白根山の駒草



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

駒草
駒草01


写真の花は、高山植物の駒草(コマクサ)です。
花の形が、馬の首に似ていることから、この名前がついているのだそうです。

とても美しいこの花は、不思議なことに、他の植物が生育できないような厳しい環境のもとでのみ生育します。

学名は「Makino」で、植物学者の牧野富太郎が命名しました。
ヨーロッパには生息していません。
日本の高山を中心に、北海道、千島、樺太などに分布する花です。

高山などでは、標高が高くなると、ほとんど土がありません。
かわりに石がゴロゴロしていて、その石も風で動いてしまいます。
駒草は、そういう環境で育ちます。
そして美しい花を咲かせます。

だから花言葉は、高嶺の花、誇り、気高い心です。
そう聞くと、なんだか、ほんとうに気高い花に見えて来ます。

花も美しいですが、茎や根も、古来腹痛の妙薬として親しまれて来ました。

昭和29(1954)年当時といいますから、いまから60年近くも昔のことです。
群馬県にある本白根山には、駒草が群生し、この季節になると美しい花を咲かせていたのですが、これが絶滅寸前にまで追い込まれてしまったのです。

どういうことかというと、戦後食料事情の悪化と貧困から、多くの人が食べるものにことかき、いまでは想像もつかないほど、衛生環境が悪かったのです。
お腹を壊す人が沢山出る。
そんなときの腹痛の特効薬が、この駒草を原料とする腹痛薬「御百草」だったのです。

戦前は、本白根山一帯は、関東随一の駒草の群生地でした。
駒草は、多くの人のお腹の痛みを和らげました。
しかし、そのために、本白根山の駒草は、まさに絶滅寸前まで追いつめられてしまったのです。

その駒草を、戦前のようなもとの姿にもどそうと立ち上がった人いました。
その模様が、「やまの鼓動」というブログサイトにありましたので、転載します。

~~~~~~~~
【本白根山のコマクサ】
http://d.hatena.ne.jp/akagi39/20050716/1293205665

駒草02


本白根山のコマクサの復元・保護活動は、コマクサの美しさに魅せられた二人のロマンチストの願いから出発した。

万座の干川文次氏は昭和13年7月にコマクサと出会い、以来本白根のコマクサの種を万座で発芽させ、その種をまた本白根に蒔きつづけた。

六合村の山口雄平氏宅の庭や畑からは白根の美しい山並みが見えた。
あの山に自生するコマクサが盗まれて絶滅寸前と聞いた。

露を含んだコマクサに朝日が射すと朝露が七色に輝く-息を呑むようなその美しさに、心底、魅せられていた。
どうにかして復元できないかと思った。

そして自分よりもっと前から種を蒔き続けている人がいる-干川文次氏との出会いが山口氏の意志を強固なものにした。

草津中学校一年生の協力で苗を植え続けた。
植え始めた頃は子ども達が寒風の中で手を真っ赤にして植えた苗を、同じ町内の人が採りに行ったことを知った。
暗然とし、前途の多難さを思った。

またある年などは強風に吹かれ倒れそうになりながら苦心して植えた2,000本の苗が数日後には全て抜き取られ、子ども達に合わす顔もなくひとり苦悩した。

やがて生徒の保護者や学校の深い理解と積極的な協力を得るようになった。
報道機関も取り上げて保護活動はいよいよ町をあげてのものとなった。

自然保護団体、営林署、草津町当局、嬬恋村などで保護復元の会が作られ、早朝パトロールなどの保護運動は一層強化充実された。
かつてのように子どもが植えたから採りになどとは冗談にもいえない雰囲気に変わった。

移植した本数、37,330本、蒔いた種、307万粒(*1)。

絶滅寸前まで追い込まれた本白根山のコマクサは、半世紀を経て日本一の株数を誇る大群落地となった。

夢を追い続けたロマンチスト、故干川氏、故山口氏。二人が活動を始めた頃は皆笑い飛ばした。
しかし今この風景を見て両氏の偉業を笑い飛ばす人は誰もいない。

人間力が造る風景もある。
まれにそれが自然力に劣らぬこともある。
ロマンチストが夢を追い続けて造り上げた風景-それが、本白根山のコマクサの風景。

(*1 2005年7月5日・湯田六男氏調べ。正式に記録してある数のみ抽出。)
~~~~~~~~

文中にある干川氏とは、万座温泉で民宿「こまくさ園」を経営されていた方です。
明治44(1911)年のお生まれで、平成7(1995)年に、84歳でお亡くなりになりました。

干川さんが、たったひとりで駒草を山に植えはじめたのは、昭和29(1954)年のことでした。
それから37年、80歳になって引退表明するまで、干川さんは、ただひたすら、本白根山に駒草を戻そうと、努力をされてきました。

環境問題や、自然保護を叫ぶ人はたくさんいます。
けれど、環境問題も自然保護も、長い長い期間にわたって、人が地道な活動を続けた先に、実現できることです。
しかも、それによって利益を得れるというケースは、非常にすくない。
それでも、やり続ける。

地位でもない。名誉でもない。お金でもない。ましてや誰の命令でもない。
そういうことを、地道にコツコツとやり続けるのが、日本人の本当の勁(つよ)さ、底力なのではないかと思います。



そうそう。駒草といえば、小さな昔話があります。
むかしむかしのことです。

信州(いまの長野県)の小諸(こもろ)の近くにある小さな村に、おこまという、それはやさしい母親がいました。
おこまには、おいちという、これまたとても美しくて気だてのいい娘がいました。
二人は、しあわせに暮らしていました。

ところが、ある年の秋も終わり頃、娘のおいちが、病に倒れてしまったのです。
母親のおこまは、心配でたまりません。

一生懸命看病するけれど、いっこうに病いは回復せず、いつしか暖かい春となっても、おいちは衰弱するばかりでした。

母親のおこまは、藁(わら)にもすがる思いで、信州の西の瑞にある木曾の御嶽神社にまで行き、娘の病気快癒を一心に祈りつづけます。
そして三、七、二十一日の満願の日、とうとう夢のお告げを受けるのです。

「御嶽の頂上に、金銀に輝く葉を持ち、美しい桃色の花が咲く小草がある。娘の病気には、その草をとってきて飲ませよ」

おこまは大喜びで、さっそく御嶽の頂上にまで登ります。
そして、お告げの植物を探しあて、急いで家に持ち帰りました。

そして娘に飲ませましたところ、夢のお告げどおり、おいちの難病は、たちまちの全快したのです。

それからは、この小草のことを、娘を思う母親のおこまの名をとって、オコマグサというようになりました。
いま、コマクサと呼ばれるこの草は、オコマグサがなまって、駒草となったものです。
 
※「旅先で聞いた昔話と伝説」池原昭治著
~~~~~~~~

なんだかとても暖かなお話ですね。


最後に一点だけ。

駒草は、6月末から8月にかけて、本白根山頂周辺の至るところで可憐に咲きます。
けれど、とてもデリケートな花なのです。
もし現地に行かれて観賞されるときは、開花前の苗を踏んだり、触ったりしないよう、十分にお気をつけて下さいね。


よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

白根山コマクサ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

盗掘は絶対ゆるせません!
砂礫斜面に咲くコマクサは、実に逞しい花です。
生息の歴程と自然環境の良さを証明する植物ですから、群生地には無闇に踏み入ってはいけませんね。
それにしても、高山植物の根刮ぎ盗掘は一向に減りません。
個人で観賞?
海外へ転売?
とんでもない行為です。
環境省は、カメラで24時間監視しているそうですが、夜間の犯行ばかりで、対応は難しいようです。
若い頃に、相方や子供達と安達太良山に登りました。
ヘトヘトで着いたお花畑。
盗掘の跡を発見してガックリ!
なんたる自分勝手!
絶対ゆるせません!

shengxin

銃砲等の法律でなかなか大変です
heheheさん、残念ながら国内の射撃は銃刀法で出来ないのです。
かなり厳しく銃刀法の規制が積もりに積もり、気軽に銃を撃つなんて事は出来なくなってしまっています。
おまけにすでに所持をしている人にも銃を持ち続ける事がやりにくいようにたくさんの書類提出をしなければいけなくなっています。

そのおかげで、自分達は銃の脅威に接する事があまり無い世の中に暮らしているのですけどね。

一つの提案としては、日本の銃砲メーカーのレベルはまだまだ低いです。
何しろ警察と自衛隊ぐらいしか大掛かりに注文と実験をしてくれるところがありませんから。

そこで、離島に大規模な射撃場と各種銃砲が撃てる施設をつくり、国、もしくは地方が運営をするということをすれば、観光兼雇用創出になるかと。
ま、妄想ですけどね。

でも、空気銃を撃つのでも大変なのに、ライフルとなるとかなり制限が厳しいですから、国防と言う点でも銃が撃てる人が増えれば対抗兵力として良いかと…

ルーマニアの時はオリンピック選手が狙撃兵の役目をしたって有名ですよね。
それにあこがれて合法的にライフル持とうかなと思ったものです。

愛信

天下の朝日なら本当のことを書けよ!
天下の朝日なら本当のことを書けよ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17809748
(動画)

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況
http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku_kifu.htm
反日売国テレビ局・マスコミの偽装報道、隠蔽報道、だんまりを暴露しましょう。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

ps: 
本日の大阪市会本会議にて「尖閣諸島など領土を守ることを喚起する決議案」
が公明・維新・共産の反対で否決されました。

愛国系日本人は日本人社会の破壊者を確り見届けましょう
http://plaza.rakuten.co.jp/1958kn/diary/201205150001/

しのぶもじずり

No title
もうずいぶん前の事になりますが、
露天の植木商が、ピンク色のコマクサを 売っているのを見たことがあります。
「コマクサは 町中では育たないでしょうに」
と声をかけましたが、「大丈夫」とあっさりしたもの。
コマクサに限らず、高山植物をむやみに採るのはやめて欲しいものです。
どうせ 育てられませんから。

ミータン

射撃場いいですね
heheheさん
私も最近、射撃って楽しそうかもって思うようになりました。でも、日本には射撃場がないと知って残念でした。

尖閣の寄付金のように、国営の管理のもと、そういう施設を作ったら予約で一杯になるでしょうね。

ねずきちさん、今日も素敵なお話をありがとうございました♪

桜子

No title
お早うございます、お疲れ様です。
駒草、うつ向き加減で、清楚、デリケート、とても美しい花ですね、心が癒されました。

>高嶺の花、誇り、気高い心です。
まるで戦前の日本人の様ですね。
今の日本人、駒草にも劣るような気がします。言い過ぎでしたらごめんなさい。

脳内お花畑で浮れてる場合ではありません!
今一度、本来の日本に立ち戻る為には国民の努力が必要です。
その種を国民の力で蒔きましょう!
日本中が駒草のような花で埋め尽くされるといいですね。

余談ですが、今朝姉と電話で話しをしてて、尖閣購入の事話したら「知らなかった、知ってたら即寄付したのに!家族、従兄弟にも話して寄付して来る」と言ってました。

「国を守る!」その信念さえ持っていたら、たとえ人が右だの左だの御託を並べても関係ありません。







hehehe

No title
記事とは関係ありませんが、他国に行って実銃体験を
する人が結構いますが、タイではタイ陸軍の射撃場で
体験できるんですよね。
日本でも自衛隊で体験できるようにすれば、他国に
お金が流れなくて良いと思うんですが、どうでしょう?
豊和工業が日本にありますし、雇用にもつながると
思うんです。銃や弾丸を個人が持つのでは無ければ
問題無いと思うんです。
収益は防衛予算に回すということで。
もちろんスポーツ名目で運営ですが、いかがでしょう?
公式に実銃が撃てれば、改造銃などの銃犯罪の抑止に
つながると思うんです。
もちろん利用できる人の審査は必要です。

タイで実銃体験した人のHPです。
http://teinengurashi.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/222-7a35.html
旅費と体験料を合わせると良い値段ですね。
カンボジアあたりだとロケットランチャーの試射も可能だとか。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク