大切にしたい日本の四季



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

靖国神社と桜
靖国神社と桜並木


昨日の土日、靖国は満開の桜でした。
多くの人とともに、英霊の皆様方もお集りだったのではないかと思います。
父祖が築いてくれた日本を守るために、私たちも頑張らねばと思いました。

下の写真は、近所にある用水沿いの桜並木です。
吹きっさらしの風にあたるせいか、桜はまだ二分咲きです。
こちらは満開が早くて来週の土日くらいかと思いますが、いまから待ち遠しく思います。
近所の桜並木(2012/4/8)
近所の桜並木


一方、同じく近所にある江戸川沿いの河川敷の堤防にある菜の花は、見事に咲き並びました。
江戸川沿いの菜の花(2012/4/8)
江戸川沿いの菜の花


ボクは、子供の頃から菜の花が好きで、文部省唱歌の「朧(おぼろ)月夜」は、大好きな歌です。
この曲は、大正3(1914)年に六年生の尋常小学唱歌に採用された曲で、作詞高野辰之、作曲岡野貞一で、詞も曲もたいへん素晴らしいものです。

おもしろいことにこの曲、世界中に紹介されていて、なんとあのマライヤ・キャリーも、「Misty Moon」という英題で歌っています。

Mariah Carey - Misty Moon


日本語の歌詞は、4、4、3、3音で構成されているもので、二番では「も」で韻を踏むという珍しい手法がとられたものになっています。
たいへん視覚的な歌詞で、風にそよぐ菜の花、連なる山々、夕日、おぼろ月が実に見事に配置され、まるで情景が目に浮かぶようです。

【朧月夜(おぼろづきよ)】
1 菜の花畠に 入日薄れ
  見わたす山の端(は) 霞ふかし
  春風そよふく 空を見れば
  夕月かかりて にほひ淡し

2 里わの火影(ほかげ)も 森の色も
  田中の小路をたどる人も
  蛙(かはづ)のなくねも かねの音も
  さながら霞める 朧月夜

「おぼろ月」というのは、春先によく見られる、ちょっと霞(かすみ)のかかったお月様で、別名が「菜種月」ともいいます。

菜種(ナタネ)は、菜の花の別称です。
菜種から採れる油が、菜種油(ナタネアブラ)で、江戸時代には行燈(あんどん)によく使われたり、食用に使われたりしています。
実は今の日本でも、サラダ油の6割は、菜の花から採れる菜種油が原料なのだそうです。

菜の花は、芽茎が食用になり、この時期菜の花の胡麻あえなんて、実においしい。
それだけでなく、荒れた土地でも繁殖できるため、堤防や土手などの修景用にも、用いられます。
上の写真の江戸川の河川敷のものなどは、まさにそれです。

日本人は、こうして四季折々の美しい自然と、まさに共存して生きて来た。

春山の さきの ををりに 春菜採(つむ)
妹が白紐(しらひも) 見らく しよしも

と読んだのは、万葉集の尾張連(おわりのむらじ)ですが、他にも

菜の花や 月は東に日は西に(与謝蕪村)
菜の花の遙かに黄なり筑後川(夏目漱石)

なんていう俳句もあります。

日本には四季があります。
そして四季折々の美しさがある。
そういう美しさを大切にし、共存し、調和して生きて来たのが日本人だと思うのです。

戦後の日本は、そうした自然との共存を、ある意味否定し、都会化することを「開発すること」、「良いこと」としてきました。
四季は、いまでは、単に衣類の着あわせの中だけのものとなっているかのようです。

けれど忘れてはならないのは、
日本にもともとある四季折々の美しさと、
それに感動する、人の心 なのではないかと思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

私も大好きな歌です
「朧月夜」
私も大好きな歌です。
仕事で何度も大陸に渡りましたが、青空を眺めたことは一度もありません。
大陸人に『毎日毎日…昼間から「朧月夜」だね~』って言いましたら『霧が深いだけだ!』って嫌~な顔をされました。
『PM2.5月夜』とでも言ってやれば良かったですかね(笑)

はらさり

おぼろ月と春の生き物
こんにちは。

おぼろづきよ

小さな頃よく聴いてました。父が童謡や唱歌を集めたカセットテープを購入してくれました。
その中にも入っていたので聴いてましたね。懐かしいです。カセットテープは引越す際に手離してしまいました…。
【朧月夜】という言葉に最近面白い体験をしました。

旦那さんが つきりゅうつきや と読んでいるのです。書いてある紙を見たらやはりおぼろづきよだったんですが、逆につきりゅうつきやと読める旦那さんが面白かったです。

菜の花、わが家の近所には無くて…春の花は桜や梅なども見られますがつくしや菜の花はツアーにも参加しないと見られないかなって思います。

愛信

【平沼赳夫】新党と憲法、我々の安全と生存は我々自身の手で[桜H24/4/3]
【平沼赳夫】新党と憲法、我々の安全と生存は我々自身の手で[桜H24/4/3]
国を想う国会議員達が、国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の
皆様にお伝えするシリーズ。
今回は平沼赳夫衆議院議員から、新党構想と政界再編を­見据えたお話しの他、新党の核となる
憲法に対する認識などについてお話しいただきます。
http://youtu.be/dr4MwlvWkAQ
(動画)

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

桜子

No title
同期の桜
一、
 貴様と俺とは同期の桜
 同じ兵学校の庭に咲く
 咲いた花なら散るのは覚悟
見事散りましょ国のため

五、
貴様と俺とは同期の桜
離れ離れに散ろうとも
花の都の靖国神社
春の梢(こずえ)に咲いて会おう

軍歌、「同期の桜」です。
ご存知だと思いますが1番と5番を抜粋しました。
国を護る為、潔く散って逝かれたのです。

感謝も忘れ売国政策ひた走り!
消費税法案の影でこっそり人権救済機関設置法案を通そうとする魂胆、見え見え!
こんなもの通ったら消費税法案以前の問題。
いろんな議論、問題も国が存続してたらの話しでしょうに。
何としても阻止しなければと思います。
一人ひとりが今自分に何が出来るか考え、行動するべきだと思います。








愛信

【ヲシテ文献】漢字渡来前の日本を探る【ch桜】
【ヲシテ文献】漢字渡来前の日本を探る【ch桜】
http://youtu.be/Dm8zldpBVDU
(動画)

日本と中東を結ぶシルクロード(絹の道)の起点がなぜ日本なのか考えてみよう。
詳細は【書籍街の掲示板】
http://www.aixin.jp/gktj/sss/sss.cgi

ねずきち

No title
無無明人さん、ありがとうございます^^
今後ともよろしくお願いします。

無無明人

どうぞお使いください
コメントありがとうございます。
私の記事を使いたいとのことですが、そもそもはネットでの拾いものです。どうぞ、ご自由にお使いください。

ねずきちさんのブログ記事は、本当に参考になります。随分無断で引用させていただいた部分があります。

最近、私のブログは放置状態ですが、落ち着いたら、また書きたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

思い出

No title
延々と続く菜の花畑、菜の花は私よりも背が高かった。5~7歳くらいだったのだろうか従兄弟たちと5~6人が母を真ん中にして手を繋ぎ大きな声で朧月夜を一生懸命に歌った。

道いっぱいに並んだが車も人も馬車も来なかった田舎の畑、綺麗な歌声だった、幸せだったまるで昨日のように覚えている。

あれから50年以上は経った、ちじんで小さくなった母親に出来るだけの親孝行をしたい、父の分まで。

ミータン

朝から綺麗な歌声と画像に感動できました!
ありがとうございました。

先程、「歴史通」55月号買いました。
ねずきちさんの「加虐日本人」の正体、が掲載されてました。
ブロガー座談会もありましたね。
興味深く読ませていただきました。

愛信

李氏朝鮮の文明水準
李氏朝鮮の文明水準
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-770.html

 反日売国政党民主党とその応援団の反日売国テレビ局・マスコミが以前熱心に宣伝していた
朝鮮の実体が理解できる記事です。 多くの愛国系日本人に広めましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

猫めでる婆

No title
すっかり春めきましたね。
当地では梅の小さなつぼみが、「今年も咲くから待っていてね」とでも言っているようです。
どんな辛いことがあっても、春の花々には励まされます。
食卓には蕗の薹の油味噌いためが登場し、この味を一年待っていたんだなあと思いながらおいしく戴いています。
いくら好物だからといって、大量に冷凍しておいて一年中楽しむということは我が家ではしません。
そんなことをしたら、春の食事の感動を失ってしまうからです。
日本の食生活は無国籍、無地方、無季節、無家庭、無安全といわれて久しいですが、私は無感動も加わったのではないかと思っています。
ご馳走はたまに食べるからおいしいのに、のべつ幕なし「栄養がー、栄養がー」と肉や卵を食べているから、そこそこのお値段の幕の内弁当のふたを取った瞬間に「おいしいおかずが入っていない」とほざく不届きな日本人が出てきてしまうのです。
子供の頃から刺激の強い味付けに慣れて味覚障害を起こし、日本の伝統的な調味料のおいしさを理解できない人も増えたようです。
私が子供だった昭和30年代のお年寄りは、「子供に濃い味のものを食べさせてはいけない、唐辛子や胡椒を食べさせると馬鹿になる」と本気で言っていましたが、まさにそのとおりで舌が馬鹿になりました。
子育ての基本をご先祖様から正しく受け継いで子孫に伝えてくださったのに、年寄りの言うことなんかと小馬鹿にしてきたツケが回ってきてしまいました。
お孫さんをお持ちのお祖父さん・お祖母さんにお願いです。
昔のお年寄りのように、「この味(orこの食べ物)は、子供には毒だ」と静かに毅然とした態度で言ってくださいませんか。

ところで最近、とてつもなくおいしい調味料を見つけました。
感動のあまり醸造元に感謝の電話までしてしまったその調味料は、味噌のたまりです。
これは味噌の完成時に少量できる液体で、昔味噌を仕込んだことのある農家の80歳くらいのお年寄りならご存知だと思います。
いやはや、日本は何をやってもとてつもない国です。
味噌のたまりは、味噌・麹製造店にあると思いますので、お尋ねになってみてください。
そして使い方は、農家のご高齢の方に教えていただきましょう。
様々な昔のお話もうかがえるかもしれませんね。

お買い物ならYAHOO!

No title
日本の美しさは世界一だと思います!
やはり国民コ心の美しさを反映しているからでしょう。

国土を守り、人心を守る柱となるのは
やはり美しい日本語だと思います。

これからも大切にしていきたいと思います。

桜子

No title
雲一つない青空に桜を見上げた時なぜか私の心は英霊の方々を想い複雑な気持ちになりました。
こうしてきれいな桜を見られるのもご先祖、そして英霊の皆さんのおかげです。
あらためて感謝です。
未来ある子供達に美しい日本、何としてでも守らなければと思います。

おばさん

世界に発信しましょう!!
「英語で世界に発信しよう!UndertakeRrachのコピペでGO!」を検索してください。
正しい歴史を英語で世界に発信しましょう!!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク