幻の黄金時代



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

幻の黄金時代


1980年代、まさにバブルの絶頂期、ワンレン、ボディコン、お立ち台、ルンルン気分。
企業は求職者を求め、学生の青田買いのために学生のコンパに何百万円ものお金を出し、多くの日本人がはじめての海外旅行を体験した華やかな時代。
そして平成元(1989)年12月29日、日経平均株価は38,957円44銭という、日本経済始まって以来の史上最高値をつけ、日本経済は、まさに我が世の春を謳歌しました。

けれど、バブルが崩壊し、あれからもう24年です。
4分の1世紀を経過して、日本はいまだに、先の見えない不況の中に沈んでいます。
世界経済が沈滞しているからと言う人がいます。
とんでもない話です。
世界はそれなりに経済を発展させている。
この24年、ひとえに転落し続けたのは、日本です。

あれだけの繁栄を謳歌した日本が、なぜ、ここまでひどく落ち込んでしまったのでしょうか。

バブルを崩壊に導いた直接的きっかけは、橋本龍太郎内閣が行った「不動産短期譲渡所得税」の課税です。
これによって活気の溢れていた不動産市場はいっきに急ブレーキをかけることになり、前のめりになった市況は、不動産だけでなく、株価までも一気に崩落させ、日本は底知れない不況の時代へと突入したのです。

橋本内閣の、この「不動産短期譲渡所得税」は、いわゆる「土地ころがし」による利益追求に待ったをかけたものです。
不動産価格がうなぎ上りに急騰し、そのことに対して大手メディアを中心に、多くの民意がNOを政治に求めました。
その結果、不動産市場に急ブレーキがかかったのです。

当時、金融マンとして市場経済調査を担当していた私は、この短期譲渡所得税に対し、行き過ぎた政策であり、やるべきでないと主張させていただき、また、法案成立後も、できるだけ早期にこの法の執行を停止すべきであるとレポートし、会社を通じて陳情させていただいた覚えがあります。

おそらく、バブル退治(なんていう言葉さえもありました)に躍起になっていた大手メディアや、左翼系政治家、左翼系経済評論家などは、まさにこの法律に「してやったり」と満面の微笑みを浮かべたことでしょう。
その一方で、多くの経済人たちが、この新税を通じて、当時の橋本内閣に怒りをあらわにしたものです。

けれど、西村幸祐さんのこの本は、実はもっとずっと深いところで、まさに日本がそのバブル経済の絶頂期を迎えていたときに、その後の四半世紀におよぶ長く暗い日本経済衰退の要因が発生していたという事実を、私たちの前に、つきつけます。

実は、バブル崩壊の原因は、橋本内閣がどうのではなかったのです。
もっとずっと深いところに、その崩落の要因が、静かに進行していた。

その要因とは、一体何なのか。

私たちはいま、20年前なら考えもつかなかったような不況のまっただ中にいます。
この不況から脱出するためには、この不況の根っこにある最大の要因をしっかりと見極め、取り除かなければなりません。

なぜなら、これまで20余年、不況対策のための政策は、これでもかというくらい沢山の施策がなされ、結果、なにひとつ、経済の活性化に役立っていないからです。

本質を見誤り、小手先の改革にどんなに走っても、日本経済不況の本質的原因が放置されるならば、いつまでたってもこの不況は終わらない。
もっといえば、これまで20余年、日本経済活性化のための対処療法は、やりつくしてきている。
ここまできたら、根治療法を施さなければ、いつまでたっても何も改善されない、ということです。

西村先生は、この本の中で、その原因を、はっきりとご指摘されています。
この本は、私たち日本人が、明るい未来を築く上で、これから何が必要なのかを、はっきりと示してくれているように思います。

難解なことを、非常にわかりやすく、誰にでもわかる言葉で平易に書いてくださる方というのは、案外と少ないものです。
いつもながら、西村幸祐先生の、わかりやすい語り口には、感嘆します。

ご一読をお勧めします。



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

西村幸祐新刊「幻の黄金時代 オンリーイエスタデイ'80s」


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずきちのひとりごとメールマガジン有料版
(最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。)
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

京大とJST、金属と有機物の錯体結晶を用いた安価・高効率な燃料電池の新材料を開発
京大とJST、金属と有機物の錯体結晶を用いた安価・高効率な燃料電池の新材料を開発

 燃料電池を使ったエネルギー革命が加速します。 原子力発電所の再稼動や電力料金の値上げなど
に国民の関心を向けている売国政党民主党はこの様な明るいニュースを国民向けに発信するべきです。

詳細は
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

志士

土地の譲渡所得税を時限措置で課税ゼロ、さらに直系相続人の居住用土地の取得並びに建築、賃貸事業用資産、自動車購入費用に対する金銭生前贈与を時限措置で無制限贈与税非課税にするだけでも相当景気よくなりますね。日本は土建国家ですから、償却耐用年限に到達する橋梁や高架道路の大量施工、地方公共土木工事の大量発注すれば景気は回復します。国内農産物価格を意図的に引き上げて余剰労働力を農村に吸収させる施策も可能ですよね。

愛信

【朝鮮儀軌引き渡し協定国会承認】の経緯
差し替え願います

【朝鮮儀軌引き渡し協定国会承認】の経緯
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cscsgk.cgi

『日韓図書協定を承認』
~来週発効、引き渡しへ=与党・公明など賛成多数で可決
民主党  賛成票 103   反対票 0
自民党  賛成票 0    反対票 79
公明党  賛成票 18    反対票 0
共産党  賛成票 6    反対票 0
社民党  賛成票 3    反対票 0
たち日  賛成票 0    反対票 3
新党改  賛成票 2    反対票 0
国民新  賛成票 1    反対票 1

ps:
在日受給者の生活保護増加
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2998.html

貼り付け

バブル不動産王のひとりだった 渡辺喜太郎 麻布自動車元会長の 独白
[965] バブル不動産王のひとりだった 渡辺喜太郎(わたなべ・きたろう) 麻布自動車元会長の 独白

投稿者:副島隆彦
投稿日:2012-05-19 06:58:06

副島隆彦です。 以下が、本当の政治と経済の関係 です。 今からかなり目の、1985年の古い泥(どろ)臭い話です。  1985年の 日本のバブル経済=高度成長経済 の 最後の波のときには、こういうことが、本当に起きていました。

 こういうことが、生(な)ま の 政治の姿です。 若い人たちには勉強になる文です。 1985年から27年たつから、渡辺喜太郎(わたなべきたろう)は、自分が死ぬ前に本当のことをしゃべって残そうと思ったのだろう。 副島隆彦拝


(転載貼り付け始め)

●「 自民党幹部、日産をぶっ潰してやるよ!政治と財界の裏側 」 
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120516/dms1205160709002-n1.htm

2012年05 月16日 夕刊フジ

(副島隆彦注記はじめ 。 以下の文は、バブル期 不動産王4人の ひとり、 頭文字から AIDS(エイズ)の A =ア の 麻布自動車の 渡辺喜太郎(わたなべ・きたろう) の独白、正直な回顧であり 新聞記者からのインタビューに答えた 発言だ。 次の I は、イーアイイーの高橋治彦(たかはしはるひこ)、Dは第一不動産、S は、秀和レジデンスの 小林・・・だった。

 1985年ごろに 日産会長の 石原俊=いしはらしゅん= は本当に真面目な経営者だったのだろうが、 このあとは、タブロイド紙でさえ 女問題で 写真を取られて、財界から追 放されて行ったことに つながる。 政・財・官界では、こういう いじめ方をする。 その前年の 頃の話だ。以下の文は 真実の政治資料 となる。 

 まだアメリカからの圧力が今のようにはかかっていない頃の、日本国内の 権力闘争に一部だ。 日産はこのあと大きな下り坂に入っていった。
副島隆彦注記終わり) 


 麻布自動車グループの「麻布建物」には80年代の10年間で 約30億円 の「使途不明金」があった。すべて政治家への“裏献金”だった。

 ある大物政治家に2000万円の現金を持っていったときのこと。この政治家が「200万円入りの袋を5、100万円入りの袋を10作れ」と秘書に命じた。「大臣、これ、どうするんですか?」と尋ねると、「役人への小遣いだよ。彼らは企業などからはもらえないから、オレたちがあげるんだ」。あのころはこういったこともまかりとおっていた。現在はそんなことはしていないと信じたいが。

 当時、政治家の力は強かった。知り合いの社長が証券取引所に上場の申請をしても取り合ってくれず、7年も待たされたままだった。困って、私に相談にきた。「1億円の献金ができる?」と聞くと「大丈夫だ」。そこで、さる有力な政治家のところに連れていった。

 その政治家先生、私たちの話を聞くと、すぐに大蔵省(現財務省)の証券局長に電話をし、「オレの後援者、いい会社なんだよ」と伝えた。もちろん、「上場の件、やってあげろよ」なんて具体的なことは言わない。そこはアウンの呼吸というか、役人も心得たもの。

 その夜、この社長と飲んでいると、連絡が入った。上場が決まって証券取引所が資料を取りにくるというものだった。現在はそんなことはないと信じたいが。

 別の意味で政治家の力を感じる出来事もある。私の海釣りの仲間の日産自動車・石原俊さんが経済同友会代表幹事に就任し、政界にも強い影響力を持っていたころの話。石原さんは「企業は一流、政治は三流」などと、当時の自民党政権に対する批判を繰り返していた。

 <そんなある日、自民党の某幹事長がわざわざ私の会社にやってきて、「石原さんはけしからん! 仲がいいアンタから伝えてくれ。いい加減にしないと、日産をぶっ潰してやるよ」とすごい剣幕で言い放った。>

 驚いて「どうやって潰すんですか?」と聞くと、 「東京本社や大阪、名古屋に国税庁の査察を入れて揺さぶるんだよ。逮捕者が何人か出れば、日産、ガタガタになるよ。メーンバンクの日本興業銀行(みずほ銀行、みずほコーポレート銀行の前身)からの融資も止めてやるよ。アンタ、言ったとおりのことを、そのまま石原さんに伝えてくれよ」。

 私はあわてて、石原さんに言いにいった。何日かたって、石原さんのところでマージャンをやっていたら、石原さんが「なべさん、オレ、バカバカしくなったよ」とつぶやいた。その直後、石原さんは内定した経済同友会3期目の代表幹事を辞退した。(次回は「バブル崩壊の序章」編)

 ■渡辺喜太郎(わたなべ・きたろう) 麻布自動車元会長。1934年、東京・深川生まれ。22歳で自動車販売会社を設立。不動産業にも進出し、港区に165カ所の土地や建物、ハワイに6つの高級ホテルなど所有し、資産55億ドルで「世界6位」の大富豪に。しかし、バブル崩壊で資産を処分、債務整理を終えた。現在は講演活動などを行っている。著書に『人の絆が逆境を乗り越える』(ファーストプレス)。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

某さん

インフレターゲット
最近の一ヶ月は中韓ブログでデフレ脱却のためにインフレターゲット(略してインタゲ)の導入ということで、そちらのほうのコメントをさせていただいておりました。

中央銀行の使命はインフレにもデフレにもならないように、紙幣の量を調節することにあります。貨幣の調節は消費者物価指数を基にして調節するのですが、誤差がプラス1%生じるので、そのように調節しなければなりません。
さもないとインフレになってしまうのです。

しかし日銀はインタゲ0.5%に設定しています。すなわちデフレ設定になっているのですね。

(この部分の情報ソースは元大蔵省官僚の高橋洋一氏の「この金融政策が日本経済を救う」です。)


しかし普通の国では当たり前のインタゲを導入しています。
【インフレターゲット】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88


デフレから脱却するためには日銀は円を増やさなければなりません。そのための手法を国債を買って円を出すという買いオペで行います。

買いオペをすると国債が減るのです。つまり赤字国債が減っていき借金も減る。円も増えるので円高が解消されて輸出産業も少しは楽になるのですね。

すなわち、「日銀よ円を刷れ」ということです。

000

No title
愛信さん
橋下徹氏・大阪維新の会に期待をしている人がいるようですが、彼のやろうとしていることは道州制による国家解体(日本国をEU、道州を国に置き換えればわかります。)と規制緩和、民営化等の緊縮財政によるデフレの促進という小泉政権で失敗したことの焼き直しと、著書で述べているように嘘つきは政治家と弁護士の始まりという政策以前の問題点も抱えており、話になりません。
やはり消去法で行くと自民又はたちあがれ日本しか次の総選挙で投票すべきところはないでしょう。

愛信

最安値なんて関係ないと大暴落 KOSPI1782.46 ウォンは1172(韓国経済危機18日)
最安値なんて関係ないと大暴落 KOSPI1782.46 ウォンは1172(韓国経済危機18日)
http://ameblo.jp/dol-souraku/day-20120518.html

韓国通貨暴落中
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/rate/chart_krw.htm

【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi

長老

No title
「不動産短期譲渡所得税」はあまり関係がないですね、消費税増税や減税の停止と財政支出削減が大不況を呼んだ。
また橋本氏や日経新聞等のマクロ経済に対する理解不足による財政赤字削減キャンペーンや、デフレなのに
アメリカやイギリスがインフレ時に行った供給力強化の規制緩和が英米経済復活の原因とみなし、
それを状況が違う日本に適用させるように主張するマスコミに乗せられた事。

そして大不況になり、失業率は急上昇、税収減、財政赤字は更に悪化、自殺者激増となり、マスコミはいつもの
何の責任も感じず知らん顔、いつものパターンで公器どころか国を壊す原因のひとつとなってしまっている。

通りすがり

No title
”もっといえば、これまで20余年、日本経済活性化のための対処療法は、やりつくしてきている。” には、確かに違和感がありますね。
今まで行われてきた「日本経済活性化のための対処療法」の殆どが、実は間違っていたとしたら、"やりつくした"どころか"全然やってない"事になりますので。

Pin

No title
結局最近思うのはしっかりした国家観を持ち、経済に精通した(財務省主導にならない、高レベルな経済知識を持った関連役職議員によって組織された)安定した政府が出来ないとダメで、片方だけ良くてもでは日本再建は出来ないだろうなと思います。

000

No title
初めて書き込みをさせて頂きます。
1農学部生としてダショー西岡さんの話に感動したのがきっかけでこのブログにたどり着き、毎日更新を楽しみにしています。ただ
”もっといえば、これまで20余年、日本経済活性化のための対処療法は、やりつくしてきている。”
この表現に違和感を感じました。
ねずきちさんの今回の本とあわせての日本の経済政策について尋ねたいのですが、国はどういった対処をすべきだと考えていますか?

masa

No title
消費税は関係ないですか?
3%から5%に上がった時景気回復しかけたが
税率を上げたので悪くなってしまったという話です。
故橋本元総理はこの事について申し訳なかったと
言ってました、自分の友人も自殺してしまったと
これが本当の原因かわかりませんが。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク