赤いご飯のヒミツ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

稲刈りをされる天皇陛下
2011年9月28日午後4時ごろ。
皇居・生物学研究所脇の水田(宮内庁提供)
稲刈りをされる今上陛下


以下は、お世話になっている和源さんからいただいたお話です。
巫女さんが教えてくれる日々の豆知識からなのだそうです。
とっても良いお話です。

~~~~~~~~~
今回の豆知識は、『赤いご飯のヒミツ』です。
みなさんは『赤いご飯』と聞いて、何を思いうかべますか?
きっとほとんどの人が「お赤飯」と答えるでしょう。
しかしお赤飯には、その前があるのです。

古事記にもあるように、日本は昔『みずほの国』と呼ばれていました。
みずみずしくて、さわやかな国。
秋になると稲穂の垂れ下がる豊かな国という意味です。

では、どうしてここまで豊かな国になったのでしょうか?
昔、まだ日本が『みずほの国』と呼ばれていない頃、どこからか赤米という、赤いお米が伝えられました。
古代人はその赤米を何とかして日本に根付かせようと一生懸命働きました。
そのおかげで赤米が日本の風土に根付き、見事な『みずほの国』が誕生したのです。

ところが、生産力の高い白米が入ってくると、生産力の低い赤米は段々作られなくなってしまいました。
しかし、日本人は大変義理がたい。
日本にくまなく稲作文化を拡げてくれた、古代のご先祖さまへの感謝の気持ちを忘れなかったのです。

赤米を作られることが少なくなった今でも、お正月や秋祭りなどの行事がある日には、ちゃんとお赤飯を用意して、御先祖さまにお供えをしています。
赤米を食べることが少なくなった今、みなさんは赤米の代わりに、お赤飯を作って食べているわけです。

また、お赤飯をご先祖さまにお供えする時は、日本に稲作文化を拡げてくれたことへの感謝の気持ちを忘れな
いようにしましょう。

私たちは古代の御先祖さまのおかげで今の生活ができているのです。
【お赤飯のもとは赤米。その赤米とは、古代の御先祖さまが拡げてくれたお米の始まり。】

これが、『赤いご飯のヒミツ』です。
~~~~~~~~

とっても良いお話です。

赤米(あかまい)というのは、下の写真にあるように、玄米の皮が赤いお米で、稲穂も赤くなる稲から採れるお米です。

通常品種と赤米(手前が通常品種)
通常品種と赤米


野生の稲の多くは赤米で、気候の変化や病害虫などに強い代わりに、私たちが普段食べる白米と比べて収穫量が少なく、糖度が低いので、あまり美味しくないらしいです。

記録としては、奈良県高市郡明日香村の飛鳥京跡から発見された木簡に、献上物として赤米、赤搗米、赤春米などの記載があり、6世紀頃には、まだ広く栽培されていたことが伺えます。

赤米そのものの栽培物の出土としては、佐賀県の吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)で、いまから3000年ほど前の大量の赤米の炭化物が見つかっています。

ですから、いまから3000年前から1500年前まで、日本各地で広く赤米の生産がされていたのは、間違いないようです。
その後赤米は、より収穫高の多い白米に取って代わられますが、それでも何か祝い事があると赤飯を炊いてご先祖様に感謝する。
その伝統は、現代社会となったいまでも残っているわけです。

そして赤飯を炊く理由が、ご先祖様への感謝の心にあるとは・・・。

とっても良いお話だとおもいました。
やっぱり日本て、いいですね♪

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【瑞穂の国】天皇陛下がお田植え[桜H23/5/25]


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

きくりん

No title
 しばらくぶりに見たら、ご返答が数件ありました。ありがとうございます。
大麻は、日本古来から神道儀礼に使われてきた、非常にエネルギーの高い植物です。繊維にさわれば分かります。陛下の即位式におめしになる荒妙は、大麻繊維です。一方和妙は絹です。動物性繊維の代表が絹で、植物の代表が大麻です。
 日本を支えてきたのは、お米と大麻の霊力ではとさえ思えます。
 大麻は繊維を取り、油を絞り、パルプを作ります。パルプの効率は材木の6倍。木材パルプを売り込もうとした米国につぶされたと聞きます。
 大麻の成分のカンナビノール、カンナビジオールは、脳神経系の特効薬であると聞きます。それも製薬会社の利権と抵触するのでしょう。
 微生物が繁殖した後には、土壌の元素組成が変わるようです。多分微生物が原子を組み替えるのでは、と考えます。放射性物質は不安定なので、崩壊・融合しやすいのです。もちろんこんな理屈は、現在の科学大系では、異端です。でも放射線量が減るという現実は、放射性同位体が、原子核レベルで変化しない限りあり得ません。
 大麻の力がどの程度なのか、入手できないので確認できません。しかし、地上で一番エネルギーの高い植物と目される米、大麻、蓮、のうち、米と蓮では実績があります。
 国策として実験・実行して欲しいですが、現政権と御用学者の頭ではむりでしょうか。民間でがんばりましょう。

某所関係者

No title
>>nutsさん
大麻は生長がとても速いですから、土中のミネラル吸収力が強すぎて土地を荒らすこともある、とは聞いていますが「除染」にも使えるとは初耳です。
ちなみに、現在の日本で栽培されている大麻は、栃木県農業試験場で開発した「とちぎしろ(栃木白)」や、その改良品種が中心となっています。これらは麻薬の成分が従来品種の10分の1以下しか含まれず、煙を吸引しても「軽いタバコより効果が薄い」のが特徴です。それでも畑に大麻を盗みにくる愚か者はいるそうですが(笑)。
>>きくりんさん
米ぬかは多種多様な微生物のエサになると聞いていますが、その中に放射性物質を固定・安定化する株が存在する、と言う事でしょうか?
近隣の農協で、米ぬかのセシウム濃度が100bqを超えたので動物のエサとして販売できないと嘆いていますので、畑に散布するだけで解決できるなら朗報なのですが…。
>>ねずきちさん
最初に日本に入って来た「赤米」は、「うるち米」ではなく「もち米」だそうですよ。土器(瓶と甑)が「炊く」機能ではなく「蒸す」機能だったのは「もち米用」だったからだとか。

日本大好き

待ってました!!!
「東京都尖閣諸島寄付金」の受付が始まりました。
東京都のホームページに詳しく記載されております。

あお

良い話をありがとうございます。
これからよりお赤飯が美味しくなりそう。
赤米は、古代米とか言われたり、田んぼアートで使われてる面のですね!

nuts

きくりんさま
米ぬかが除染や土壌改良などに使用できたらどんなにすばらしいことでしょう!日本では戦後大麻生産を禁止させられそのまま間違った情報で日本人は洗脳されっぱなしですが、ウクライナでは大麻を使った除染をしたところがあるそうですが実際の研究数値が見つけられないのと日本のこの大麻に関する間違った規制が厳しすぎて植えることもできないようです。でも米ぬかが効果があれば希望の光ですね。海水をかぶった土壌なども改良できるのでしょうか?とても興味があります。

きくりん

除染
 お米の食文化で日本は続いてきましたが、お米が日本を救うかもしれません。
 汚染土壌を取り寄せて、菌類が放射性物質を無力化出来ないか実験しています。
 米ぬかを撒いた土壌は、明確に放射線量が下がります。定量的には膨大な数値を処理しなければならないので、数値を公開するのはずいぶん後になりますが。
 1.米ぬかを軽く土壌表面に振りまく。(海塩を少々混ぜるのも良)
 2.軽く表土だけかき混ぜる。深く耕さない。
 3.乾かないように刈った雑草や、敷き藁で土を覆う。
 4.微生物を殺さないように、農薬、化学肥料は使わない。
 以上を実行していただけたら、1週間もすれば簡単な線量計でも変化を測定できます。
 農薬や化学肥料で痛んだ土は、効果が出にくいこともあります。また、高線量の土壌では実験していません。
 米ぬかが少量しかない場合は、米ぬかと塩、糖蜜で米ぬか乳酸菌を培養して噴霧してください。
 嘘だろうと思われるかもしれませんが、疑う前に実行してみてください。理屈は長くなりますので割愛します。お米によって、再び日本が救われるかもしれません。

-

No title
赤米は、白米に少し混ぜて炊くと美味しく食べられます。

桜子

No title
<明日4月27日に、石原都知事が表明した「尖閣諸島購入構想」を支援するため、都庁前と新宿駅前で緊急国民行動を行います。>

是非参加したいのですが遠くて参加できません、何とも悔しいです。
心は都庁の前にいます、皆さんと一緒にいます、頑張って下さい!
一人でも多くの方が参加される事を願っています。

愛信

re:小沢の敗北予測?ジェラルド・カーティス・コロンビア大学名誉教授が
ps:
「日本海」単独呼称を維持 国際水路機関総会、韓国側「結論先送り」と反発
http://plaza.rakuten.co.jp/1958kn/diary/201204260002/

明日4月27日に、石原都知事が表明した「尖閣諸島購入構想」を支援するため、都庁前と新宿駅前で緊急国民行動を行います。
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1707.html

愛信

小沢の敗北予測?ジェラルド・カーティス・コロンビア大学名誉教授が
小沢の敗北予測?ジェラルド・カーティス・コロンビア大学名誉教授が
http://www.nikaidou.com/archives/894

 その土地を買った、土地代金4億円は何処から持って来たのか。 
政治資金収支報告書に記載されてないではないか。
この様な判決に納得するほど日本人は馬鹿ではない

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
「日本海」単独呼称を維持 国際水路機関総会、韓国側「結論先送り」と反発
http://plaza.rakuten.co.jp/1958kn/diary/201204260002/

山田正英

No title
兎に角、陛下と稲作、其の現場の御姿を拝見『現実には写真』すると自分の心底から何かしら素直な気が湧起り自然に面白く、吾が顔が微笑んでくる又、其の陛下に対し最敬礼してしまいます。本当に有り難い事です。’非理法権天’楠公の幟印ですが、我が大和国(ダイワの国)の根本、之の天上と天下、最高を天(天皇)として吾民人の生きる地上、善悪混然、、御自ら是の地上に降り下り、吾民人の為す可きを行い示して居られる、現実、全地球世界で我が祖国日本、天皇と臣国民の関係のみです。法律、其れを作る権力では’ダイワ、大和’に成らぬ、例えば,各家族、其の親子、法律の規定のみで一家平和で有る筈が無い、と同じです。日本人に生まれ、日本語で本当に良かった。

カクテル

お赤飯をいただくということは、先人の方々への感謝だったのですね。
感謝を忘れない日本人って素敵です!
私も、見習って顔晴ります。
ねずきちさん、ありがとうございました♪

桜子

No title
今、ここに来、あらためて日本の文化、又、食文化が見直されています。
戦前までは普通に日本文化とは食文化とはこういうものだと、つまり当たり前だと思っていましたよね。
しかし戦後何もかもが180度変わり、それが良い事なのだと思い込んできましたが、ここに来て全てに歪が生じてきています。
というより思い込まされていた面が大でしょう。
その歪の一番の原因は教育だと思います。

人間として、日本人として大切な何かをご先祖様達は残してくださっています。
その何かを守るのが日本人として生まれさせてもらった私達の役目だと思います。



にっぽんじん

民主主義とは
民主主義の根幹は「自由」「平等」「人権」と言います。本当でしょうか。人権を国語の辞書で見ると「生まれながらにしてもっている生命、自由、平等の権利」と書かれています。これを並べれば民主主義とは「自由」「平等」「生命、自由、平等の権利」となります。

不自然な言葉です。屋上の上に屋根を重ねるとはこのことです。民主主義の根幹で抜けているものがあります。それは「義務」と「公平」です。

民主主義の根幹は法の下での「自由」「平等」「義務」「公平」です。それがあれば人権は守られます。今の日本に必要なのは「義務」と「公平」の考え方です。

白なまず

No title
私は毎日、白米(玄米)に黒米(赤米)を大さじ1ぱい入れてご飯をたいております。赤米は栄養豊富で、玄米の栄養をさらにUPしてくれます。これに、少量の雑穀(あわ、ひえ等)もまぜて、塩、梅干しでお結びを作り海苔をまくと最強のおむすびの出来上がりです。味噌汁に日本茶、、、日本人の贅沢ですね。駄文失礼しました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
E-mail info@musubi-ac.com

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク