反日宣伝と日本人



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

姫路城


日本にはスパイ防止法がないため、日本国内での特アや共産主義者による反日工作は、まさに「やり放題、やり得」です。
米国で4月20日に配信された記事に、次のものがあります。

~~~~~~~~~~
【韓国、特殊要員に補償金 在日朝鮮人帰還を妨害】
http://www.usfl.com/Daily/News/12/04/0420_019.asp?id=95148

韓国警察庁は20日、日本と北朝鮮の両国赤十字が共同で行った在日朝鮮人帰還事業を妨害するため、韓国の李承晩政権が1959年ごろに<日本にひそかに派遣した特殊要員>の生存者と遺族に、1人当たり1億~2億6000万ウォン(約720万~1860万円)の補償金を支払うと発表した。

同庁によると、特殊要員は計66人で、治安当局が民間人の中から選抜し、教育・訓練を行った後に派遣。
しかし台風のため日本近海で12人が遭難し死亡したほか、日本国内での活動後に韓国に撤収する途中に25人が日本側に逮捕され、刑罰を受けるなどした。現在の生存者は7人。

今回の措置は、盧武鉉前政権時代に始まった歴史清算の一環。
帰還事業は59年から始まり、9万3000人以上が北朝鮮に渡った。

韓国は当時、同事業に強く反対。
当時、新潟県内の日本赤十字関連施設の爆破未遂事件などが起きており、特殊要員も関与していたとみられる。(共同)
~~~~~~~~~

記事は韓国のものですが、日本国内では、在日Koreanに限らず、在日Chineseなどによってた対日本工作が様々な形で、かつ、きわめて広範に行われています。
日本はこれを取り締まる法を持たず、やられ放題、まさに日本は「スパイ天国」の様相を呈しています。

この工作活動は、日本人の愛国者に対しても及んでいます。
たとえばネットで、保守派や右翼をバカにするような投稿を流すだけではありません。
きわめてまっとうな記事に、普通の人なら引いてしまうような謎に満ちた投稿をする、あるいはいかにもカルトめいた投稿、あるいは極端に好戦的な投稿を行うなど、様々な手口があります。
これらは、まっとうな日本人を、保守系ブログから遠ざけるという作用をもたらします。
あるいは特定の保守系言論人を貶める内容の投稿を繰り返し、言論を封殺ではなく、人を貶めることで記事の信用を損ねるなどといった活動も行われます。
これらは、もはや日常茶飯事です。

東近研の落合さんがまとめた「反日宣伝と日本人の対応」にも、おもしろいことが書かれています。

~~~~~~~~
【反日宣伝と日本人の対応】

1 宣伝戦争の時代
─────────
20世紀に入ると、大量宣伝用具の発達と政治権力の大衆化により「敵性宣伝工作」が非常に発達しました。
第一次大戦中、英国ではドイツ軍が英国兵の死体の脂肪から石鹸を作っているという宣伝が流され、英国人は憤激しています。
しかし戦後嘘と分かりました。
けれどこのときの宣伝担当者は高く評価されたのです。
戦争意欲を高めたからです。工作の一例です。

2 常時戦争の認識
─────────
古代Chinaの戦略家、孫子は「戦争とは騙すことである。武力による戦争は下策」と喝破しています。
ということは国家は「絶対不信のもとで常時戦争にある」という事です。
簡単に言えば、「平和、友好、親善は、騙しの入口」です。

3 対日宣伝
─────────
戦後の敵国の対日宣伝には多くの事例があります。
エセ南京事件や慰安婦問題もその一つです。
まったくなかったことを、あったと言い張り、宣伝します。
これにより日本は大損害を受け、中共、朝鮮は大変な利益を得ました。
世界の宣伝工作史で最も成功した事例です。
被害者の日本にとっては大きな恥辱ですが。

4.宣伝の仕組み
─────────
1)基本的な手法
内容 情報の隠蔽、偽造、歪曲、レッテル張り、二重基準を行います。

処理 日本人が食いつきやすいように内容に一部真実を入れます。
 おだてて騙すというのは、よく使われる手口です。
 (日本人はおだてに弱い)

対象と狙い
 自国内宣伝により対日敵愾心を高めます。
 日本での宣伝工作によって日本人を分裂弱体化させます。
 米国で宣伝し、日米関係に亀裂を生じさせます。

2)工作組織
国までも盗む重大な工作なので、大規模な組織です。
数千人規模の人員を擁しています。
中枢の人材はみな心理学や語学、歴史、戦史に通じた頭がよい人間ばかりです。
資金も豊富です。
ですから資料の収集や宣伝では金に糸目をつけません。

3)技術
こうして出てくる宣伝情報は極めて高度で、歴史の専門家でも引っかかることがあります。
まして素人には到底手が負えません。
特に人の良い日本人は、すぐに騙されてしまいます。

5防衛方法
─────────
こうした状況で我々はどう身を守るべきか、です。

イ、情報の内容でなく、誘導される結論で判断すること

自国すなわち自分が損することは理由のいかんを問わず認めないことです。
「損するから信じない」というと相手は困ります。
損得は騙せないからです。
そのためには「日本人である」という意識をしっかり持つことです。
「日本を離れた自分個人」は、あり得ないのだと知ることです。

ロ、相手の情報に犬のようについて行ってはなりません。
 独立心を持ちカチンときたら「即否定」します。

ハ、皇室や日本軍の誹謗中傷は、すなわち「自分が非難されている」と言う意識を持つことです。
これがないとすぐに騙されます。


6 日本
イ、戦後一貫して、敵は日本を滅ぼすために、計画的、組織的に上は天皇から、国軍、文化、社会などすべてに誹謗中傷を行っています。
ぜんぶ「日本が損する」情報です。
敵の狙いに気づかず、騙されて毒餌に食いついたものが沢山いたのです。
バカな話です。

たとえば戦後の「陸軍悪玉説」があります。
全部否定すると日本人が気付くので半分だけ否定しました。
現場の兵士達は頑張ったのに、上層部がバカだった等です。
こうして陸軍が貶められると、最近では「戦争に負けたのは日本海軍のせいだ」という「海軍悪玉説」が流されるようになりました。
これには、多くの陸軍関係者までもが、かなりひっかかっています。
陸軍は、戦後一貫して否定され続けたのです。
それが実は海軍のせいだとなると、多くの保守系論者も、これに飛びついてしまった。
これが「半分否定工作」です。
けれどよく考えてみると、結果として日本人にとって、尊い皇軍が全部否定されています。
そこに誘導されているのです。

ロ、歴史著作
本の著作者は、金が欲しく目立ちたがり屋であるがゆえに、出版社におだてられるとすぐに反日歴史を書いてしまう傾向があります。
多少知っている人から見ると不合理な点がわかるが、一般の人は気づかず、真に受けます。
しかも「どこぞの学者の何という本に書いてある」とその文が引用され、分散され、拡散される。
結果、より多くの日本人が騙されています。

ハ、中共の御機嫌取り
日本の大出版社は、古代China関連情報の出版用取材のために、現代政治や歴史の出版でも中共のご機嫌取りをすることが常態化しています。

ニ、誰が得をするのか
ここが大事です。
驚くような奇をてらうような歴史情報は、真に受けてはなりません。
常に裏を読むことです。

「誰が得をするのか」
「誰が何のために流しているのか」
を読むことです。
内容が問題ではありません。
それ以前に、その情報によって「誰が得をするのか」を考えることです。

ホ、私は以前皇室を誹謗するN会議の会員を我慢しきれずに面罵したことがあります。
すると彼は、目を白黒させて驚き、怒られたのははじめてだと言いました。
いかなる意味でも、反日言動は許さない。
戦後の日本社会は甘すぎたのです。

7.結び:
いま中共は日本の近代史の戦記物を集めています。
古書店の店頭で、本の入ったダンボールの大箱の送付先を見ると上海でした。
中共はエセ南京事件で日本人を騙して十分利益を得ていたのですが、日本人が気付きだしたのでので、次の新しい仕掛けを行っているのです。
日本人は二度度引っかかってはならない。
~~~~~~~~

正直な話、ボクもこうした工作情報には、さんざん騙されています。
たとえば、昨年の尖閣漁船問題のとき、日頃から日本漁船だけでなく、海保の船も襲われて職員が簀巻きにされて、海に放り込まれたとかいうことを聞いて、びっくりして、こりゃたいへんだと、慌ててこのブログで皆様にご紹介しました。
けれど、とんだデマでした。

実際にはそのような事実はなかった。
それだけでなく、おどろいたことに、後で知ったのは、日本の海保職員がものすごく強いということです。
日本の海保職員は、鍛え上げられており、「軍事訓練された」ChineseやKoreanが3~4人束になってかかってきても、またたくまに打ち倒してしまう。それだけの実力がある。
いやはや、ほんとうにびっくりします。

街でヤクザにからまれても、素人相手なら、10人くらいあっというまに叩きのめしてしまえるほどです。
もちろん彼らはそんなことはしませんが、それほどまでに彼らは鍛えあげられています。

情報は、そんな彼らが、China漁船員に簀巻きにして・・・というものです。
ありえない話です。
当時、そういう嘘がもっともらしく情報として流されていました。
まっとうな人、あるいは事情を知る人から見ると、ああ、ネットの情報というものは、所詮、信用に値しないのだな、となります。

他にも、わかりやすいのに、あいつはトウイツだ、ソウカだ、というものもあります。
ボクの友人で、そういう中傷を浴びた人がいます。
彼の家にも事務所にも何度もお伺いしていますが、神棚と仏壇があり、きれいに掃除された仏壇は真宗のものです。
ところがネットでは、そういうことがわかりません。
愛国者は、人が良いから、そんな危険な人には近づかない方がいいと思ってしまう。

要するに、トラップです。
こうして今日の日本では、保守同志の分断工作や、虚偽情報による信用毀損工作などが、公然と、しかも集団で行われています。

見抜くのは、落合さんの文にあきらかなように、その情報で「誰が得をするのか」を考えることです。
日本が得をするのか、外国が得をするのか。そこです。

尖閣問題についていえば、海保職員が簀巻きにされて云々という情報で、誰が得をし、誰が損をするのか。
ソウカだ、トウイツだと中傷されている人は、その人の日頃の発言による影響力と比して、その人への中傷によって「誰が得をするのか」を考えてみれば、前者は日本人が貶められている似非情報とわかるし、後者は分裂工作活動であることがわかります。

ネットにあるのは、「情報」ですが、その「情報」が、私たちにとって有益であるのかどうか。
その「情報」によって、「誰が得をするのか」を考えることが大事だと思います。
そこを考えながら、自分で情報を取捨選択することです。

だいたいある程度名の通った保守系活動家を中傷しているヒマがあったら、自分でビラの一枚でも配れば良いのです。

もうひとつ。最期に付言します。
在日工作員(スパイ)というのは、実においしい職業である、ということです。

本国から、本国のスパイとしての給料がでます。
もちろん工作資金も出ます。

それだけではありません。
彼らは、日本の企業などで働けば、そこからも給料をもらえます。
つまり、二重に給料がもらえるわけで、ですから短期間に蓄財をし、日本で豪邸を建てたりしているケースも多々あります。
経済的には、ものすごくメリットのある職業というわけです。

一方、ネット専門の工作員の場合は、往々にして暇人です。
本国からの給料の他に、日本で働いて二重に稼ぐという選択をしないで、24時間工作活動を行います。

もうひとつ、さいごに付言します。
保守系の愛国者の活動家の多くは、自発的な志で活動しています。
けれど影響力が大きければ大きいほど、発言内容がまっとうであればあるほど、卑劣な中傷を浴びます。

ただ、そうした中傷を行う彼ら工作員たちが勘違いしていることがひとつあります。
それは、日本人の愛国活動家は「打算功名で活動しているのではない」ということです。

国を想い家族を大切に思い、その心で「自分で納得できる真実のために」行動しています。
自分で自分の道を追求しているのです。
ですから他人からどう思われようが、人に何と言われようが、どのように見られようが、関係ない。

そういう一寸の虫にも五分の魂という日本人的なものの考え方、彼ら工作員にはそれがわからない。
わからないから、外国人なのです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

日本解体工作、情報戦の実際


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ニャオ

ソウカの被害者
被害者の会の話聞きたい

あいちゃん

こんにちは
新潟赤十字爆破未遂は知らない方々が多いと思います。

この話を聞けば北の方がまだ日本に対して良心的に思えて仕方がありません。
もし高英姫が南もきちんとした帰国事業をしていれば済州島に帰れたかも知れません。

-

大東亜戦争終結60周年―国民啓蒙時代の始まり
……ネットの普及によって国民を取り巻く情報環境は激変した。今や法曹資格の取得を目指す高校生や大学生は、憲法の勉強を開始する出発点から、無料で今なお輝きを失わない最高の憲法学講義『憲法義解』の現代語訳を入手できるのである。

 わずかでも憲法に興味を持つ日本国民が憲法義解を熟読すれば、日本国体(国柄)の深遠と、歴史の中から国体を把握しこれを成文化する正統憲法学の真髄に触れることができ、さらに法と自由の相互関係や納税の意義、国防の本義について理解を深めることができるのである。

<伊藤博文著『憲法義解』の現代語訳サイト>
オロモルフによるまえがき

 以下は、インターネットにおける論客のお一人であるHISASHIさまによる、伊藤博文著『憲法義解』(大日本帝國憲法義解)の現代語訳(口語訳)です。

 昨今、現行憲法の改正についての議論がさかんになされておりますが。
 
 現行の憲法は占領下において占領軍が策定して施行された憲法であるため、その改正の手続きや考え方につきましても、さまざまな意見があります。

 現憲法をもとにして、その一部を改正するという意見もありますし、現憲法はいったん廃止して、明治に伊藤博文らによって策定された大日本帝國憲法(通称明治憲法)を改正する形式をとるべきだ、という意見もあります。

 読売新聞の案は前者のようですし、維新政党・新風の案(当保存頁に有り)は後者の意見による案です。
 
 どのような形にせよ、日本の近代的憲法は明治憲法にはじまるのですから、これの解読は議論する人の必須と思います。

 明治憲法の解説書としてもっとも有名なのは伊藤博文による『憲法義解』ですので、これを読むことから始めるのが、憲法改正論議の正統的な方法だろうと思います。

 しかし明治の文章であるため、我々素人には読みにくく、なかなか意味がくみ取れません。
 
 そこで、HISASHIさまに、その現代語訳をお願いしましたところ、多忙な時間をさいて連載して下さいました。

 これを読んでオロモルフが感じた最大のことは、

「伊藤博文たちが、『古事記』『日本書紀』にはじまる日本の歴史古典を十二分に研究して、それらを踏まえて上で、欧米の憲法を勉強して、明治憲法をつくっている点」

でした。

 明治憲法といいますと、戦後は一般的に封建的とか軍国主義的とか、そういう話しかありませんので、本訳文はまことに啓蒙的であります。HISASHIさまに厚く御礼申し上げます。

 なお、法律の専門家である解法者氏による解説(連載中に発表されたもの)も、巻末に掲載させていただきました。解法者さまへも感謝いたします……
http://oncon.seesaa.net/article/267589423.html



臣民よ立ち上がれ、陛下を救出せよ!
天皇陛下が徐々に御体調を戻され、御公務の流れも円滑になり、僅かばかりの安心を得ていたその矢先、「昭和の日」を迎える直前にこの報道である……
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-737.html



藤井聡教授の列島強靭化論
聞こえは良い地方分権、実態は地域間格差がますます広がるだけ!!
http://www.choujintairiku.com/fujii6.html


sheltem

エセと内通者の対策が突破口
かといって共産圏の国や、韓国のレッドパージのようなことになってはならず、とにかく決め事を作って情報を共有していくことが大事だと思います。

とりあえず相関図を作りましたので置いておきます。
http://pipeo.jp/users/folder/570/685

おれんじ

No title
良くわかりました。私もひるむことなく泰然自若としていきたいものだと思います。ねずきちさんも卑劣な誹謗中傷に負けずこれからもご活動頑張ってください。本当にねずきしさんの思いを理解している人は私だけでなくたくさんおられます。その方々の思いを力にして頑張ってください。

-

No title
うーん、今回の記事はちょっと考えらせますね。
しかし今回の記事を読んで私が違和感を感じたのは反日宣伝は反日勢力(特ア)によるというもの。
私個人は反日勢力の元祖は欧米であり、その究極の形はGHQであると感じています。特アはその傀儡に過ぎないのでは?そんな疑問を感じています。

それともうひとつ。そもそも反日行為に騙される日本人は余程の愚か者というか恩知らずというか天に唾を吐く者というか・・。

私自身こんな反日勢力と対抗するのがあほくさくなりました。
それより、日本人として先人に学び日本を極めましょう。特アに構っているほど人の人生は長くありませんよ!

hehehe

No title
移民につなげる動きに見えますね。

正規滞在の外国人に住民票 自治体、積極誘致も
地域活性化の新たな担い手期待
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381969CE0E4E2E2E08DE0E4E2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2

ポッポ

No title
中国や朝鮮半島の反日宣伝と、日本国内の日教組等による自虐史観の刷り込みは、徹底したものだと思っています。
団塊の世代の人間ですが、義務教育の頃は当然として子供であったため、先生の言うことは正しいと思っていました。余り気にしていなかったのですが、太平洋戦争は侵略戦争だと教育されたのでしょう(大東亜戦争の呼称を親がしていて、その当時は分からなかった。)。別の教師から、大砲の弾道のことを教えられたり、また、ソ連の漁船拿捕事件の際には、戦前なら海軍がいたからやられることはなかったと、嘆いていたことも覚えています。
戦争帰りのデモしか先生も混じっていたのでしょう。

教科書に任那のことも書かれていましたが、今の教科書には書かれていないのではないでしょうか? 日韓の共同研究によると、一地方のこととして捉えられているようですが、信じることはできない。いつの日か、正しい研究のされることを願っています。

戦争に負けたとき、白人諸国は日本が本当に怖かったため、日本が再起しないようにとあらゆる方法をとったのだと思います。そして、当時の日本人も戦争の被害にとことん参っていたため、それに応じてしまった。
(日本人の戦争は、軍隊同士の戦いでしたが、アメリカは民間人の皆殺しも含まれていたから、日本の想像を超えていたと思います。)
結果として憲法に見られるように、戦争に関するものの全てを悪とする考え方が固定され、さらにこれを誤った方向に拡大して教育に取り入れたのでしょう。おまけに、中国や韓国にはひたすらごめんなさいです。

それぞれの国にそれぞれの歴史があります。
そして、国と国の間には利益の相反することがありますから、自国の立場から主張すれば(嘘さえなければ)それで良いと思います。

こんな風に考えるのに、40年掛かりました。

no-minsu

No title
誰が得する(損するか)か、これは大事な判断ポイントですね。
以下は少し前に見つけたものです。
合わせてお読みいただけたらいいなと思いました。

「対洗脳・情報操作に対する十箇条」「次の言葉を心に叩き込め」「アマチュアの論理」「詭弁の特徴15条」「政治宣伝のための7 つの法則」
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-2476.html

トラネコ

No title
特亜の情報工作はまさに企業のマスコミ販売戦略と似ていますね。サブリミナル効果、ステルス・マーケティングなど、それと気づかれないように視聴者や消費者を洗脳し、商品の拡大定着を図っていくものです。

特亜工作員や左翼売国奴が仕掛ける罠を見破る術が書いてありましたが、もうひとつ、反戦平和・人権擁護・民主化運動などの団体や関係者などが、喧伝を繰り返すスローガンも要注意です。これも喧伝による刷り込みをねらった商品販売と同じ手法ですから。

ブルータートル

これのことだ。
韓国スパイが日本で大虐殺未遂事件 2-1
http://www.youtube.com/watch?v=phHGHsFyoII&feature=player_embedded

カクテル

早く日本もスパイ法ができるといいですね。
憲法も軍隊も、世界標準に早く戻して欲しいです。
ネット上で溢れる情報は、海保グルグル巻きのようにデタラメも多いです。
ねずきちさんのブログとコメント欄で、真実がわかり、選択できる知識を養えればありがたいことです。
これからも、よろしくお願いいたします♪
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク