予科練平和記念館



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

予科練平和記念館


特攻隊や戦争に関する施設といえば、広島の江田島の海軍兵学校跡や、鹿児島の知覧特攻平和会館などの施設、都内には靖国神社の遊就館などがありますが、もうひとつ。
都内からだと比較的交通の便の良い施設に、「予科練平和記念館」があります。

「予科練平和記念館」は、茨城県土浦近くの阿見町にある施設で、ちょうど霞ヶ浦の南側、陸上自衛隊の土浦駐屯地の南側にあります。

町営の施設で、できたのは2010年2月のことで、まだ新しい施設です。

電車ですと常磐線土浦駅からバス。
お車でしたら、常磐自動車道の桜土浦ICから、国道125号バイパス経由で、だいたい15分くらいです。
都内からですと、常磐道三郷JCから一時間あれば楽に到着できます。

この施設の建てられている場所は、まさに予科練のあったその場所です。

施設内は、七つボタンにあやかって、7つのブースがあり、それぞれ予科練の成り立ちから、教室の様子、そして特攻までの様々な資料が展示されています。

ちょうどゴールデンウィーク中は休まず営業で、第5回所蔵資料展「兄を追って」が行われています。
戦死した予科練生を兄に持つ二人の方の資料124点と、図書58冊を展示され、戦争が普通の家庭にもたらした影響の大きさと、家族や兄弟の絆を感じることができます。

最近「絆」という言葉が流行していますが、日本軍がなぜ強かったのか、いまだに世界中の職業軍人の方から「最強」の名を得ているのか。
その答えはボクは、「愛」にあると思っています。

軍は上からの命令で動きます。
けれど帝国軍人が強かったのは、単に上からの命令に従ったからではありません。
皇軍兵士のひとりひとりが、自らの愛するものを守るために最善の限りを尽くして戦った。
だから強かったのだと思います。

「予科練平和記念館」は、入場料も安くて、大人500円、子供300円です。
駐車場もあります。

また、施設の駐車場に車を停めたまま、すぐ近く(200メートルくらい)にある、陸上自衛隊の「予科練記念館(雄翔館)」に行くこともできます。

こちらは、古くからある施設で、予科練出身の方やご遺族の方たちによって戦没者の慰霊・顕彰のために建てられた施設です。
遺書や遺影などが展示され、泣けます。

詳細はHPがありますので、そちらをご覧いただければと思います。

GWに、まだどこに行くか決めてないようでしたら予科練の記念館にお出かけになってみられたら、いかがでしょう。

ちなみに近くには、浅草・神谷バーで知られる実業家の神谷傳兵衛が建設した国指定重要文化財のワイン醸造場「シャトーカミヤ」などもあり、そこでは、こだわりのワインや、食事を楽しむこともできます。

◇予科練平和記念館
茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸5番地1
http://www.town.ami.ibaraki.jp/yokaren/index.html

◇雄翔館(予科練記念館)
茨城県稲敷郡阿見町大字青宿121-1
http://www.town.ami.ibaraki.jp/kankou/yokaren/yokaren.htm

◇シャトーカミヤ
茨城県牛久市中央3-20-1
http://www.ch-kamiya.jp/

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

【参考記事】「赤とんぼの戦い」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-964.html

予科練平和記念館「若鷲の歌」


【メルマガ会員募集中】
(1) 日心会メルマガ(無料)
 申込は↓コチラから。
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php

(2) ねずブロメルマガ(有料)
 申込は↓コチラから。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ぷれっくす

海外ではこの手の施設を戦争記念館、戦争博物館と名付けます。
これを平和とするのは日本だけらしいです。

戦時の資料を展示するのに、真逆の命名。
敗戦=平和というすり替えですね。
ここら辺から私たちの頭の中は弄られてる。

私自身こんなにも深く洗脳されていたのかと思うことが何度もありました。
このブログを読んで気付いたこともたくさんあります。

ねずきちのひとりごとは洗脳治療の特効薬ですね。

hehehe

No title
拡散願います。
情報管理ができない政府が、「共通番号制度」を
2016年1月から、行政手続きを個人の自宅のパソコンで
一括処理するシステムを運用する方針のようです。
15年1月の利用開始を計画する社会保障と税の
共通番号(マイナンバー)を使ってやる方針って
ネット使うってことで、どう考えても、個人情報ダダ洩れ
で犯罪が多発します。法人利用も含むようです。
増加します。
スパイ防止法もないのに、個人の弱みを把握して
日本を潰すだけです。
ACTAに何も考えなしに署名もしてますからまずいです。
監視社会で情報漏れ放題になります。

自宅端末で行政手続き 共通番号導入でシステム
政府方針、実現にハードルも
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0EAE2E2878DE2E3E2E7E0E2E3E09F9FEAE2E2E2

服部 充良

予科練の碑
愛知県岡崎市から安城市にまたがる平野部に、大東亜戦争中に予科練飛行場が存在していたようです。現在は三菱自動車岡崎工場になっているあたりで、跡地に隣接する神社に予科練の碑が存在します。お賽銭とともに名刺の裏に参拝した感想を書いて入れたところ、管理者の方よりご丁寧な挨拶状を頂戴しました。愛知県安城市のこの周辺にはは「忠魂碑」も多く現存しているので興味があります。

宮村敬一郎

No title
ねずきちさんの「予科練平和記念館」の紹介を予期していたわけではありませんが、偶然にも昨日福岡県朝倉郡筑前町にある「大刀洗(たちあらい)平和祈念館」に行ってきました。入場料は「予科練平和記念館」と同じく大人500円、高校生400円、小学生・中学生300円で、年末年始(12月29日~1月3日)以外は入館できるそうです。

この「大刀洗平和祈念館」では、西日本における陸軍の航空拠点・大刀洗飛行場が存在した大正8年から昭和20年までを航空史とともに紹介されており、世界で唯一現存する零式艦上戦闘機三二型や平成になってから博多湾から引き揚げられた九七式戦闘機などが展示してあります。

規模は遊就館や知覧特攻平和会館には劣りますが、展示内容は比べるまでもなく、特攻で散華された英霊の遺書やB29の爆撃により犠牲になった立石国民学校の幼い児童たちの悲劇が伝えられており、見学者の心を揺さぶらずにはいられません。あらためて平和の尊さを感じずにはいられないと思います。

九州・山口方面の方は甘木鉄道や大分自動車道からのアクセスも良く日帰りで行けますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

ただ一点気に入らなかったのが、千羽鶴のコーナーに“9条連”なる団体の千羽鶴がかけてあったことです。英霊の崇高な志が踏みにじられているよう残念でした。

大刀洗平和祈念館公式HP
http://tachiarai-heiwa.jp/

遠藤

No title
奈良の予科練は天理市内に置かれました。天理教団が宿舎を提供、また教科書の印刷も自前の印刷所を提供し教祖自ら先頭に立って信者一丸となって協力したそうです。私の母も学徒動員で飛行場の整備に行ったと申しておりました。

愛信

予科練平和記念館「若鷲の歌」
予科練平和記念館「若鷲の歌」
http://youtu.be/Vt5Tc5TBZOk
(動画)
【麦と兵隊】
http://youtu.be/vn2OgHd99GE
(動画)
軍は上からの命令で動きます。
けれど帝国軍人が強かったのは、単に上からの命令に従ったからではありません。
皇軍兵士のひとりひとりが、自らの愛するものを守るために最善の限りを尽くして戦った。
だから強かったのだと思います。

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

桜子

No title
今一度「絆」という言葉を考えてみました。
絆と言う意味は変わりませんが、絆という言葉の重み、うまく表現できないのですが、先の戦いの時代と現代とでは少し違うのではと感じました。
というのは先の戦いに於いて英霊の皆さんは一番大切な家族への愛を断ち切りつまり絆を断ち切り命を捨て家族をそして国を守りました。
国を守る、当時の国民一人ひとりがその一念、絆で結ばれていした。

現在の日本は先の時代よりもまだ深刻な状況にあると思います。
今こそ日本を守るべく日本国民、一人ひとりの絆が必要な時ではないでしょうか。

そして今こうしてゴールデンウイークを家族で過ごせるのもあの時代があったからこそです。
楽しければ楽しいほどご先祖様、英霊の方々への感謝を忘れてはいけないと思います。






基準点

No title
私の父は開戦後、予科練を志願し入営しました、予科練発祥の地である茨城県ではなく奈良だったとのことです。
戦後無事復員し、私たち兄弟の父親として厳しい時代を生き抜いてきました。
茨城県にこのような施設があることは知りませんでしたが、機会を見て訪問したいものです。

父も存命ではありますが、近年は体調に波があり遠出はできません、生き残った者の子として、戦いに於いて亡くなられた方々の子としての務めを果たして行かねばと思うところです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク