を合わせるのですが、政治家ともあろうものが一有権者から逃げ隠れしている状態で、この一年一言も交わしておりません。

彼を応援したことの不明を恥じています。

維新の会が主張している道州制・地方主権・地方分権とはまさに江戸時代の幕藩体制に日本を戻そうとするものであり、日本としての統一・団結を毀損するものに他ならない危険な思想だということです。

奈々氏

ジョンタイター
ジョン・ティーターを追って 1 (ジョン・ティーターって何者?という人の為への再現フィルム)
http://www.youtube.com/watch?&gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=jZx8MTMqfuU&nomobile=1

ジョン・ティーターを追って 2 (ジョン・ティーター現象の真相究明ドキュメンタリ-)
http://www.youtube.com/watch?v=uxzru5ej2TU&feature=relmfu

774

No title
あの人権救済機関設置法案について
そろそろ記事として取り上げてもらえませんか?
明後日に閣議決定される予定なのですが・・・・・

山葵

国としての基本中の基本
ありがとうさんのおっしゃっる

『愛国心を否定し、国防意識も欠 落した上に安全保障に関する知識も欠落 した今の状態の日本』が一番の大問題なのです。

愛国心を持たない者にどんな制度をあたえても根本的な解決にはならない。

まずは国民の国防に関する意識が『世界標準』レベルにならないと話が先にすすみません。

無防備都市宣言などをしている自治体には一切の国からの援助は止めるべきだと思っております。

保守政権になったらまっさきに実行して欲しいものです。

佐藤優(元外務省主任分析官)はシナの下僕かも?

No title
そうですよね、地域主権って国家解体の一丁目一番地みたいな気がします。


今日の沖縄地元紙に、佐藤優がこんな事書いてました。

こんな変な発想も、「地域が主役」の行き着くところかも??

↓↓↓

【頭越し・差別続く】

>尖閣諸島は日本ではなく、沖縄の領土だ。

>石原慎太郎都知事には、その理解が決定的に欠けている。

>尖閣に自衛隊基地ができ、いざ中国と武力衝突になれば、石垣も沖縄も捨て駒にされる。

>「石原新党」構想が迷走する中、ナショナリズムをあおってカネをかけずに人気を取る狙いだ。

心の学問塾「誠心館」

No title
大政奉還まったく賛成です。

この国起こりは、三種の神器・三大の神勅より起こっていることを教えて頂きました。

世界の国にはない唯一の天皇制。

大政奉還をして、日本を本来のあるべき姿に戻さなければ、国は崩壊して仕舞うように思います。

既に崩壊してますが…

今国の存続の危機を思う日本国民

中共の計画と石原都知事発言の関係
日本侵略完成2012、米国と戦争2020年が中共の計画です(でした)。尖閣諸島漁船事件の失敗で、2012年の計画は失敗しましたが、日本人は一致団結していなければまもなく、チベット自治区、内モンゴル自治区、ウイグル自治区にならい、日本自治区にされてしまいます。

今の民主党政権はまさに中共に飼い慣らされた売国政権です。国民はこのことを心していなければ、各自治区で吹き荒れているあの虐殺がまちがいなく日本にも吹き荒れます。

先の石原慎太郎東京都知事の行動はこのことを心配しているからでしょう。都民として都税を使うことはぜんぜん賛成です。年内なんて言わず尖閣諸島をすぐにでも買い取るべきです。後追いで政府が邪魔するなんてトンデモない。今後、政府の売国性を見破って行きましょう。

多峰鋭太

『略奪大国』
噴飯物の内容で記述に寄れば「4年後に日本は破綻する」のだそうです。
彼はコンサルですからポジショントークとしては正解なのでしょうが。
もしも外れたらこの手の出版や言論は一切止めて欲しいですね。

ありがとう

そもそも愛国心を否定し、国防意識も欠落した上に安全保障に関する知識も欠落した今の状態の日本で道州制なんて〝国家的自殺″だと思います。

MERCURY

No title
待ってました(笑)

やはり地域主権、地方分権などはまやかしでしたか。
私も直感では道州制を言う奴は国からの独立を目指してると思ってました。

行き詰ったら基本に立ち返り大政奉還、王政復古の大号令が正しいのかも知れませんね。


ちなみにスキナー氏は東南アジアで帝国陸軍が1000万人殺したとの史観の持ち主なので
あまり好きになれません、と言うより嫌いです。
かれはシンガポール華僑に洗脳されてる可能性があります。

某さん

No title
地域主権は財源の移譲も含まれるので
貧乏な(人口の少ない)地方から潰れます。

国家は円を発行する権利を有しているので
国債で最後はなんとかなりますが地方債を
発行してまかなわなければならない地域主権は
いずれ、夕張のように破綻するしかないでしょう。

オールJAPANの体制もとりがたく、かつてのような
幕藩体制に逆行することになるわけで、確実に
国際社会から取り残されます。

まさ

No title
おはようございます。
橋下大阪市長の考え方がこの通りですね。
中川八洋さんが90年代に地方主権について
警告されてました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク